のりたかのFX

資産運用・外貨FX・投資について、調べた事や閃いたことなど、思いつくままに書いておくブログ

豪ドル円、長期サイクル終了時期

豪ドル円の長期サイクルは、

2008年10月〜2014年6月(または2016年9月)

という見通し。

中期サイクルを見ると、現在4つ目のサイクルである。

中期サイクルは3つが終了した。
[1] 2008年10月〜10年5月 (20ヶ月)
[2] 2010年5月〜11年10月 (18ヶ月)
[3] 2011年10月〜13年8月 (22か月)

4つ目は
[4] 2013年8月〜14年11月(または15年5月)

長期サイクルは
中期サイクルが2〜4つ集まって形成される。

この4つ目で終わる可能性がとても高い。

中期サイクルだけを見ると、そろそろ終わっていいはずなのだ。

15年9月に、82円くらいまで下落した。
これでサイクルが終わったのだろうか。
一応形としては、ダウンサイクルである。

だが、まだ終わっていない気がするのだ。
それが長期サイクルの終わりと考えると、長期サイクルの形としては、きれいな形ではない。
70円くらいまで下落すると思われるのだ。

「14年3月〜6月の間に、天井がくる可能性がとても高い。」
と予想していたが、これはすこしハズレた。

4つ目の中期サイクルの天井としては、14年11月の103円くらいが、それだろう。
長期サイクルの天井は、13年4月の105円くらいが、それだろう。

長期サイクルとしては、16年9月を目指すことになりそうである。
15年12月〜年明け早々が一番可能性がありそうだが…。

安保関連法案の審議・裁決と野党

(1)安保関連法案の審議
審議は足りない、という意見が多いらしい。
国民がよく理解できていないから、だそうだ。

国民は、これ以上、何を理解するつもりなのか。
完璧に良く分かるという国民がどれほどいればよいのか。

そんなこといっていたら、100年かかる。

そもそも、国民が良く分からないと不満に思うのは、野党の責任も大きい。

何を審議しているのか、よくわからないからだ。
自衛隊のリスクは上がるのか、とか、くだらないことを議論している印象しかない。

(2)安保というのは国家防衛戦略
国を守るために、日米同盟を強化する。これによって抑止力を高める。こうすることで中国の横暴を抑える。
単純にいえば、そういう戦略でしょ。

そのための安保関連法。

これを否定する人は、どうやって、他国の暴力から日本を守るのか、戦略を示してほしい。

とくに、民主党は、自民党に対する最大野党というなら、その責任がある。

日本を守る具体的な方法を提示できないなら、政治家を辞めろ!といいたい。
国家を守るために、知恵を出すのが仕事でしょ。

(3)憲法違反懸念
憲法違反が危ぶまれる。
だから、憲法9条を改正して、自衛隊を軍隊にしてしまう。
そのうえで、海外での武力行使を禁止する法律をつくればいい。

憲法9条は、「象徴天皇制」みたいに、「象徴9条制」みたいに、残すことができるなら、それもいいかもねえ。

(4)自衛隊員の法的根拠を整備
もっとも気になっているのが、自衛隊員が法的に守らていない点だ。
たとえ身を守るためでも、拳銃を撃てば、人殺しになる可能性がある。

国家のため、もっといえば私のために、人を殺すという、とんでもなく辛いことをして、なおかつ、人殺しにされかねない。

こんな理不尽なことはない。

憲法9条が自衛隊員を苦しめている、としかおもえない。

自衛隊に人を殺させない(もちろん自衛隊員も殺されない)ために、憲法9条が必要というのは、間違っている。

(5)安保法制反対=戦争反対という意味不明さ
憲法9条を守るなら、自衛隊の軍事力。武力行使を完全に排除すべき。
自衛隊そのものが、憲法違反の疑いがあるのでしょ。

そのかわり、他国の暴力は、無抵抗に受けることになる。
それでいいかどうか、を国民に問わなくてはならない。

安保法制反対ということは、自衛隊存在の否定である。

安保法制はそもそも戦争しないための法案。
安保法制賛成=戦争反対、なのである。

安保法制反対のデモのニュースで喜んでいるのは、中国と韓国だけだ。

ベトナム・カンボジア、フィリピンなどもこの法案に賛成している。
アジア諸国連合、欧州連合も賛成。

反対しているのは、日本に悪意のある国だけである。

いい加減、平和ボケは卒業して、現実を見なければならない。と思う。

トラリピとサイクル注文の手数料

トラリピとサイクル注文の、豪ドル円における手数料を比較する。

----------------------------------

              取引手数料(片道)  スプレッド  合計
トラリピ 1万通貨      3銭          6銭     12銭
      1000通貨    5銭          6銭     16銭
      せま割      1銭          6銭     8銭

サイクル注文        2銭          3銭     7銭

------------------------------------

単純に手数料だけで、優劣をつけることはできない。

が、同じ利益を出すには、手数料が安い方が良いわけだ。

同じ利食い幅、同じ仕掛ける注文の幅の場合、手数料が安い方が、決済されやすくなる。

つまり、利益が手数料の差以上に開く可能性がある、ということでもある。

手数料分を考慮して、仕掛けを考えれば、それほど大きな差にはならないかもしれないが…。

※一応、補足すると、
トラリピは、新規注文で指値も逆指値も注文できるので便利である。

トラリピ・サイクル注文の利食い幅

サイクル注文では、
豪ドル円の利食い益30銭、50銭で、決済回数を比較すると、次のようになった。
30銭では、80〜100回/1ヶ月。1ヶ月の利益24000〜3万円くらい。
50銭では、10回/1ヶ月。1ヶ月の利益5000円くらい。

この差は歴然。

トラリピの説明を見ると、50銭くらいが一番決済できる、と言っているが、そうともいえないようだ。

逆に、利益幅を1円にしたらどうなるのか。
まだ、調べていないが、今後、機会があれば調べたい。


米の日本研究者ら187人の声明(全文)

米の日本研究者ら187人の声明(全文)続きを読む