カテゴリ: 周波数情報

Radio New Zealand International(RNZI、RNZ Pacific)は、5月12日から放送
スケジュールの一部を変更し、ホームページに掲載した。
https://www.rnz.co.nz/international/listen
0001 RNZI-20240512

米政府系放送RFA(Radio Free Asia)は、3月31日から有効の周波数を
ホームページで公開した。
https://www.rfa.org/about/info/frequencies.html
A24 RFA-1
A24 RFA-2

米アラスカ州から放送している宗教系放送KNLSは、3月31日から有効の周波数を
ホームページで公開した。
https://www.worldchristian.org/who-we-are/how-to-listen/
A24 KNLS-1
A24 KNLS-2
A24 KNLS-3

HCJB日本語放送などを送信している、Reach Beyond - Australia は、3月31日から
有効の周波数をホームページで公開した。
https://www.reachbeyond.org.au/wp-content/uploads/A24-Language-Edition.pdf
https://www.reachbeyond.org.au/wp-content/uploads/A24-Listener-Edition.pdf
A24 Reach Beyond-2
A24 Reach Beyond-1
Reach Beyond - Australia からは、「HCJB」日本語番組(土、日の朝夕に放送)の他、これとは別の日本語番組「いのちのみことば - Thru the Bible」(平日の朝に放送)も送信されているので、受信にあたっては、混同しないように気を付ける必要がある。
受信リポートも、前者はHCJB日本事務所宛に、後者は Reach beyond - Australia 宛に、別々に送ることになる。
HCJB日本事務所:https://reachbeyond.chowder.jp/SW_Schedule/SW_Schedule.html
Reach Beyond - Australia:https://www.reachbeyond.org.au/contact/

(当ブログ過去関連記事)
http://blog.livedoor.jp/swl_information/archives/26758924.html

BBC World Service は、3月31日から有効の周波数をホームページで公開した。
https://www.bbc.co.uk/programmes/articles/2x9tqt6mc05vB2S37j8MWMJ/global-short-wave-frequencies
0001 BBC-SEA
0001 BBC-SA

Deutsche Welle(DW)は、3月31日から有効の周波数をホームページで公開した。
新周波数は、次のサイトの "Shortwave Frequencies Summer 2024" のラインから
PDFデータをダウンロードする。
https://corporate.dw.com/en/dw-radio-programs/a-1777509
0001 DW_page-0001

Radio Romania International(RRI)は、3月31日から有効の周波数をホームページで公開した。
https://www.rri.ro/en_gb/frecvente-259
0001 RRI

Vatican Radio は、3月31日から有効の周波数を "VATICAN NEWS" のサイトで公開した。
https://www.vaticannews.va/en/short-waves.html
https://www.vaticannews.va/content/dam/vaticannews/web/schedules/Vatican_Radio_SW_program_schedule_in_A24_03022024.pdf
0001 Vatican-2024

ロゴ・KBS(新)
KBS(英語放送)は、3月31日から周波数の一部を変更する旨、ホームページに
掲載した。
https://world.kbs.co.kr/service/about_notice_view.htm?lang=e&no=45733

宗教系放送局 Bible Voice Broadcasting(BVB)から届いた電子メールによれば、
同局はこのほどホームページに "Program Schedule Summer 2024" を掲載した。
https://www.hagcm.org/_files/ugd/22d1db_104558f8e1564b519e16f615d73e7187.pdf

東アジア向け短波放送の新周波数は次のとおり。
0001 A24-BVB

Voice of Korea(朝鮮の声)英語放送は、3月24日から周波数の一部を変更した模様で、現在アナウンスしている周波数は次のとおり。
(時刻表示はUTC・協定世界時=日本時間JST-9時間)
( 北東アジア向け )
04:00-05:00 UTC  7220、9445、9730 kHz
06:00-07:00 UTC      同   上 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
( 東南アジア向け )
05:00-06:00 UTC  13650、15105 kHz
10:00-11:00 UTC  11735、13650 kHz
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
( ヨーロッパ向け )
13:00-14:00 UTC  13760、15245 kHz
15:00-16:00 UTC    同  上
18:00-19:00 UTC    同  上
21:00-22:00 UTC    同  上
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
( 中東・北アフリカ向け )
16:00-17:00 UTC  9890、11645 kHz
19:00-20:00 UTC  9875、11635 kHz
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
( 南アフリカ向け )
19:00-20:00 UTC  7210、11910 kHz
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
( 北米向け )
13:00-14:00 UTC  9435、11710 kHz
15:00-16:00 UTC    同  上
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
( 中南米向け )
04:00-05:00 UTC  11735、13760、15180 kHz
10:00-11:00 UTC  11710、15180 kHz

※ 英語放送の受信状態が芳しくないため、周波数又は放送時間に聴き間違いが
あるかも知れない。受信音は次のとおり。
アナウンス音(A)http://swlinformation.livedoor.blog/VOK-A2024-1.MP3
アナウンス音(B)http://swlinformation.livedoor.blog/VOK-A2024-2.MP3

◆「朝鮮の声」日本語放送の周波数変更情報は次のとおり。
http://blog.livedoor.jp/swl_information/archives/40169992.html

ロゴ・NHK-R.Japan
NHKの国際放送 Radio Japan は、3月31日に周波数などの放送スケジュールを変更することとし、同局のホームページに掲載した。
日本語番組のスケジュールは最終ページに掲載されている。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ja/information/brochure/pdf/radio_frequency_schedule2.pdf

(参考サイト)
https://www.nhk.or.jp/info/pr/hensei/assets/pdf/2024_jikokuhyo-kokusai.pdf
https://www.nhk.or.jp/info/pr/hensei/assets/pdf/2024_kokusai.pdf

ロゴ・RNZ(新)
Radio New Zealand International(RNZI、RNZ Pacific)は、3月31日から有効の周波数
および放送スケジュールをホームページに掲載した。
次のページの上段に現行スケジュールが、下段に新スケジュールが掲載されている。
https://www.rnz.co.nz/international/listen
0001 RNZI_page-0002

HCJB日本語放送(Reach Beyond-Australia)は、3月31日から周波数を変更することとし、ホームページのトップに掲載している。
https://reachbeyond.chowder.jp/
0001 A24-HCJB
3月16日には、番組の最後に、次のようなアナウンスが流れていた。
(朝)http://swlinformation.livedoor.blog/HCJB-20240316-asa.MP3
(夜)http://swlinformation.livedoor.blog/HCJB-20240316-yoru.MP3

ロゴ・朝鮮の声(J)
「朝鮮の声」日本語放送は18日、「ここで、リスナーの皆さんにお知らせです。朝鮮民主主義人民共和国からお送りしている、朝鮮の声・日本語放送の周波数が、チュチェ113年(2024年)3月24日から一部変更されます」とアナウンスした。

新周波数は、次のとおり。(時刻表示は日本時間)
06:00-07:00 JST   9650、11865、621 kHz
07:00-08:00 JST     同    上
08:00-09:00 JST     同    上
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
16:00-17:00 JST   6070、9650、11865、621 kHz
17:00-18:00 JST     同    上
18:00-19:00 JST     同    上
19:00-20:00 JST     同    上
20:00-21:00 JST     同    上
21:00-22:00 JST     同    上

0001 タイB
Radio Thailand World Service 日本語放送は、来年1月1日から放送を再開する。
同局は12月27日、フェイスブックおよびX(旧ツイッター)で1月1日からの
新スケジュールを公開した。その中に日本語放送のスケジュールが含まれている。
なお、日本語放送は、10月1日から12月31日まで放送を一時休止している。
0001 タイC
(フェイスブック)
https://www.facebook.com/RadioThailandWorldService/posts/pfbid024pY7uKM3R6ftFApzNgxAS1ttRZP5iZDhVL4xFNtqRYaZaiodCpFwJauBCfXPMtszl
(X・旧ツイッター)
https://twitter.com/RthWorldservice/status/1739906986756669558

受信状態が芳しくない場合は、次のサイトにアクセスすると、ラジオと同時放送で
インターネット配信の番組をスタジオ収録音で聴くことができる。
http://118.175.16.69:8008/;stream.mp3

(当ブログ過去関連記事)
http://blog.livedoor.jp/swl_information/archives/38248812.html

ロゴ・KBS本館
KBS日本語放送は、25日放送の「玄海灘に立つ虹」の中で、送信機が老朽化した影響で来年1月1日から放送スケジュールの一部を変更すると告知した。
http://swlinformation.livedoor.blog/20231225-KBS-J.MP3

25日にアナウンスされた変更内容は次のとおりであるが、必ずしも明確でない箇所もあるので、ホームページで近日中に公表される「お知らせ」を待ちたい。
◆ 日本時間17時からの放送は、7275kHzを休止し、6155kHzで19時までの2時間続けて放送する。
◆ 日本時間10時からの放送は、9580kHzを11810kHzに変更する。

現行の放送スケジュールは次のとおりである。
https://world.kbs.co.kr/service/common/images/about/schedule_230102_j.pdf
https://world.kbs.co.kr/service/common/images/about/shortwave_231029.pdf

KBS日本語放送のホームページの「お知らせ」欄は次のとおり。
https://world.kbs.co.kr/service/about_notice.htm?lang=j
https://world.kbs.co.kr/service/index.htm?lang=j

KBS英語放送は、来年1月1日から放送スケジュールの一部を変更する旨を、
ホームページで告知した。
https://world.kbs.co.kr/service/about_notice_view.htm?lang=e&no=45405
0001 KBS_page-0001
◆ 今回の告知には、「英語放送は技術的な問題により、2024年1月1日より
短波周波数と時間を調整することにする」とあるが、現在の放送スケジュール
(下記サイト)との比較において、"Current" の南米向けがなくなると読むのか、
引き続き放送すると読むのか、また、"January 1st, 2024" の東南アジア向けが
新設されると読むのか、東南アジア向けの他の時間帯と入れ替えると読むのか、
必ずしも判然としないので、1月1日以降の放送を実際に受信して確認したいと
思っている。
https://world.kbs.co.kr/service/common/images/about/shortwave_231029.pdf

ロゴ・RNZI
Radio New Zealand International(RNZI、RNZ Pacific)は、10月7日付で周波数など放送スケジュールの一部を変更し、ホームページに掲載した。
なお、今月下旬には、放送スケジュールの全般を変更するものと思われる。
https://www.rnz.co.nz/international/listen
0001 RNZI_page-0001 (5)
RNZIのトップページは次のとおり。
https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news
https://www.rnz.co.nz/news

Radio Thailand World Service は29日、同局のフェイスブックを通じて、10月1日からの新しいスケジュールを発表した。
https://www.facebook.com/RadioThailandWorldService/posts/pfbid0mWQjvi7SbR2EviRBBpdAi2LuXZxu4nRq7c8ujUV175DeQGWmQVhRz9nLmC8UnDnKl
0001 R.Thailand
短波放送の受信状態が芳しくない場合は、次のサイトにアクセスすると、ラジオと同時放送でインターネット配信の番組をスタジオ収録音で聴くことができる。
http://118.175.16.69:8008/;stream.mp3

なお、同局の日本語放送は、9月30日を以って「一時休止」となり、来年1月1日に再開する予定となっている。
9月30日の番組では、いつものようにコジマヒデミさんがニュースを淡々と読み上げ、最後に「日本語放送一時休止」を伝え、「ご機嫌よぅ、さようなら」と結んだ。

R. Thailand の Facebook および You Tube は次のとおり。
https://www.facebook.com/RadioThailandWorldService/
https://www.youtube.com/channel/UCYaAFegk7Pa3lsOap54eHhw

(当ブログ過去関連記事)
http://blog.livedoor.jp/swl_information/archives/38248812.html

↑このページのトップヘ