ゲームでひとりごと。

管理人 時雨(しぐれ)がゲームについてダラダラ喋ります。ドラクエ10(グレン草原1014-2)が現在主体のブログ。 ポケモン・GOD EATER・アトラス作品などなど幅広く遊んでます。

2013年8月にサービス開始した本作、ついに(一旦の?)完結となる。










クリア後感想
ネタバレはしない方向なのでストーリーの詳細は語りませんが、なんというかこれだけ膨大なストーリーをよく終わらせられるもんだなというのが正直なところです。

新生時点でどこまでストーリーを広げるつもりだったのかは存じませんが、大きな破綻もなく、腑に落ちる感じでアシエンだのハイデリンだの、鏡像世界だのとファンタジーとSFの混じるストーリーは強く引き込まれました。

前々から言ってますが、ハッキリ言って新生のストーリーはクソつまらないです。つまらないのですが、そこの下積み時代があってこそその後のストーリーがより盛り上がるためにも必要だったのだなと思います。

で、非常に評判の良い今回の拡張ストーリーですが、個人的には正直漆黒の方が好きですね。理由は単純なのですが、漆黒の方がヒロイックな話だからってだけです。基本的に私は勧善懲悪なシンプルな話の方が好きです。ゲームなんて所詮娯楽なのだから、気持ち良くなれる方が気楽に楽しめると思っています。

拡張ストーリーとしてはこれが6.0になるのですが、今後のアップデートでどのように展開していくのかは気になりますね。一旦の結末ということで、新展開や更なる強敵などの実装に際しては相応に納得する理由を求められるので厳しい戦い(制作側的に)が求められそうですねw














新ジョブあれこれ
◎リーパー
漆黒時代は忍者メインで遊んでいましたが、アーリーアクセスを逃した身なので皆さんの使用感などを眺めていたところ、なんか忍者の評判があまりよろしくなかったというかトッシングウェイ呼ばわりだったので、いっそ新ジョブでやったろう!ってことでリーパーでクリアまで進めました。

「いっそ新ジョブで!」とか言ってますが、紅蓮は赤魔、漆黒は踊り子でクリアしてますのでいつも新ジョブで遊んでるのが私のスタイルでした。

でリーパーの感想ですが、触るまでは「何なのだこれは…どうすればいいのだ…(CV 池畑慎之介)」なジョブですが、実際に触ると非常にシンプルなメレーだと思います。

バトルジョブの特長には大きく分けて2つあると思うのですが、1つはバフを維持しながら戦うタイプゲージを溜めてぶっ放すタイプになるかと思います。んで、私は前者がメチャクチャ嫌いですw
(かつての黒魔のエノキアン、忍者の風遁、竜騎士の竜血あたりがそれですね)

後者は戦士とか召喚士、赤魔、機工士あたりですかね。強さは別として、プレイフィール的に爽快感のある方が私は好きです。

話が逸れますが、私は零式・絶どころか極すらやらないタイプなので、ジョブの強さや優劣にはあまりこだわっていません。楽しくというか快適に遊べることが1番です。




で、リーパーですが、メレー初の減りに抗わない系のジョブだと思います。管理するのはデスデザインのみ!FF14あるあるの「早く次の敵グループに行ってくれ!」とか特定のアビリティをポチポチ連打するストレスから解放されます。ここだけでもうすごい。

ついでに方向指定がめちゃくちゃ緩いです。真面目に使うポイントがほとんど1分に1回しかないのでトゥルーノース使い放題ですね。実質方向指定ナシと言っても過言ではありません。

その上で火力も高いという優等生なのですが、火力に関しては新ジョブ御祝儀補正だと思うのでそのうちnerfされるとは思います。が、されたところで快適さは損なわれないと思うので個人的には問題ないかなと思っています。

思うに、こういうジョブが作れたのはここまでの積み重ねがなかったからですかね。「〇〇はこうあるべき!」みたいな思い込みは既存プレイヤーには少なからずあると思うので、そういった縛りのない新規ジョブならではのプレイフィールだと思います。






◎賢者
個人的にバリアヒーラー…というか学者が苦手だったのですが、賢者の方がリソース管理が楽かな?と思っています。

賢者最大の短所はケアルラやベネフィラ辺りに相当するような燃費の悪い大回復の詠唱付き魔法がないことでしょうか。そのため、戻し性能が低いと思われがちなところだと思っています。

が、詠唱ヒールが少ない・単体大回復魔法がないということは即ちそもそも使わなくて良いようになっているということだと思います。バリアヒーラーなのでバリアを使ったり、豊富な回復・軽減系のアビリティでどうにかせい!ということですね。

幸いにして、FF14開発スタッフはどこぞの国産MMOスタッフと違って非常に優秀ですので、「賢者じゃクリア出来ない!」という事態にはそもそも作ってないハズです。スタッフを信じて賢者を使いましょう。多分ね。



で、賢者最大の欠点ですが、スキル名が全く頭に入らないことだと思います。私は未だに『ドシス』と『イックソコレ』しか覚えていませんw

私はパッド勢なんですけど、XHBのこの位置の奴(アクション)はこの効果!みたいな体育会系な覚え方で対処しています。スキル名は覚えなくていいんで、スキルの効果と「どういうシチュエーションで使うのか?」だけ意識しましょう。

多分ですけど、大半のプレイヤーが『イックソコレ』くらいしか覚えてません。『ナンダコレ』とか言って遊んでます。

個人的には学者よりは分かりやすいかな?といった印象がありますが、まだまだレベリング途中なので楽しんでいこうと思います。







ということで、今のところ新規ジョブ2つは好印象ですかね。

既存ジョブでは戦士・召喚・赤魔・詩人あたりは1〜2Lv上がるくらいの軽くは触りましたが、召喚以外は上位スキル(置き換え)が発生した程度であまり代わり映えしない印象があります。

召喚士は全くの別ものと言って良いくらいの大幅テコ入れが入りましたが、そのお陰で全ジョブでも随一のお手軽ジョブになった気がします。次は召喚でも上げようかな?と思ってますが、詳細な感想はまた後日にでも。















大盛況すぎて…
連日のログイン待ちはまあ仕方ないとて、あまりに好評すぎてレジストレーションコードの販売停止にまでなるのは流石に草生えます。

そのうち落ち着くとは思いますが、ここまで評判の良かったMMOは今後も現れないんじゃないのか?とすら思えます。

そのせいで「良かったら遊んでみてね!」と言えないのが残念です。全面鎖国が終わったら良かったらプレイしてみてください。









表題の通りです。





前置き
昨今高コスパであると評判になっているワークマンですが、色々ありすぎてようわからんと思うので年中ワークマンに通ってる私がワークマン初心者にもオススメのアイテムを紹介してみます。

なお、10数年前のワークマンはいかにも仕事してきたであろう薄汚れた作業着着たおっちゃんしか来ないようなガチな店でしたが、去年くらいからフツーのアパレル的に使う人が増えてきました。寅壱とか全然見なくなりましたよね、マジで。

なので、全くドカタ感のない人でも全然来るような店になってます。

ちなみに、年中通う私の主観ですが、年で一番混むタイミングは雪の予報が出た直後だったりします。長靴ソッコーで無くなるので、長靴欲しい方は早めに買っておくことをオススメします。マジで履けるサイズ無くなりますよ。
















ワークマン初心者にオススメしたいベスト3
ということで、ワークマン初心者にオススメしたいアイテムをランキング形式で紹介します。





◎第3位 REPAIR TECH 洗えるフュージョンダウン ライト○○シリーズ
36538_t1
36539_t1
ユニクロとかでもよく見るミドル・アウターに使うタイプの奴。他にもダウンパンツ(ロング・ハーフ)や巻きスカート、ブランケット(ひざ掛け)とかもあります。

ジャケットの方はお値段なんと2500円と、UNIQLOの半値程度となっております。その上で『フュージョンダウン』という素材を使用しており、これはダウン・フェザーと化繊綿が半々の混率となった中綿です。

「ダウン少ないとかケチ臭いんだな」と思われるかもですが、ダウン混率が少ないお陰でお家で洗濯が出来るというのがメリットです。ダウン・フェザーオンリーになるとご自宅での洗濯はまず無理なので普段使いにもありがたいですね。

ちなみにですが、このフュージョンダウン ライト〇〇シリーズではダウンパンツが一番人気となってます。というのも、アウトドアブランドのダウンパンツって安くても6000〜10000円くらいするんですよね。

アウトドアでのミドルパンツとしても最適かつお安い上に、選択可能なので界隈でも割と注目されているアイテムだったりします。なお、私は去年買えなかったけど今年ようやく買うことが出来たので良かったです。

ハーフパンツの方は部屋着としても人気みたいですね。お値段はロングパンツが1900円、ハーフパンツが1500円です。











◎第2位 メリノウール インナーシリーズ
17132_t1

11425_t1
11426_t1
アウトドアインナーなんかでお馴染み?である、メリノウール使用のアンダーウェアですね。インナーやタイツでお値段1900円。

やや薄手ですが、街着としては十分な性能かなと思ってます。あまりに気に入ったので私はこれまで使ってたヒートテックから全部こっちに切り替えました。

というのも暖かさもさることながら、メリノウールの方が吸湿性に優れているのでヒートテック等の化繊インナーに比べて汗冷え等の対策にもなるんですよね。更に水分の発散性に優れているのでムレにくく、ニオイ対策にもなりやすいです。

実際登山なんかでは自身の体臭に悩まされることも多いらしく、臭くなりにくいメリノウール製インナーが特に好まれているそうな。

暖かいだけでなく通気性もあるので、秋・冬・春の3SEASONSで着回せるので結果的にはヒートテック等のあったかインナーより高コスパだと思っています。私は元来繊維刺激が苦手で普通のウール製品はとてもじゃないが着られないのですが、メリノウールは繊維が非常に細いため、繊維刺激がかなり少なくなっていて私でもストレスなく着られます。

また、1900円はインナーとしてはやや高いかな?と感じなくもないですが、アウトドアブランドだとかなり高額です。比較的安価とされるmontbell(モンベル)でも5,6000円〜となっているので非常にお安いと言えます。

更に今年からは中厚手タイプも販売されました。こちらは2500円となってますが、寒がりな方はこちらもオススメかと。

靴下はしれっと貼って流してしまいましたが、ショート丈やロング丈、スニーカーソックスタイプ、5本指タイプとかなり幅広いラインナップですので、好みのものが見つかるかと思います。













◎番外編
ワークマンに時折見られる、値段バグってるタイプのものを2つ紹介しときます。



21332_t1
ボアカーディガン 980円

変なロゴとかも入ってないのでフツーに着やすいボアフリースのカーディガン。(たぶん)男女兼用。

UNIQLO辺りだと平気で2980円くらいの値段が着いてるだろうなと思います。安いので部屋着にもオススメ。






56369_t1


Heya(ヘヤ) ルームブーツ 980円

家では基本裸足派の私ですが、さすがに寒すぎるので今年ついに脱裸足しました。

軽くて、畳めて、丸洗いもOKなルームブーツです。底面が滑り止め加工されており、実際使った感じではそこそこ機能していると感じられました。

写真の上2色が男性向けサイズ、下2色が女性向けサイズとなっているようです。書き忘れてましたが、さっきのメリノウールインナーもトップスの方はウィメンズも用意されていたり(タイツはあったか記憶にはないです)と、最近のワークマンは女性も以前より入りやすい店になりつつあります。




とりあえず寒がりは1回ワークマンに行っとけ。暖房代の節約になりますよ。













◎第1位 AERO STRETCH クライミングパンツシリーズ

rank_no1
弊社はトップスのみ制服、ボトムスは自由という会社なのですが、その弊社にてダントツの人気を誇るアイテムとなっています。個人的にもワークマンでも随一の名品だと思います。お値段なんと1900円。

このお値段にして軽量・ポケッタブル・吸汗速乾素材・130%ストレッチ・UVカット等々…と「これでもかっ!!」ってくらい機能満載です。

毎回比較して申し訳ないのですが、アウトドアブランドでも比較的リーズナブルとされているmontbellのトラベルパンツ・クライミングパンツが7〜8000円程度と考えるとまさにお値段異常です。

うちの上司が趣味登山なのでmontbellのも持ってるのですが、「さすがにmontbellの方が作りはしっかりしている気がするが、値段が4分の1と知らなかったら(良い意味で)騙されるレベル」とのことです。

『クライミングパンツ』とは言いますが、さすがにコレを着てガチ登山やガチクライミングするような人はいないでしょうが、春先なんかの低山ハイクやウォーキングなんかには問題なく着ていける性能です。

また、花粉や汚れが落ちやすい素材でもあるので、お子さんと外遊びするだとか、運動会等の屋外イベントなんかでは砂埃も付きやすいのでそういう時にも良さそうですね。



36421_t1
秋冬モデルもあり。こちらは秋〜初冬モデルの『ウォームクライミングパンツ』という商品で、生地が厚くなり裏地が起毛素材になっているのでちょっと暖かめになっています。

が、防風素材ではないので厳冬期にはちと厳しいかな?と感じました。お値段は変わらず1900円なのはありがたいんですけどね。





36455_t1
こちらは『クライミングパンツ(秋冬向け)』という商品。一昨年から私も厳冬期の部屋着等々に愛用しております。お値段は少し上がって2500円。

いよいよ厳冬期でも着られるモデルなので中綿入りになるので、シルエット的には上記2モデルよりだいぶモコっとした感じになりますが、上記2モデルとは比較にならんほどの暖かさを誇ります。私なんか暑がりなので暖房のついた部屋だとむしろ暑いレベル。

防風性は謳ってはいないものの、中綿入りなので結構防いでる体感()があります。

また、ワークマンの扱っている高防寒パンツの中では(おそらく)これが最安です。生地も柔らかめで動きやすく、比較的乾きやすい方なので個人的にはこれが防寒アイテムとしては一番オススメです。









ってな感じで、防寒性に関してならUNIQLO行くのがアホらしくなるくらいに低価格で実現してしまうのが最近のワークマンの強みですね。
(といっても最近のUNIQLOはファストファッション路線はGUに一任しており、UNIQLO自身は『比較的安価なオサレブランド』を目指してる感じですが。ジル・サンダーとかホワイトマウンテニアリングとコラボしてたりしますし。)

今回はワークマンを全く知らん人向けに2〜3シーズン行けそうなアイテム中心でまとめましたが、店舗に行くと3〜5000円くらいでクッソ暖かいアウターが買えたりするような店ですので、寒がりな人は騙されたと思って1度ワークマンに行け!と強く進めたいです。



余談ですが、たまに「ワークマンplusじゃないとタウンユース向けアイテムは置いてないのでは?」と勘違いされている方もいますが、タウンユース向けしか置いてないのがワークマンplus、タウンユースも職人向けも両方(全部)置いてあるのが普通のワークマンです。

なので、ご近所にワークマンplusやワークマン女子が無くても普通のワークマンがあれば無問題ということですね。

ということで、寒がりはエアコン付ける前にワークマン行ってこい。私から言えるのはそれだけだ。






このページのトップヘ