こんにちは!社労士たまごの会です

このページは、社労士たまごの会の勉強会等への参加を呼びかけたり、当会の活動についてお知らせしたりするために開設したものです。
社労士たまごの会は、関東地区で平成19年2月に誕生し、以来、さまざまなテーマの「勉強会」、年数回の「障がい者とその家族のための年金教室」「年金相談スキルアップ講座」、また合格者を対象とした「事務指定講習対策講座(入門講座)」を中心に活動しています。
合言葉は「学び合い、つながり合って、切り拓く」です。仲間とともに社労士の資格を活かす道を切り拓こうと奮闘努力中の人たちのベースキャンプです。 ぜひ、一度勉強会等へお越しください。

2014年03月

皆さんこんにちは。
関東地方は桜が満開ですね。ついこの間までの寒さが嘘のように感じます。

さて第81回たまごの勉強会のご案内です。
今回午前の講義は「実務実践講座」第2弾として、「労災保険法と労働保険徴収法の実務実践」を松本和恵会員にお願いします。
今まで意外と(?)テーマに上がらなかった年度更新の実務にも触れる予定です。
午後は賃金研究会の米田徹先生、牧村博一先生にたまごの会の原彩子会員にも加わって頂いて、「賃金研究会」の活動内容の紹介を兼ねた講義を2本行って頂きます。賃金制度構築は社労士の強い武器ですので、きっと参考になるはずです。

今回も盛りだくさんの内容になっています。是非とも奮ってご参加下さい。

勉強会担当 栗田

【第81回たまごの勉強会】

◇日時 2014年4月13日(日)午前10時(9時半開場)~午後5時(予定)


◇会場 東京都北区 北とぴあ 701会議室
    
http://www.kitabunka.or.jp/kitaku_info/rlink/summary-map

◇定員 40人(定員になり次第締め切ります)

◇内容
①午前の部 午前10時10分~午後0時10分
 演題「労災保険法と労働保険徴収法の実務実践」
  講師:松本和恵会員(開業社労士)
  受講料:1,000円(非会員1,500円)

【講義内容】実務実践講座の第2弾は労災保険の知識と請求手続きについて、労働保険徴収法の年度更新の実務について、実践を交えながら説明します。労災保険で療養の給付、療養費を受けるには。労災なのに健康保険で診療を受けてしまったら・・・など。事例を交えながらわかり易く説明します。

②午後の部(1) 午後1時30分~午後3時
 演題「中小企業に適した賃金制度構築のノウハウ」     
   講師:米田徹先生(開業社労士)
      原彩子会員(開業社労士)
   受講料:1,000円(非会員1,500円)

【講義内容】賃金制度に悩みのない会社は皆無と言えます。中小企業に適した「役割期待型賃金制度構築」のノウハウを学び、あなたのコンサル領域の幅を広げましょう。今回のセミナーでは、賃金制度構築の概要を述べ、併せて「糸賀賃金研究会」のご紹介・ご入会のお勧めをさせていただきます。今回原さんには、H25年度、賃金研に参加した感想(内容や参加メリット等含め)を後半15分程度話していただきます。


③午後の部(2) 午後3時15分~午後4時45分
 演題「高年齢者雇用における賃金制度設計のポイント」     

   
   講師:牧村 博一先生(開業社労士)

   受講料:1,000円(非会員1,500円)

【講義内容】厚生年金の支給開始年齢引上げ、高年齢者雇用安定法の改正ににより、高年齢者雇用における賃金制度の見直しが急務となっております。今回は糸賀大式「役割期待型賃金制度」を応用した高年齢者の賃金制度設計についての考察を述べさせていただきます。


★今月の割引

→ 午前、午後を併せてお申込みの場合、下記の通り割引になります。
   
3,000円 → 2,500円 (会員)
   4,500円 → 4,000円 (非会員)

◇申し込み 下記の勉強会専用フォームからお申し込みください
https://fs222.formasp.jp/c685/form3/ 



【第81回たまごの勉強会講師プロフィール】

●午前講師:

松本 和恵(まつもと かずえ)

東京都足立区生まれ。幼少時に埼玉県行田市に転居。「埼玉」という名前の発祥地でもある行田市は、「さきたま古墳群」としても有名で5世紀後半から7世紀初めまでに作られたといわれる古墳が数多く存在しています。2012年には野村萬斎さん主演の「のぼうの城」の舞台となった忍城の跡地もあることで知られています。

学生時代は主に英語学を学び、アメリカ、オーストラリア、香港など海外生活や地元の駅前英会話教室での講師の経験もあります。

出産後の社会復帰の際には一転、ホームヘルパー2級の資格を取り、介護職の求人を求めて活動中にご縁があり出会ったのが、介護事業を営む民間の事業所での総務・人事の仕事です。転職後、小規模製造業で同じく総務・人事部門に就き、トータル十数年の経験の中で社会保険労務士の資格を取得、今年(2014年)2月の独立・開業に至りました。

開業2か月半という駆け出しの社労士としてコツコツと種まきの日々です。


●午後講師:

米田

東京都出身。
大学卒業後、富士通株式会社に入社。コンピューターの基本OSの企画・開発、人事労務管理、厚生年金基金等の業務に従事。2005年に同社を退職し、米田経営労務研究所を開設。糸賀大氏主催の「賃金研究会」では賃金制度再構築支援グループの代表幹事を務める。
特定社会保険労務士、中小企業診断士、1級企業年金総合(DC)プランナー。

彩子(はら さいこ)
企業に在職中、同僚が精神疾患により就業困難になるのを目の当たりにし、企業では「人」「モノ」「金」の中でも、「人」が最重要であることを痛感。法律を正しく理解し、「人事制度を見直したい!」と発起し、ユーキャンで資格を取得。現在は、杉並区で開業し、企業の発展に不可欠である「労務管理」に重きを置き、活動中。
平成21年よりユーキャン社会保険労務士講座の非常勤講師も務めている。



牧村 博一
大学卒業後、損害保険会社に入社。主に損害保険の営業を担当。2000年より新規事業として確定拠出年金(日本版401k)の立ち上げに従事し、主に中小企業への導入コンサルを担当。2010年経営コンサルタント事務所を開業。中小企業診断士、社会保険労務士、1級FP技能士。賃金制度再構築コンサル、高年齢者雇用奨励金申請支援、商店街・飲食店経営支援などに従事。



 

皆さんこんにちは。社労士たまごの会勉強会担当の栗田です。
花粉症の皆さんにはつらい季節ですね。でももうすぐ待ちに待った桜の季節がやって来ます。
何だかうきうきしてしまうのは、私だけでしょうか?

さて、大雪に見舞われた前回の勉強会がうそのように思える好天の3月15日、北とぴあ701会議室にて第80回たまごの勉強会が開催されました。

午前講義にはユーキャン講義でもおなじみの早川幸男先生に登場頂き、「私が思う社労士ビジネス」と題して早川先生の開業からの体験談、社労士業務の魅力や裏表(門外ならぬ教室外不出の秘話?)まで、参加者大満足の講義が展開されました。特に講師技術を応用したともいえる、説明に「絵や図」を使う技術や蔵出しプレゼン資料までご披露頂き、決して他では聴けない大変貴重な講義でした。早川先生ありがとうございました。

20140315午前

休憩をはさみ、午後の前半講義では税理士である中村和可会員から「消費税転嫁対策特別措置法」の説明がありました。この4月からの消費税率変更に伴う特別措置法について中村会員のお人柄がわかる大変丁寧な講義でした。講義は消費税のしくみや実務について基礎知識復習から始まりましたが、意外に知らない事が多い事を痛感する結果となりました。

20140315午後

中村会員の講義の後は、第2回目となる「ノンアルコール大宴会」が開催されました。グループごとに分かれ、それぞれのグループで懇親を図った後、ひとり2分間の自己紹介・近況報告を全員が行いました。勉強会では聞けないような質問も出て、貴重な情報交換の場ともなりました。

第81回たまごの勉強会は4月13日(日)、今月同様北とぴあ701会議室で開催予定です。午前講義では「勤務社労士の実務講座」を。午後は賃金研究会の紹介を兼ね、賃金制度構築のポイントを賃金研究会メンバーから講義頂く予定です。
たまごの勉強会はこれからも「たまごの会」ならではの勉強会企画をおこなって行きたいと思います。
皆さんも奮ってご参加下さい。

みなさん、こんにちは。
第80回社労士たまごの勉強会のご案内です。

今回は、午前1コマ、午後1コマの講義のあと、ミニ懇親会を開催します。
会員以外の参加も大歓迎です。
社労士の仲間を広げたいとお考えの方の参加をお待ちしています。
                                         

【第80回社労士たまごの勉強会】
◇日時 2014年3月15日(土)午前10時(9時半開場)~午後5時(予定)

◇会場 東京都北区 北とぴあ 701会議室
    
http://www.kitabunka.or.jp/kitaku_info/rlink/summary-map


 
◇定員 40人(定員になり次第締め切ります)

◇内容
①午前の部 午前10時10分~午後0時10分
 演題「私が思う社労士ビジネス」
  講師:早川幸男先生(開業社労士)
    受講料:1,500円(非会員2,000円)

講義内容】「駆け出しのころの話」、「大っぴらにできない、っそり実務事例」、「ユーキャン講師ビジネス」、「顧客の獲得方法」などについて、場の雰囲気に合わせ、ゴールを明確にすることなく、徒然にお話し させていただこうと考えています。 新人の方にエールをお送りすることがゴールです。

②午後の部(1) 午後1時30分~午後3時
 演題「消費税転嫁対策特別措置法」     
   講師:中村和可会員(税理士)
    受講料:500円(非会員1,000円)

【講義内容】平成25年10月1日に施行された「消費税転嫁対策特別措置法」の解説と「消費税」の概略説明を、れぞれ45分程度でお話しさせていただければと考えています。料は、中小企業庁作成のものを使用する予定です。

【講師プロフィール】45回社労士試験合格、事務指定講習受講中。昨年8月に自宅事務所にて税理士登録。同12月、経営革新支援機関の認定を受ける(経済産業大臣、金融担当大臣認定)

③午後の部(2) 午後3時15分~午後4時45分
 演題「またまたやりますノンアルコール大宴会第2章」     

   参加料:500円(非会員1,000円)

 ★今回の割引→今回は1日割引はありません。

  入門講座が2回実施される3月に、入門講座受講者にも勉強会に参加頂きたいので入門講座受講者割引」を行います。

  →3月実施の入門講座に参加される方(講師、先輩会員は除く)

    1日参加の場合、1,500円

   午前のみの場合、1,000円 午後のみの場合 500円 にします。

    (非会員の場合はいずれも上記料金に500円増し)

   →申込の際、コメント欄に「入門講座受講者」と明記下さい。

◇申し込み 下記の勉強会専用フォームからお申し込みください。
       
https://fs222.formasp.jp/c685/form3/

◇問い合わせ 下記メールでお願いします。
      
u.can.sr.net.tokyo.tamago@gmail.com

このページのトップヘ