こんにちは!社労士たまごの会です

このページは、社労士たまごの会の勉強会等への参加を呼びかけたり、当会の活動についてお知らせしたりするために開設したものです。
社労士たまごの会は、関東地区で平成19年2月に誕生し、以来、さまざまなテーマの「勉強会」、年数回の「障がい者とその家族のための年金教室」「年金相談スキルアップ講座」、また合格者を対象とした「事務指定講習対策講座(入門講座)」を中心に活動しています。
合言葉は「学び合い、つながり合って、切り拓く」です。仲間とともに社労士の資格を活かす道を切り拓こうと奮闘努力中の人たちのベースキャンプです。 ぜひ、一度勉強会等へお越しください。

2015年06月

みなさん、こんにちは。
勉強会のご案内です。すでに30人近い申し込みが届いています。
会員以外の受講も歓迎します。
どうぞ、早めにお申し込みください。

【第96回社労士たまごの勉強会】
◇日時 2015年7月4日(土)午前10時20分(9時50分開場)~午後5時(予定)

◇会場 東京都北区 北とぴあ 901会議室

◇定員 40人(定員になり次第締め切ります)

◇内容
①午前の部 午後10時30分~午後0時30分(2時間)
  演題「被用者年金一元化とは」
    講師 : 小山 良夫さん(開業社労士)
     受講料 : 1,500円(非会員2,000円)
【講義内容】平成24年8月10日に成立した「被用者年金一元化法」に基づき共済年金が今年の10月から厚生年金に統合されます。統合される事でどの制度がどのように変わるのか、老齢給付、在職老齢年金、障害、遺族年金から離婚分割まで、制度の変更点を解説します。
【講師プロフィール】 大学卒業後信用金庫入庫 。平成14年9月社会保険労務士登録 。 平成20年9月小山社会保険労務士事務所開設と同時に年金事務所にて年金相談担当及び金融機関の年金手続代行に従事、年金相談25,000件を超え、現在に至る。日本マンパワー「年金コンサルタント」資格、東京都社会保険労務士会「年金指導員」資格、年金実務研究会会員、「週刊社会保障」年金記事執筆。

②午後の部 午後1時40分~午後4時50分(3時間)
   演題「社労士が知っておきたい労働組合の知識2015」
     講師 : 竹馬 和彦会員(非開業社労士)
       受講料 : 1,000円(非会員1,500円)
 【講義内容】ブラック企業やブラックバイトが話題となり、個人ユニオンがクローズアップされている半面、従来からの労働組合は推定組織率が17%台と低迷しています。社労士としても何かと付き合う事の多い労働組合。ですが、残念な事に労働組合を妨害する社労士がおり、社労士は敵という誤った認識を持たれる事も少なくないようです。講義では労働組合に関する基礎知識から、憲法における労働組合、更には労働組合法について是非押さえておきたい論点に触れます。
 【講師プロフィール】2008年11月、社労士試験合格。2009年9月、社労士登録(葛飾・その他→中央・勤務)。中央支部では行政協力、社労士国家試験監督員・本部員などに従事。地元で労働年金相談を実施。地元の労働組合「葛飾区労働組合総連合」の専従を11年経験。

★今月の1日割り引き 午前、午後両方の講義を受講される方は下記の通り、割引をさせて頂きます。
 (会員)  2,500円 → 2,000円
 (非会員) 3,500円 → 3,000円

 ◇申し込み 下記の勉強会専用フォームからお申し込みください。
    https://fs222.formasp.jp/c685/form3/

 東京・社労士たまごの会  栗田

皆さんこんにちは。
雨具が手放せない季節ですね。

さて、第96たまごの勉強会をご案内します。

午前は年金相談スキルアップ講座講師の小山良夫さんに「被用者年金一元化について」を行って頂きます。皆さんの非常に関心の高いテーマだと思います。
また、午後の講義では竹馬和彦会員に「社労士が知っておきたい労働組合の知識2015」をお願いします。労働組合法を始め、労働組合についての正しい知識を持つ事は社労士にとって大事な事だと思います。

もたくさんの皆さんの参加をお待ちしております。

                                                                                      勉強会担当  栗田

【第96回社労士たまごの勉強会】
◇日時 2015年7月4日(土)午前10時20分(9時50分開場)
午後5時(予定)

◇会場 東京都北区 北とぴあ 901会議室

◇定員 40人(定員になり次第締め切ります)

◇内容
①午前の部 午後10時30分~午後0時30分(2時間)

  
演題「被用者年金一元化とは

    講師 : 小山 良夫さん(開業社労士)
   受講料 : 1,500円(非会員2,000円)

【講義内容】平成24年8月10日に成立した「被用者年金一元化法」に基づき共済年金が今年の10月から厚生年金に統合されます統合される事でどの制度がどのように変わるのか、老齢給付、職老齢年金、障害、遺族年金から離婚分割まで、制度の変更点を解説します。

【講師プロフィール】 大学卒業後信用金庫入庫 。平成14年9月社会保険労務士登録 。 平成20年9月小山社会保険労務士事務所開設と同時に年金事務所にて年金相談担当及び金融機関の年金手続代行に従事、年金相談25,000件を超え、現在に至る。日本マンパワー「年金コンサルタント」資格、東京都社会保険労務士会「年金指導員」資格、年金実務研究会会員、「週刊社会保障」年金記事執筆。


②午後の部 午後1時40分~午後4時50分(3時間)

  演題「社労士が知っておきたい労働組合の知識2015」     
   講師 : 竹馬 和彦会員
(非開業社労士)
   受講料 : 1,000円(非会員1,500円)
         
【講義内容】ブラック企業やブラックバイトが話題となり、個人ユニオンがクローズアップされている半面、従来からの労働組合は推定組織率が17%台と低迷しています。社労士としても何かと付き合う事の多い労働組合。ですが、残念な事に労働組合を妨害する社労士がおり、社労士は敵という誤った認識を持たれる事も少なくないようです。講義では労働組合に関する基礎知識から、憲法における労働組合、更には労働組合法について是非押さえておきたい論点に触れます。

【講師プロフィール】2008年11月、社労士試験合格。2009年9月、社労士登録(葛飾・その他→中央・勤務)。中央支部では行政協力、社労士国家試験監督員・本部員などに従事地元で労働年金相談を実施。地元の労働組合「葛飾区労働組合総連合」の専従を11年経験。 
 
★今月の1日割り引き

午前、午後両方の講義を受講される方は下記の通り、割引をさせて頂きます。

(会員)    2,500円  →  2,000円
(非会員)  3,500円  →  3,000円

◇申し込み 下記の勉強会専用フォームからお申し込みください

皆さんこんにちは。社労士たまごの会勉強会担当の栗田です。
社労士にとって、一年で一番忙しい(?)年度更新の季節になりましたね。

気温もぐんぐん上がった6月13日の土曜日、北区北とぴあ901会議室で
第95回たまごの勉強会が開催されましたので、そちらの模様を報告させて頂きます。

今回の勉強会は午前が「安全衛生法」、午後が「労働相談で多い残業代計算」と労働関係の
テーマを設定しましたが、午前、午後とも30名を超える受講者が集まり、大盛況となりました。

午前講義の「社労士に必要な安全衛生の基礎知識」はたまごの勉強会でも久々に取り上げる
「安全衛生法」です。講師は埼玉県会安全衛生部会のリーダーである、小北悟さんにお願いしました。
講義では豊富な資料をもとに、安全衛生法の基礎知識から第12次労働災害防止計画、そして
今年の12月から50人以上の事業場で義務づけられる「ストレスチェック」まで、社労士としては
最低理解しておきたい安全衛生法の知識について解説が行われました。
顧問先を獲得するひとつの方法として、安全衛生関連からアプローチを行う事も有効であると
感じました。

午前写真


続けて午後の講義は東京都社労士会労働紛争解決センター長の上條良住さんを迎えて
残業代計算のい・ろ・は・に・ほ・へ・と」を行ってもらいました。
残業代計算を正しく行う事は社労士として必須の知識となりますが、この講義ではあらかじめ与えられた8つの事例について、各自が事前学習を行い、グループ討議で意見をまとめて発表し合うという、たまごの勉強会ならではの進行で行われました。
グループ討議では非常に活発な意見交換が行われ、他グループの発表についても様々な意見が出るなど、あっという間の3時間でした。

午後写真

第96回たまごの勉強会は7月4日(土)開催予定です。
今年の大きなニュースのひとつである「被用者年金一元化」を取り上げます。
次回もたくさんの皆さんの参加をお待ちしています。





このページのトップヘ