swm_guitar

中古楽器屋への道(2) グラスホッパー・ギターズ

新店舗に移転してシーズン2(?)に突入しました。

レスポール

24

グレコのレスポール

20190523_191137
グレコのレスポールモデルが入庫しました。

20190523_191821
O切れ、富士山(!!)トラスロッドカバー、いわゆるミンコレですかね。
しかし、シリアルナンバーが有りません。
これは韓国Cort製かな? 

しか〜し・・・Cort製のレスポールは以前にも見たことがあるのですが、なんか違う。 
20190523_191721
まず塗装なのですが、あのテカテカした安物くささ(失礼!!)が無い。

内部の構造を見てみましょう〜

ネックジョイントはこんな感じ。
20190524_153505


トップのメイプルもラミネイト(張り)では無い、トラ杢も綺麗です!!
20190524_153426


20190524_153406
配線用の穴、ロングドリルで一気に行ってますね〜

20190523_191224
バックはマホガニーのワンピース!!

ボディーだけ見ると、高級モデルなのですが・・・

20190523_191734

ブリッジ&テールピースはこんな感じ。

当店のアドバイザー(勝手にそう思ってる)の見解によると・・・
90年代にイレギュラーで売られた、トーカイ製ボディーのレスポールであろう。

確かに、造りは、トーカイっぽい。

さあ、貴方の、見解は?


48,000円(税込)です。



 
25

さて、この一本をあなたならどう使う

P2232130
当店には珍しい一本・・・Burnyのレスポール・カスタムモデルです。

古いモデルでは無く近年のモデルです。
P2232148
長年コピーモデルを作り続けているだけあって(笑)完成度の高さはサスガです。

さて、白のカスタムと言えば・・・
rhoads
ご存知“ランディー・ローズ”

このリフと、白のレスポールにしびれた人も多い事でしょう〜


===閑話休題===

とは言え(?)
ランディーファンにこのギターを薦めた所で面白く無いので(!!)
当店では次のような使い方をご提案します(笑)

レスポールと言えば・・・当然、レス・ポールさんですね〜
atkinschetlespaul33l
この名盤のジャケットに写っているのは、カスタムでは有りませんが・・・
白のタキシードに白のレスポールが似合ってますね〜

大抵の人は、白いタキシードを着る機会なんて一生無いでしょう(笑)
もし着るとしたら・・・結婚式くらいですね。

そこで、自分の結婚式でバンド演奏をしようと思っている新郎のアナタへ(居るのか?)

お薦めします!!



24

軽薄(?)軽快、軽量。

PA231350
怪しげな(笑)レスポールモデルが入荷しました。

PA231353
“Fantom”・・・ファントム?
あまり知られていませんが・・・70年代“Aria Pro2”のセカンド・ブランドです。
製造元は、マツモク。
まぁ、グレコとウエストミンスターの関係と一緒ですね(と言っても、わかる人は少ないでしょうが)

ギブソン・フェンダーは、勿論(論外?)
当時の中高生にとっては、グレコ、アリア、フェルナンデス等のメーカーも高値の花でした。

3万円でレスポールモデルが買える!!
お金の無いボクたちに勇気と希望を与えてくれたのが、
ウエストミンスターであり、フレッシャーであり、このファントムだったのです。

これらのギターの共通点は、“レスポールモデルなのに、セットネックでは無い”と言うことです。

70年代も半ばを過ぎた頃には、グレコを始めほとんどの国産一流メーカーは、
レスポールなどのギブソン系のモデルに、セットネックを採用していたのでした。


==閑話休題==
プロ・アマ問わず、ライブでレスポールを使っているミュージシャンって、以外と少ないですよね。
“昔は、レスポールだったけど、最近はテレキャスかストラトだな”なんて人も良くいます。

何故、“レスポールを使わなくなったか”と言えば・・・
一番の理由が・・・“重い”からだと思われます。
もう一つ、“ハイポジションが弾きにくい”という理由もあります。

でも、レスポールってカッコイイですよね!!
本当は、使ってみたいと思っている人も多いと思います。

そこで、この“Fantom”です!!
PA231352
見ての通りの薄っぺらさ(笑)=軽いと言うことです。
また、ディタッチャブル・ネックは、ハイポジションも弾き易いのです。
スタンダートなのかカスタムなのか良くわからないデザインも、オリジナリティーだと言い張りましょう~(笑)

あの、エリック・クラプトンでさえ、SGや335でないと弾けなかった(ホント?)
“ Cross Roads”のギターソロを、レスポールで軽く弾きこなせます!!
20フレット辺りのチョーキングも、楽勝です!!
勿論、肩や腰への負担も少なくなります。

40肩、50肩のオヤジバンドギタリストの皆様。
いかがですか?


29

グレコのレスポール。

P4292725
某、写真家女史の自宅で充分に“熟成”された(笑)グレコのレスポールモデルです。

P4292726
ピックガード裏の埃が・・・・


P4292737
シリアルから、1978年製と判ります。
この頃から、グレコのレスポールモデルは、全て“セットネック”になりました。
さて、このギターのグレードは?
P4292731
初期のモデルにも見られる、グレコオリジナルのセミホロー(?)構造のトップから“EG-450”か“EG-500”と考えられます。
当時のカタログ等を見ると上位機種のEG-600は“メイプル削り出しトップ”と有りますので・・・

P4292728
このピックアップは、名器と言われている(?)U-1000ですね。
はい、このギターは“EG-500”と決定しました(笑)


P4292733P4292732P4292734






各部分、中々キテますが・・・電気系はOKのようです。


さぁ、お掃除しましょう〜
P4292735P4292736






それぞれ、使用前・使用後です。


P4292739
スイッチノブとプレートは新品に交換。
サビサビのネジ等も新しいものと取り替えましょう〜
後は、各部の調整をしてGW明けくらいに店頭デビューの予定です。



さて、このギターの新しいオーナーはどんな人なんでしょうか?
昔を懐かしむ、僕と同世代の人?
それとも、ブラックカラーのレスポールを探していたアナタ?





5

これ、いかがでしょうか?

e2b9037f
ご存知!!
GIBSONのレスポールです。

本物ですよ〜

2000年製造のスタンダート、ちょっと薄めの“ハニーバースト”
気分は1958年かな?

使用頻度が低いので、フレット減り等ほとんどなく良いコンディションです。

気になる?!お値段は・・・
なんと、
驚きの、

99,800円!!(ハードケース付き,消費税込み)

開店大特価
なんて言っておりましたが・・・この値段で売り切ります。
よそでは、あり得ない値段ですよね〜

さて、なんでこんなに安いのか?
答えは・・・
“僕の趣味じゃない”からです(笑)

他の在庫を見てもらえば分かっていただけると思いますが・・・
変テコなギターばかりです(笑)
変わったものが好きなんです!!

このレスポール君のように・・・
オーセンティックというか、ちゃんとしすぎてるギターで商売するつもりは無いのです。

ですからこのギターが売れたらそのお金を持って、“変テコなギター”を仕入れたいんです!!

さあ、ちゃんとしたギターが欲しいあなた!!

お待ちしております!!
グラスホッパー・ギターズ
Grasshopper Guitars & Musicalinstruments

営業時間
13時30分〜19時30分
月曜〜土曜
日曜日・祝祭日は、お休みです。

〒155-0033
東京都世田谷区代田2-29-13
☎03-3411-4015

>>>Map

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ