2007年09月02日

バレバレ

8月20日(月)

久しぶりに黒船のシンゴくんと、ルアー船剣さんでサワラ、デカサバを狙いに行って来ましましたが…

サワラはアシストからブチ切れるし、鯛はトリプルフックに2枚のウロコが刺さっていたので掛かり所が悪くバレてしまいました。
シンゴくんは鯛とサワラをゲット!
少ない当たりを確実に取れるかが釣果の分かれ道(^_^;)
竿頭の方が「3人になるとひとりだけボーズなることが多いなぁ」
まさしく私だけがボーズになりました。

釣行前、自動販売機で缶コーヒーを買うとなんと大当たり!
幸先いいスタートが切れたと思ったけど、その缶コーヒーに運を使い果たしたみたい(>_<)
この後も自動販売機で飲み物を買うと、150円しか入れていないのに800円以上釣り銭が出てきたり(前の人釣り銭?)
後日、更に缶コーヒーが当たったりしています。

缶コーヒーなどに運を取られたくな〜い(T_T)

鯛サワラ

2007年08月18日

納涼マイカ

8月11日(土)

久しぶりに日本海でウッチーさんとマイカを狙いに行ってきました。
お世話になったルアー船は宮津のヨットハーバーから出船しているワープゾーンさんです。

14時出船、とにかく「暑い!」タックルを用意するだけで汗が流れ落ちてきます。

暑さに負けずいざ出陣!

暑い時間帯に頑張ってアジのサビキングをしてお土産を確保!

ウッチーさんも汗でTシャツがシースルーになりながらもインチクで良型の黒ソイをゲット〜。

ウッチーさんのクロソイ







回りが薄暗くなってきた頃にアンカーを下ろし、そして本番!

昨日の釣果は厳しいものがあり、今回はポイントを変更して挑んでくれているので吉と出るか凶と出るか?

スッテはウッチーさん、エギはsioでやった結果スッテに軍配。
スッテのさばきに手慣れているウッチーが20杯以上釣り、

竿頭(^O^)/(吉)

私は1杯のみのビリケツでした(T_T)(凶)

私も一時はスッテに切り替えたのですがスッテ5本は慣れておらず回収すると

ぐしゃぐしゃ(>_<)

なのですぐにいやになり、結局エギに逆戻り。

ただ、他の乗船者の方はエギで結構釣っていたので腕の差が出る釣りでした。

修行、修行…

sioのマイカウッチーさんのマイカ

2007年07月28日

今度は鯛

7月23日(月)今回はマグロ狙いではなく鯛メインで剣さんにお世話になってきました!
ただマグロのボイルに遭遇したら、いつでも投げれる準備はしていましたけど。
私を含めて2名を乗せいざ出陣!
船長から今日の潮は夕方から動き出すと思うので、それまで各ポイントを回りながら鯛を拾いましょう。
前半は潮が動かず苦戦していましたが、夕方に入り船長の予言通り潮は動き出しました。
魚探のモニターに映し出す反応が下から上までぎっしりと赤く染まっていて、海面を見るとイワシの群があちらこちらで確認できる。
ジグをワンピッチでゆっくりとゆっくりと15mぐらいまでシャクるが当たりはない。
ゆっくりなシャクりを繰り返し、鯛の当たりを待つが食いついてこない?
しばらくすると船はポイントから外れかけていたので、移動するのにジグを回収していると船長のジグにヒット!
かなり早巻きをしていたので青物だと思っていたら、鯛の姿が見えてビックリ!
あんな早巻きで食べるのかと感心しました。

早巻きならタックルをスピニングに変え、ロングのワンピッチでシャクリを入れるとヒット!
グィグィと横に走るし、ドラグが鳴るしメジロサイズでも掛かったのかと思い慎重にやり取りをすると、赤い姿が見えてきて鯛?
こんなパターンでも釣れるんだと思いながら60弱をゲット!

鯛


















これは楽しい〜、すかさずジグを投入して着低後、早巻きで早巻きでロングのシャクりを入れる。
まるで日本海でハマチを狙っているような感じでシャクるとヒット!
たまらんな〜と思った瞬間、フヮ〜と軽くなりお帰り頂きました。
気を取り直して激しくシャクくるとまたヒット!ホンマ楽しいです(^O^)/
でぇ、すぐにバレてしまう。
今度こそと思ってジグを落としたところで19時前そろそろ終了しま〜す。
楽しい時間はすぐに過ぎますね〜。
結局、最高な地合に1匹だけとは情けなかった(^_^;)

私の釣果はカブラで1匹、ジグで1匹です。
後は乗船者の方と船長の釣果です。


みんなの釣果

2007年07月15日

マグロ第3段

7月8日(日)マグロ狙いで剣さんにお世話になってきました!金曜日には船長自らマグロを揚げており期待は膨らむばかり。

乗船者は私を含めて2名、船長には申し訳ないがキャスティングしやすいのでマグロ狙いには好条件!ただ日曜である為、ルアー船、プレジャーボート、そして漁師とライバル船が多く、マグロの争奪戦になるのは予想される。
今回のタックルはルアーの飛距離を考えシイラロッドに6500番のリールをセット!ルアーはお決まりのプレスベイトを装着。
後は鯛カブラのタックルと青物用のタックルを積んでいざ出陣!

ポイントに到着して海上を確認すると、波も無くマグロが見つけやすい状況の中、早速遠くでボイルが出た!船はフル加速でボイルを追いかけ到着した頃にはマグロは沈む。
いつものパターンが始まったと思うがチャンスが来ると信じてロッド握る。とにかく単発ボイルのところに10隻近くが集結してキャスティングするのでマグロもびびるでしょうね(^_^;)プレッシャーも相当なもの。

こんな感じが一日中続き、17時半過ぎまで粘るがマグロに届くキャスティングチャンスは訪れなかった。

最後はお土産にと延長してまでも鯛ポイントで粘ってくれた船長に感謝(^-^)/
でっ、今回もズーボーです。

2007年06月23日

マグロ第2段

6月18日(月)曇りのち雨

マグロ釣行第2段!今回は初めて乗る剣さんでマグロを狙いに行ってきました。

剣さんでは前日15kgのマグロを揚げていることで期待は膨らむばかり。
今回もタックルはメインがツナロッドに6500番のリール、ラインシステムは
PE5号にリーダー130ポンドにして、サブはシイラロッドに8000番のリール、PE4号にリーダーが100ポンド、あとはお土産狙いでカブラタックルを用意して船に乗り込む。

月曜という事と雨の予報で乗船者は私ひとり、それでも船を出してくれる船長に感謝 m(_ _)m

午前9時、いざ出陣!

マグロポイントまで約1時間、その間に前日の話を聞きながら妄想タイム!
暫くすると他船からの情報で朝一、単発でボイルがあり前回のクルージング
釣行は避けれそう(^_^;)そしてポイントに到着。
海はベタ凪、マグロ狙いの船も少なく絶好の条件('-^*)/船長と二人でボイルを探していると「出たっ」船長が見つけてフル加速!
どこで出たのか分からないままロッドを握るσ(^_^;)
連続しては出てくれなかった為、キャストすること無く終わるが早速挨拶して
くれるとテンションは上昇。
さらにボイルを探しながら移動していると遠くでボイルを見つけフル加速!
ボイルは無くなっていたが念のためキャスト!

何も起こらない…

こんな感じを繰り返して時間は過ぎる。
今日のマグロはボイルしてもすぐに沈み、またボイルとの距離が遠くキャス
ティングチャンスが少ない。
そこでツナロッドより遠投のきくシイラロッドで勝負、ルアーもジグミノー
からジグに近いジグミノー?に変えて遠投に備える。

そして射程距離内でボイル!すぐさまキャストすると運良くボイルの横に
ジグミノーが落ちる、フォールをさせて様子をみるが反応無し。

「イイとこ入ったと思ったのになぁ…」

沈む気持ちを切り替え次に備える。

ここまで出港してから約6時間ぐらいが経つがボイルの数はかなり出ている。
あとはタイミングがさえ合えば 「ヒット!!(;`O´)o/ ̄ ̄~ >゚))))彡」
こんな感じを期待して、船を流しながらボイルを待つ、エンジンを切ってボイルを待ちながら時間だけが過ぎていく。
少しボイルから遠のくと、ここで船長から「この後もマグロしますか?それ
ともカブラしますか?」と提案があり、鯛も魅力的だが今回はマグロ一本で勝負をお願いしました。

夕方に入り、昨日釣れたポイントでエンジンを切ってマグロを待つ、すると
射程距離内にボイルが発生!
焦ってキャスティングミス(・・;)
焦る気持ちを抑えてすぐにキャスティングすると、イイとこに入り、フォールで
当たりを待つが反応無し。
飛距離を優先している為、ジグに近いジグミノーではフォールが早すぎて反応が悪い、そこで昨日の当たりルアー、プレスベイトに変更してボイルを待つ。

そして16時過ぎ船の近くでナブラが発生、マグロの姿は見えないが迷わず
キャスト!
プレスベイトが落ちた横から3mぐらい離れたところで、20kgは超えて
そうなマグロがジャップ!
もう海面では花吹雪のようにイワシが舞い散り緊張感が漂う。
すぐさま跳ねたところにキャスティングする為、高速でラインを巻き取る内に
プレスベイトの後ろに黒い姿が見えた!
その瞬間当たりがあったがヒットしない。
「マグロだ!」
更にリール巻き続け、トゥイッチングを入れた瞬間

「ヒット!!」

ついにマグロがヒット!

ロッドは海面の方向にグニャーと曲がり、4キロ半に設定していたドラグが滑り出し、ラインがいっきに出ていった時、ファ〜とテンションが抜けた?!

すぐにラインを確認したところPEから切れていた。痛恨のラインブレーク。

すぐさまメインロッドを持ってキャスティングするが反応は無くなったあと。

ガッカリして後ろを振り返るとラインブレークしたラインだけが風になびいている。

「何で…?」

ショックでこの後、余り覚えていないが船長に気を使ってもらって18時ぐらいまでマグロを追いかけました。

そして納竿。

剣の船長に感謝とリベンジを誓い帰路に着く。

2007年06月09日

癒しのキス?

6月2日(土)キス&マイカ

前回の釣行(マグロ)で、海を眺めて1万にシェ〜ンという厳しい洗礼を受け
癒しに飢えていたころ、メンバーのウッチーさんから熱いキスの誘い?( ̄ё ̄)

そこでウッチーさんとキス&マイカで舞鶴沖に遊びに行って来ました。

AM5時マリーナを出てから15分程でキスポイントに到着。
キスの仕掛けは投げ釣りの仕掛けに青イソメを付けて海に放り込むだけ、するとすぐに当たりが(^O^)早速良型のキスが遊びに来てくれました。

とりあえず50匹釣れたらマイカポイントに移動しましょうと決め、のんびりキス釣りを楽しんでいたら10時前には50匹を越えてしまいお土産完了!

キス







次はマイカ!去年からマイカ釣りを始めたのてすが、今年はシーズン突入も早く昼間でも釣れている状態、更にデカい!一升瓶サイズもあがってるということで期待は膨らむ。(^_^)v

そしてポイントに到着!ウッチーさんはインチクにスッテで挑み、sioは中オモリにリーダーを3mぐらいとり、3号のエギを装着。底を取って大きくシャクる、2段引きでシャクって変化を付けて誘う。一方ウッチーの方は底を取ってから、ゆっくりとゆっくりと一定の速度でラインを巻き取る。するとウッチーさんの方に当たりが…

そして「ヒット!」(・_・)エッ....?早速ヒットしたが獲物は何か?

インチク&スッテの為、どちらに食らいついているか分からないシステム?

「マイカ!」

いきなり良型のマイカがスッテを抱いて逆噴射をしている。墨はほとんど噴かず、なんなくゲット(^O^)/
羨ましい〜と思っているとまたもやウッチーさんにヒット!
今度はソフトな曲がり具合から根魚?そしてアオハタがあがってきました。

インチク&スッテ恐るべし(`=´)/~~~~~~~~~~

sioにはまったく当たりがないのでスッテに交換するか迷っていると、またもやウッチーさんのロッドが曲がっている。今度は激しく上下しているので青物と思いきや、一升瓶よりデカいマイカがスッテを抱いている。逆噴射もハンパではない勢いがあり楽しそう〜(^-^)/
タモ入れを慎重にしてゲット!
羨ましい〜o(^-^)o

ウッチーさんの一升瓶
これで迷いもなく、スッテに交換して超スロー巻きでアタック!

少し時間が経ってからsioのスッテに待望の当たりが…
そして何事も無くスッテだけがあがってくる(T_T)

ポイント移動。

この頃になると太陽が皮膚に突き刺さってくる感じになってきてるが、とにかく一杯を釣るまではと思い超スローで頑張っていると

前当たりが〜(*^o^*)

ここで変な動きをするとスッテを抱かないので、慎重に巻き上げると「ぐぅ〜ぅ」という感触が伝わりマイカがスッテを抱いている。

「うれし〜」

慎重にやり取りをして、ついにコカコーラーレギュラーサイズをゲット!

ホッとしたところで更にガンガン?超スローで攻めたが、この後当たりすら無くなり
マイカ終了。
ウッチーさんはこの間も着実にマイカをあげ、計6杯ゲットです。

そして夕方、ナブラポイントに移動。

ナブラポイントではヒッチコックの「鳥」状態になるが、海面に突っ込む根性のある鳥は見当たりません。

退散。

一升瓶のマイカマイカ

2007年05月20日

誘発!

誘発されますよね〜。

「何がって…」( ̄ー ̄?).....??

釣友の東京ジガーさんが17日の木曜から石垣釣行に行ってます。
釣り馬鹿親爺の掲示板を見ると、親爺杯で一緒になった大倉さん達も
17日の木曜から石垣釣行に行くことになっています。

みんな石垣か〜( ̄。 ̄)

この日の夜に東京ジガーさんとメールをしていたら、今回の釣行は
始めから大倉さん達と合流しての釣行と分かり「えっ〜!何で?」
片方は東京、片方は大阪です。
いろいろ聞くと大倉さんの友達の内田さんと、以前石垣で知り合い
今回の釣行となったみたいですね。

いい出会いをすると釣友の輪が広がりますね\(^▽^)/

吉報!18日に大倉さんが23kgのカンパチを釣りましたy(^ー^)y
23kgの大きさが想像できない(おめでとうございます)

でかい魚を釣てえ〜な、誘発される〜!

そこで、この時期近海で狙えるでかい魚といえば 「マグロ!」
憧れの魚です。

早速、来週の21日(月)に和歌山県由良町大引の上野渡船さんに
ルアー船BLUEWATERの予約を入れました。

気合入れて頑張ってきます!!(;`O´)o/
Mタックル1Mタックル2

2007年05月06日

GW串本釣行!

4日にメンバーのTAOさんと和歌山県すさみに有る、「道の駅
イノブータンランド」で待ち合わせをして、串本のルアー船「勇勝丸」さんに
お世話になり串本沖でジギングを楽しんできました。

昨日の釣果では潮が動かず青物は無し、厳しい洗礼を受けそうな感じで
AM5時過ぎ安指漁港からジガー7人を乗せ、いざ出陣!

最初のポイントは70mラインを攻め、潮が動いていないことが確認できた。
それにうねりが酷く、左右に船が揺れシャクり難〜い!
このポイントを何回か流し、反応が無いので深場に移動。

潮岬沖のポイントでも潮が動いていないことは変わり無いが、ミヨシのジガーに
変化が?

「オェ〜」、 「オェ〜」 撒き餌が始まりだした…

撒き餌効果を期待せず、黙々とシャクるTAOさんにファーストヒット!
ロッドを見ると生命感が伝わるしなりで楽しそう。

そして揚がってきたのは55cmのハチビキ。

他のジガーマンもハチビキをヒットさせるが後が続かない。
そして田並沖に移動、ここの水深が140m(おじさんにはシャクれない)

ポイントに到着すると、私は迷わずインチクの付いてるロッドを選ぶ。
TAOさんは300gのジグをセレクトしている。(体力の差を感じました)

底を丹念に丹念に攻め、そして私のインチクに

ヒット!\(^▽^)/

140m間を充分楽しみ、揚がってきたのは37cmのアヤメカサゴ(初物)、
何とかボーズは逃れ一安心。
気分良くインチクで探るがそのあとが続かない。

相変わらず潮が動かず次のポイントへ。

今度のポイントはさっきより浅く、120mラインを攻めるとTAOさんにヒット!
42cmのウッカリカサゴをゲット!

このあとTAOさんがムツを追加して13時過ぎ終了。

今回の釣行で青物の顔を拝むことが出来ませんでしたが、魅力有る海域だと
感じました。(勇勝丸の船長は感じのいい人です。また行きたいです!)

それにしてもTAOさんは元気です。
水深が深くても関係なくシャクってます。
私には真似できませ〜ん(T_T)

07-05-04串本(ウッカリ、アヤメカサゴ)

















左がアヤメカサゴです。

2007年03月24日

久しぶりに釣れました!

21日(水)メンバーのウッチーさんと日本海に行ってきました。
ウッチーさんのマイボートで舞鶴の海を楽しむのは久しぶりです。
波も低く最高の釣り日よりです。

いざ出陣!

ポイントに着いて魚探を確認してもらうと真っ赤な反応が

「いい感じ〜」

ファーストヒットはホール中に食いました!
ギリギリのサワラが遊びに来てくれてボーズから脱出成功。
ウッチーさんも当たりは有るがのりません。
そのあとサゴシを追加して漁礁に移動。

ここでは根魚、タイがヒットするということでsioカブラをテスト!

かぶら1











ウッチーさんは禁断のサバの切り身で根魚にアタック!

早速ウッチーさんにヒット!良型のガシラを次から次に釣り上げる。
sioカブラには全く当たりなし。(゚ε゚)
ここでsioカブラの特長である、状況に合わせて簡単に誘う道具が
変更できる。

オモリはそのままでカブラからグラブに変更!

ぐらぶ











ですが当たりはなし(゚д゚)
エサの当たりが減ったので他の漁礁に移動。
途中大きな鳥山に遭遇してすぐにジグを落とすがヒットせず。

次のポイントも根魚、タイのポイントでsioカブラをテストしました。
ここでも反応が無いのでグラブに変更。
グラブでも反応がないので次にインチク?に変更。

いんちく











底を取ってゆっくり巻くと「ヒット!」ホント?
ぐいぐい来ま〜す!そして上がってきたのは40cm近い
黒ソイが私の道具に食らい付いてきました。

黒ソイ


















自作で釣れると最高ですね〜。
このあとガシラもヒットして釣れる事が証明できました。
ひとつのオモリでカブラ→ワーム→インチクと変更することにより
ヒットが生まれたことがとっても嬉しいです。

そして最後にもう一度サワラを狙いにポイントへ移動。
昨日の夕方にはメーターオーバーのサワラがヒットしているので期待は充分。
ポイントに到着するとジギング船と漁師がテンコ盛り状態、早速ジグを落とすと
4回目ぐらいでヒット!心地よい引きを楽しみながら上がってくる魚を見ると
何と鯛?でも形が変?鯛は鯛でもレンコダイがヒット!(スレ)
初物で嬉しい(´0`)

レンコンダイ

















それから何回目かの流しでジャレ付くような感じの後「ヒット!」
何度もドラグが滑り、いい感じで上がってきたのは82cmのサワラでした。

サワラ


















帰港してから魚を広げると沢山釣れたことに舞鶴の海に感謝(*^o^*)

いろいろ

swsio at 14:39|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2007年03月18日

一週間

一週間まるまる休みました(特別休暇)

12日(月)癒し日
13日(火)三重石鏡のリセイさんにお世話になり、タチウオジギングに
      行ってきました。
      私ひとりの為に出船してくれたので、むっちゃ頑張りましたが
      完全ボーズのお手上げ状態です。
      
      帰りにでぶまささんのブログで見た牡蠣を思い出し、浦村のマル
      源水産によって牡蠣のつめ放題に挑戦して来ました。
      店の人は沢山持って帰りと言いますが、ほどほどにつめて土産を
      確保!
      帰宅して早速牡蠣を食べると「美味しい!」カキフライが嫌いな
      私でも食べれます。
      こんなに美味しいとは、あの時もう一袋買っとけばと後悔しました。
      次回から釣行+牡蠣のつめ放題がセットですね。

14日(水)子供の卒業式(中学)に出席。
      嫁さん号泣、とうちゃんあくびで涙する。

15日(木)ヒラスズキを求めて和歌山の御坊に行って来ました。
      そろそろ稚鮎が出ているだろうとワクワクしていたが、その姿が
      確認できずガッカリ。
      夜中にウロウロしてルアーを投げまくりましたが反応なし。

16日(金)早朝、日高川河口の左岸でルアーを投げまくるが沈黙…
      ここで沈黙を打開する為、南紀で勝負!
      ガソリン節約走行で串本まで移動。
      初めてのポイントだが稚鮎がいれば絶対釣れそうな感じがする。
      暗くなってから外灯の近くの海面を見ると全く気配なし。
      稚鮎は何処へ
      ここまで来たので少し粘ってルアーを投げまくるが反応なし。
      
      「困ったな〜」

      過去のデーターを思い出し、ヒラセイゴぐらいなら?日置川へ!
      すぐに移動して日置川に到着したのが23時過ぎ、ポイントを
      覗けば激下げ状態。
      とりあえずトップから攻めてみると「シュポッ!」捕食音が響く。
      再度アクションを加えると「シュポッ!」久しぶりの反応で
      アドレナリンが噴出。
      ここは慎重にルアーを操作して捕食を待つ。
      「駄目だ」再度ルアーをキャスト!

      「シュポッ!」捕食音が響くが乗らない、焦る気持ちを抑えキャスト
      する。
      何回も誘う内にスレてしまいノーフィッシュ。
      「残念…」
      早朝に再度狙う為、就寝。

17日(土)6時前に起きてポイントに立つ。
      昨日とは正反対の激上りの潮位、トップから攻めるが全く反応なし。
      有るだけのルアーをキャストするが反応なし。
      鳥がプカプカ浮いている。

      このポイントを諦め、日高川で再度チャレンジしようと移動したが、
      時間が掛かった為そのまま納竿。

18日(日)結婚記念日で「アンフェア」を見に行く?
      
      
      魚は何処に行ったんだろう…

       
      

      

      
     

swsio at 20:32|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!