swm_guitar

中古楽器屋への道(2) グラスホッパー・ギターズ

新店舗に移転してシーズン2(?)に突入しました。

2010年09月

22

ポールか、永ちゃんが花形だった。

今は、違いますけど・・・昔、ベーシストと言えば、バンド内では“地味”な存在でした。

例外は、ビートルズとキャロル。

 ポールと永ちゃん、二人が使ってたのが、
P9211326
そう、バイオリンベースでしたね。
永ちゃんは、ポールの影響でしょうが・・・
(矢沢永吉が、ベース弾いてたなんて、今の子達は知らないだろうな~)

ビートルズとキャロル。
当時、この二つをコピーしているアマチュアバンドは多かったですね~
その必需品が、このバイオリンベースです。
本物のヘフナーは、高くて中々手が出ませんでしたが・・・
ニッポンには、GRECOが有ります(笑)
P9211337
各メーカーが、コピーモデルを出していましたが、完成度では、グレコが一歩先を行っていましたね。

3
オリジナルのハードケース付きです。




17

テスコのフルアコ 2.

同時進行でドキュメンタリー的に進めております。

今、店に来て頂ければ、修理途中のギターを見る事も出来ます(見たいのか?)

今回は、フレット周りを中心に・・・
P9141209
フレットは、チビチビのガタガタです(笑)
交換しかありませんね〜

P9141213
すり減ったフレットを外すのは、大変なんです。
指板を傷つけないように注意が必要ですね〜

P9141214
フレットレス(!!)になりました(笑)

P9151216
ハイポジションのフレットを打つために、つっかえ棒を入れておきます。

フレット打ちには、丁寧さと大胆さが大切です。

P9151217
はい、打ち終わりました!!
実は、ここまでで“道半ば”なんです。

ここからの調整が面倒なんですね〜
P9151218
角度の付いたヤスリで、フレットの端っこをそろえていきます。
最近購入したこのヤスリ、削り心地が良い!!

P9151219
こんな感じで、削れました。
この後、一本一本丁寧に仕上げていき、最後に擦り合わせもします・・・ふぅ〜
ポジションマークも、殆ど取れっちゃってますね〜

P9151222
天然貝シール。
これ一枚で、800円もするんですよ!!

この時代のギターは、何故だか10フレットにポジションマークが付いてます。
ポジションマークを作り替えるついでに、9フレットに移動しちゃいましょう。
オリジナリティーより、使いやすさ!!

P9151220
エポキシにローズウッドの粉を混ぜて、19フレットのポジションマーク跡を埋めちゃいます。

P9151223
こんなになりました〜

P9151224
ついでに(?)
サイドポジションも付けちゃいました。

さぁ、次は最終回か?




15

当店の客層。

ウチに来てくれるお客さん。
一番多いのは、30代〜40代の人かな?

わたし(48歳)と同世代の人が多いのは、
懐かしさを感じさせるギターが多いからでしょうね〜

“初めて買ったギターが、これだったよ!!”とか、
“あの頃は、買えなかったんだよなぁ〜”なんて会話がよくあります(笑)

もちろん、そんなお客さんはとてもありがたいのですが、
もっと若い(!!)人にも来て欲しいなぁ〜等とも思う訳です。

そこで・・・“中高生限定・学割サービス”を始めます!!

  • 楽器は、すべて店頭価格の一割引き!!
  • ギターを買ってくれた人には、弦を1セット&ピック一枚サービス!!

さぁ、どうだ(笑)

これからの季節、文化祭なんかをきっかけに、
“BANDやってみたい”とか“弾き語りしたい”なんて思いついた君!!
少ないお小遣いでも何とかなるギターあります。

また、“よそで買ったギターなんだけど、どうも弾きにくい”なんて事があったら持って来てみて下さい。
簡単な、修理・調整なら無料でしますよ〜

※要、学生証提示・・・ニセ学生お断り(笑)


“ギターをきっかけに音楽を始める人が増えたらいいなぁ〜”
こんな思いでやってます!!




14

テスコのフルアコ

P9141195
ジャパニーズ・ビザールギターの雄(?)テスコのフルアコが入荷しました。

60年代半ばの、EPシリーズの何か?だと思います。
ボディーの感じは、MARUHA製のようにですね〜

P9141194
とりあえず、中身を引っ張りだします・・・ズルズルと。

P9141196
とりあえず“ドンガラ”状態になりました。


P9141193
ペグは曲がってます。
ペンチで、グィッ!!っと元に戻します・・・折れないように気をつけて!!

P9141197
ボディーからは、こんなホコリの固まりが・・・

P9141198
こんな物で、掃除したりします。

P9141203
こんなのも使います。

P9141204
こんな風に、棒に巻き付けて・・・松居棒?

P9141205
使用後・・・

ブリッジが欠品してましたので、代用品を発掘してきました。
P9141199
オリジナルの物より、良さそうですね〜

P9141200
トップのアールと、イマイチ合ってません・・・

P9141201
トップにサンドペーパーを貼付け、ゴシゴシと・・・

P9141202
良いんではないでしょうか。

電装系も見てみましょう〜
ノイズだらけでしたが、ピックアップは生きているようです。
P9141206
いい加減な修理をしてありますね〜(笑)

P9141207
回路は、こんな感じ・・・
ポッドは、換えた方が良いかもしれません。

  • オリジナリティーを大事にするのか?
  • 実用性を重視するか?

うちの場合は、圧倒的に(!!)後者です。

足りない部品を仕入れて仕上がるのは・・・まぁ、今月中には何とかなるでしょう〜
乞うご期待!!


11

秋の行楽シーズンですね〜

春先には、お花見ギターと銘打って(?!)格安ギターを紹介しましたが・・・

P9111192
今回は、キャンプやバーベキューに気軽に持っていけるギターが何本か用意しました!!

価格は、3,000円〜5,000円(!!)
安くても、ちゃんと弾けるギターばかりですよ〜

安さの理由は・・・
  • ちょっとした問題がある。
  • あんまり好きじゃない(わたくしが)
ギターという楽器の良い所の一つに“気軽に楽しめる”というのがあると思います。

ぶつけたって、濡れたって、汚れたって、気にならない一本。
ぽ〜〜んと、車のトランクに放り込んで、出かけましょう〜

10

白いギター 7.

だんだん、白い部分が減って来ている“白いギター”です。

P9101172
DR.Koこと清水興さんです。

興さん、9/8のブログのエントリー。

う〜〜ん、この気持ち良く解ります!!

8

台風ですね〜

こんな天気じゃね・・・お客さんは来ないでしょう〜

のんびりと、仕入れたギター達の修理でもしましょう。

どんなギターが入荷したか?というと・・・
P9081170
筆記体ロゴのYAMAKIの12弦“F-220”です。
73年〜75年頃のモデルと思われます。

P9071159
ピック型の日焼けがあります。
随分長い事、ピックを置きっぱなしにしたのか・・・んなわけない(笑)

YAMAKIの12弦は良いですよ〜

もう一本は、60年代だと思われるARIAのガットギター。

虎ファンの皆様(!!)お待たせしました?
P9081161
見事な虎杢です。

P9081163
サイドも、虎!!

合板モデルですが、中々造りの良いギターです。
どこの工房で作られていたのでしょうか?

今日は、2本仕上がったので“良し”とします(笑)

早じまいして、ライブの現場へ向かうとしましょう〜

4

1983年に17歳だった少年は・・・

この話は、フィクションです(笑)

1983年。
当時高校2年生だった少年A君は、
エレキギターにあこがれ、毎日カタログを眺めてました・・・
そして、リッチーが大好きだったA君は、ストラトを買おうと心に決めていました。

先輩の話によると・・・“ストラトだったらTokaiだろう”

早速、楽器屋へ行ってトーカイのカタログを貰います。
07

目を付けたのは、Tokai SILVER STAR“SS-38”
白ボディーに黒のピックガードがカッコいい~
一番、安いし・・・A君の狙いは決まりました!!

そして、アルバイト代とお年玉を合わせ、ついにA君は“SS-38”を手に入れます。

やがて、時は流れ・・・・2010年。

あのときの少年“A君”は、37歳。
会社では、バリバリの中堅どころ。
ひとり娘は、中学生。

夏休みに久しぶりに帰った実家で、“SS-38”と再会しました。
家に持ち帰り、新しい弦に張り換えてみると、これが中々弾きやすい!!

早速、会社仲間が集まって夜な夜なセッションをしている店に持っていきました。
“課長、上手いですね~”なんてお世辞も心地よかったのですが、
店の鏡に映った自分の姿に・・・・がっかり。

スーツを着た自分に“SS-38”は、全く似合ってなかったのです。
音楽の趣味も変わって、ブルース等を弾いているのですが・・・
やっぱり“SS-38”は、似合わない。

“良い音してるのに、ルックスがハードロックですね(笑)”
全く気の利かない部下の言葉。

“別に金がない訳でもないし、もっと良いギターでも買うか”
なんて考え楽器屋に出かけ色々試しましたが、
“SS-38”の弾きやすさと音、そして思い入れの深さも有ってか、どれも納得がいきません。

ある日インターネットで、
“フェンダー系の楽器は、パーツも豊富でカスタマイズが楽しい・・・”云々の記事を見た“A課長”は、思い立ちました。

“問題は、見た目だけなんだからきっとなんとかなる!!”

早速、楽器屋さんに出かけピックガードやらノブやらを買い込んできました。

P9041122
う~ん、大人っぽい(笑)
日に焼けたホワイトボディーに、べっ甲柄のピックガード。
“メイプル指板だったら、完璧バディー・ガイだったのにね~”なんて言いながら、大満足のA課長でした。

・・・おしまいっ!!


ここからは、現実です。

P9041124

“1983年型、Tokai SS-38” A課長仕様(笑)
28,000円です。
4

バッタ屋では、ございません(笑)

グラスホッパーギターズでGoogle検索したら・・・

こんなのが出て来ました。
グラスホッパー・ギターという楽器屋さんを知っていますか?

この回答・・・思わず笑っちゃいました(笑)
中々、センスあります。


質問した人、そんな意味じゃないですよ~(笑)



一万円以下でも、良いギターありまっせ!!

2

白い〜ギターに〜

P8291050
YAMAKIのW-300というモデルです。

サイド&バックと共に指板までメイプルという変わり種ですね〜

このギター、あまり良い状態ではないですが・・・
懐かしさ先行で仕入れちゃいました(笑)

P8291069
メイプル指板は、こんな感じ。

ヴィンテージのストラトみたい?!

P8291068
バックは合板ですが、奇麗な杢が出てますね〜

P8291066
サウンドホール脇に傷が・・・


YAMAKIファンの方は、一本持って置きたいですね〜

詳細はこちら>>>J-Guitar.com
グラスホッパー・ギターズ
Grasshopper Guitars & Musicalinstruments

営業時間
13時30分〜19時30分
月曜〜土曜
日曜日・祝祭日は、お休みです。

〒155-0033
東京都世田谷区代田2-29-13
☎03-3411-4015

>>>Map

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ