年末商戦に向けて(?!)
最近入荷したギターを数本ご紹介しましょう〜

まずは、定番。
モーリスのW-30と、F-15の2本です。

W-30はWシリーズ後期、通称“幌馬車ラベル”と言われる時期の一本。
70年代から、モーリスの主流であった“Wシリーズ”は所謂ドレッドノートスタイルのギターです。
流石定番!!
安定の一本です。
PC075139

F-15は、1972年の寺田楽器製。
他社の“フォークタイプ”と比べても小さめなボディーが特徴です。
PC115153


続いて...レア物(?!)
まずは、L・M・G CUSTOM W-200と言うモデル。
PC075138
このギターは・・・謎です。
ラベルにSHINWA LUMBER INDUSTRY CO.LTDと有ります。
PC075129
田原楽器(JUMBO)が関わっている?という未確認情報も有りますが。
ん、このペグは?
PC125176
これは、70年代前半のゼンオン系のギターに良く使われていたタイプですね〜
田原氏とゼンオンの関係を考えると・・・

もひとつレア物。
GAMMA W-250と言うモデル。
PC075137
キャッツアイ以前のTOKAI製のようです。
この時期はハミングバードというブランドがメインだったのですが、
このGAMMA(ガンマって読むのかな?)は、どんな位置づけだったのでしょうか?


さて、お待たせしました?
他所では余り見られない珍品を二品。

まずは、メーカー不明な鉄線ギター。
60年代の物でしょう〜
PC075141

ロゼッタ(そう呼んでいいのだろうか?)が実にチープで良い感じです(笑)
PC075135

そしてオオトリを飾るのが・・・これ!!
PC115152
河合楽器製“さざ波 第壱百五拾号”

以前に“さざ波 第百弐拾号”と言うギターを扱った事があります
参照 一流メーカーのB級ギターこちらの杢目も凄かったですが・・・上位モデルでしょうか?

このサイドとバック、すごいでしょう〜(笑)
PC115149
PC115158

ヘッドも!!
PC115162
河合楽器が得意とする“付き板”ですが、どうやって着色したのでしょうか?

さて、アナタの琴線に触れるギターは有りましたか?

冬休みを楽しむ一本を選んで下さい!!