フモンジサンダー

11月最後の日曜日。
ようやく寒さもやってきて紅葉したかな?
豊橋の紅葉名所 普門寺にやってきました。


2時過ぎに出かけたので日も傾いて陰になって
しまっていますが
himaraya_sakura
駐車場の桜。
紅葉をバックにヒマラヤ桜という秋咲の桜です。
fumonji_sanmon
山門をくぐり
石段を登って本堂へ。
fumonji_hondoh

fumonnji_hondoh2

fumonji
トリミングすれば紅葉をバックに本堂が
という写真ですが、全般に青葉です。
momiji
家の近所でも紅葉から落葉まで進んだ木もみかけ
ますが、もみじまつりの間に紅葉が進むでしょうか。

oyaki
境内では出店が出ていて、おやき(なす、よもぎ)
をいただき
thunder
若い山伏に大ヒットのフモンジサンダーです。

中身は若い女性にも大ヒットの、アレです。
シールはどこに貼りましょうかね。

雪虫舞う日の紅葉狩り

日曜日。
なかなか寒さが訪れず紅葉の色づきの遅い秋でしたが、
愛知の低山にも降りてきました。
放っておけば家でゴロゴロ運動不足になりがちな相方と
一緒に愛知県民の森にやってきました。
aichikenminnomori_4
臨時駐車場から歩いてきて、歩道沿いの川の紅葉。

出発が遅かったので着いたころにはいい時間だったので
施設のレストランで昼食。
いつもそんな混まないのに紅葉の季節で店員さんが
いっぱいいっぱいの様相でしたが、そんなに待つこと
なく出てきました。
dam_curry
相方はダムカレー
茶色のきのこカレーが宇連ダム、緑のカレーが大島ダム
飯田線を挟んで東西でむかいあっています。
「宇連ダムは水不足で濁っているから茶色。」なんてね。
(私的見解です。)
ieyasu
私は家康おたすけ丼。きのこ入り親子丼ですね。

県民の森は沢沿いにキャンプ場や広場、いろんな木の
展示エリアがあります。
aichikenminnomori_2

aichikenminnomori_3

愛知県民の森_1

aichikenminnomori_5
ちいさな子連れの家族。
aichikenminnomori_7
奥に行くほど山登り装備の方ばかりになってきたので
aichikenminnomori_8
野鳥エリアの入り口まできたところで戻ります。

帰りにもうひと所
春に来た山の上の神社、菅原神社に登ります。
sugawarajinjya_2

sugawarajinjya

sugawarajinjya_4
木の俣に生えているのは南天の木です。

yukimushi
石段を降りてくると白い綿毛のついた小さな羽虫がふわふわと。
下から2段目に白い点が写っているのが分かるでしょうか。
アブラムシの一種だそうです。
雪虫が舞う冬目前の風のない暖かい日でした。

土岐モザイクタイルミュージアム

昼飯も食べたところでもうひと足。

小原からさらに北上して土岐へ。
モザイクタイルミュージアムにやってきました。
musium2
建物のこの外観。天竜の秋野不矩美術館と同じ土壁。
藤森照信さんの設計ですね。
musium
ちなみにちょっと斜めから。
屋根はトタン板葺きのようです。
tile_5


4階に上がってから降りてくる順路になっています。
tile
4階の屋根には丸く穴が開いていて蜘蛛の巣のように
タイルがちりばめられていますが、床も壁もタイル張り
なので雨が降りこんでも大丈夫、ということでしょうか。
kamado
タイル張りのかまど。
私は親戚の家で使っていた記憶がありますが、相方は
知らないそうです。
mosaic_tile


tile_4
実家の風呂の洗い場は今でもタイル張りです。

浜松でも昔松菱百貨店に松のタイル壁画がありました。

昔は水回りはタイルが普通でしたが今はユニット化
していてあまり使われなくなりました。
金魚型のタイルとか可愛いデザインもあって、使って
みたくなりますね。
cultus
タイル張りのクルマはカルタスのハッチバック。

土岐はさすがにタイルの町だけあって、近くの
ゴミ出しステーションもモザイクタイル張りでしたよ。
Twitter プロフィール
バイクに乗り絵を描く中年サラリーマンです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • 雪虫舞う日の紅葉狩り