警視総監の孫、ってアレですよね。ケータイ刑事。
どっちかというと、個人的には泪ちゃんは居て欲しいです、希望として。

エンディングクレジット見て気付いたけど、ゆいさんの旦那の名前が成実きよたか。
スパイラルだったのかー!

ってことは、ゆいさんがまどか姉さん?
頭のキレるクローンな弟は居ないんですかね。

出来ればキャストも揃えて欲しかった。


最近は脇役がくじらさんばかりでしたが、
ついに立木文彦の名がエンディングで8個も並ぶ日が来ました。
電車の中で、こなたの隣に座ってたおじさん。
かがみにプリントを渡した生徒。
シャーペン拾った生徒。
こなたの想像したサンタクロース。
ドラマの刑事役。
その犯人役。
某湾岸署の「現場で起きているんだ!」の人。
売れ残りクリスマスケーキのくだりのコンビニ店員。

全員ゲンドウさんでした。
しかしこの立木さん、ノリノリである。
男子学生の声にはちょっと無理がありましたが、ドラマには笑わさせて頂きました。

本編の静電気のオチ、なかなかシュールで良かったです。

でもいい加減、「どんだけ〜」 はもう要らない…
これって所謂バカのひとつ覚… なんでもないです。


しっかり2ちゃんねる語を使って喋る白石さん。ガクブルとか、もう、ね。
あきらさんの 「これから放送しちゃいましょー」 のあと、驚いた白石が一瞬だけ眼を開きかけたのを見逃しませんでしたよ。

本編にあきらさんを出すのはちょっと無理かと思うんですけどね…