2019年11月

フモンジサンダー

11月最後の日曜日。
ようやく寒さもやってきて紅葉したかな?
豊橋の紅葉名所 普門寺にやってきました。


2時過ぎに出かけたので日も傾いて陰になって
しまっていますが
himaraya_sakura
駐車場の桜。
紅葉をバックにヒマラヤ桜という秋咲の桜です。
fumonji_sanmon
山門をくぐり
石段を登って本堂へ。
fumonji_hondoh

fumonnji_hondoh2

fumonji
トリミングすれば紅葉をバックに本堂が
という写真ですが、全般に青葉です。
momiji
家の近所でも紅葉から落葉まで進んだ木もみかけ
ますが、もみじまつりの間に紅葉が進むでしょうか。

oyaki
境内では出店が出ていて、おやき(なす、よもぎ)
をいただき
thunder
若い山伏に大ヒットのフモンジサンダーです。

中身は若い女性にも大ヒットの、アレです。
シールはどこに貼りましょうかね。

雪虫舞う日の紅葉狩り

日曜日。
なかなか寒さが訪れず紅葉の色づきの遅い秋でしたが、
愛知の低山にも降りてきました。
放っておけば家でゴロゴロ運動不足になりがちな相方と
一緒に愛知県民の森にやってきました。
aichikenminnomori_4
臨時駐車場から歩いてきて、歩道沿いの川の紅葉。

出発が遅かったので着いたころにはいい時間だったので
施設のレストランで昼食。
いつもそんな混まないのに紅葉の季節で店員さんが
いっぱいいっぱいの様相でしたが、そんなに待つこと
なく出てきました。
dam_curry
相方はダムカレー
茶色のきのこカレーが宇連ダム、緑のカレーが大島ダム
飯田線を挟んで東西でむかいあっています。
「宇連ダムは水不足で濁っているから茶色。」なんてね。
(私的見解です。)
ieyasu
私は家康おたすけ丼。きのこ入り親子丼ですね。

県民の森は沢沿いにキャンプ場や広場、いろんな木の
展示エリアがあります。
aichikenminnomori_2

aichikenminnomori_3

愛知県民の森_1

aichikenminnomori_5
ちいさな子連れの家族。
aichikenminnomori_7
奥に行くほど山登り装備の方ばかりになってきたので
aichikenminnomori_8
野鳥エリアの入り口まできたところで戻ります。

帰りにもうひと所
春に来た山の上の神社、菅原神社に登ります。
sugawarajinjya_2

sugawarajinjya

sugawarajinjya_4
木の俣に生えているのは南天の木です。

yukimushi
石段を降りてくると白い綿毛のついた小さな羽虫がふわふわと。
下から2段目に白い点が写っているのが分かるでしょうか。
アブラムシの一種だそうです。
雪虫が舞う冬目前の風のない暖かい日でした。

土岐モザイクタイルミュージアム

昼飯も食べたところでもうひと足。

小原からさらに北上して土岐へ。
モザイクタイルミュージアムにやってきました。
musium2
建物のこの外観。天竜の秋野不矩美術館と同じ土壁。
藤森照信さんの設計ですね。
musium
ちなみにちょっと斜めから。
屋根はトタン板葺きのようです。
tile_5


4階に上がってから降りてくる順路になっています。
tile
4階の屋根には丸く穴が開いていて蜘蛛の巣のように
タイルがちりばめられていますが、床も壁もタイル張り
なので雨が降りこんでも大丈夫、ということでしょうか。
kamado
タイル張りのかまど。
私は親戚の家で使っていた記憶がありますが、相方は
知らないそうです。
mosaic_tile


tile_4
実家の風呂の洗い場は今でもタイル張りです。

浜松でも昔松菱百貨店に松のタイル壁画がありました。

昔は水回りはタイルが普通でしたが今はユニット化
していてあまり使われなくなりました。
金魚型のタイルとか可愛いデザインもあって、使って
みたくなりますね。
cultus
タイル張りのクルマはカルタスのハッチバック。

土岐はさすがにタイルの町だけあって、近くの
ゴミ出しステーションもモザイクタイル張りでしたよ。

香嵐渓と四季桜 奥三河の紅葉

日曜日。
毎年紅葉の季節は激混みなのはネタになるほど、
の香嵐渓の紅葉を観に行ってきました。
早めに出れば大丈夫じゃないか、ということで
豊橋6:30発
美合より新東名で豊田松平IC経由で足助まで。

Twitter情報では既に駐車場が満車では?という
ことで中町・西町
駐車場にはいかずにバイパスを回って臨時駐車場
になっている足助中学校へ。
sangyou
歩いて向かう途中の愛知県蚕業取締所足助支所
(大正12年に建造)
奥三河の中心地だったことをうかがわせますね。

ちなみに駐車場の料金は遠くの臨時駐車場は¥500、
近づくにつれ¥800、すぐ近くは¥1000ですが
既に満車でした。

紅葉のほうは色づいた木と全然青葉の木が。
kourankei_2

kourankei

kourankei_3

kaede
こういう名所は色づきの早い種類と遅い種類の
木の両方を植えるので一斉ということは無い
ように思えます。
kourankei_4


inoshishi
猪が出るんですね。
鹿・かもしか・猿に出会ったことがありますが、
熊・猪は幸いにして出会ったことがありません。


名所の赤い橋の奥まで進んだ広場では日光さる
軍団の出張プチ興業をやっています。
お猿さんはりき君。
saru_3
お兄さんは誰だったっけ。
saru_4
一つ芸を披露する前に「拍手が足りない」と
アピールするお約束。
SNSにぜひUPしてね。宣伝になるから。
だそうです。
saru_2

saru_1

saru_5


mizukagami

さて、朝早かったのでまだまだ時間があります。
小原の四季桜に向かいます。
北上ルートはなかなかの快走路と思いきや、
Googleナビは県道とはいえなかなかディープな道
を案内してくれます。
nyanko
にゃんこ発見


shikisakura_4

shikisakura


shikisakura_3

shikisakura_2
四季桜は紅葉が桜より遅いのですが、紅葉は紅と
いうより紫でなかなかうまく色づいてくれない
ようです。
hebo
恒例のへぼ飯。地蜂のたきこみご飯
nougakudoh

kabukidoh
広場の奥には徳川家康公が腰かけられたという
石のあるお寺があります。
お寺の前の歌舞伎堂。
三河ではお寺や神社に舞台を併設している所が
あって今は祭の際にカラオケ大会をやって
いたりします。

前編はここまで。

久しぶり開田蕎麦ツーリング

11月10日 日曜日

4年ぶりとなる開田高原蕎麦ツーリングに
行ってきました。
前回2015年と同じく同行は静岡の
クロヤギさん。

出発はそこまで早く出る必要はなかった
のですが3時。
R257を通り下道北上ルートで。

夜のワインディングはコーナーの先が
真っ暗で、恐る恐る。
起きがけは適度に緊張があって夜間走行も
いいんですが
高速移動とは訳が違います。

気温が下がり、設楽高原から岩村のあたり
まで時折霧が流れ恵那で朝食。
cyousyoku
時刻はあまり走らなかったときに一度
バッテリーを外してそのままなので
この時点で5時10くらい。

国道の気温表示は3℃。
ena
中津川にて
霧の出ているのは木曽川の流れている
あたりかな。
kawagiri


十分時間があるので途中阿寺渓谷に
寄ってみました。
7時前で朝も早く谷筋はまだ陰でしたが徐々に
日も昇ってなかなかさわやかな光景です。
寄り道は1時間ほど。
atera_keikoku

atera_keikoku2

atera_keikoku3
19号線、8時頃の木曽福島。
1deg
写真を撮っている間に気温がちょっと
上がってしまいましたが
0℃表示でした。
shimo



木曽福島、川沿いを散策すると
gekeya_zukuri
崖家造りというのだそうです。
街の対岸から見た所です。


そうこうしているうちに9時近くになった
ので待ち合わせの道の駅日義木曽駒高原へ
hiyosikiso
9時20分 クロヤギさん到着。
お土産確保の後、開田高原に出発。




R361を二本木の湯方面へ逸れて
旧道入りし鄙びた道を進んで峠区間の
手前の滝に来ました。
滝の上が旧道です。
taki

ここでは豊橋から来たという歩いて
峠越えのバスから
降りてくる人たちがいらっしゃいました。
jizoutouge_0


jizoutouge
地蔵峠です。
峠には享保年間に建てられ昭和47年に
再建されたお地蔵さんがいらっしゃいます。
norikura

touge


jizousan
少し下った展望台から御嶽山
ontake_tenboudai



早く着いてしまい30分ほど開店待ちましたが
fumotoya

ふもとやさんでとうじそば。
籠で沸騰した汁に蕎麦をくぐらせて
食べます。
toujisoba

ここでクロヤギさにトラブル発生。
靴底がかかとからぺろんといって
パタパタ。
インシュロックで足の甲側と結んで
応急処置。

karamatsu

木曽駒の里。
kisokoma

一昨年は木曽馬に乗せていただいた所です。
開田のミッションはこれで達成なので帰路に

ohkuwa

大桑の道の駅で一緒に入ったCB1300氏は
袋式のハンドルカバーを付けていました。
グリップヒーターは指の内側ですから外は
冷たいですから。
ハンドルガードは干渉して付かない車種が
多いそうです。

iwamura

早いうちなので中津川に入るまでは
渋滞を避けてR257に入って岩村に2時半。
クロヤギさんご家族ご所望の松浦屋で
カステラを購入。

クロヤギさんは新城より新東名へ。
家まで着いて5時20分。
久しぶりのツーリングは下道のみ420kmで
走ったなぁという実感がわきました。

Twitter プロフィール
バイクに乗り絵を描く中年サラリーマンです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • フモンジサンダー
  • 雪虫舞う日の紅葉狩り