こんにちは!社労士たまごの会です

このページは、社労士たまごの会の勉強会等への参加を呼びかけたり、当会の活動についてお知らせしたりするために開設したものです。 社労士たまごの会は、関東地区で平成19年2月に誕生し、以来、月1回の勉強会と年数回の「障がい者とその家族のための年金教室」を中心に活動しています。 合言葉は「学び合い、つながり合って、切り拓く」です。仲間とともに社労士の資格を活かす道を切り拓こうと奮闘努力中の人たちのベースキャンプです。ぜひ、一度勉強会等へお越しください。 なお、当会入会をご希望の場合は、別に手続きが必要です。下記メールでその旨お知らせください。 u.can.sr.net.tokyo.tamago@gmail.com

みなさんこんにちわ。
暑い日が続きますね。体調には十分気をつけてお過ごしください。

 昨日
624日(土)練馬区産業プラザにて、年金相談スキルアップ講座第5期・2回目が開催されました!

21名の方に参加して頂きました。 前回に引き続き老齢年金がテーマです。

まずは、最新の情報をお届けする今月のトピックスからです。

老齢年金請求の際、直近の雇用保険被保険者証が必要であると変更されたが、旧様式のものが提出された時の取り扱い、新規年金請求時に住民票住所と異なる「居所」を通知書の送付先にしたい場合の申出書について教えて頂きました。

また、厚生労働省が作成した市町村向け研修ツールを活用して、自分自身の年金知識のレベルアップをして下さいとお話頂きました。
DSC_0007 (1)

  午前は老齢年金の繰り上げについて、生年月日による5つのタイプに分け、年金額の計算方法を学びました。また、繰り上げ請求を希望されている方に忘れずに説明すべき注意点も小山先生がご自身の経験談を織り交ぜながら説明してくださり、年金相談にのる責任の重さを改めて感じました。
DSC_0008 (1)
 午後は厚生年金基金の話も絡む在職老齢年金、老齢年金の繰り下げ制度、10年短縮年金請求の際にも必要な旧法の老齢年金の支給要件、通算対象期間、老齢年金と雇用保険の失業等給付との調整についても詳しく学びました。

DSC_0009

  最後はいつものロールプレイングです。例題として、老齢年金の繰り上げの計算問題を解き、繰り上げの注意点について、もう一つの例題は在職老齢年金の賞与が絡む支給停止額についてです。

1人の受講生が質問し、それにもう1人が答えるという形式ですすめられました。

最後に小山先生との答え合わせをして1日の講義が終了しました。

DSC_0012 
  講座終了後、
4期と5期にわたって、6回の講座を受講した得能一恵さんへ小山先生から修了書が授与されました。

DSC_0016 (1)
 

次回は71日(土)、遺族年金をテーマに第3回目の講義が行われます。

単発受講も可能です。皆様のご参加お待ちしております!!

 

年金相談スキルアップ講座サブ担当 手原

 

 「年金相談スキルアップ講座」第5期、3回目以降、募集中です!

1回の単位での募集も受け付けております。

 

           

 

◆日程&テーマ: 下記の通り


◇第
1 平成29429日(祝)済

老齢年金

【受給資格の確認(カラ期間)・加給年金と振替加算・沖縄特例・

資格画面の見方(改定記録)10年年金の請求ポイント・ロールプレイング】

◇第2 平成29624日(土)済

老齢年金

【・雇用との併給調整・在職老齢年金・繰り上げ、繰り下げ・ロールプレイング】


◇第
3 平成2971日(土)区民・産業プラザ研修室4

遺族年金

【・請求に必要な添付書類・第三者行為災害との調整・遺族共済と遺族厚生

・ロールプレイング】

◇第4 78日(土)区民・産業プラザ研修室4

遺族年金・離婚分割

【・生計維持申立て・情報提供通知と年金分割・疑義照会事例等・ロールプレイング】

◇第5 722日(土)区民・産業プラザ研修室5

障害年金

【・保険料納付要件の確認・病歴就労申立書の書き方・診断書のチェックポイント

・ロールプレイング】

◇第6 86日(日)区民・産業プラザ研修室4

障害年金

【・2以上の障害の請求・労災との調整・老基繰上げ後の障害年金請求等

・ロールプレイング】

の計6

 

◆各回 10301630まで

◆会場 練馬区立区民・産業プラザ(練馬区練馬1171 Coconeri 3階)

・西武池袋線(地下鉄有楽町線・副都心線直通)、都営大江戸線の練馬駅北口徒歩1分

◆対象者

①年金相談を業務としている、またはこれから業務に考えている社労士の方

②年金事務所・金融機関で相談員をしている、またはこれから相談員を希望する社労士の方

③その他年金相談業務に興味のある方

受講料 各回5,000円(社労士たまごの会会員は、4,500円)

◆募集定員 各回25

◆申込期限 各回開催日のおおむね2週間前まで

◆申込方法 次のフォームより必要事項を記入の上、お申し込みください。

 
         https://fs222.formasp.jp/c685/form10/
    
申込後すみやかに下記の口座に受講料をお振り込みください。振込をもって申込の完了とさせていただきます。

※受講料振込先:埼玉りそな銀行東浦和支店普通預金0637161

                社労士たまごの会村﨑直人(ムラサキナオト)

※振込の際には、振込人の氏名の後に「スキル」を付けてお振り込みください。例「イシイヨシミスキル」

※振込手数料は本人負担、領収書の発行はしておりませんのでご了承ください。

※受講料振込後の返金等には原則対応しておりませんのでご注意ください。

                 主催:社労士たまごの会  申込・問合せ先:担当 石井良実
                                                                                    nenkin.up@gmail.com

皆さんこんにちは。今年度から社労士たまごの会勉強会担当させていただきます、紺野と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

あっという間に、春が過ぎ去って、季節は梅雨に移り変わりましたね。

気候の変化はありますが、みなさま体調管理に気をつけながら日々楽しんでお過ごしください。

 さて、今月も第119回たまごの勉強会が開催されました。

 6月10日(土) 場所は北区北とぴあの901会議室。

今回も20名近くの方にお越しいただきました。

残念ながら、午前の部は中止となってしまいました(申し訳ございません。)が、皆さま、事前に連絡メールをご確認いただき、朝から間違えて来られた方はいなかったようなので、ホッと一安心。

 前半の講義は三田村 剛 会員の「<実務実践講座>算定・月変の実務をやってみよう」です。

私、社労士の仕事を始めて日が浅いので、ついこの間まで「げっぺん」って聞いたことない言葉だったんです。そんな私にとっては、実務が始まる前のこの時期にこの講義を行っていただけるなんて、本当にありがたいです。 楽しみにしていた講義じっくり拝聴しました。

IMG_2543

冒頭、「報酬」と「賃金」はどう違うの?というお話がありました。

実は、労基法と健保法の条文読んでいると違いがみえてくることに気づかせてもらい、なるほどーと感心。

さらに「現物で支給されるものの取り扱い」や、「8月・9月に月変を予定している人は算定はどうするの?」などなど、実務上、どこかで必ず役に立つ知識が盛りだくさん。法改正部分も取り上げていただきながら、あっというまに時間は過ぎていきました。

 残りの30分くらいでご用意いただいた演習問題を参加者で各自取り組みました。

問題の内容は、ある3人の方の3月から6月までの賃金台帳が記載されており、それぞれ人ごとに、算定をするのか、月変をするのかを判定してくださいというものでした。

なさけないことに、私は一問目から間違えてしまい、、さらに時間内に終わらず、、、(汗)。

でも三田村先生もこの問題は難しいっておっしゃってましたし、間違えても、この教訓を活かして本番の実務では間違えないように頑張りたいと思います。

最後は参加された皆様も頭を使って少しお疲れでしたが、たくさんの知識を得ることができ、満足のご様子でした。
続いて後半の講義は猪狩 江利子会員による「在留外国人労働者の状況とあなたの知らないエクスパッツの世界」

 IMG_0494

 

皆さん、「エクスパッツ」でググッてみてください。「人気スパッツ激安」とか最初に出てきますから。(笑)

今回のお話はスパッツではなく、エクスパッツ=Expatriates「海外から転勤で赴任してくる人」のこと。猪狩さんはお仕事の中で、大勢の外国人が日本に来て生活・就労していくことを支援していらっしゃいます。その貴重な経験から今の外国人が日本で就労する際の問題点や、私たち日本人がうまく協働していくためには何が必要なのかを、社労士としての目線からも語っていただきました。

日本人と外国人は生活も就労も色々な部分で違いがあり、そこを知ることからまずはスタートですね。私は、市役所で働いていたこともあり、外国人のお客様の在留カードを拝見する機会はたびたびあったのですが、この在留カードが発行されるまでには、様々な手続きが必要であることを、気づかせていただきました。外国人の方々が日本で働くということは、簡単なことではないのだとみなさんも感じられたのではないでしょうか。

それにしても、日本に来て月何百万もする高級マンション借りるエクスパッツの方々って凄いものですね。

 2つの講義、今回もあっという間に終了してしまい、講義の後も、質問が絶えませんでした。

三田村さん、猪狩さん、ありがとうございました。また次回のお話、楽しみにしております!!

皆さん、こんにちは!

事務指定講習を受けていらっしゃる方、通信指導課程は無事終了したでしょうか。
残すは夏の面接課程ですね
その面接課程の初日に行われ、毎年好評を頂いている激励会を今年も開催いたします

東京会場は毎年各地方からの参加者も多く、当激励会は普段なかなか会う機会がない同期との出会い、そして良い交流の場です。
また、先輩社労士にとっても自分の合格時を思い出し、また同期の仲間で参加する…という同窓会のような場にもなっています。

また今年も皆で楽しく交流できることを、楽しみにしております。
受講生の皆さま、先輩社労士の皆さま、たくさんのご参加をお待ちしております


DSC03523

                            昨年の激励会の様子


【2017年 社労士事務指定講習受講生激励会】

  Ø  日時:【A日程】7月11日(火)18:00-20:00(受付開始17:30)
               【B日程】 8月15日(火)18:00-20:00(同上)
Ø  参加費:いずれも3,900円
Ø  会場:Sun Fish Kitchen(サン・フィッシュ・キッチン)
     http://r.gnavi.co.jp/g616201/
      東京都品川区東大井5-17-2 野村ビル3F  Tel:03-3458-3028
       *JR京浜東北線 大井町駅 東口
       *りんかい線 大井町駅B出口
                 *東急大井町線 大井町駅 アトレ口
         いずれも徒歩1分(事務指定講習会場からは、りんかい線が乗り換えなしで便利です)
Ø  定員:各回40名程度(お早めにお申し込みください!)
Ø  申込方法:下記激励会申込専用アドレスからお申し込みください
                                 https://fs222.formasp.jp/c685/form5/
Ø  申込締切:【A日程】7月2日(日)
                  【B日程】8月6日(日)
Ø  お問い合わせ先:snd05826@jcom.home.ne.jp  激励会担当:増田



昨年の参加者の声

社労士試験の勉強は通信教育のみ、実務経験も皆無でしたので、いざ合格したものの次に何をすべきか全く分からないといった状況が社労士への道の第一歩でした。
その後、SRネットおよび地区会の存在を知り、まずは社労士としての輪を広げるために入会して入門講座を受講しました。
入門講座では多くの同期合格者の方々と知り合い、諸先輩の方々から色々な教えを頂戴し、少しだけ社労士として何を目指すのかという事が見えたような気がしました。
そして目指す道をより一層強く感じさせてもらったのが激励会でした。
激励会では今までの講座で知り合った方々に加え、新たに知り合った同期の方々、私たちを激励しに来てくださった多くの先輩の方々と懇親を深められた事で自分なりの社労士像が少し描けたと思います。
このように有意義な激励会を面接指導の初日夜に開催して頂いたので、残り3日間気力充分で無事終えることができました。
私自身、現在社労士としてスキルアップを図っていますが、その原点はこの激励会に参加したからと言っても過言ではありません。
ぜひ皆さんも参加して多くの輪を広げてださい。(東京都 Y.F.)


このページのトップヘ