釣友グループで美浜のレンタルボートを借りて、シーズンインしたアオリイカを狙いに行ってきました。

釣友グループは先週も釣行、一人15~30杯と期待が高まります。
ただ、週間天気では3日(土)は絶望的な予報、毎日天気予報を見ながら念を送っていると、日が近づくにつれて天気が良化、なんとか持ち直してくれました。

5時30分に出船も港を出たところでまさかのエンジンストップ、圧がかからないとのことです。
私なら直ぐに電話で救助を頼むところですが、自動車整備士の釣友があちこち見てササッと修理、頼りになる存在です。

D3F3B394-1FB8-4793-B41F-C526F8E2363D


最初のポイントはアタリなく、次のポイントに移動したところで釣友が1杯目をゲット、今日も調子は良さそうです。
すると直ぐに私にも明確なアタリで、今シーズン初のアオリイカをゲットです。

A9A757DF-E5D5-40F2-97CA-277239CCBCCE


ここから、船中常に誰かの竿が曲がっているような状況が続きます。

1D801C25-E944-4B4D-8642-F3AA6A0D04FA


ティップに感じる明確なアタリ!
キャストしたホールで抱いてくるアタリ!

115ABAA3-9023-470A-BE37-BC87444591EC


足元まで2杯3杯がついてきてのサイトでのアタリ!
毎度のしゃくったら乗ってた(笑)のアタリ!

4CDDA59C-2BEC-4A73-BE96-435C34552AF0


時々ペースが鈍る時はあるものの、ポイントを移動したり、少し深いところでティップランをしたりで釣果を伸ばし、釣果は驚きの45杯で定刻の13時30分に帰港となりました。

BFB8A21A-9CDD-4380-9E2A-509641DD689E


多すぎてまな板に乗りきりません。
ひょっとしたらこれまでに釣ったアオリイカの総数より多いかも(笑)

39CBC272-1C04-4128-9E29-AC753CEBDC01

ここ最近の連敗をなんとしてでも脱出したく、小浜の船キスに行ってきました。

出船は5時、ポイントまでは数分です。

0D3DDE4B-12D9-4F61-AFAD-ACD083C673A8


開始早々に20センチくらいの良型をゲット!

A52A75A0-732C-44AE-B907-D318954B5475


この調子で釣果を伸ばしたいところです。

しかし、日が昇ってからはヒイラギやチャリコの活性があがり、キスより先に針がかりしてしまいます。
ポイントを変えてからはフグの猛攻で、あっという間に持ってきた10本全ての仕掛けを消耗、帰港の15分前に強制納竿となりました。

釣果は29匹、サイズと数に少し不満は残りましたが、なんとか連敗は脱出することができました。

A4930A82-F887-47F4-B49C-7040EC421E3D


この調子で秋のトップシーズンに突入です。
天ぷらは写真を撮り忘れました 笑

4525F57E-AE4F-4BC0-89DC-68CBE4274C8C

前回乗った筏のロープについていたアオリには無視されましたが、他では釣れ始めているようなので、今シーズン初のエギングに小浜まで行ってきました。

現地到着は3時30分、爆風にビックリです。
見ていた天気予報では微風だったのに、Windyを見ると確かに爆風予報、事前の確認を怠ってはいけません。
だからと言って帰るわけには行かず、爆風のなかエギングスタートです。
風でラインが流され、また暗さもあってメッチャやり難いです。
それでもせっせとエギを投げてると、なにやら乗りました。重量感よりアオリなら結構デカイです。ひょっとしてコウイカ?

B87A8086-EA4B-47AE-9E05-E26DF110D896


まさかのタコでした。
今年は明石にタコ釣りへ行っていなかったので持って帰ろうかと思いましたが、あまりにも小さいのでお帰りいただきました。

すっかり日もあがり、この爆風ではエギングは無理と諦めて足元をルアーで探っていると!

25575A99-1908-4AF4-9A1C-86983AF4B0EF


20センチくらいのアコウが釣れてくれました。

ここから釣果を伸ばしたいところですがその後は続かず、一向に収まらない爆風に9時でギブアップとなりました。

↑このページのトップヘ