こんにちは!社労士たまごの会です

このページは、社労士たまごの会の勉強会等への参加を呼びかけたり、当会の活動についてお知らせしたりするために開設したものです。
社労士たまごの会は、関東地区で平成19年2月に誕生し、以来、さまざまなテーマの「勉強会」、年数回の「障がい者とその家族のための年金教室」「年金相談スキルアップ講座」、また合格者を対象とした「事務指定講習対策講座(入門講座)」を中心に活動しています。
合言葉は「学び合い、つながり合って、切り拓く」です。仲間とともに社労士の資格を活かす道を切り拓こうと奮闘努力中の人たちのベースキャンプです。 ぜひ、一度勉強会等へお越しください。

2015年07月

本格的な夏がやってきましたね

さて、去る7月14日火曜日に事務指定講習A日程の方を対象とした激励会が開催されました。
遠くは北海道から、またB日程参加の受講生の方、そして先輩社労士の方々などたくさんご参加いただき、大変盛況のうちに終了することができました

激励会
<参加の皆さん>

2月から4月にかけて行われた入門講座で顔見知りとなった方々との再会、そこから広がるまた新たな出会いなど、皆さんの盛り上がりから、とてもよい時間を過ごされたのでは、と感じております。

FB_IMG_1437283293766
 <1分間スピーチの様子>

そして、8月はB日程が控えております。
B日程にご参加の皆さん、事務指定講習の初日に激励会へ参加して社労士仲間と親交を深めませんか?
まだ若干空きがありますので、迷われている方は是非ご参加ください


【2015年 社労士事務指定講習受講生激励会 B日程】
 
 日時:8月18日(火)18:00-20:00(受付開始17:30)
 
 参加費:3,900円
 
  会場:Sun Fish Kitchen(サン・フィッシュ・キッチン)
東京都品川区東大井5-17-2 野村ビル3F  Tel:03-3458-3028
※JR京浜東北線 大井町駅 東口
※りんかい線 大井町駅B出口
※東急大井町線 大井町駅 アトレ口 
いずれも徒歩1分(事務指定講習会場からは、りんかい線が乗り換えなしで便利です)
 
 定員:40名程度(若干空きがありますのでお早めにお申し込みください!)
 
  申込方法:下記激励会申込専用アドレスからお申し込みください
 申込締切:8月9日(日)
 
 お問い合わせ先:eriko720@crocus.ocn.ne.jp または dig0701@sc4.so-net.ne.jp
 

 
激励会担当サポート 渡辺

さる、718日(土)、障がい者とその家族のための出張年金教室が、西早稲田の発達障害の大人が集うカフェNecco(ねっこ)で開催されました。

この年金教室は、当事者団体と協力して、障害のある方とその家族を対象に障害年金という制度を知って頂き、その後、相談会を実施するという、当会の社会貢献活動に1つです。

年金教室



今回は19名の方が参加されて、8名の方が、個別相談を希望されました。

 まず、個別相談をして頂く、社労士4名の自己紹介(右から石井会員・渡辺会員・鈴木会員・吉井会員)から始まりました。

2015-7-18-2



 次に渡辺公雄講師の障害年金の講演会です。27年度の障害年金ガイドと、障害年金請求のレジメを使って、やさしく、解りやすく説明して頂きました。

質問タイムでは予定時間をオーバーするほど、熱心に質疑応答が行われました。

 その後の個別相談はカフェの隣の建物に4ブースを設置し、順番にご指名の会員の部屋に案内しての相談となりました。

 まだまだ、たくさんの方が私達社労士の力を必要としていてくれるのだなと感じました。
これからも、たまごの会は障がい者の方とその家族のためになる相談会を続けて行きたいと思います。

 

年金教室サブ担当 手原

皆さんこんにちは。
梅雨の晴れ間は強烈な暑さですね。

さて、第97回社労士たまごの勉強会のご案内です。

午前の部は、開業社労士の安中繁さんに、人事労務コンサルティングについて講義していただきます。社労士の3号業務に分類されるコンサルティング業務はこれからの社労士業務の中心になるのではないでしょうか。て午後の部は、村﨑直人会員に「リーガルマインド(法的判断力)を磨こうパートⅡ」と題して、法律を読み解き方、そして実務への活かし方について「法令読解ノート」を使って解説してもらいます。

★午後の講義では「法令読解ノート」(全国労働基準関係団体連合会)を使います。

もたくさんの皆さんの参加をお待ちしております。

                                                                                      勉強会担当  栗田

【第97回社労士たまごの勉強会】
◇日時 2015年8月8日(土)午前10時20分(9時50分開場)午後5時(予定)

会場 東京都北区 北とぴあ 701会議室
 
◇定員 40人(定員になり次第締め切ります)

◇内容
①午前の部 午前10時30分~午後0時30分(2時間)
  
演題「私にもできる!人事労務コンサルティング~高付加価値コンサル業務への入り方~」

    講師 : 安中 繁さん(開業社労士)
   受講料 : 1,500円(非会員2,000円)

【講義内容】「コンサルタントなんて無理!」と思っていませんか?でもそんなにリキんで構える必要はありません。社労士のコンサルティング業務は手続業務や就業規則のすぐ隣りにあるものです。3号業務を別物扱いせず、自然体で提案していきましょう。労務コンサルティングは間違いなく社労士のメイン業務になります。(レジュメより)

【講師プロフィール】 大学卒業後、税理士事務所に入社。企業経営者の支援に携わり、2007年安中社会保険労務士事務所開設。2015年4月法人化し、代表社員に就任。現在に至る。東京都社会保険労務士会理事。大学、新聞社、地方自治体、各種経営者団体での講演実績多数。


②午後の部 午後1時40分~午後4時50分(3時間)

  演題「リーガルマインド(法的判断力)を磨こうパートⅡ~法の基本原理と社会法の基礎知識」     
   講師 : 村﨑 直人会員
(勤務等社労士)
   受講料 : 1,000円(非会員1,500円)
         
【講義内容】パート1(今年3月の勉強会)につづくパート2では、テキストとして使用する「法令読解ノート」(全国労働基準関係団体連合会)の後半部分(83頁~)に添って、「法律を読み解き、実務に柔軟に活かすために必要な基礎知識」として、法の基本原理と法解釈について実習を交えつつ解説していきます。また、労働法や社会保険法が属する社会法の特徴と活用するうえでのポイントについて話します。
【講師プロフィール】2007年10月に登録。同年2月に「社労士たまごの会」を立ち上げ、スキルアップのための勉強会、障害者向けの無料セミナー、一般市民向け講座等に取り組んでいる。真面目に生きる人を笑顔にする“話せる社朗士”をめざし、教育・研修活動を軸に活動中。埼玉県会浦和支部所属。安全衛生管理部会と法教育研究部会の会員。ユーキャン社労士講座非常勤講師。
 
「法令読解ノート」をお持ちの方は講義にご持参下さい。
お持ちでない方には、当日会場で特別価格にて頒布します。(先着20冊)

当日購入希望者は、その旨お申込み下さい。
★今月の1日割り引き(午後テキスト代を除く)

午前、午後両方の講義を受講される方は下記の通り、割引をさせて頂きます。

(会員)    2,500円  →  2,000円
(非会員)  3,500円  →  3,000円

◇申し込み 下記の勉強会専用フォームからお申し込みください。

皆さんこんにちは。
社労士たまごの会、勉強会担当の栗田です。
関東地方は雨の毎日が続いていますね。今年の梅雨明けはいつ頃になるのでしょう?

さて、今月も第96回目となるたまごの勉強会が7月4日(土)、北とぴあ901会議室で開催されました。
梅雨空の下ではありましたが、今回も会員、非会員含め30名以上の皆さんにお集まり頂き、一日を通して学び合う事ができました。

午前は年金相談スキルアップ講座講師でもお馴染の小山良夫さんに「被用者年金一元化とは」と題し、今年の改正点の目玉でもある共済年金と厚生年金の一元化について解説をして頂きました。両制度が一元化する事で年金相談窓口でもいわゆる「ワンストップ化」が求められるようになります。老齢、障害、遺族とそれに関連する給付について、どこがどのように変わるのか、どのような緩和措置があるのかについて等々、スキルアップ講座と同様、小山さんのわかりやすい説明に皆聴き入っていました。ただ、この件はまだ決まっていない点も多々あるようですので、継続した情報収集が必要なのではないでしょうか。
午前写真














続けて午後の講義は竹馬和彦会員による「社労士として知っておきたい労働組合の知識2015」でした。
この講義は昨年に引き続き、現在の労働環境下における労働組合の状況、憲法をはじめとする労働組合に関する各種の法律の知識について、労働組合の専従経験もある竹馬会員に自らの体験と身に付けられた知識をもとに解説をしてもらいました。講義ではグループに分かれて討議を行い、結果を発表し合う形式がとられ、各グループ熱い討議が行われていました。
午後写真

8月の勉強会は8月8日(土)10時20分から北とぴあにて開催予定です。
午前講義にはユーキャン講師でもお馴染の安中繁さんに登壇頂く予定です。次回もきっと楽しくかつ有意義な勉強会になるのではないかと思います。

次回もたくさんの皆さんの参加をお待ちしています。




このページのトップヘ