最近は主婦の方の借金問題も多いそうですね。

2007年04月11日

update1: 米サブプライムのニュー・センチュリー<newc.pk>、破産法適用を申請

カネが泣いている (1)

倒産件数 16件 負債総額 65億5,600万円

前年同月比 件数 9件増 128.6%増 (前年同月) 7件

負債 47億4,500万円増 262.0%増 18億1,100万円

前月比 件数 4件増 33.3%増 (前月) 12件

負債 49億3,800万円増 305.2%減 16億1,800万円

2月の特色

平成19年2月度の熊本県内企業整理倒産(負債額1,000万円以上)は、件数16件、負債総額65億5,600万円となった。昭和41年倒産集計開始以降の2月度でみる件数は昭和61年2月の21件をピークとして9番目、3年ぶりに二桁台となった。

最新破産情報は・・・破産ランキング




<% ipc %>

3ヵ月ぶりに負債10億円以上の大型倒産が発生し負債総額は平成16年2月の166億7,000万円(ワールドカントリー倶楽部の倒産)をピークに5番目と高い水準となった。

地区別件数でみると、「県北地区」が7件(43.8%)で6ヵ月ぶりにトップ。次いで「県南地区」が5件(31.3%)、「県央地区」が4件(25.0%)となった。負債総額では、大型倒産(負債10億円以上)が発生し、負債1億円以上の倒産が4件発生した「県北地区」(合志市に集中)が全体の73.2%を占め最大となった。

業種別でみると、「農業」が4件(25.0%)でトップ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


<% key ◆ %>関連ブログ記事
「為替」 米保護主義傾斜懸念が円下落... - 株式投資、為替、先物の投資ニュース... (4月11日4時49分)

ペ・ヨンジュンさん極秘日本訪問、1泊... - スポーツ・芸能 トップニュース (4月11日4時47分)

2007-04-11 - 美容室の情報ブログ (4月11日4時43分)

<東電カード>公共料金や新聞購読料... - 農家の嫁が考える地球温暖化 (4月11日4時36分)

メリー、新曲PVは濡れ場あり!? - 子育てなんでも調査団 (4月11日4時36分)


◆破産関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

負債(ふさい)とは、後日他人に対して支払うべき金銭債務のことをいう。しかし、会計上の負債には、法律上の債務と、法律上の債務ではないが合理的な期間損益計算の観点から負債として計上される項目が含まれる。 貸借対照表上では資本とともに右側(貸方)に記載され、固定負債及び流動負債に分類される。債権者は、債務者から元本(元金)、及び利息を受け取る(回収する)権利があり、債務者は、融資金額の元本と、融資金額にかかる利息を支払う(返済する)義務がある。 返済の方法には、以下のような方式がある。 元利定額返済方式 各返済日において、一回の返済額が毎回同額の返済方式である。 この返済方式は、各返済日におけるキャッシュフローが一定であるため、債務者が認識する返済金額が判りやすいという利点がある一方、ローンの返済期間の初めのうちは返済額のうち、殆どが利息の支払に充当されるため、ローン残高が減りにくいという欠点がある。また、債務者にとって元金と利息をいくら返済しているのかが判りづらいため、元金残高がいくらであるのかも判りづらいという欠点がある。 一般的には住宅ローンなどで採用されている。 元金定額返済方式 各返済日において、一回の元金の返済額が毎回同額の返済方式である。 この返済方式は、各返済日における元金の支払いが一定であるため、債務者にとってローンの残高、毎回の利息の支払額を認識しやすく、最終返済がいつであるのかが判りやすいという利点がある。しかしながら、利息の支払いについては元本残高にかかるために一定ではないため、借入直後の返済において利息の負担が余りにも大きいため、借り入れ直後は現預金の手許残高に注意する必要がある。 コーポレートローンにおいて採用されている。 元本一括返済方式 元本の返済を借入期間の満期日に一括して支払う方式である。 通常、利息の支払いは一定期間毎に行う。 コーポレートローンにおいて採用されている。 残高スライド方式 元利定額返済方式と同じく、一回の返済額が毎回同額の返済方式ではあるが、元本の残高によって一回の返済額が変動する方式である。 これは、リボルビング契約など、追加貸付が頻繁に行われ元本残高が変動する場合において、元利定額返済方式では一回の返済額の計算が煩雑になるため、元本残高の範囲によって一回の返済額をあらかじめ決めておく方式である。 消費者金融など、追加貸付が頻繁に行われるローンにおいて採用されている。