October 02, 2005

思ったこと。多少。

かなり久々の更新です。
お待たせしてしまってスイマセン…。
珍しく奮発して餃子なんて食べてしまったのでお腹がびっくりして腹を下し気味です…。

この間何があったかというと、SGの方やBBSの方にはちょくちょく近況を書いているのですが、それ以外のことをちょっとづつ書いてこうかと。

仕事の休憩時間に読んでいたものなのですが、なるほど、と思ったのが誰が言った言葉だったか忘れてしまったのですが「人間って言うのは迷惑をかけるために生まれてきた」っていう言葉がありました。そういっちゃうと極論になってしまうと思うのですが、人間である以上他人に迷惑をかけるもんだ、と言えば何となく伝わるでしょうか。さらにこう続くのですが、そのかけた迷惑をどこまで許せるのか、受け入れられるのか、またはその逆か、というのが人間と人間が生きていくことなのだそうです。
僕はそんなに頭の言い人間では無いので、単純に確かにそうだよなーと今までを思い返してしまいました。正直ここには書けない、というか書ききれない迷惑をたくさんの人にかけてきました。これを読んでいる皆さんもそうだと思います。と、同時に色んな人に迷惑をかけられてきたと思います。幸いにもこうして僕がこれを書いて読んでいる皆さんが平穏無事に読んでいると言うことは、かけた迷惑、何らかの行動に対して誰かが「ゆるせん!」となって刺しに来たりとか、無理が祟ってパソコンの前にいるどころでは無い事態になってしまったと言うことでは無いのでしょう。きっとその都度誰かが迷惑を受け入れてくれたり、許してくれたり、だいたいは忙殺されたりされてしまったのでしょう。ハリネズミのジレンマなんて言うけどハリネズミだって何とか体を寄せ合えるところを探して寄せ合っているんだし、そうやって皆ここまで来てるんだなあ、とすぐに感化される自分は何となく考え始めました。

↑では敢えて迷惑と言う言葉を使っていますが、人に迷惑をかけたりとか何かしたりとか、そういった接点が無いということは、かなり難しい生き方なんだなあと。どうやったら人になにも関わらずに生きていけるのでしょう。人で無くても何かに対して全く関わらずに生きていけるというんでしょうか。死なない限りは無理なんじゃないかなあ、と思うのです。あれ、そうなると迷惑をかけるために生まれてきたってのもあながち極論じゃないな…。迷惑じゃなくても生きている以上何かと関わって生きていくもんなんだな、と。だから人と積極的に関わったり衝突したり(←精神的に)するのはそんなに悪いことじゃないんだな、と思うのです。人間と関わらず山に篭ったとしても人以外のものと今度はぶつからないといけなくなるし、大勢の人間の中で暮らしても今度は人間が相手になるわけだからそれは変わらないし。

僕がえらそうに言えたことではないのですが、ぶつかることを恐れて変に伺いながら生きるのも、ぶつかって生きるのも大変だけど後者のほうがまだ得るものがあるのではないかな、と思ったりもします。迷惑をかけたり、ぶつかったりした上で敵も味方もクリアになっていくわけだし。かといって好戦的にガンガン行くっていうのももちろん違う、けど迷惑をかけている、自分はダメだなあと思っている人ほど周りに自分を認識してくれている人がいると思うと満更不幸でもないと思えたりしないでしょうか。答えはまだまだ果てしなく遠いわけですね…。

あれ、久々に書いたと思ったらずいぶん方向が変わってしまったなあ…



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sxhxf_km/50048612