こんにちは!社労士たまごの会です

このページは、社労士たまごの会の勉強会等への参加を呼びかけたり、当会の活動についてお知らせしたりするために開設したものです。
社労士たまごの会は、関東地区で平成19年2月に誕生し、以来、さまざまなテーマの「勉強会」、年数回の「障がい者とその家族のための年金教室」「年金相談スキルアップ講座」、また合格者を対象とした「事務指定講習対策講座(入門講座)」を中心に活動しています。
合言葉は「学び合い、つながり合って、切り拓く」です。仲間とともに社労士の資格を活かす道を切り拓こうと奮闘努力中の人たちのベースキャンプです。 ぜひ、一度勉強会等へお越しください。

当会への入会をご希望の場合は、別途手続きが必要です。
下記メールまでその旨お知らせください。
info.sr.tamagonokai@gmail.com
お問い合わせもこちらのメールにお願い致します。

みなさん、こんにちは。

社労士たまごの会勉強会担当の村田です。

 

今年2回目となる、定例勉強会のお知らせです。

(ブログでは、前年中止になって以来初の告知となります)

 

今回は、企業にとって悩みの種でもあり、労働者にとっても働くうえで重要な要素となる、「賃金制度」がテーマとなります。

毎年お世話になっている米田徹さんを講師に迎え、「役割等級に基づく賃金制度設計の考え方(~同一労働同一賃金に沿った賃金制度作りとは~)」について講義して頂きます。

同一労働同一賃金における賃金設計は頭を悩ませるものですが、その一つの考え方を賃金研究会の幹事を務められている米田さんに教えて頂きたいと思います。

 

今回は、緊急事態宣言の状況も鑑みて、講義形態はZoom配信のみとし、受講料も無料とさせていただきます。


特別に、会員外の方でも受講できるよう、今回はブログでも告知させていただきました。

この機に社労士たまごの会の勉強会に参加して頂き、当会をより知っていただければと思います。


多くの皆様の参加をお待ちしています。
  
                             勉強会担当 村田

 

【第138回社労士たまごの勉強会】
◇日時 2021年3月6日(土)
 1500分~1630分(予定)

 1430分から受付開始致します。 

 

◇会場
  Zoom配信のみ

 

◇定員 50人(定員になり次第締め切ります)

 

◇内容

  演題 「役割等級に基づく賃金制度設計の考え方

(~同一労働同一賃金に沿った賃金制度作りとは~)」

  講師 米田 徹さん(社労士)
  
受講料 : 無料

 

【講義概要】

人事賃金制度・評価制度に悩みの無い会社は皆無と言ってよいでしょう。我々、賃金研究会が推奨する「役割期待対応型賃金制度」は担当職務の「役割・貢献度」に応じた賃金の決定方式を採用しています。「同一労働同一賃金」を実現する上でも、日本の企業風土にあった仕事基準の賃金の決め方といえます。今回の講義では、職務分析・評価の活用、非正規社員の賃金制度構築の考え方についてもご紹介します(米田)。

 

 

【講師プロフィール】

名前:米田 徹

東京都出身。2005年に独立開業、地元川口市を中心に「経営診断・助言のできる社労士・診断士」として活動中。2014年より「賃金研究会」代表幹事・主席講師。

主な著書:『ホワイト企業の就業規則』(労働調査会)、『事例解説:賃金退職金制度』(第一法規・共著)

 

勉強会のお申込みは下記のURLから

↓  ↓  ↓

https://fs222.formasp.jp/c685/form3/

 

※登録されたメールアドレスに資料をお送りしますので、容量の大きな添付資料が受信可能なメールアドレスをご登録下さい。

 

☆今後の勉強会予定☆

次回勉強会は5月予定です。
詳細が決まり次第、ブログ・メールでお知らせします!


 

以上

社労士試験合格の皆さま、寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
昨年はコロナ禍において開催を断念せざるを得ませんでしたが、今年は環境を整え、オンラインで開催することになりました!!

「入門講座」とは?
社労士登録をする際に必要となる、一定の実務経験がない方を対象に行われる社労士事務指定講習(通信課程)の対策講座のことです。たまごの会が運営致します。事務指定講習の資料がそろそろお手元に届く頃、自分一人でできる!という方も、1人では不安という方も是非ご参加下さい。

1926135

<2021年事務指定講習対策講座(入門講座)概要>
社労士事務指定講習(通信課程)の対策としてともに学び合う講座で、私たち社労士たまごの会はこの基本の対策講座を「入門講座」と名付け一昨年までは毎年主催し、大変好評を博しておりました!
 以前までは皆様に集合していただき、参加者同士の討論会形式でしたが、今年はオンラインでの開催といたします!当会の世話人を中心とした社労士陣が、実務経験を交えながら、基本を大切に通信課程内容をナビゲート致します。(答えをお伝えするのではなく、導き方や手順、周辺知識を一緒に考えます)

 私たちたまごの会はこの入門講座から誕生した大勢の仲間(現在約200名)に支えられています。正にここが私達の原点。多くの皆様がこの入門講座に参加され、社労士としての出発点としていただければと担当一同心から願っております!


●日時:全二回
 ・入門講座第1日(適用編) 2021年3月27日(土)13:00-16:30

 ・入門講座第2日(給付編) 2021年4月25日(日)13:00-16:30


●方法:オンライン(Zoom)開催
 info.sr.tamagonokai@gmail.com が迷惑メールとならないような設定をお願い致します。
 ★ZOOMへの接続先URLは各前日の22時頃に配信予定です。
 
●参加費:非会員3,000円(会員2,000円)/全二回
 (一日のみ参加でも、二日とも参加でも、こちらの金額です)
 下記「申込み方法」URLからお申し込み後、自動返信メールが届きます。
 自動返信メールに記載の振込先にお申し込み日より10日以内にお振り込み下さい。


●申込み方法:こちらのURLからお申し込みください
 https://fs222.formasp.jp/c685/form5/

●内容第40回(2021年)労働社会保険諸法令関係事務指定講習の課題書に準じます。
当日はお手元に課題書をご用意ください。
 
皆様のお申し込みを心よりお待ちしております!

社労士たまごの会入門講座担当

DSC_0414
(一昨年の入門講座の様子。今年はオンライン(Zoom)開催いたします)

20201212日(土曜日)1330分から、オンライン2020年度合格者ガイダンスを開催しました。
今年は初めてのオンライン開催となりましたが、多くの合格者・先輩社労士の方にご参加頂きました。

スタッフ一同、初めての試みにいつもと異なる緊張がある中、
ご参加の皆さんがスムーズに参加や設定を行ってくださり大変助かりました。

参加者の皆さん、ご協力本当にありがとうございました!

 

ガイダンスは村田代表の挨拶から始まりました。

これまで「直接会って語り合い横の繋がりを作る」場として活動してきたたまごの会にとって、

今年は大きく活動スタンスを変更しなければなりませんでした。

その中でも皆さんのご理解とご協力のもと、
オンライン勉強会を始めることができ手ごたえを感じ始めております。

 

続いて、藤井会員による「合格から登録まで」です。

藤井会員は平日は一般企業で勤めながら、週末に社労士活動を行う週末社労士です。

社会保険労務士は試験に合格するだけではなれません。

社労士会への登録が済み名簿に記載されることで、初めて社労士と名乗ることができます。

その過程について、藤井会員から根拠法令も示しながら詳細な説明が行われました。

合格後、社労士に登録するためには実務経験2年の証明か、事務指定講習の修了が必要です。

昨年までは、事前課題(通信指導過程)から4日間の講習(面接指導過程)が行われましたが、

今年は4日間の講習(面接指導過程)の代わりにe-larningが行われるようですね。

そして、登録の種類ごとの意義、登録手続きに必要な書類、支部会の構成、登録のメリット、行政協力、支部会活動の内容、特定社会保険労務士についてまで、丁寧な解説がありました。

 

次は荒木会員による、たまごの会活動報告です。

荒木会員は介護と家事に追われながらも、開業登録をして企業に寄り添う奮闘お母さん社労士です。

「たまごの会は社労士として切磋琢磨する良きよりどころになると思います」という冒頭あいさつから、たまごの会の成り立ち、たまごの会活動の5本の柱、「入門講座」「勉強会」「障がい者とその家族のための年金教室」「年金相談スキルアップ」「労働問題解決実務講座」それぞれについて解説がありました。

これまでの活動は、研修会場に集合し皆さんで課題を検討しあっていただくスタイルがほとんどでしたが、この状況下、可能なものからオンラインに切り替えて実施予定です。

会員の皆様には決まり次第メールでご連絡致します。未会員の方でも「こんにちは!社労士たまごの会です」というブログで情報発信して参ります。

 

続いては増田会員による「登録後の世界」です。

藤井会員から登録までの説明がありましたが、登録後の支部会等の活動についてのお話しです。

増田会員はサッカーと日本史が好きな開業社労士です。支部会や東京都会でも複数の役を兼任しております。
東京都会の構成について体系的な説明のあと、登録後の支部会との関わり方から、地域によって様々な支部会の活動内容について、実体験や伝聞をもとにしたお話がありました。

コロナによる休業で手続き数が急増した雇用調整助成金のサポートのような近況活動から、学校教育(ブラックバイト防止など)など、様々な活動があることに驚かれた方も多いのではないでしょうか。

 

最後は座談会式質疑応答です。

増田会員・藤井会員を中心に、勤めながらの開業は可能か、特定社会保険労務士試験の難易度などの質問に対し、実体験をもとにしたアドバイスがありました。

たまごの会で長く年金スキルアップ講座の講師をされている年金スペシャリストの小山先生や、世話人でユーキャンサポート講師をされながら社労士として活躍中の吉井会員も、突然の振りにも関わらず有意義なお話をいただきました。

今回解消できなかった疑問や不安点もたまごの会の活動を通し、先輩や同期と語り合う中で、きっと晴れやかになると思いますよ!

今年参加された合格者の方々が、来年先輩社労士として参加して頂くことも楽しみにしております。
ありがとうございました!

 

<たまごの会入会フォーム>

https://fs222.formasp.jp/c685/form1/

こちらに会員情報をご入力ください。会費のお振込み方法は別途ご連絡致します。

DSC_0311
なんとか無事終了し安堵した様子のスタッフ一同

このページのトップヘ