皆さん、残暑お見舞い申し上げます。
立秋を過ぎましたが、まだしばらくは猛暑が続きそうです。水分補給には気を使いましょう。

さて第110回社労士たまごの勉強会のご案内をさせて頂きます。
今回の勉強会は法令の読み取り方から年金アドバイザー試験の話、労災手続きの事例についてと多彩なテーマで勉強会を行います。

今回もたくさんの皆さんの参加をお待ちしています。

                                        勉強会担当 栗田


【第110回社労士たまごの勉強会】
日時 2016年9月10日(土)
  午前10時20分(9時50分開場)~午後5時(予定)

会場 東京都北区 北とぴあ 701会議室

◇定員 40人(定員になり次第締め切ります)

◇内容

1)午前の部 午前10時30分~午後0時30分(2時間)
  演題 「法令の組み立てと読み方を知ろう~『法令読解ノート』
      入門」
  講師 村﨑 直人会員(社会保険労務士)
     受講料 : 500円(非会員1,000円)

【講義概要】社労士は、労働基準法や国民年金法などの「法令」正確に読み取り、法令の理念に沿って解釈する能力(私はこれを「リーガルマインド」と呼んでいます)が欠かせません。私は、社労士になって、このリーガルマインドがまったく備わっていないことに愕然として、「法学」を一から学びなおしています。講義では、びなおしの最初に読んだ『法令読解ノート』(全国労働基準関係団体連合会発行)をテキストに、「法令」を読むうえで、最低限身につけておきたい基礎知識を楽しく学び合います。

【講師略歴】熊本県生まれ。大学卒業後新聞記者に。労働問題や年金・医療、貧困問題などを中心に約30年、取材・報道に携わってきました。阪神淡路大震災の取材・報道を通して、労働法や社会保障法の専門知識をもっと身につけたいと思い、社労士試験への挑戦を決意。紆余曲折のすえ、2006(平成18)年合格し、翌年勤務等で登録。2007(平成19年社労士たまごの会をつくり、現在、同会代表世話人を務めています。

★講義ではテキストとして 『法令読解ノート』(全国労働基準関係団体連合会発行、1400円+税)を使用します。とてもわかりやすい本です。お持ちでない方は購入の上受講をお願いします。

  全基連ホームページ https://www.zenkiren.com/tosho/hourei.html
  〇アマゾン  https://www.amazon.co.jp/%E6%B3%95%E4%BB%A4%E8%AA%AD%E8%A7%A3%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88-%E7%95%A0%E4%B8%AD-%E4%BF%A1%E5%A4%AB/dp/4906741096/ref=la_B004L3KBRY_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1471261907&sr=1-2




2)午後の部① 午後1時40分~午後3時10分(90分)

  演題 「年金アドバイザー2級試験合格のために」
  講師 高澤 和会員(社会保険労務士)
      受講料 : 無料(チャレンジ枠)

【講義概要】社労士として、これから年金相談業務に携わるために必須といわれている「年金アドバイザー2級資格」。この試験がなぜ“難しい”と言われているのか?本当に“難しい”のか?を「敵を知る」という視点から検証し、合格のためのポイント及び対応策について提案します。

【講師プロフィール】損害保険会社で30年以上営業関連業務携わる。定年退職後再雇用嘱託として健康保険組合の常務理事を務める傍ら、平成25年行政書士、平成26年社労士資格を取得。平成27年10月社会保険労務士その他登録(東京都会中野杉並支部)。平成28年3月に年金アドバイザー2級に合格。平成29年4月開業を目標に、今秋「紛争解決手続代理業務試験」受験予定。


3)午後の部② 午後3時20分~午後4時50分(90分)

  演題 「事案は現場で起きているんだ!
       ~事務指定講習では教えてくれない”気づき”と
       手続き」
  講師 白石 清裕さん(社会保険労務士、こころthe士業代表)
      受講料 : 1,000円(非会員1,500円)

【講義概要】社会保険労務士法人エス・エス・キャリッヂで実際に処理した事案の中から、興味深いものを題材として取り上げるシリーズ第一弾。
今回は労災の、主に成立や概算・確定保険料の計算の事案から、「こ、これは!」というものをピックアップ。
説明文に詳しく書いてしまうと講座でやる意味が無くなってしまうため、これ以上は書けませんが、まずは「果たしてそれに気づくことが出来るか?」というところから試される題材です。
つまり、題材は「お客さんとの会話の中から知り得た情報」であり、その情報から回答に導く気づきと、その気づきの裏付け作業と、さらには適切な手続きが行えるかどうかを問う、まさにロールプレイング的な内容となります。

出題は会話形式。「会社概要」と簡単な初期情報のみの資料から、疑問点や確認したいことを私から聞き出してください。回答作成はグループワーク。数名ずつのグループで回答を導いてもらい、その内の1グループに発表してもらいつつ、発表しない他のグループはそれに補足や質問をしてゆくという形式で行います。

ご持参いただきたいものは、事務指定講習を受講されその資料がまだ手元に残っている方は、様式集などを。その他、労災の手続きに関係する市販の書籍などもお持ちいただいて結構です。また、調べもの用のノートPCやタブレットなども利用可能です。ただ、残念ながら会場にはwifiはないそうですので、インターネット環境が必要な場合はご自身でなんとかしていただくしかないようです。

【講師プロフィール】元 東京社労士たまごの会 会員。現 NPO法人こころthe士業(ユーキャンSRネットの一地区会) 代表理事。
社会保険労務士法人エス・エス・キャリッヂ 代表社員。

2009年社会保険労務士試験合格
2010年8月 開業登録
2013年1月 社会保険労務士法人設立
現在 社員(会社役員)スタッフ合わせて、6名体制で事業運営中。

得意種目は、同業者批判と自己批判。
いわゆる「ひよこ喰いセミナー」を平然と打ちつづける同業者達の抹殺方法を募集中。近頃はプレッシャーとストレスの所為でいつも少しイライラしている。

今月は一日割引はございません。


参加のお申込みは下記のURLから

↓  ↓  ↓