swm_guitar

中古楽器屋への道(2) グラスホッパー・ギターズ

新店舗に移転してシーズン2(?)に突入しました。

20

1960年代に沸き起こった、エレキブームの行く末・・・

1960年代、日本の若者達はエレキギターテケテケサウンドシビれていました(笑)

このブームに目をつけた(?)のが、戦後ハワイアンブームにのっかってスティールギターを作っていた、テスコグヤトーンなどのメーカーでした。

やがてビートルズの来日をキッカケにGSブームが始まると・・・
これらのメーカーは、リッケン風だったりエピフォン風だったりバイオリンベース風などを世に送り出しました。

そしてフォークブーム、若者達はフォークギターに夢中になります。

テスコグヤトーンなどのメーカーは、ここで乗り遅れたのですかね〜?
それだけでは無く、様々な要因は有ったようですが・・・

何しろ急激に巻き起ったエレキブームが、急激に衰退した事は確かな様です。

1970年代ニューロックの夜明け(!!)と共に若者の関心はエレキギターへ帰って来ました!!
彼らの憧れは、ジミー・ペイジエリック・クラプトンが肩からぶら下げていたレスポールだったりストラトキャスターだったりします。

でも、まだまだ貧しい日本の若者にはギブソンやフェンダーなどを買えるわけ無く、憧れの存在だったのです。

そこに登場したのは、日本のロックの伝道師(!!)成毛滋氏監修の下作られたコピーモデルでした。

しか〜し!!
1970年当時、大卒の初任給は40,000円位。
現在の価値に換算すると、150,000円ぐらいですかね?

中学生や高校生からすると、グレコだって高嶺の花だった筈です。
“それでもエレキギターが弾きたい!!”
そんな若者達の強い味方(もしくは敵だったかも?)だったのが通信販売です。

トムソンなどを売っていた二光が有名ですが、他にも数社有った様です。

長すぎた前置きはさておき(笑)
ここからが本題です!!

Image7
こちらはヴォルベスという会社のカタログです。
1970年代後半の物だそうです・・・

20180420_163005
こちらは新入荷のビザールなエレキです。
上の写真のVEG-120とソックリですね〜PENKEL(ペンケル)というブランドの様です。
同じデザインのギターは、VISIONとかALFATONEなどのブランドでも売られていました。

20180420_163036
ヘッドロゴは有りません。
この様なブランドのギターはロゴの代わりにシールやバッチなどを用いていたので無くなっている事が多いのです。

20180420_163047
このブリッジやピックアップ。
1960年代のビザールギターに使われていたものと一緒ですね〜
良くこれらのギターを『60年代のビザールギター』と謳っているのを見ますが・・・

多くの日本のギターブランドは製造を外注に頼っていました。
細かな部品は、更に下請け・孫請けとなっていたでしょう〜

1960年代後半、急激なブーム衰退で大量の余剰部品が発生したことが想像されます。
それらの部品達が、この様なギターに使われていたのではないでしょうか?

さて、ライ・クーダーデビット・リンドレーのおかげで日本のビザールギターのピックアップが見直されたという話からわかる様、この時代のピックアップは中々優秀です。
出力は低めですが十分、素直な特性はクリーンなトーンから歪みまでしっかり対応してくれます。

これらのピックアップは、当然ハンドワイヤリングで作られていたことでしょう。
当時の日本の職人さんは優秀だったのでしょうね〜

楽器としての造りはかなりチープですが、少し太めなネックはしっかりしていて十分に実用に耐えます。
そして、何しろ、軽い!!

そこでピンポイントにこのギターをお勧めするのは、中年を迎えたパンクロッカーのアナタ!!
毛量が減り髪を立てられなくても、スキンヘッドで対応できるでしょう(笑)
でも、肩や足腰の衰えは如何ともし難いものです。

ジョニー・ラモーンの様に低く構えてかき鳴らしましょう!!




23

Ovation?

良くあることですが・・・(笑)

“仕入れたギターの正体が不明!!”
20180323_164129
本日入荷したこのギター、見た感じは完全にオベーションですね〜
ピックアップは付いていません。

20180323_164200
ヘッドが何らかの塗料で塗り潰されています・・・

20180323_164412
ラベルは有りません。
ネックブロックに499という数字・・・シリアルナンバー?それとも型番?
シリアルナンバーだとしたら1960年代の物かも知れません。

20180323_175009
剥離剤を使ってヘッドの塗装を剥がしてみると、

20180323_175358
うっすらと、Ovationのロゴが。

68 Balladeer Brochure 1
色々調べた結果、このモデルが近いように思われます。
“Standard balladeer”

わかったのはココまで!!

もっと詳しい人がいましたらご教授お願いします!!

あ、凄く良い音で鳴ってくれています!!



19

詳しい人、教えて下さい。(追記あり)

20180219_125057
S.R.V風のストラトキャスターが入庫しました。

第一印象は・・・中々良さそうな個体です。

メーカーは?
20180219_125130
剥がされています・・・フェンダーに見えるけど。

20180219_125920
シリアルはプレートに有ります。
う〜ん、よく分かりません。

20180219_122501
ブリッジは“Fender”の刻印入り。
弦高調整用のイモネジは、インチ規格です・・・USA?


ネックポケットに、きっと情報があるはずです。
20180219_122359
?? 12 1999と読めます。

20180219_122406
J SERV1Nと読めます。
(JSERVINが正解の様です。検品担当者の印?)

20180219_122440
ネックデイトは・・・7 20 99
1999年7月20日製って事かな?

20180219_123751
PODはCTS、これも1999年製の様です。

さてさて気になる(?)ピックアップは?
20180219_122721
ディマジオです!!

ボディーはアルダーですかね? 2ピースです。

塗装はラッカーの様です・・・
確認するためピックガードの裏の部分に、チョコっとアセトン溶剤を垂らしてみたところ溶けました。


フェンダージャパンのレイヴォーンモデル?
だとしたら、パーツはゴールドでテキサススペシャルが載っている筈です。
ネックにシリアルも有りませんし・・・

ネックプレートのシリアルは、U.S.Aフェンダーとも違う様ですが。

いろんな部品の寄せ集め?
少なくとも、ネックとボディーは完全にマッチしている様に思います。

そんな訳で素性はよく分かりませんが・・・とても良いギターです。
『だったら何でもいいんじゃない』
と、思うのですが・・・

でも、やっぱり、気になるぅ〜〜(笑)
このギターの正体が分かる人居ませんか?
想像でも構わないので情報下さいませ!!


ー追記ー
皆さまからのお知恵で、正体は・・・
“American Vintage” 62 Stratocasterだと判明しました!!
ありがとうございました!!
9

変わり種。

20180209_173829
YAMAHAのFG-75と言うモデルです。

1970年代前半、主に北米市場へ輸出するために作られたモデルです。
いわゆる“パーラーギター”の市場を狙ったのですかね?

日本国内には“ダイナミックギター”の流れを汲んだモデルがありましたが、こちらはカタログにも乗せられず輸出専用モデルだったようです。

20180209_173905
隣にあるのは、同じ時期のガットギター“G−50A”です。
ボディーは共通のようですね〜

20180209_174006
ネックの形状は、他のFGシリーズと一緒ですね。
スケールも一緒です。

20180209_174045
ブリッジは、FG−140等と共通のようです。

ブレイジングは基本的にラダーですが・・・
サウンドホール下から放射状の物が2本。
ブリッジサイドに小さな物が1本ずつと言うオリジナルな構成です。

アメリカでは通常のFGシリーズを“Poorman's Martin”と呼ぶ事が有るそうですが、
こちらは見た目やサイズがB-25みたい(?)なので“Poorman's Gibson”かな〜

バックに修理跡が有り、トラスロッドカバーは“THE FG”の物へと交換されています。

中々入荷する事が少ないギターですよ!!




2

ヤマハのFG

久しぶりに楽器屋らしい(?)ブログを買いてみようと思います。
前回『目標は週一更新!!』などと書いてから年を越してしまいましたが・・・

1970年代の日本製アコースティックギターをメインに扱っていると
“ヤマハのFGシリーズ”
は欠かせません、と言うか中心になります。

いったい何故なのでしょう?

まずは、モノがしっかりしている事。
次に、数が多い事。
そして、ラベルの色の変遷やモデルの多様性など“マニア心”をくすぐる要素が多い事が、大きく影響していると思います。

それではマニア心をくすぐって売り上げ増を狙う事にします(笑)
20180202_153505
2本のFGを見てみましょう〜
手前がオレンジラベルのFG−251
奥は、赤ラベルのFG−220

カタログ上のデータを見ると2本ともボディースタイルは『ウエスタン』と有ります。
初代のFG-180以来、グリーラベル〜黒ラベルと引き継がれてきたヤマハオリジナルのデザインですね。

それがオレンジラベルから若干変更されていたのをご存知ですか?
20180202_153713
写真で見る限り、よく分かりませんが、
実際にサイズを測ってみると、オレンジラベルはボディーが若干細長くなっているのが分かります。

20180202_153619
また、この写真で分かる様に、オレンジラベルの方がボディーが厚くなっています。

そして一番違うのが・・・持った時に感じる重さです。
またシリーズ全体として“音作りへの方向性”も変わった様な気がします。

いわゆる『FGらしさ』の代表選手が赤ラベルだとすると、
オレンジラベルは現代へ通じるヤマハアコースティックギターの始祖(大げさ?)だと思うわけです。

造りの良さ、
バランスの良さ、
弾きやすさ、
そして値段の安さ!!
これらを考えると、FGのオレンジラベルは“買い”だと思います。

残念ながら1980年代以降のモデルは、造りが脆弱になっています。
(参考記事・日本の70年代のアコギは、何故丈夫なのか?


いわゆる“FGブーム”が盛り上がりを見せたのは2000年代前半だったと思います。
それから約20年の年月を経て、オレンジラベルは熟成が進み(!!)さらに良くなっている?

8年間中古楽器店をやってみて感じるのは、1970年代中盤から1980年頃までが日本のエレキギターとアコースティックギターの“グレート・ヴィンテージ”だという事です。

ジャパンヴィンテージなんて呼ばれているエレキギターは値段が高騰していますが・・・
アコースティックギターは、まだまだお買い得ですよ〜!!

グラスホッパー・ギターズ
Grasshopper Guitars & Musicalinstruments

営業時間
13時30分〜19時30分
月曜〜土曜
日曜日・祝祭日は、お休みです。

〒155-0033
東京都世田谷区代田2-29-13
☎03-3411-4015

>>>Map

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ