スカイダイビングから無事生還

  • author: syeira
  • 2013年03月12日

「人間は、死ぬことを密かに望んだので戦争をしたのである。
 自己保存の要求は極めて深いものかもしれないが、
 死への欲情はさらに深い」





ただいま!

無事上空4000mから帰ってきました。













一言でいえば・・・・・





イイネ!!!!.。゚+.(・∀・)゚+.゚





まず出発当日(といっても日帰り)

朝3時起き!!!早いww


なんせ車で片道6時間近くかけていってましたから!!


車の保険上私が運転するわけにいかないんで

自分はずっと助手席でしたがね




「東京スカイダイビングクラブ」っていうところで体験しにいって

場所は埼玉のヒョンな場所にあったんで

なかなか行くのに苦労しました・・・


といっても自分ナビしてませんけどね




途中静岡とか東京を素通りしたんで

富士山眺めながら渋滞にはまったりしてましたな




んでいざ集合場所へいって手続きして、

まぁやっぱり命の保証はどうこう的な書類もあったけど

読んだところで気持ちは変わらんので大して読んではいない(ぉぃ




一応コースとして

なんもなしで飛ぶコース、

後ろにひっついてる人がハンドカメラで動画を撮るコース、

もう一人が目の前を飛んでて全体を動画や写真で撮るコース

の3つがありまして


記念に残したい人間の自分はもちろんもう一人飛ぶコースを希望したけど

予約いっぱいってことでハンドカメラのコースで。


ちなみにその場合だとお値段4万弱。

もう一人飛んでもらうコースになると5万くらいする Oh〜


ちなみに個人のカメラは危険なんで持つことはもちろんできない






1



順番待ちしてる最中、

上空から先に飛んだ人がパラシュートで降りてくるのが見えるw






2



見てるだけでワクワクする



まれに着陸失敗してズザーーっとなってる人もいたけどね






んでいざ自分の番になって飛行機に乗り込んだとき、

なんと滅多に乗れないコックピットの助手席に乗せてくれたwww


目の前にいろんなメーターやボタンやレバーがあってすごすw

こんなとこに乗って空飛べるなんてめっちゃラッキーだったわ


後ろを振り向くと20人ほどの人がぎゅんぎゅんに詰めて座ってて

窓も小さいから碌に外も眺められなかった人が多い中、

自分は操縦席の広い窓からずっと外を眺めて

富士山も一望。


ああ・・・・これだけで来てよかったとも思えるもんだ、


自分を担当してくれたお兄さんありがとう。





地上4000mはもう地上の家々がゴマ粒より小さくみえて

気温とか−11度だったらしいけど

ワクワクしすぎてそんな寒さなんてわからんかったし



あ、ちなみに恐怖心は一切なし!

死ぬかも、なんて思いは地上にいたときはありましたけど

飛行機に乗り込んでからは飛びたい一心で

こんな自分好奇心強かったかとびびるわ




んで飛び降りる準備を初めてぞくぞくと飛び降りる中

自分の番になった!




もう気分は↑↑だ




んで飛び降りた!




と同時に風すげえええええううぅぅぅぅうううううぅぅ




Gはまったく感じなかったけど

時速200k以上で落っこちてるわけですから

風が半端なすww



「飛んでる最中はエビ反りになってねー」っていわれたけど

したくなくても風で自然とエビ反りになるわ



とりあえず風すごい。これしか言葉にできないけど 風がすごい。



ゴーグルとれるかと思ったし

入ってくる空気が多くて息がryry


自分は裸眼でしたけど

年に2人ほどはゴーグルごとメガネふっとんで無くすらしい。





そして後ろの人がハンドカメラでこっちを撮ってるww



もういろいろ見たいことや思うことややりたいことが多すぎて

どこ見ていいかわからんし地面とカメラばっかみてて

飛んでるときの風景とかあまりみてなかったわww


カメラにピースとかしちゃったりしたけどさ、

風すごいから顔の肉がビロビロしてるの。

鼻水も半端ない。


それを至近距離から撮られてるなんて

やっぱハンドカメラはどうするかよく考えるべきだった




約40秒ほどの落下のあとパラシュートひらいたけど

大体その間約2キロほど落っこちてるはずなのに

全然地上が近づいたように見えないから

落ちてるという感覚はないw




ただただ風がry




パラシュート開いた後は

約5分ほどの浮遊?

飛んでる最中なんて何分くらい飛んでたかなんて感覚わからんわ




やっぱ地上が近づくのがハッキリわかってくると

おっおっおって感じでしたが

着地もうまくやってくれたんで無傷で生還。




だが髪はえらいことになってるわ鼻水ry




一緒に飛んでた外人が「イイデシタカー?^^」って聞いてきた。

実にグレイトグレイト。

鼻水がなければな





今回撮影したものは後日DVDになって届くとのことで、

早ければ今日か明日くらいには届くかと。


見たいような見たくないような、

きっと想像以上のものが刻み込まれてるには違いないから

飛ぶ恐怖よりDVD見る恐怖のほうが遥かに上だ。

失神するかもしれん





そして埼玉を出た。(早





今回本当にこのためだけに出かけて帰ってきたから

ほんとすごいと思うわ



あ、でも途中でなんとかアウトレットには立ち寄りました





んで



3



富士一望!!!!



今まで富士の裾まで眺めたことがなかったから

ここでも自分テンションMAXだ



富士でテンションあげるとか簡単な奴だ



その辺の気難しいのを扱うより遥かに楽だろう







今回スカイダイビングをやってみた結果、



ぜひまたやる機会があるならやってみたい!!!



と思いました。






もうハンドカメラでは撮ることはないだろう


出来ればもう一人飛んでもらうコースをやっていただきたい





埼玉以外に兵庫にもスカイダイビング体験できるとこがあるようなので

次回はそこを行ってみても良い気がする







これで人生で一度は経験したいもののひとつが達成された。


あとはバンジージャンプもやりたい。


30歳になるまでは挑戦しておきたい!


ある意味バンジーのほうが事故やけがおこす可能性あるし

地面が近い分スカイダイビングより勇気がいるかもね



まぁ自分はなんもためらいもなく飛ぶだろう




バンジーでオススメのところあったら教えてください!




オススメのデンジャーな遊び、スポーツ、遊びもあれば教えてください




ただ本気の命がけなものはいらないです





ホエールウォッチングや海のダイビング、

もうやってみたいことだらけだ




トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

ホオジロザメの泳ぐ水槽で、整理中に一緒に泳ぐネイチャーゲームも推奨ですお

1. Posted by あーもんど 2013年04月01日 22:48

どこにあるんすかそんなもの。。。

2. Posted by DET 2013年04月04日 22:54

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲