こんにちは!社労士たまごの会です

このページは、社労士たまごの会の勉強会等への参加を呼びかけたり、当会の活動についてお知らせしたりするために開設したものです。
社労士たまごの会は、関東地区で平成19年2月に誕生し、以来、さまざまなテーマの「勉強会」、年数回の「障がい者とその家族のための年金教室」「年金相談スキルアップ講座」、また合格者を対象とした「事務指定講習対策講座(入門講座)」を中心に活動しています。
合言葉は「学び合い、つながり合って、切り拓く」です。仲間とともに社労士の資格を活かす道を切り拓こうと奮闘努力中の人たちのベースキャンプです。 ぜひ、一度勉強会等へお越しください。

カテゴリ : 社労士たまごの勉強会

皆様、こんにちは。
社労士たまごの会勉強会担当の村田です。

先日募集を開始した第127回たまごの勉強会ですが、
参加申込みが定員を超えたため、募集を終了させていただきました。

申し込みを検討されていた皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承下さい。

次回の勉強会も詳細が決まり次第、ブログでご案内させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

社労士たまごの会 勉強会担当 村田

皆さん、こんにちは。

社労士たまごの会勉強会担当の村田です。

 

私事ですが、現在特別研修を受講中でありまして、カリキュラムの中にグループ討議が3日間あります。

グループはおおよそ101組となっておりまして、その中でグループとして答えを導き出していく過程は、まさに「たまごの会」の入門講座や勉強会を思い出しまいた。

やはり、色々な方々と話し合うと、充実した研修となりますね!

 

さて、第127回たまごの勉強会のご案内です。
午前の講義は、角田光浩会員により「確定拠出年金を学ぼう!」についてお話いただきます。

退職金の上乗せとして注目を浴びている確定拠出年金の制度ですが、実際に触れたことが無い方もいらっしゃるかと思われます。確定拠出年金のコールセンターで活躍されている角田会員により、わかり易く説明していただきたいと思います。

午後の講義は、開業社労士の佐藤律子さんによる「避けては通れぬ労働安全衛生法 労働安全衛生法を会社が守るためのポイント」について講義をお願いします。

ベテラン社労士の方でも中々仕事として触れる機会は少ないであろう「労働安全衛生法」の実務について、安全衛生に精通されている佐藤さんから、興味深い話が聞けそうです。

 

今回もたくさんの皆さんの参加をお待ちしています。
  
                                    勉強会担当 村田

 

【第124回社労士たまごの勉強会】
日時 2018年11月17日(土)
    
 午前10200950分開場)~午後5時(予定)

会場
  東京都北区 滝野川会館 401号室

 

滝野川会館

定員 20(定員になり次第締め切ります)
※会場の都合上、定員が少ないですのでご注意ください。

内容

1)午前の部 午前10時30分~午後0時30分(2時間00分)
  演題 「ここが3階! 確定拠出年金」
  講師 角田 光浩会員(社労士)
  受講料 : 500円(非会員 1,000円)

【講義概要】

1.日本の年金問題の背景

2.DCDBの違い

3.企業型DCと個人型DC

4.DCの仕組み

5.DCの税制

6.DCの費用

7.運用商品

8.給付の方法

9.ポータビリテイ

10.その他

若干変更になる場合があります。

 

【講師プロフィール】

角田 光浩

昭和30年神奈川県川崎市生まれ。学生時代は相模原市で育ち、大学卒業後、大手生命保険会社に勤務し40年目を迎えている。その間、FP試験の講師、社内外での年金セミナー講師、退職金制度提案のおすすめ等を全国各地で行ってきた。現在、嘱託として確定拠出年金のコールセンターに勤務中。自身、定年退職、大病、相続等を経験し、受験生の父親。

CFP1FP技能士、1DCプランナー(企業年金総合プランナー)等の資格を持ち、2年前、社会保険労務士試験合格。人生経験豊富で、健康保険、生命保険の選び方、いろいろな年金、全国各地の観光地のことなら、何でもご相談ください。(趣味は旅行・野球・読書・カラオケ等。)

 

)午後の部 午後1時40分~午後4時50分(約3時間)
  演題 「避けては通れぬ労働安全衛生法 労働安全衛生法を会社が守るためのポイント」
  講師 佐藤律子さん(開業社労士)
  
受講料 : 1,500円(非会員2,000円)

【講義概要】

ご存知ですか?厚労省「ブラック企業リスト」の約7割は労働安全衛生法違反。

実は、労働安全衛生法はとても重要な法律です。

その一方で、社労士試験でもほんの僅かにしか触れられません。

この講義では、労働安全衛生法にどのようなことが書かれているか、そして、そこに書かれていることをどのようにして企業に落とし込むのか、実務ベースでお話させていただきます。

 

【講師プロフィール】

   氏名:佐藤 律子                                 

   所属組織名:りつ社会保険労務士事務所                        

③肩書き:社会保険労務士、第一種衛生管理者             

立命館大学文学部卒

大学卒業後は、大手装置製造メーカーに入社し、人事と安全衛生の業務に一貫して携わる。

20187月、製造業の安全衛生が得意な稀有な存在として、開業する。

今回の一日割はありません。


参加のお申込みは下記のURLから

    

https://fs222.formasp.jp/c685/form3/

 

今後の勉強会予定

次回勉強会は1月26日(土)、会場は北とぴあです。
午前テーマ:「介護保険」

午後テーマ:未定

詳細が決まり次第、ブログ・メールでお知らせします!

皆さん、こんにちは。

社労士たまごの会勉強会担当の村田です。

 

猛暑が続き、体調管理が厳しい夏でした。

9月に入り、そろそろ秋の気配を感じたいところですが、まだまだ残暑が続いておりますので、皆様お身体にはお気を付けください。

 

さて、第126回たまごの勉強会のご案内です。
午前の講義は、チャレンジ枠として武谷 信会員による「
社会保障制度の2つの方式」をお願いします。

社会保険は社会保障制度の一部でありますので、専門家として「社会保障制度」の仕組みを広い視点から把握しておくことはとても重要です。大学で講師を務められた経験を持つ武谷会員に講義をしていただき、その理解を深めていきたいと思います。

午後の講義は、村﨑 直人会員による「シャロタマ・ワールドカフェへようこそ Youはどうして社労士に」をお願いします。

そもそも、なぜ社労士を目指そうと思ったのか? 社労士を目指していた当時の心境を思い出しつつ、参加者の皆様が交流できる場を準備してお待ちしております。

 

今回もたくさんの皆さんの参加をお待ちしています。
  
                                    勉強会担当 村田

 

【第126回社労士たまごの勉強会】
日時 2018年9月30日(日)
     
午前10501020分開場)~午後5時(予定)
     ※いつもより開始時間が遅いのでご注意下さい。

 

会場
  東京都北区 滝野川会館 401号室

 

 滝野川会館

定員 20(定員になり次第締め切ります)
※会場の都合上、定員が少ないですのでご注意ください。

内容

1)午前の部 午前11時00分~午後0時30分(1時間30分)
  演題 「社会保障制度の2つの方式」
  講師 武谷 信会員(開業社労士)
  
受講料 : 無料(チャレンジ枠)

【講義概要】

 社会保障制度というものを理解するにあたって、制度に関わるおカネはどう流れているのか、という切り口があります。社会保障制度のおカネには主に社会保険料と税の2種類があります。この2つはどう違うのでしょうか、なぜあえて2つに分ける意味があるのでしょうか。こうした身近な具体例を挙げながら、社労士として知っておきたい社会保障制度の成り立ちや財源についてお話ししたいと思います。

 

【講師プロフィール】

武谷 信

2016(平成28)年度、社会保険労務士本試験合格。前職の某大学で社会福祉士を目指す学生と一緒に社会保障を学んでいて、利用者の目線に立って社会保障制度を理解することの大切さに気づく。「たまごの会」で村﨑直人さんの「社会保障の伝道者」というお言葉にふれ、「自分の目指す社労士像はこれだ!」とのひらめきを得る。社会保障制度に関する知識を活かし、社会保険や労働と、福祉・医療・介護の現場とをつなぐ社労士を目指して日々奮闘中。

)午後の部 午後1時40分~午後4時50分(約3時間)
  演題 「シャロタマ・ワールドカフェへようこそ Youはどうして社労士に」
  講師 村﨑 直人会員(社労士)
  
受講料 : 1,000円(非会員1,500円)

【講義概要】

みなさんは、なぜ社労士になろうと思ったのですか?社労士資格をこれからどう生かしていこうと考えていますか?みんなで楽しく交流しませんか。村﨑が店主を務め、ワールドカフェで語り合います。ワールドカフェについては以下のURLで確認してみてください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ワールドカフェ

 

【講師プロフィール】

村﨑 直人

1958年生まれ。2006年社労士試験合格、“社会保障の伝道者”を志しています。新聞記者で、現在、社会保障分野を担当。前社労士たまごの会代表世話人。

 

 

今回の一日割はありません。


参加のお申込みは下記のURLから

    

https://fs222.formasp.jp/c685/form3/

 

今後の勉強会予定

次回勉強会は11月17日(土)、会場は滝野川会館です。
午前テーマ:「確定拠出年金」関係

午後テーマ:未定

詳細が決まり次第、ブログ・メールでお知らせします!

 

たまごの会 村田

汗ばむ陽気が訪れる5月12日(土)、北区滝野川会館において第124回勉強会が開催されました。

午前の部は、久々のチャレンジ枠です。

佐野彰彦会員による「労働時間のブラックホール トラックドライバーの世界へようこそ」と題し、トラックドライバーの労務管理についてお話いただきました。

トラックドライバーについて、特に労働時間は独特な基準で運用されています。

業務の特性上、労基法で定める一般的な労働時間管理とは別の基準が必要になるのです。

ドライバー管理の基本的な考え方を交え、現在取り組まれている労働環境改善の施策例や、社労士としてとかかわり方を紹介されておりました。


DSCF3278
独特の管理が求められるドライバーについて、とても勉強になりました。

午後は村﨑直人会員による「心と心をつなぐ言葉遣いと身振り・手振り~社労士たまごの話し方教室」です。
今回は、話す内容のプランニングや練習をして一連の考え方を学び、「話すことをの楽しさ」を覚えてもらうことが目的の講義でした。

様々なワンポイントアドバイスを絡めながら、理論を座学で学び、実践した自分のスピーチ内容について意見を出し合うことでスピーチ力に磨きがかかったのではないでしょうか。


DSCF3279
「話せる」ことは、社労士の武器です!

次回勉強会は7月1日(日)で予定しております。
社会保険の算定や労働保険の年度更新について学びたいと思います。
詳細が決まりましたらブログやメールでお知らせします!

皆さん、こんにちは。

社労士たまごの会勉強会担当の村田です。

 

あっという間に花見のシーズンが通り過ぎ、夏日になることも。

ゴールデンウィークは、過ごしやすくなると良いですね。

 

さて、第124回たまごの勉強会のご案内です。
午前の講義は、久しぶりのチャレンジ枠として佐野 彰彦会員による「労働時間のブラックホール トラックドライバーの世界へようこそ」をお願いします。

自動車運送業界では、深刻な人手不足に悩まされております。運行管理者の経験を持つ佐野会員により、ドライバーの労働管理について、労働基準法との差異、業界の実態を解説していただきたいと思います。

午後の講義は、村﨑 直人会員による「心と心をつなぐ言葉遣いと身振り・手振り~社労士たまごの話し方教室」をお願いします。

「話せる社労士実践会」でも講師を務めている村﨑会員により、社労士としての商品価値を最大限引き出す話し方、主に言葉遣い、身振り、手振りについて講義していただきます。

 

今回もたくさんの皆さんの参加をお待ちしています。
  
                                    勉強会担当 村田

 

【第124回社労士たまごの勉強会】
日時 2018年5月12日(土)
     
午前10501020分開場)~午後5時(予定)
     ※いつもより開始時間が遅いのでご注意下さい。

 

会場
  東京都北区 滝野川会館 401号室

 滝野川会館

定員 20(定員になり次第締め切ります)
※会場の都合上、定員が少ないですのでご注意ください。

内容

1)午前の部 午前11時00分~午後0時30分(1時間30分)
  演題 「「労働時間のブラックホール トラックドライバーの世界へようこそ」
  講師 佐野彰彦会員(開業社労士)
  
受講料 : 無料(チャレンジ枠)

【講義概要】

 働き方改革関連法案が俎に上がる中、過酷な労働条件下にある自動車運送業は蚊帳の外に置かれています。特に労働時間については、独特な基準「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準)」が告示され運用されています。そこで、なぜ自動車運転者の労働時間が労働基準法による規制ではなく改善基準によるのか、自動車運転者の労働時間の実態はどうなっているのか、改善基準告示の経緯とその後の経過、改善基準の内容と解釈・運用方法、トラックドライバーの今後について解説・考察を試みます。

 皆様が業務上、自動車運送業に何らかの形で携わる際の参考にしていただければ幸いです。

 

【講師プロフィール】

佐野 彰彦

静岡県出身。大学卒業後、郵政省に入省し東京郵政局人事部において要員関係業務・共済関連業務に携わる。平成6年以降東京中央郵便局ほか10郵便局において郵便・集配部門の管理職を経験。平成19年の郵政民営化に伴い国土交通省の被監督事業所となりトラックドライバーの勤務時間・安全管理に要する運行管理者資格を取得。平成29年狛江市(東京会)において開業。

)午後の部 午後1時40分~午後4時50分(約3時間)
  演題 「心と心をつなぐ言葉遣いと身振り・手振り~社労士たまごの話し方教室」
  講師 村﨑直人会員(社労士)
  
受講料 : 1,000円(非会員1,500円)

【講義概要】

社会保険労務士が売る“商品”は何でしょうか。社会保険と労務管理に関する知識や情報です。その知識や情報は、問題を抱える相談者やお客様に理解され、問題解決のために活用されてこそ、商品価値が発生します。今回は、その知識や情報を話しことばで理解してもらうための言葉遣いと身振り・手振りについて、実習も交えながら楽しく学び合います。

 

【講師プロフィール】

村﨑 直人

大学卒業後、東京の新聞社に就職。社会保障分野を中心に、社会的に弱い立場の人たちのサイドから取材・報道に長年携わってきた。記者経験で得た知識や経験を生かしたいと一念発起して社会保険労務士に挑戦し、平成18年度合格。19年に勤務等で登録し、いまに至る。19年に社労士たまごの会を立ち上げ、現在、代表世話人。

自称「真面目に生きる人を笑顔にする話せる社朗士」。

 

今回の一日割はありません。


参加のお申込みは下記のURLから

    

https://fs222.formasp.jp/c685/form3/

 

今後の勉強会予定

次回勉強会は7月1日(日)、会場は北とぴあです。
終日テーマ:「労働保険の年度更新」及び「社会保険の算定」

 

詳細が決まり次第、ブログ・メールでお知らせします!

このページのトップヘ