車検にかかる費用の内訳について
 
愛車の車検を通すにあたって、車両のオーナーが自分で直接陸運支局に持ち込んで車検を受ける『ユーザー車検』で車検を通すことで、支払う費用については法定費用のみの支払いで済ませることができます。
 
ですが、車検をディーラーや整備工場で依頼する24ヶ月定期点検整備付き車検では、必ず支払わなければならない諸費用である法定費用に加えて、点検整備費用及び検査代行手数料が発生します。
 
 
法定費用について

車検の際に支払うことになる費用の中でも、特に自賠責保険料、自動車重量税、自動車検査登録印紙代については法定費用と呼ばれ、これは必ず支払わなければ車検を受けることができません。

車検を受ける場合には自賠責保険に加入していることは前提条件となります。

また、その自動車の重量税にかかる税金となる自動車重量税も支払わなければなりません。

自動車登録印紙代については、車検を受ける為に運輸支局に支払うことになる車検料のようなものです。

自賠責保険料、自動車重量税、自動車検査登録印紙代については、車検のタイミングで必ず発生する費用となります。

これらの費用については車種によって規定されているものとなりますから、車検を依頼する業者によって金額が変動することはありません。

どこで依頼しても法定費用の額は同じとなります。
点検整備費用について
 
点検整備付き車検をディーラーや整備工場で依頼した場合に発生する点検整備費用については、24ヶ月定期点検整備費用、日常点検整備費用、消耗品や油脂類の交換手数料、消耗品や油脂類の料金、車検代行手数料となります。
 
24ヶ月点検整備の具体的な項目については別に紹介させて頂きますので、ここでは割愛させていただきます。
 
日常点検整備ではエンジンオイルやLLCの残量、ブレーキフルードや、ライトの点灯状況等の点検整備のことを指します。
 
これらの点検項目については日常的にメンテナンスが可能なものですから、普段からきちんと実施していれば車検のタイミングで敢えて点検整備を行う必要性はありません。
 
ただし、乗りっぱなしでメンテナンスは車検の時だけの業者任せということであれば実施しておきましょう。
  
消耗品・油脂類の交換については、ブレーキパッドやファンベルト、ブレーキフルードや冷却水等の交換となっています。
 
車検代行手数料については、通常であればユーザーが車検を陸運支局に車両を持ち込んで車検を行うところを業者が代行することによる手数料です。

・▲被リンク車検 京都三井ショッピングパークカード車載カメラ