こんにちは!社労士たまごの会です

このページは、社労士たまごの会の勉強会等への参加を呼びかけたり、当会の活動についてお知らせしたりするために開設したものです。 社労士たまごの会は、関東地区で平成19年2月に誕生し、以来、月1回の勉強会と年数回の「障がい者とその家族のための年金教室」を中心に活動しています。 合言葉は「学び合い、つながり合って、切り拓く」です。仲間とともに社労士の資格を活かす道を切り拓こうと奮闘努力中の人たちのベースキャンプです。ぜひ、一度勉強会等へお越しください。 なお、当会入会をご希望の場合は、別に手続きが必要です。下記メールでその旨お知らせください。 u.can.sr.net.tokyo.tamago@gmail.com

皆さんこんにちは。
5月というのに真夏日のニュースが聞かれます。今年の夏はどうなるのでしょうか?

さて、第107回たまごの勉強会のご案内です。
今回午前講義は曽我部道夫さんにお願いします。ユーキャンでお世話になったという方も多くいらっしゃると思います。また午後の講義は佐藤信さんに「改正労働者派遣法について」をお願いします。気になる法改正ですので、チェックしておきましょう

今回もたくさんの皆さんのお申込みをお待ちしています。

                                  勉強会担当 栗田

【第107回社労士たまごの勉強会】
◇日時 2016年6月11日(土)午前10時20分(9時50分開場)~午後5時(予定)

会場 東京都北区 北とぴあ 901議室
 
◇定員 40人(定員になり次第締め切ります)

◇内容
①午前の部 午前10時30分~午後0時30分(2時間)
   演題 「コンサルタントとしての資格の活用」
  
  講師 : 曽我部 道夫さん
   受講料 : 1,000円(非会員1,500円)

【講義概要】資格を生かしてコンサルタント業務に携わりたいと考えている方に、ぜひ受講していただきたい講義です大ベテランの曽我部さんが、ご自身の経験もまじえて、コンサルタントしての資格の活用方法について話します


【講師プロフィール】会社経営を経て昭和59年より社労士、行政書士開業、昭和62年より講師業、平成15年よりユーキャン、26年退職。現在に至る。



②午後の部 午後1時40分~午後4時50分(3時間)

   演題「改正労働者派遣法について
    講師 : 佐藤 信さん(開業社労士)
   受講料 : 1,500円(非会員2,000円)


【講義概要】雇用や就業の多様化により、派遣労働者と無縁な会社は少ないのではないでしょうか。この講義では平成27年9月に施行された改正労働者派遣法のポイントと注意点について解説します

【講師プロフィール】平成 9年 社会保険労務士試験合格。
平成10年12月 佐藤社会保険労務士事務所開設。
顧問先の労働・社会保険手続き、相談業務のほか、
社労士会の支部活動の一環として、研修委員、労働条件審査の審査員(板橋区指定管理者を対象)等を行っています。


今月は1日割引はございません。



参加のお申込みは下記のURLから

↓  ↓  ↓

 もう夏?と思えるほど気温が高く、半袖の方もチラホラと見かける今日この頃ですが、みなさんはいかがおすごしでしょうか?
 去る5月22日(日)、練馬区民産業プラザにて第4期年金相談スキルアップ講座が始まりました。超満員です!

 好評を博して終了した第3期同様、全6回シリーズのこの講座。講師は第1期~3期に引き続き、年金事務所・金融機関等で長年年金相談を行っている小山良夫先生が担当してくださいます。

まず、年金相談員を目指す参加者に向けて、相談員としての心構えからお話しが始まりました。年金に対する基礎知識を習得し、経験を積み、1人1人のお客様に誠意をもって対応することが大切であり、自分なりの資料作成も必要であるとお話し頂きました。
そして、今月のトピックスとして、厚生年金健康保険の適用拡大や4月からの年金額端数調整方法の変更について、10年年金について、日本年金機構のパンフレットを活用しての講義でした。

DSC_0647

 1回目の講義は老齢年金がテーマです。複雑な合算対象間や、沖縄特例について詳しく学び、加給年金や振替加算についても、厚生年金と共済年金の期間を合算するのか?平成27年10月を境に扱いが違うという点も実務に基づき細かく学びました。また他にも年金相談をする上で必須の資格画面の見方や、テキストでは学べない生計維持と生計同一の認定基準について、様々なケースで証明書類として何を提出すれば良いか等、まさにこの講座ならではの実務直結の内容になりました。最後のロールプレイングでは隣の受講生と一緒に相談しながら、加給年金の例題に取り組みました。

DSC_0651

「年金相談スキルアップ講座」第4期、2回目以降、募集中です!
1回の単位での募集も受け付けております。

           
◆日程&テーマ: 下記の通り
 
◇第1回 平成28年5月22日(日) 終了
老齢年金
【受給資格の確認(カラ期間)・加給年金と振替加算・沖縄特例・
資格画面の見方(改定記録)・ロールプレイング】

◇第2回 平成28年6月12日(日)区民・産業プラザ研修室5
老齢年金
【・雇用との併給調整・在職老齢年金・繰り上げ、繰り下げ・ロールプレイング】
◇第3回 平成28年7月31日(日)区民・産業プラザ研修室5
遺族年金
【・請求に必要な添付書類・第三者行為災害との調整・遺族共済と遺族厚生
・ロールプレイング】
◇第4回 8月20日(土)区民・産業プラザ研修室4
遺族年金・離婚分割
【・生計維持申立て・情報提供通知と年金分割・疑義照会事例等・ロールプレイング】
◇第5回 9月17日(土)区民・産業プラザ研修室4
障害年金
【・保険料納付要件の確認・病歴就労申立書の書き方・診断書のチェックポイント
・ロールプレイング】
◇第6回 9月24日(土)区民・産業プラザ研修室4
障害年金
【・2以上の障害の請求・労災との調整・老基繰上げ後の障害年金請求等
・ロールプレイング】
の計6回
◆各回 10:00~16:00まで
◆会場 練馬区立区民・産業プラザ(練馬区練馬1-17-1 Coconeri 3階)
・西武池袋線(地下鉄有楽町線・副都心線直通)、都営大江戸線の練馬駅北口徒歩1分
◆対象者
①年金相談を業務としている、またはこれから業務に考えている社労士の方

②年金事務所・金融機関で相談員をしている、またはこれから相談員を希望する社労士の方
③その他年金相談業務に興味のある方
◆受講料 各回5,000円(社労士たまごの会会員は、4,500円)
◆募集定員 各回25名
◆申込期限 各回開催日のおおむね2週間前まで
◆申込方法次のフォームより必要事項を記入の上、お申し込みください。

https://fs222.formasp.jp/c685/form10/

申込後すみやかに下記の口座に受講料をお振り込みください。振込をもって申込の完了とさせていただきます。
※受講料振込先:埼玉りそな銀行東浦和支店普通預金0637161
社労士たまごの会村﨑直人(ムラサキナオト)
※振込の際には、振込人の氏名の後に「スキル」を付けてお振り込みください。例「イシイヨシミスキル」
※振込手数料は本人負担、領収書の発行はしておりませんのでご了承ください。
※受講料振込後の返金等には原則対応しておりませんのでご注意ください。
主催:社労士たまごの会申込・問合せ先:担当石井良実
nenkin.up@gmail.com


皆さんこんにちは。社労士たまごの会勉強会担当の栗田です。

今年は5月から北海道で異常な暑さになっているようです。予報も「猛暑」のようなので、今から心配です。

さて、ゴールデンウィークも明け、新緑がまぶしい5月14日(土)。北区北とぴあ701会議室で第106回目となるたまごの勉強会が開催されました。少し遅くなりましたが、その模様を報告させて頂きます。

今回の勉強会は期せずして、午前、午後とも企業に必要な「人財を生かす」ために社労士がどのように係れるかという共通した考え方があったと思います。

まず午前の講義は都築 大介会員による「人を生かす経営と職場のルール」でした。職場のルールである就業規則ですが、単に法律できめられているから作成されたという就業規則、職場の実態に即していない就業規則では意味がありません。社員がその規則の作成目的を知る。もっと言えば社員が就業規則作りに関与すれば、自分たちの職場のルールとして非常に有効なものになるでしょう。そしてきっと社員がいきいきと働ける職場にしていけるはずです。講義では衛生理論や欲求階層説を交えながら都築会員がその考え方をどのように経営者の皆さんに伝えたかを披露してくれました。
106回午前写真

午後の講義はたまごの会の兄弟組織であるSRネット北海道の代表、倉 雅彦に「個の力とチームの力が最大限引き出せる、良い会社づくりを支援していこう」を行ってもらいました。倉さんの講義はデライトコンサルティング社の「持ち味カード」を使って、実際に企業向けに行っている研修を体験するワークショップでした。今回は「持ち味カード」を活用して、楽しく自己理解、他社理解を行う体験を行いましたが、「持ち味カード」は企業の行動指針作りにも活用ができます。「持ち味カード」の要素から自分たちが行動指針を決め、その指針の達成度を称え合う職場になれば、きっといきいきとして企業の業績も向上するでしょう。
106回午後写真
次回のたまごの勉強会は6月11日(土)北とぴあで開催予定です。次回もたくせんの皆さんの参加をお待ちしています。

このページのトップヘ