歌いだすタイミングを間違えて、
セキで誤魔化すかがみがたまらなく可愛かったです。

こうやって声優で楽しむ事は出来るんだけど、
それ以上の楽しみ方が未だに分からない。でも見る。


アニメ店長のところが矢鱈と気合い入ってましたね。
スペシャルサンクスにもしっかり島本和彦先生の名が。

ところでこのアニメ店長のシーン、らき☆すたには珍しく伏せ字(というか音)が入ってましたね。
「アニメイトとゲーマーズ」っていうセリフ。
今までは堂々と固有名詞を出しておきながら、今更どういうつもりなんでしょう…
ハヤテのごとくはピー音が入ってるのがデフォルト、そしてらき☆すたは身も蓋も無く「コンプティーク」などと固有名詞を堂々とセリフに出す、という区別はどうなってしまったんだ!
ポイントカードはそのまま描かれてたのにね。
今週のらき☆ちゃんは何とも物足りない内容。
谷口白石喋りすぎだろ…
ツンデレの定義なんてどうでも良いです。
そもそも、そういう単語の意味が変わるのなんて良くある事じゃん。


今回は結構立木さんが出てたみたいだけど、あまり気付かなかった…
テレビでキターって言ってたの、あれも立木さんだったのね。


とりあえず本編の内容の無さを再確認できましたね。
アニメ店長のインパクトが強すぎて、それ以外のことをあまり覚えていないっていう。