トップページ » PC : FireFox派生ブラウザ『PaleMoon』とオススメのアドオン

PC : FireFox派生ブラウザ『PaleMoon』とオススメのアドオン

『PaleMoon』はFireFoxをWindowsに最適化することで挙動を速くした、という触れ込みの派生ブラウザです。FireFoxの利点はほぼそのまま残っています。なぜ”朧月”を冠しているのかはよく分かりませんが、個人的にはかなり気に入ったブラウザです。FireFox4以降では挙動の速さに差が無いという噂もありますが、そもそもマイナーな感じが素晴らしいですw

まず、自分が使っているオススメのアドオンを紹介します。自分が必須(使えないとストレスたまりそう)と考えるアドオンには★マークをつけています。もちろん★がついていなくとも便利なのは確かです(いろいろ試した末に消さずに残ったアドオンですので)。



・All-in-One Sidebar(AiOS)
アドオン管理やアドオン固有のサイドバーなどをひとつにまとめたり、マルチパネル機能で検索結果や動画一覧などのページを擬似フレーム化したりできます。

★AutoPager
検索サイト、動画サイト、ショッピングサイト・・・そういうサイトを見るとき、続きを読むために「次へ」や「Next」などをいちいち押すのが面倒ですよね。このアドオンならページの続きをどんどん読み込んでくれます。

・Easy YouTube Video Downloader
「YouTube」の動画から手軽にデータを抽出できます。とにかく手軽さが売りです。

★FireGestures
ネットをしていると「戻る」「進む」「タブの切替」は何度も行いますが、このアドオンを使えば手軽に操作できるようになります。「ポップアップ:検索エンジンを選択してウェブ検索」機能も超便利です(検索エンジンはアドオン「Add to Search Bar」で追加すると良いでしょう)。更に「先頭へスクロール」「選択範囲のリンクを全て開く」「ページの拡大縮小」「再起動」「ページ名とURLをコピー」といった機能も重宝します。また、長文を読む際に重宝するreadabilityのブックマークレットを登録するのもオススメです(興味があれば下記スクリプトを追加し実行してみましょう)。
var document = FireGestures.sourceNode.ownerDocument;
javascript:(function(){x=document.createElement('SCRIPT');x.type='text/javascript';x.src='http://brettterpstra.com/share/readability.js?x='+(Math.random());document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(x);y=document.createElement('LINK');y.rel='stylesheet';y.href='http://brettterpstra.com/share/readability.css?x='+(Math.random());y.type='text/css';y.media='screen';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(y);})();

★FoxAge2ch
2chのお気に入りスレの更新をチェックするアドオンです。一般には悪評高い2chですが、情報のコアさとリアルタイム性は素晴らしいので、石を気にせず玉だけを拾うような見方をする分にはメリットが大きいです。スレ閲覧を快適にするアドオン「Chaika」を導入し、高機能なスキン(http://bbs2ch.sourceforge.jp/uploader/upload.php参照)を使えば、もはや専ブラは用済みでしょう。

・IME and DiMENSiON
ブラインドタッチに慣れていない場合、日本語を入力したつもりがローマ字の羅列になってしまっていた・・・なんてことがありますよね。このアドオンでIMEが日本語入力になっているかどうかを視覚的に知ることができます。「地味に便利」という評価がしっくり来ます。

・keyconfig
ショートカットキーを整理できるアドオンです。自分の場合は誤操作による誤作動を防ぐ意味で、必要なショートカットキー以外を全て無効化するために使っています。

★Load Tabs Progressively
同時に読み込むタブ数に制限をかけるアドオンで、リンクをまとめて開いても動作が重くなりにくくなります。自分は気になるサイトを開くだけ開いてから閲覧を開始するので、このアドオンは必須ですね。同時読み込み数は3、限界読み込み数は無制限に設定しています。

★Menu Editor
コンテキストメニュー(右クリックしたときに出てくるメニュー)などにある不要な項目を非表示にできます。項目の順番も自由に変えられるので、操作性を高めることができます。

★NewsFox
お気に入りのブログの更新をチェックして、更新された記事だけを教えてくれます。

・Personal Titlebar
ページの閲覧スペースはなるべく広げたいですよね。このアドオンでタイトルバー領域にいろんなボタンやバーを配置できます。

・QuickDrag
ドラッグ&ドロップが便利になります。「地味に便利」です。

・ScrapBook Plus
ウェブページをローカルに保存できます。リンク先までまとめて保存したり、不要な部分を削除したり、別々のページを結合することができます。よって、後で読みたいけどブックマークするほどではないページや、頻繁にアクセスするけど最新の内容でなくとも構わないページ(古めのゲームの攻略サイトとか)、あるいは必要な情報だけ印刷したいページなどをまとめたいときに重宝します。ちなみに保存ではなく単なるブックマークもできますので、使い分けるとより便利でしょう。また、取り込んだファイルの保存フォルダを直接開くこともできるので、画像収集にも便利です。

・SearchWP
検索した言葉でページ内検索できます。「地味に便利」です。アドオン「SearchBox Sync」との併用がオススメです。

★Secure Login
ログインするためのIDやパスワードをいちいち打ち込むのは面倒ですよね。このアドオンならワンクリックでログインできますし、あるいはそのページへアクセスするだけで自動的にログインできるようにも設定できます。

★Stylish
見た目をいろいろカスタマイズできるアドオンです。例えば「a[href$=".pdf"]{background-color: pink !important;}」というスタイルを用意すればpdfファイルへのリンクが分かりやすくなります。もちろん自作せずとも便利なスタイルはRestyle the web with Stylish! - userstyles.orgにたくさんあります。特にオススメするのがGoogle - simpleで、ゴチャゴチャ派手な飾りをいっぱいつけて色気づいた最近のGoogle先生が大人しくなってくれますw

・Tile Tabs
ウインドウを分割して複数のサイトを同時に見ることができます。例えば、検索結果画面やアドオン「ScrapBook Plus」で取得したページを左において擬似フレーム化し、右でヒットしたサイトを巡回したり(どういう感じになるかは当記事最下部の画像を参照してください)、動画をチラ見しながらウェブサーフィンをするなど、様々な用途に使えます。オプションの推奨設定は「Tabs」の「Single tab for all tiled tabs(タイル設定したタブをひとつにまとめる)」と、同じく「Tabs」の「Move all tiled tabs to left side(タイル設定したタブを一番左へ移動)」です。

★Tab Utilities
タブの動作や見た目を設定できます。タブブラウザとしての性能をフルに発揮するには、こういうタブ拡張タイプのアドオンは必須です。

★Update Scanner
ウェブ漫画や個人サイトなどではフィードが配信されていないことが多く、
上記アドオン「NewsFox」では更新チェックできません。そうした場合にこのアドオンの出番となります。



外観は↓のような感じです(クリックで拡大)。全体的に色を黒くすることによって節電に協力しています。嘘です。
ws02




ところで上記で「擬似フレーム化」の話題が何度かでてきていますので、ここでまとめておきましょう。擬似フレーム化がどのような感じになるかは上の画像を見てもらえれば一目瞭然で、これにより非常に効率良く情報収集できるようになりますので、以下をぜひ試してみてください。

●ブックマークの「サイドバーに読み込む」機能を使う
なんのアドオンもいりませんし、準備も簡単なので、お試しには持って来いの方法です。まず何らかの検索サイト(オススメはGoogleモバイル)をブックマークに登録、そのブックマークを右クリックし、プロパティを開いて設定、そしてブックマークをクリックすると、サイドバーに検索サイトが表示されますね。適当に何か検索してヒットしたサイトにアクセスし、メインの画面にそのページが表示されれば成功です。サイドバーの中でページが切り替わる場合は、左クリックではなく中クリック(ホイールクリック)でアクセスしてみましょう。

●アドオン「All in One Sidebar」を使う
マルチパネル機能を使うことで手軽に擬似フレーム化することができます。この方法は画像や動画の検索結果に適しています。

●アドオン「Tile Tabs」を使う
これはそもそも擬似フレーム化するためのアドオンですので、あらゆる場面に適しています。ただし擬似フレームとして使うにはリンクをドラッグ&ドロップしなければならず、その分少しだけ手間になります。この方法の最大のメリットはサイドバーを別の用途に使えることです。

●アドオン「ScrapBook Plus」を使う
アドオン「Tile Tabs」と併用することで、例えば当ブログの右カラムにあるカテゴリ部分だけを保存して擬似フレーム化したりできます。この方法はひとつのサイトを深く読みたいときに適しています。



以上です。



syato_syato_  at 00:00
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星