swm_guitar

中古楽器屋への道(2) グラスホッパー・ギターズ

新店舗に移転してシーズン2(?)に突入しました。

2012年05月

28

アスペン=ASPEN 

アスペン・・・ロッキー山脈のスキーリゾートでしたっけ?

そんなブランドのギターが入荷しました。
P5272883
アメリカの大手楽器商社“IMC”が取り扱っていたブランドのようです。

P5272928
ヘッドデザインがかわいらしいですね〜

さて、このギターを作っていたのは・・・・
P5272947
12フレット上に、見慣れた(笑)インレイ。
これは、キャッツアイですね〜

P5282957
ネックブロックのラベル。
検品者は“K.SAIGO”
多くのキャッツアイ・ギターに、同じラベルが貼られています。
ブレーシングの“MADE in JAPAN”のスタンプが、輸出用である証??

P5272885P5272944











使われている材やペグの仕様を見ると、CE-300辺りと同等のようですが・・・
3ピースバックにヘリンボーン。
キャッツアイでは、上級機種にしか見られない仕様です。

このような輸出ブランドのギターが、どうして国内に出回ったのでしょうかね?






23

白いギター 12.

久しぶりの白いギターです。
(過去の白いギターは>>>こちら

今回、御記帳(?)頂いたのは・・・“キレイドコロ”のお二方!!

DSC_0473
カワイらしいサインですね〜シンガーのLeyonaさんです。
ギターを持って唄う姿も素敵です。

DSC_0475
お次ぎは、“美しすぎるベーシスト”としておなじみのTOKIEさんです・・・(ヨイショッと!!)



“楽器を弾く女性は素敵だな〜”と思う今日この頃です。
ギターを始めて、女子力をアップさせましょう(笑)


15

グネコのベース。

P4252628
なかなか使い込まれた“Greco”のジャズベースモデルが入荷しました。

P4252629
通称“グネコ・ロゴ”と呼ばれているヘッドロゴ。
70年代半ば位のモデルですね〜
JB500
シリアルナンバーが無いので、1975年以前のモデルのようです。
仕様からは見ると“JB-500S”だと思われます。


P4252630
このベース、フレットレスに改造されています。
フレットを抜いた後を、木工用のパテみたいな物で埋めています・・・これはイケマセン。
メイプル指板のフレットレスっていうのもなんだか変なので、フレットを打ち直しましょう〜

P4252632
薄いノコギリで、フレット溝を掘り直して行きます。

P4252633
掘り直した溝にフレットを打ち込みます。

P4272655
全部、打ち終えました・・・これから、仕上げにもうひと仕事〜


フロントのピックアップが、NGの用です。
部品箱を探したら、有りました(笑)
袋には“フェンダージャパン・ジャズベピックアップ”と書いて有ったので(!!)
フェンダージャパンの物だと思いますが・・・いつ手に入れたんだろう?
バランスを考えて、両方取り替えてしまいます。
P5082730
流石〜親戚筋(笑)
ぴったりとハマりました〜サウンドもいい感じです。

P5122798P5122797







貼りメイプルの指板に、ブロックインレイ。
70年代の香りがプンプンする一本です。


グラスホッパー・ギターズ
Grasshopper Guitars & Musicalinstruments

営業時間
13時30分〜19時30分
月曜〜土曜
日曜日・祝祭日は、お休みです。

〒155-0033
東京都世田谷区代田2-29-13
☎03-3411-4015

>>>Map

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ