こんにちは!社労士たまごの会です

このページは、社労士たまごの会の勉強会等への参加を呼びかけたり、当会の活動についてお知らせしたりするために開設したものです。
社労士たまごの会は、関東地区で平成19年2月に誕生し、以来、さまざまなテーマの「勉強会」、年数回の「障がい者とその家族のための年金教室」「年金相談スキルアップ講座」、また合格者を対象とした「事務指定講習対策講座(入門講座)」を中心に活動しています。
合言葉は「学び合い、つながり合って、切り拓く」です。仲間とともに社労士の資格を活かす道を切り拓こうと奮闘努力中の人たちのベースキャンプです。 ぜひ、一度勉強会等へお越しください。

2015年03月

みなさん、こんにちは。

社労士たまごの会は、年数回、障害年金業務研修会(障害年金基礎講座から名称変更しました。)を、社労士グループ「障害年金請求専門チーム」と協働して開催し、障害年金業務に積極的に携わる社労士の養成とネットワークづくりに、5年ほど取り組んできました。

このたび、その取り組みが実を結び、障害年金業務では屈指の経験と見識をもつトップ社労士3氏、松山純子さん、佐々木久美子さん、高橋裕典さんによるスペシャル講座を開講することになりました。

また、精神障害者の生活支援のための社労士や精神保健福祉士などの専門家ネットワークの構築を研究されている日本福祉大学の青木聖久教授の特別スピーチもあります。

障害年金業務に、当事者の権利と利益を最優先に守る立場で取り組んでいる方、これから取り組みたいと考えている方に、ぜひともご参加いただきたい講座です。

下記のチラシでプログラムと講師の略歴を、ぜひご確認ください。

◆申し込み 下記フォームから、6月30日(火)までにお願いします。

https://fs222.formasp.jp/c685/form7/

※インターネットからの申し込みが難しい方は事務局までご連絡ください。

講座チラシ1頁
講座チラシ2頁
講座チラシ3頁

みなさん、こんにちは。

昨年11月から始まった副業班・地域支援チームによる茅ヶ崎市民講座も、ついに昨日最終回を迎え、無事完了することができました。あっという間だったなと思う一方、終わって夕方図書館を出たときにはまだ外が明るく、「季節変わったな」と感慨深いものがありました。

 


さて、第5回目最終回は、山下春樹会員と小野寺清会員が講師を務めました。


201503-01


山下会員の講義は「労働保険の適用事業所 社会保険の適用事業所」。とくに「事業主の届出がなくても、労災事故について労働者は保護される」という点を強調して話しました。特別加入の可能な対象者や業務が限られているという点について、突っ込んだ質問や疑問が投げかけられ、制度と業務をしていく上での実際との乖離について話し合うこともできました。後半は、求人広告の記載からそこで働いた場合に適用される、又はされない社会保険の種類を読み取るといった内容で、事業所の種類や労働時間と適用との関係を具体的に理解できるよう説明しました。

次回は「求人広告から学ぶ労働基準法」なんてどうかと、次へのインスピレーションを得ることができました。


201503-03


小野寺会員は「遺族年金の基礎知識」というテーマで講義しました。どちらかというと女性のほうが‘遺族’となる可能性が高いと言えるでしょうか。そういう点で、「女性のための・・・」というこの講座の全体テーマにはぴったりの内容でした。また当日は春分の日。お彼岸という時節柄、これまた何とな~くマッチしたテーマでした。

遺族(補償)年金、遺族基礎年金、遺族厚生年金、どんなときに何歳までもらえ、何歳からどうなるといったところを、具体例を用いて解説しました。「事実婚の場合はもらえるのか?」といった質問に、それもOKであること、実際には客観的に生計維持関係が認められなければならずハードルは高いことなどの説明をしました。

 


今年度も茅ヶ崎市立図書館さんの多大なご協力により、多くの市民の方に聴いていただくことができました。図書館さんの協力なくてはうまくいきませんでした。市民講座は、間に入って下さる担当の方とのコミュニケーションが大事だと感じます。

講師陣は、一生懸命に講義内容を組み立て、資料をつくり、話しました。至らぬ点や反省する点もたくさん、次へのヒントもたくさん得ることができました。

何といっても、昨年に引き続き今年も聴きにきて下さった方がいたのは嬉しいことでした。

来年度もやります!準備は5月ぐらいから始める予定です。活動に興味ある会員の方は、ぜひ一緒にやってみませんか。副業班のミニ勉強会は4月26日(日)に中央区の新馬橋区民館で午後から予定しています。こちらもお気軽にご参加下さい。

(担当:副業班メンバー OGAWA) 




皆さんこんにちは。社労士たまごの会、勉強会担当の栗田です。
気がつけば春分の日ですね。そろそろ花見が気になり出しました。

さて、第93回社労士たまごの勉強会についてのご案内です。
4月の勉強会は、開業社労士の早川幸男さんに、社労士業務のおもしろさを伝えて頂きます。
午後は、河原寛会員がシニアライフプランの作り方の講義を行い、その後、今年もノンアルコール宴会を行います。

さらに、勉強会後に、同じ会場で新企画ワインセミナーも行われます。
ワインセミナーの詳細は、下記アドレスにアクセスしてご確認ください。 http://blog.livedoor.jp/syaroshitamagonokai/archives/43868062.html

勉強会もワインセミナーも、たくさんの皆さんの参加をお待ちしています。

 【第93回社労士たまごの勉強会】
◇日時 2015年4月11日(土)午前10時20分(9時50分開場)~午後5時(予定)

◇会場 東京都北区 北とぴあ 901会議室


◇定員 40人(定員になり次第締め切ります)

◇内容
①午前の部 午後10時30分~午後0時30分(2時間)
  演題「社労士の業務って、ホントおもしろい!」
    講師 : 早川 幸男さん(開業社労士)
     受講料 : 2,000円(非会員2,500円)

 【講義内容】社労士業務には本当にいろいろなものがありますよね。 そんななかで、開業社労士ならやった方がいい業務は。社労士業務の 醍醐味や社労士冥利につきるとはどのようなものでしょう・・。 実務事例も交えながら、早川先生の体験をもとに、いろいろな話をして頂きます。 いつものように(?)脱線やオフレコ話題必至です。
 【講師プロフィール】早稲田大学商学部卒業。特定社会保険労務士、行政書士。早稲田大学インキュベーション推進室コンサルタント。 ピープル・マネジメントに長年携わって来た経験を武器に、労働条件の改善、 コンプライアンスの実現等、労働条件の向上に関する分野を専門領域とする。 ユーキャン社会保険労務士講座講師。

②午後の部(1) 午後1時40分~午後3時10分(1時間30分)
   演題「シニアライフプランを作成してみよう!」
    講師 : 河原 寛会員(開業社労士)
     受講料 : 無料

【講義内容】どなたにとっても「老後の生活設計」は関心の高いテーマですし、 年金相談でも、ライフプランを交えた話しが行えれば、サービスの幅が広がります。 今回の講義では、皆さんの年金定期便情報や支出の見込みをもとにライフプランを 作成してみます。この講義は、さいたま市で開催予定の市民講座に向けたリハーサルを兼ねています。講義に関する感想や意見をどしどしお寄せください。

【講師プロフィール】 1956年生まれ。大学卒業後、某自動車会社に就職、調査部にてエコノミストとして経済調査に従事。 その後、マーケティング部、経営企画室にて自動車産業・企業の調査分析、自動車市場需要予測、競争力強化、中期計画の策定業務に従事(事務方長く)。 もともと自身のリタイア後準備のために、社労士、FP の勉強を始め、2013年社会保険労務士試験合格、2014年FP2級資格取得。 2014年退職、自宅にて社会保険労務士開業(千葉県会東葛支部所属)

③午後の部(2)  午後3時20分~午後4時50分(1時間30分)
   演題「今年もやります!ノンアルコール宴会」
    参加費用 : 500円(非会員1,000円)
 
★今回は1日割引は行いません。

 ◇申し込み 下記の勉強会専用フォームからお申し込みください。
 https://fs222.formasp.jp/c685/form3/ 


皆さん、こんばんは。もうそろそろ桜の季節になりますね。

3
15日(日)、練馬区立区民・産業プラザにて第18回障がい者とその家族のための年金教室が開催されました!今回も様々な障がいをお持ちの方やそのご家族、多くの社労士にご参加いただきました。

的野会長


今回当事者としてお話をしてくださったのは、練馬区視覚障害者福祉協会の的野碩朗会長です。的野会長は障がいは個性の一つであるという考え方について触れつつも、なかなかなくならない差別への危惧があると仰います。特に視覚障がい者としての生活などに関わる様々な問題点をお話しいただき、障がいをお持ちの方が社会の一員として地域で生きるには壁がまだまだあるのだと感じさせられました。教育の問題、就職の問題、アパートを借りることも難しいこともある等具体的なお話をお聞きすると、当事者でなければわからない問題が本当にたくさんあり、毎回この年金教室で異なる障がいをお持ちの当事者の方にお話を伺えるのは、貴重な経験だなと強く感じます。

その後、渡辺公雄会員が講師を務め、障害年金の基礎について解説しました。講義終了後には、活発な質問が飛び交い、ご参加いただいた方も大変為になったようです。渡辺会員は障害年金専門でご活躍中で、質問に答える姿も大変頼もしいです。

最後は個別相談です。この個別相談を心待ちにされていた参加者の皆さん。ずっと聞きたかった疑問を担当社労士に沢山投げかけていました。


IMG_0603IMG_0607




たまごの会が社会貢献活動としてずっと行ってきたこの年金教室も早
18回目。毎回、継続の大切さを感じます。次回の開催が今から楽しみです!!

年金教室サブ担当 猪狩











皆さん、こんばんは。本日はいつもとちょっと趣向が違うセミナーのご紹介です。

ワインに興味はあるけれど、ワインは難しい、敷居が高いと思っている
貴方に送るワインセミナー! ワインのちょっとしたウンチクを知ると人生が広がります、そして社労士の人脈も深まります。(少し大げさかな??)


2回に亘るこのワインセミナーは、ワインの作り方やフランスワインを知る基礎A・O・C(アペラシオン・コントローレ)等を学びますが、ワインにまつわるエピソードや皆様からのご質問に答える気楽でアットホームな雰囲気でワインを楽しんで頂きます。

飲み会ではありませんが満足できる本数をご用意します。1回目はフランスワイン、2回目はイタリアワインを中心にリストアップします。(参加者には、ワインリストやレジメを後日配信しますがボルドーのシャトーワインなどもリストアップしています)
 
 
協賛して頂く恵比寿ワインマート様やたまごの会からの絶大のご協力により、質・量とも大変お値打ちのセミナーになっておりますので、沢山の方のご参加をお待ちしています!!


【ワインセミナー JOY OF WINE LIFE】

1、日時
   第1回目:4月11日(土)午後5時から、たまごの会主催勉強会終了後

   第2回目:5月9日(土)午後5時から、たまごの会主催勉強会終了後
2、場所
   第1回目:北とぴあ 901号会議室

  第2回目:北とぴあ 902号会議室
3、講師
  藍 正彦 (
たまごの会 世話人)
 
  (社)日本ソムリエ協会公認 シニアワインアドバイザー
4、会費
  各回ワイン代+チーズ・パン等で2
,200円、初回のみグラス代1,800円
   2回参加の場合 ⇒1回目4,000円、2回目2,200円 合計6,200円 
   1回のみ参加の場合 ⇒4,000円 
    *  グラスセットは全員購入し、2回目はそれを持参してください。
       グラスは樹脂製で割れないグラス。赤・白・シャンパン用3種のセット。
       ご家庭でのご使用は勿論、アウトドアで威力を発揮する優れものです。        
5、締切
  第1回目(4月11日)分…4月2日(木)

 
  第2回目(5月9日)分…4月27日(月)
6、定員等
  各回 最低催行人数10名、定員は30名です。

7、会費納入

  開催条件を満たした場合、参加者には事前に会費納入依頼の案内を差し上げます。
  要領に従って納付方ご協力お願いいたします。                           

8、申込み
下記フォームにてお願いします。

https://fs222.formasp.jp/c685/form9/



ご不明点等ございましたら、下記メールアドレスまでお問い合わせください。
grandcru3@nifty.com

皆様との楽しいワインのひと時を楽しみにしております!


 

このページのトップヘ