E1457328532495_a303_1

ゲームは心身に、教育に悪影響なのか。これは人類が火を発見した頃から今に至るまで続いている永遠の課題ですね。

偉そうな学者さんやら教育委員会からは何度も何度も突っつかれて僕らゲーマーはいつも肩身の狭い思いをしてきましたが

今回またまた更に肩身が狭くなってしまうかもしれないデータが公表されました。

なんとFPSを遊び続けると脳が縮み、うつ病、PTSD。アルツハイマー病のリスクが増大すると

カナダのモントリオール大学が発表。海外で大きな話題になっているそうです。

8ddc3b3f

 

なんでもFPS。それも銃を扱うシューティングゲームを長時間プレイすることで脳のニューロン活動が低下

灰白質(かいはくしつ)なる数値が減少し、アルツハイマー病などのリスクが高まることを突き止めたという

データが医学ジャーナルの「Molecular Psychiatry」に掲載されたそうです。

 

モントリオール大学の研究者は100人の被験者にコールオブデューティー、キルゾーン

ボーダーランズ2などを計90時間プレイさせて脳に見られる変化を調査。

その結果海馬。記憶を司る中枢の灰白質が減少していたことが見て取れたという。

なぜそうなったかは今のところまだ突き止められていないが、ゲーム中に刺激される

脳の尾状核という部分が使われることで海馬の細胞が減少し縮んでしまうとのことだそうです。

 

逆にFPSではないゲーム。スーパーマリオシリーズを90時間遊んだ被験者の海馬は

むしろ灰白質が増加していたとのこと。

54

海馬は記憶を司る部位。灰白質の減少はうつ病やアルツハイマー病を引き起こすリスクが増大するとのこと

この発表を受けてイギリス、オックスフォード大学のアンドリュー教授は

小さいスケールの結果から推測された疑わしい研究であり、極めて馬鹿らしいと一蹴して批判

 

ゲームが脳に悪いのか。FPSが脳に悪いのか。マリオは脳にいいのか

答えが出るのは遠い未来になりそうですね。

 

|ω・´)

それとVRねVR。これで「VRは脳にめっちゃ悪い!」なんて全世界の先生が言い出し始めたら

V R終わりますよ!