swm_guitar

中古楽器屋への道(2) グラスホッパー・ギターズ

新店舗に移転してシーズン2(?)に突入しました。

2014年12月

24

トラスロッドカバーの話。

1970年代のYAMAHAのFGシリーズ。
当店に於いても、主力商品な訳ですが・・・

先日入荷したこのギター
20141224_150039
トラスロッドカバーが有りません・・・

たまに有るんですよね〜

まぁ機能的には問題ないのですが、何だか締まりが無いです。

手持ちの部品を見てみましょう〜

20141224_150813
まずは、同じFGのグリーンラベル期の物です。
悪くは無いですね・・・


20141224_150142
こちらは、後期オレンジラベル期の物。
サイズが合わない・・・

20141224_150222
おっと、こちらは良い感じです。

こちらは、赤ラベルFGの復刻版として登場したFG-512SJの物です。
本体の生産は終わっている様ですが、部品は未だ手に入ります。

20141224_150328
オリジナルと比べると・・・(右がオリジナル)
若干違いが有りますね〜
でも、単体で見て判る人は少ないでしょう〜

20141224_150338
復刻版の方が、少し厚みが有りますね〜

ロッドカバーを紛失してしまったアナタ!!
FG-512SJは生産終了してしますので、部品が欠品になる日も近いかも?!
急いで手に入れましょう〜〜

※注、サイズが若干違うので、取り付けには加工が必要です。






11

Viva(?!)エイティーズBASS

1970年代半ば〜1980年代にかけて、日本のギターメーカー(特にエレキ)はコピーモデル全盛期でした。

憧れ〜から始まったコピーモデル達は、やがて本家を凌駕する程の出来栄えになり、
現在、当時のコピーモデルの中には本家と変わらない価格で取引きされている物もあります。 

やがて様々な大人の事情など(!!)もあり、 
また、日本メーカーの“自我の目覚め?”もあり、
各社、オリジナルデザインの楽器に力を入れる様になりました。

コピーモデルで培った(?)技術を駆使して作られた オリジナルデザインの楽器ですが、
中古楽器市場ではイマイチ人気が有りません(一部のモデルを除いて)
と、言う事は・・・お買い得なんですよ〜ダンナ(笑)


さて、そんな“お買い得感たっぷり”“日本製オリジナルデザインのエレキベース”を2本ご紹介しましょう〜
※テレビショッピング風w(笑)

まずは、ARIA ProⅡのSBシリーズ。
PC107045

SBシリーズと言うとスルーネック構造を持つモデルが有名ですが、
こちらはディタッチャブル仕様です。
PC107046
恐らく、当時4〜5万円程度のモデルだと思います。


もう1本は・・・
PC107047
Harmanです。

このHarmanは、知る人ぞ知る(?)
実際のところ、ほとんど知られていない(笑)
京都に有ったウエスト楽器と言う楽器屋さんのオリジナルブランドでした。
 PC107049
当時からコストパフォーマンスの高さには定評が有りましたが、それが徒になって・・・
石田長生さんは、今でも同社のストラトキャスターモデルを使用しています。

オールマイティーに使えるこれらのベース、どちらも15,000円です!!

定番モデルやコピーモデルに物足りなさを感じてるアナタにオススメ〜〜



グラスホッパー・ギターズ
Grasshopper Guitars & Musicalinstruments

営業時間
13時30分〜19時30分
月曜〜土曜
日曜日・祝祭日は、お休みです。

〒155-0033
東京都世田谷区代田2-29-13
☎03-3411-4015

>>>Map

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ