多分アプリやってる人しか買わんけど。









ストーリー
◎良かった点
期待通りの全編フルボイス。「フルボイス謳ってるけど全編フルボイスじゃありませんでした〜w」とかいう某大作様と違って、ガチのマジのフルボイスなので満足。

また、本作オリジナルストーリーということで、ゲーム内ではほぼ同陣営内の絡みしか無いのに対して、一風変わったマッチアップがあるのも魅力。我々が普段遊んでいる学園都市ではこういう風景なのかな?と思わせてくれます。

キャラゲー、ファンディスクとしてはよく出来ていると思います。




◎悪かった点
・マップ移動がちとダルい
一応探索要素はあるが、そこまで必要だったかというと疑問。リスト表示で良かったと思う。











バトル
◎良かった点
思ってたよりもハイスピードシューティングしてて、キャラの動きも良かった。ボイス量も結構豊富。




◎悪かった点
・単調
キャラ毎の性能差や特色にやや乏しく、最初から最後(といっても未クリアだが)まで同じようなバトルの繰り返しなのが残念。


・味方キャラの残念さ
操作キャラ以外はあまり積極的に戦闘してくれないため、「艦隊を組む」要素がちょっと活かされてない気がする。


・UI
狭域マップというかレーダー的なものはあっても良かった気がする。
あと、ズーム範囲が2択しかないので視認性が非常に悪い。


・ステージ
ステージ毎の変化が見た目だけで面白みがなかった。












フォトモード
◎良かった点
ある意味本作の目玉とも言える要素で、3D化されたKAN-SEN達を写真に収めることが出来る。

あと、キャラによっては乳揺れもある。ポネキなんかは結構揺れるが、固そうな生地の高雄さんとかは全然揺れない。残念。




◎悪かった点
バトルモードと同じく、ズームが2段階しかないというクソ無能っぷりを発揮している。マーヴェラスに弟子入りしてこい。

あと、3Dモデルは流用じゃなくて一人ひとり書き起こしたそうなので、プレイアブルキャラクターが30人ちょっとしかいないのは残念だけど仕方ないかなと。













総評
キャラゲーとしてはまあまあ出来てる方かと思います。

コンパ・アイディアファクトリーというクソゲーメーカーにしては、「それなりに遊べるゲーム」が出来上がったのは僥倖と言えそうです。

これを先にやってアプリに興味を持つ…ような人はほぼいないとは思いますが、アプリをやってる方からするとそれなりに遊べるゲームになっているんじゃないでしょうか?

少なくとも「アプリをそのまま流用」じゃないことは評価すべきかもですね。