こんにちは!社労士たまごの会です

このページは、社労士たまごの会の勉強会等への参加を呼びかけたり、当会の活動についてお知らせしたりするために開設したものです。
社労士たまごの会は、関東地区で平成19年2月に誕生し、以来、さまざまなテーマの「勉強会」、年数回の「障がい者とその家族のための年金教室」「年金相談スキルアップ講座」、また合格者を対象とした「事務指定講習対策講座(入門講座)」を中心に活動しています。
合言葉は「学び合い、つながり合って、切り拓く」です。仲間とともに社労士の資格を活かす道を切り拓こうと奮闘努力中の人たちのベースキャンプです。 ぜひ、一度勉強会等へお越しください。

2017年02月

2月25日土曜日に入門講座の第1回目が開催されました。
今回の参加者は合計で27名。
昨年の合格率が4.4%だったため、こんなにたくさんの方々に参加して頂けるとは予想もしていませんでした。
例年に比べると男女比が逆転し、女性が多く華やかな雰囲気です。
初対面の方も多いという事で、講義の前にグループ内で自己紹介をして頂きました。
そのおかげか、グループ討議でも和気あいあいと、そして熱い討議が行われたようです。

DSC_0182[1]


入門講座では、設問ごとにグループ内で討議し、答えを導き出します。
そして1グループ選ばれ、前に出て発表するのですが、皆さん緊張しながらも、しっかりと発表されていました。

DSC_0186[1]


入門講座終了後、同じ会場内にてテーブルを囲ってミニ懇親会も開催されました。
恒例の自己紹介も、みなさん緊張しながらも楽しいお話をたくさん聞かせて下さいました。
この自己紹介でさらに懇親が深められたのでは、と感じています。


次回の入門講座は3月25日(土)です。
1回目に参加され、2回目以降のお申し込みをされていない方で、参加をご希望の方は
u.can.sr.net.tokyo.tamago@gmail.com
まで、ご連絡下さい。

次回の研究ノートは3月第2週にお送りする予定です。
今回のように事前の予習をどうぞよろしくお願いします。


皆さんこんにちは。
社労士たまごの会勉強会担当の栗田です。
まだまだ寒い日が続きますが、関東地方でも春一番が観測されたようです。
春は確実に近づいていますね。

さて第116回社労士たまごの勉強会のご案内です。

午前は、賃金研究会の米田徹さんに中小企業における賃金設計について講義を
お願いします。
午後は松山純子会員と三田村剛会員がそれぞれの経験を交えてお話をします
今回もたくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。

【第116回社労士たまごの勉強会】
◇日時 2017年3月11日(土)午前10時20分(9時50分開場)~午後5時

◇会場 東京都北区 滝野川会館 303集会室

を表示しています

◇定員40名(定員になり次第締め切ります)

①午前の部 午前10時30分~正午(90分)
  演題 「中小企業に適した賃金制度の考え方と設計手法」
      講師 : 米田 徹さん(社労士)
      受講料 : 1,000円(非会員1,500円)

【講義概要】人事賃金制度・評価制度に悩みの無い会社は皆無と言ってよいでしょう。我々社労士がコンサルタントとして問題解決にあたる余地が大きい分野といえます。今回の講義では個人の役割・貢献度に応じて適正な賃金体系を設計・構築できる「役割期待対応型賃金制度」の考え方の概要を説明します。さらに詳しく体系的に勉強したい方のために今年9年目を迎える「賃金研究会」の活動についても触れます(米田)

【講師プロフィール】東京都出身。大学卒業後、富士通株式会社に入社。平成17年に退職し、米田経営労務研究所を開設。現在、糸賀大氏主宰の「賃金研究会」の代表幹事。中小企業に適した「役割期待対応型賃金制度」のわかりやすい講義に定評がある。

②午後の部-1 午後1時10分~午後3時10分(120分)
  演題 「社労士は、明るい未来と希望をとどけてあげられるステキなお仕事です」
      講師 : 松山 純子会員(社労士)
      受講料 : 1,500円(非会員2,000円)

【講義概要】病気や怪我が原因で、働くことが難しくなってしまった顧問先従業員の方々や障害年金の相談者の方々は、将来の不安を抱え、明るい未来を想像できない中で生活しています。そんなとき、私たち社会保険労務士は、できることがたくさんあります。そのあたりを講義の中でお伝えできたら嬉しいです。

【講師プロフィール】松山純子社会保険労務士事務所代表。短大卒業後、700名のうち約半数が障害者という身体障害者・知的障害者・精神障害者の福祉施設に人事総務およびケースワーカーとして14年勤務。
障害があっても働きやすい環境整備と周囲の理解があれば就労は可能であること、社会とのつながりが人を元気にしてくれることを学ぶ。平成18年に社会保険労務士として独立、事務所開業。
障害年金をもらいながら自分の状態にあった働き方も1つの選択肢としてあることを多くの方に知っていただきたくて、日々活動している。

③午後の部-2 午後3時20分~午後4時50分(90分)
  演題 「【間もなく開講!】労働問題解決実務講座の紹介~プレ講座で一足早く体験してみませんか?~」
      講師 : 三田村 剛会員(社労士)
      受講料 : 500円(非会員500円)

【講義概要】労働問題解決実務講座(旧労働相談スキルアップ講座)は使用者、労働者の立場から、それぞれの主張を討議し、最終的な決着に向けての見通しを立てる力を身に付けることを目的とし、昨年誕生しました。この講座・・・名前からして堅そうな、難しそうな、敷居が高そうな・・・と思っている皆さんへ朗報です!
3月11日の勉強会にてプレ講座を開催します。プレ講座では事前に用意しておく事や、基本的な用語、調べ方を説明するほか、実際に問題を討議しながら労働問題の奥深さを体験します。特定社労士を目指す方も、そうでない方も、是非この機会に当実務講座の面白さを体感してみてはいかがでしょうか。

【講師プロフィール】普段は10,000人以上の大企業から中小零細企業まで、各種相談や運用を行う傍ら、社労士たまごの会の世話人として、前期労働相談スキルアップ講座を担当。年に1回、会員の皆様に楽しく学んでいただけるよう、ワークを取り入れた実務実践講座を勉強会で行っている。

今回の一日割引

会員の方   3,000円 → 2,500円
非会員の方   4,000円 → 3,500円

申込みは下記のURLからお願いします

https://fs222.formasp.jp/c685/form3/

あの人気講座「年金相談スキルアップ講座」第5期の募集開始です!

~年金相談実務にすぐに役立つ知識(これだけ知っていれば年金相談は怖くない)

  年金相談を受ける際に「こんな場合はどうしたらよいのか」と判断を迷うことも多いかと思います。このような場合にも、自信を持って年金相談に対応できる社会保険労務士を目指し、この講座を開催いたします。また、年金に関する知識があっても、それを適切にアウトプットできなければ、お客様が満足する年金相談とはなりません。そのため、毎回ロールプレイングを取り入れ、知識のアウトプットができるトレーニングをする全員参加型の講座です。

 さらに、毎回「今月の年金トピックス」とし、最新情報やその時期に年金相談で多い事例を解説します。

 今年度は10年年金開始の年であり、年金に関して世間での関心は大きくなると思われます。そのため年金のプロとしての社労士への期待は益々高まることでしょう。また、この講座の修了生数名も年金事務所で活躍しており、社労士としての業務の幅も広がります。

ぜひこのチャンスを捉え、年金相談にチャレンジしてみてはいかがですか。

講師は年金事務所、金融機関の年金相談について38,000件以上の経験を有する社労士が担当します。みなさん、奮ってご参加下さい。

 

《講師プロフィール》

小山 良夫(コヤマ ヨシオ)

・昭和464月法政大学経済学部卒業後、西武信用金庫入庫

・平成149月社会保険労務士登録

・平成208月西武信用金庫定年退職

・平成209月小山社会保険労務士事務所開設と同時に年金事務所にて年金相談担当及び金融機関の年金手続代行に従事、現在に至る

・日本マンパワー「年金コンサルタント」資格

・東京都社会保険労務士会「年金指導員」資格

・年金実務研究会会員

 

                                         

◆日程&テーマ: 下記の通り 


◇第
1 平成29429日(祝)区民・産業プラザ研修室5

老齢年金

【受給資格の確認(カラ期間)・加給年金と振替加算・沖縄特例・

資格画面の見方(改定記録)10年年金の請求ポイント・ロールプレイング】

◇第2 平成29624日(土)区民・産業プラザ研修室2

老齢年金

【・雇用との併給調整・在職老齢年金・繰り上げ、繰り下げ・ロールプレイング】

◇第3 平成2971日(土)区民・産業プラザ研修室4

遺族年金

【・請求に必要な添付書類・第三者行為災害との調整・遺族共済と遺族厚生

・ロールプレイング】

◇第4 78日(土)区民・産業プラザ研修室4

遺族年金・離婚分割

【・生計維持申立て・情報提供通知と年金分割・疑義照会事例等・ロールプレイング】

◇第5 722日(土)区民・産業プラザ研修室5

障害年金

【・保険料納付要件の確認・病歴就労申立書の書き方・診断書のチェックポイント

・ロールプレイング】

◇第6 86日(日)区民・産業プラザ研修室4

障害年金

【・2以上の障害の請求・労災との調整・老基繰上げ後の障害年金請求等

・ロールプレイング】

の計6

◆各回 10301630まで

◆会場 練馬区立区民・産業プラザ(練馬区練馬1171 Coconeri 3階)

・西武池袋線(地下鉄有楽町線・副都心線直通)、都営大江戸線の練馬駅北口徒歩1分

◆対象者

①年金相談を業務としている、またはこれから業務に考えている社労士の方

②年金事務所・金融機関で相談員をしている、またはこれから相談員を希望する社労士の方

③その他年金相談業務に興味のある方

◆受講料 各回5,000円(社労士たまごの会会員は、4,500円)

◆募集定員 各回25

◆申込期限 各回開催日のおおむね2週間前まで


◆申込方法  次のフォームより必要事項を記入の上、お申し込みください。

 

                 https://fs222.formasp.jp/c685/form10/

 

申込後すみやかに下記の口座に受講料をお振り込みください。振込をもって申込の完了とさせていただきます。

※受講料振込先:埼玉りそな銀行東浦和支店普通預金0637161

                社労士たまごの会村﨑直人(ムラサキナオト)

※振込の際には、振込人の氏名の後に「スキル」を付けてお振り込みください。例「イシイヨシミスキル」

※振込手数料は本人負担、領収書の発行はしておりませんのでご了承ください。

※受講料振込後の返金等には原則対応しておりませんのでご注意ください。

                         主催:社労士たまごの会  申込・問合せ先:担当石井良実

nenkin.up@gmail.com

皆さんこんにちは。寒暖の差が激しいですね。花粉も加わって、体調管理が本当に大変です。

さてちょっと遅くなりましたが、2月11日(祝)に行われた第115回たまごの勉強会の模様を報告します。

勉強会は北区北とぴあ701会議室で20名を超える参加者のもと、開催されました。
今回は講師に元SRネット関西の藤武雅之さん、アシスタントとしてSRネット中部の山下裕子さんをお招きし、一日を通して「研修ゲームファシリテーター養成講座(たまごの会バージョン)」を行いました。
社労士として社員研修の講師を受ける事も多々あるでしょう。そのような時、研修会を盛り上げ、運営を円滑におこなうために研修の冒頭で行うアイスブレークのノウハウを身に付けておく事は非常に重要になります。
藤武さんは士業向けに表題と同じ「研修ゲームファシリテーター養成講座」を開催されています。
今回の講義ではその実際を参加者が体験する形で進められました。

講義風景

実際に参加者全員で行ったゲームは2つ。「少数派を探せ」と「人狼ゲーム」でした。
どちらのゲームも参加者のコミュニケーション力を高めずにはいられない、大変楽しいゲームで参加者は時間の経つのも忘れて、ゲームにのめり込んでしまいました。

また講義の後、参加者宛に研修ゲームに関わる藤武さんのノウハウの一端が資料で送付され、全員大満足の勉強会となりました。

次回第116回たまごの勉強会は3月11日(土)北区滝野川会館303会議室で開催します。
こちらもたくさんの皆さんの参加をお待ちしています。

みなさんこんにちわ。
社労士たまごの会の石井です。

社労士たまごの会が社会貢献活動として、「障がい者とその家族のための年金教室」を2009年にはじめてから8年目になります。多くの障がい者の方とその家族はもちろん、障害者団体の方々、社労士の協力があって、年金教室を現在まで続けることができています。

当事者支援のお話では...、ご自身の法人で行っている障害のある方の就労支援分野での画期的な取組などについてお話していただきます。

障害年金制度の解説では、障害年金を専門とする当会の社労士が配布資料を基に一から分かりやすく解説いたします。また、個別に相談のある方のために社労士による相談コーナーを設けておりますので、事前にお申込の際にご予約ください。みなさま、この機会に奮って、お申込みください!

日時:2017年 3月4日(土)13:00~16:30(開場12:30)

場所:横浜市技能文化会館 802 大研修室
(神奈川県横浜市中区万代町2丁目4番地7)
 JR根岸線 関内駅南口から徒歩5分/横浜市営地下鉄ブルーライン 伊勢佐木長者町駅出口2から徒歩3分

お話:
▽当事者のお話:NPO法人カラフル・コネクターズ カラコネオフィス(就労継続B型事業所)代表理事 ボーン クロイド氏
▽社労士の年金の話:近藤 健司 会員

参加費:障がい者の方とその家族は無料
    社労士などその他の方は1,000 円

申し込み:電話・メールで担当者・石井良実まで
携帯  080(4953)2911
メール nenkin.up@gmail.com

このページのトップヘ