img3141_02

80年代の映画や作品にインスパイアされたアクションRPG「Crossing Souls」が2018年2月13日にCS及びPCでリリースされるのですがどうやら最初から日本語ローカライズされているみたいですよ。いかにも楽しそうな本作のトレーラーはこちら!

時は1986年のカリフォルニア。ある仲良し5人組が、2つの領域を自由に行き来できる、謎のピンク色の石を発見する。生涯最高の冒険へと旅立つ彼らだが、やがて政府の陰謀に巻き込まれることに。特殊能力を持つ5人の子供たちを操って敵と戦い、パズルを解いて、大切な家族と世界を救おう。

『Crossing Souls』はピクセルアートで描かれたカリフォルニアを舞台にした、RPG風味のアクションアドベンチャーゲーム。それぞれが独自の能力と戦闘スタイルを持つ、クリス、マット、チャーリー、ビッグ・ジョー、ケヴィンの5人を操ってリアルタイムバトルを戦い、様々なパズルを解き、強力なボスを倒して、80年代のアーケードゲームに触発された独創的なステージをクリアしよう。ゲームが進むと、世界を救うのに役立つ新しいアイテムやアビリティが次々とアンロックされる一方、バトルとパズルはどんどん難しくなっていく。しっかりと戦略を練って臨まなければ、攻略の糸口は見えてこないだろう。

80年代へカムバック:感じてほしい。あの頃の匂いを。80年代の香りを。1986年を舞台にしたストーリーには、当時ヒットした懐かしい映画などへのオマージュがぎっしり。
美しいアニメーション:80年代アニメにインスパイアされた、完全オリジナルなカットシーンの数々。その美しさは、もはやテレビゲームとは思えないほど。
謎だらけのストーリー:仲良し5人組と一緒に2つの領域、2つの現実――「生と死の世界」にまたがる冒険へと向かおう。政府の陰謀や1000歳のキャラクターたち、カウボーイ、海賊、アイスクリーム、ピザ、チーズバーガー、バスケットボールなど、ありとあらゆるものが入り乱れてのストーリーが展開する。
80年代風のロックなサントラ:映画音楽の巨匠たちに触発されたトラックや、純80年代風の過激なシンセポップを収録。まるで、お気に入りのあの映画の中に飛び込んだかのよう!
いざ、戦いへ:敵をまとめてカッコよく倒そう。ギャング団や極秘部隊、死んだモンスターたち、不気味な幽霊などを相手に繰り広げられる、すったもんだのリアルタイムバトル。しっかりと作戦を練り、主人公たちの特殊能力をフル活用しなければ、勝利はおぼつかない。

 

80年代ということでグーニーズやバックトゥザフューチャーなどの当時ヒットした映画のオマージュが散りばめられているみたいですよ。なんとも異風なRPGですがなかなか面白そうですな。海外PSストア版にもたぶん・・・日本語入ってるんじゃないかな?

 

|ω・´)

80年代の映画ならやっぱりバックトゥザフューチャーが最高!ジョニー・ビー・グッドを卒業パーティで歌うところは最高ですね。