予告通り、今日はシステムについて。


シナリオ同様にDQのシステムはシンプルだと思います。


例えばダメージ計算。

(攻撃力/2)-(守備力/4)=ダメージが通例です。

何だか"いつも同じ雰囲気で戦える"ような気がします。

他にも小さなメダルやカジノのように"お馴染み"の要素はたくさんありますけどね。

こんな"新しいけど懐かしい"ような作りは素敵だな〜と素直に感心します。



あとアレですね。

DQの一番良い所、僕は難易度だと思います。

"簡単過ぎず、易しい"といった絶妙な味加減です。

もちろんきちんとLvを上げて装備も整えた時の話ですが、プレイヤー次第で"○○禁止"だったり"低Lv攻略"のような制限プレーでどうとでもなります。

難易度が易しい、と言うよりもやりやすいゲームなんだと僕は考えています。

戦闘はターン制だから時間に追われることもないし、基本的に理不尽な攻撃はされないからLvさえ上げれば誰にでもエンディングが見られます。

もちろん先のようなダメージ計算式や色々と知っていれば楽になる知識はありますが、僕が今までにやった他のRPGよりも知識を必要としないような気がします。

この門戸の広さがドラクエの最大の魅力なんじゃないでしょうか?

…なんて言うと信者扱いされそうですが、ドラクエは本当にバランスの良いゲームだと思いますよ?

まさにシンプル イズ ベスト!を体現したようなゲームだと思えます。
システムと言えば、仲間モンスターや転職のような斬新なアイデアにも溢れてますね。

どちらもドラクエが始まりというワケではありませんが、ドラクエならではの要素でもあります。



それとこれはシステムとは違いますが、キャラクターやモンスターも魅力の一つだと思われます。

弱いモンスターは敵ながらカワイイし、強いモンスターでも恐ろしいというより少しひょうきんな所があります。

敵なのに見た目には憎めないってのはさすがですね。

キャラクターに関しても個性が確立しています。人間の多い6を例にとってみます。

ハッサンは大雑把で豪快な主人公の親友、ミレーユは品が良くて理知的なお姉さん、バーバラは少しワガママさのある皆の妹分ってな感じです。

チャモロは年下ながら(確か公式には15、6歳)冷静で知性的なパーティの参謀役ですね、テリーは…触れないでおきますw

足りないテキストや台詞の分はプレイヤーがアレコレと想像出来る余地が残されているのがイイですね。

妙に(一部に)媚びたような言動やルックスがないので好きだったりします。



他にはドラクエオリジナルの用語が面白いですね。

"冒険の書"とか"お告げを聞く"とか♪


もちろんこれらは僕の主観なので、同じようにドラクエ好きの人でも僕とは違う意見を持つ人も少なくないでしょう。