2016年11月

下栗から晩秋しらびそ高原へ

11/6(日)
前々日相方に下栗の話をしていたところ、行くことになりました。
車酔いがひどく山道苦手なのでよもや行くとは言うまい、と思って
いました。
土曜に相方が出勤だったので、バイクで行こうかとも目論んで
いましたが山ドライブができるなら文句なしです。
(最近単独行動多かったし)

朝一仕事終えて7時半出発
ナビさんは東名・三遠南信道経由をお勧めですが、下道R151を淡々と
走って千石平の道の駅まで。
県境は未だにバスのすれ違いが困難だったり1車線トンネルがあったり
しますが、それでも改良が進んできました。

R418で遠山道の駅経由で下栗へ。
集落の中を抜けてビューポイントを望むロッジはイベント中で駐車場
渋滞でしたが、車を止めて食事して、いざ。
shimoguri

片道15分の遊歩道は行きかう人がいっぱいでしたが

ミニチュアみたいで、ここを走ってきたんだぁ、と相方も満足でした。

さぁ、次は?
せっかくなのでしらびそ高原まで行ってみよう。ということになり
急坂、ガードレールなしの道も、まぁ運転するのは自分なので
意外に相方も平気そうでした。


chisou

クレーターがあるとか。
このような、ってどのような?
垂直って、隕石じゃなくてもよくあるんじゃないかな?

imodengaku

ハイランドしらびそで芋田楽。
thoyama_rintetsu

遠山森林鉄道の車両が展示されています。
shirabiso


ロッジの宿泊営業は来週までなので、高原はもう初冬かと思って
いましたが落葉松の色づきが見事です。
karamatsu

ドラッグスターのライダーさんがバイクを止めて愛車の写真を
いろんなアングルから撮っていました。
「やりたくなるよね。」って私もやってます。
karamatsu_2

ロッジを発ったのは2時過ぎ。
千石平で買い物をして豊橋着は6時半。
お疲れさまでした、って誰が?

10/29 御嶽山へソロツーリング

10/29(土)
妻籠あたりに行こうか、と相方を誘ったのですが腰が痛い。
ということで静養希望。
行ってらっしゃい。ということなのでせっかくなのでいつもの
開田高原に行ってきました。
いつも開田高原につきあってくださるクロヤギさんも忙しくて
今年は無理と連絡が入っていたので、ソロツーリングです。

朝4時出発、恵那までは夜の峠道を約2時間半。
道の駅木曾福島(7:30)で朝定食のあと
今年は御嶽の山上まで行ってみました。
makiharako_ontake

牧原ダムの湖畔の紅葉。(8:20)
緑の水面がきれいです。
ontake_skyline_1

御嶽の方角は雲がありますが上がれるところまで上がってみます。
skyline_3

赤い実は何の木でしょうか?
ontake_skyline_2

御嶽スカイラインを田野原を目指しましたが、7合目くらいでしょうか
雲に覆われてきたのでそこまで。
間近で御嶽を仰ぎ見たかったところですが下山です。

下山中
山を見下ろすって爽快です。
ontake_skyline

skyline_5

skyline_4

御嶽神社里宮の隣にある滝です。
三岳側は御嶽教の霊場が多く霊神碑がそこかしこに建っていました。
kiyotaki

霊場ラインから倉越林道へ
kurakoshi_rindo

九蔵峠
kuzoutouge


いつものふもとやさんに12時
いつものとうじそばです。

ライダ-割引で並盛値段で大盛が食べられます。
toujisoba

とうじそばはもともと汁が具だくさんなので大盛はけっこう
食べ甲斐があります。
汁まで完食ができなくなったら歳かな。

開田を発って地蔵峠。
jizou_touge2016


中津川でくりきんとんをお土産に買って今年のミッション終了。
のんびり帰って6時帰宅。
帰りは渋滞でけっこうクラッチを握るのがつらかったです。
操作が煩わしいとは思わないのですがクラッチの重さが気になる
お年頃になってきました。

10/30(日)絵麗雅夢人展 閉幕しました。

日曜日で第37回絵麗雅夢人展は終了しました。

作者による解題です。
walk_in_the_street
Walking in the street(Bergen 1967-2016)

今回の旅行の目的地は義父がかつて行ったベルゲンの美術学校
でしたが、ここは美術学校から港へ向かうまでにある交差点です。
49年前、義父が歩いた道をたどって街へ歩きました。

tiggere_i_kovenhavn
Tiggere i Københav

タイトルは「コペンハーゲンの物乞い」デンマーク語です。
言葉がきついので一見してわかりにくい言葉にしました。
ベルゲンでもそうでしたが、観光地の街角で物乞いを見かけます。
大概はコップを持って座っているのですがこのお婆さんはお尻を
高く突き上げ頭を地につけコップを差し出していました。
日本では昭和末年ごろを最後に見かけませんが、欧州では古くから
定住しないジプシーとして放浪したロマと呼ばれるその人達は
北インドに起源をもつそうです。

norge_highway
Norge Highway

北欧旅行のベルゲンからオスロへはバス移動。
雨のぱらつく窓の外の対向車線を一瞬で流れるバイク(R1200GS)と
トラックを絵にしました。
脳裏の後継をスケッチブックに描き止めました。写真はありません。


メンバーの皆さんの絵も紹介します。
UT55
UT55

「UTってどういう意味?地球外生命体ですか?」
「それはETでしょ。」
なんて打ち上げの時に話していましたが、
UTといえばUltra-Terrestrial(超地球存在)でYMOの曲名
ETといえばExtra-Terrestrial(地球外存在)で映画の題名なのです。
で、作者によれば、Un-Titled(無題)です。

cofeecup
CofeeCup

kijia
Kijia

koto_no_sakura
古都の桜

sfincs_no_tegami
スフィンクスの手紙

welcome_board
Welcome_Board

この絵と一緒に写真を撮っているカップルがいらっしゃっいましたが
なんと、この絵はお二人の結婚式のウエルカムボードなのだそうです。
若いっていいなぁ。
お幸せに。

搬出のあと、近くにおでん屋さんで打ち上げです。
uchiage

メンバーの皆さんは小学生から大学生のお子さんのいる方が多いのですが
中々世間は大変そうで、私には砂の塔(金曜ドラマ)の世界はわかりません。
深淵を見るようで怖いですね。
バイクの免許を取った方もいて、旦那さんがバイクのカタログを持ってきて
「何色がいい?」なんてきくから「この中ではこれかな?」って言ったら
しばらくして「買ったから。」
でバイクの免許をとることになったんだそうです。
ブログを読んでいらっしゃる方でこれを真似て大喧嘩になっても私は
関知しません。長年連れ添った信頼関係があればこそです。

うちの相方は平衡感覚がだめなのでとてもバイクには乗せられませんが
出不精なインドア派なのであちこち連れ出そうと思います。
Twitter プロフィール
バイクに乗り絵を描く中年サラリーマンです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 義父を送る
  • 高師緑地のメタセコイア並木
  • 高師緑地のメタセコイア並木
  • 高師緑地のメタセコイア並木
  • 高師緑地のメタセコイア並木
  • 高師緑地のメタセコイア並木
  • 晴れた日の豊橋公園
  • 晴れた日の豊橋公園
  • 晴れた日の豊橋公園