swm_guitar

中古楽器屋への道(2) グラスホッパー・ギターズ

新店舗に移転してシーズン2(?)に突入しました。

2011年05月

26

白いギター 10.

お久しぶりの白いギターです(笑)

今回、ご署名(?)頂いたのは・・・

P5262921
ギタリストの青山陽一さん。
80年代から“Grandfathers”というバンドで活動していました。

そして、お次ぎは・・・
P5262922
ご存知、
曽我部恵一さん。
書いてもらっている時に余震が有ったりして(!!)

まだまだ続きます。
25

のんびりと、ウクレレの修理等。

最近、ハワイにハマって移住まで考えているらしい(!!)
某音楽家の方からウクレレの修理を頼まれました。

国産ウクレレでは“定番”のFAMOUSです。
バックの剥がれを直して欲しいと言われたのですが・・・
P5212873
なんだかトップがへこんでいるように見えます。

ついで(?!)なので、バックを全部剥がしてチェックしましょう〜
P5212870
もともと剥がれていた場所にスクレーパーを差し込んで、じわじわと。

P5212871
はい、剥がれました。

BlogPaint
やっぱりブレージングが外れてましたね〜

P5212874
おっと、裏側もだ!!
バック板を外した甲斐が有ったと言うことです。

P5212876
ウッドブロックを使って、しっかり接着します。

古いギターやウクレレのブレージング剥がれは良くあります。
ウクレレは小さいので楽ですが、ギターの場合は大変です。
それは何故かと言うならば・・・ブレージングの数も多くて、配置も複雑なんです。

P5252914
これは現在修理中のSUZUKIのギター。

無事、修理を終えて持ち主の元に戻ったウクレレは、
ハワイの海辺で、波の音とセッションするのかな?

いいなぁ〜(笑)







10

小麦色の肌? 色白の肌?

女の子の話しではありません・・・残念ながら(笑)

P5102818
ほぼ、同い年のこの2本。
左の日に焼けた方は“FG-201”
右の色白の方は“FG-202”
共に“オレンジラベル”と呼ばれている70年代半ば頃のモデルです。

この2本・・・ボディーサイズは違いますが、当時の定価も使われている材料も全く同じです。

色白の姉と、日焼けした弟(?)
アナタは、どちらがお好みですか(笑)


9

リフレッシュ!!

P4202650
汚い、ガットギターのペグです。

P4202652
ポストも汚いです・・・

スチールウール・紙ヤスリ・ワイヤーブラシ・・・色々動員してお掃除しましょう〜
P4202651P4202653






生まれ変わる・・・までは行きませんが、大分きれいになりました。

P4202654
ネジやギアは、CRC-556に漬け込んで(笑)錆び落とし。

P4202655
組み直して、完成?

P4202656
動きをスムーズにするのは“TRI-FLOW”という潤滑剤。
グリースのようにベタつかず使いやすいです。

古いギターを安く提供するには、“使えるものはトコトン使う”これが大事です。


中古ギターって、エコでしょ(笑)



5

YAMAHAのガットギター。

P5052757P5052758P5052759P5052760P5052761








5世代分のYAMAHAのガットギターのヘッドです(笑)
左から、No.45・No.60・No.G-80・G-80・C-150というモデルです。

P5052765P5052766P5052767P5052768P5052769





そして、それぞれのロゼッタです。


P5052751
はい、全員集合!!

YAMAHAが国内向けにガットギターを作り始めたのは、60年代始めの頃のようです。

日本経済の高度成長と共にラインナップを充実させて行ったようですね~

1967年に発表された“Gシリーズ”は、定価5,500円だったG-50から35,000円のG-350まで、
低価モデルではほぼ千円刻み(!!)で、モデルが存在してました。
また、同時に発売された“GCシリーズ”も含めると、そのラインナップは更に広がってしまいます。

何でまたそんな事になったのか・・・?
今と違ってメーカーの力が強く、小売店も問屋も“定価販売”が基本だった事と、
学校教材等の“大口需要”が増えた結果ではないかと想像してるのですが、どうなんでしょうね~


“70年代までのYAMAHAのガットギターを全機種をコンプリート!!”
まだ、誰もやっていないと思いますよ(笑)
そんな偉業(?)に、どなたか挑戦しませんか?

Gシリーズだけでも全種類集めるとなれば・・・大変です。
勿論(?!)当店は、全面的に応援します!!







グラスホッパー・ギターズ
Grasshopper Guitars & Musicalinstruments

営業時間
13時30分〜19時30分
月曜〜土曜
日曜日・祝祭日は、お休みです。

〒155-0033
東京都世田谷区代田2-29-13
☎03-3411-4015

>>>Map

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ