2007年08月22日

今更ながら「ぶっとび、ねっと」とのトラブルについて (長文)

自分はコスプレ写真サイトI.R.I.S.を開設しております。
過去に、この大容量の写真を掲載できる無料スペースを探していた時期があり、
2004年まで「ぶっとび、ねっと」を利用していた時期がありました。

しかし、2004年7月16日の朝、メールボックスを覗いたら以下のメールを目の当たりにし、仰天することになりました。

BUTTOBI.NETよりお伝えしています。
●● ●●さん

あなたのアカウントは規約違反のため抹消しました。

ID: ●●●●●●●●
対象サービス: 無料レンタルサーバー
(対象サービス以外のアカウントはご利用になれます)

アカウント抹消に関する説明は問い合わせを頂きましても行っておりません。
利用規約およびFAQを熟読のうえ、その内容について十分な理解をされたうえで
正しくご利用ください。

(ID、本名の固有情報については伏せさせていただきました)

慌ててサイトを確認したら既に404エラーでデータ全消去は完了していた模様でした。

勿論、猥褻図画掲載や誹謗中傷などの含むコンテンツ等の規約に違反する要素は何一つ「思い当たらない」状態でこれを受け取ったわけで、
なおかつ「アカウント抹消に関する説明は問い合わせを頂きましても行っておりません。」ということは問答無用にて強制排除に他なりません。

しかし、問題はこれだけではありませんでした。
同年8月にはブログサービス開始、2005年7月にはネットラジオ配信サービス開始、今年8月1日には掲示板・ブログシステム更改のダイレクトメールをいけしゃあしゃあとタレ流しに送り続けてきたのです。
問答無用でつまみ出されたユーザの神経をワイヤブラシで逆撫でするかの如く。

本件について、「何故アカウント抹消済みのハズのアドレスにDMが届くのか」と運営会社のプライバシーポリシーに明記されているメールアドレス宛に直談判のメールを送付したところ…

Hi. This is the qmail-send program at tokyo2-130.mailyweb.com.
I'm afraid I wasn't able to deliver your message to the following addresses.
This is a permanent error; I've given up. Sorry it didn't work out.

<privacy@surgespace.com:>
Sorry, no mailbox here by that name. (#5.1.1)


--- Below this line is a copy of the message.

メールボックス自体が存在しないとのエラーで返ってきました。

その旨を電話にて直談判した結果、SurgeSpace社の言い分は以下のとおりでした。

  • プライバシーポリシーのメールがエラー返送になったのは「たまたまメンテナンス中だったから」とのこと。
  • 抹消したと告知したアカウントのメールアドレスを延々保持していた理由
    「ぶっとびねっと自体のアカウント、その他サービス毎のアカウントに分かれております。」
    削除したのは無料レンタルサーバのアカウントのみなので"ぶっとびねっと自体のアカウント"は生きているから削除自体されていない、とのこと。


しかし、さらに神経を逆撫でするコメントが追記されておりました。(続きからどうぞ)


「レンタルサーバー以外は利用されておらず、その唯一のサービスアカウントを
抹消したのなら、なぜぶっとびねっと自体のアカウントも抹消しないのか?」と
いったご質問も電話で久保田にされたと伺っておりますが、
これについては、ぶっとびねっと自体のアカウントを抹消した場合、
再び同じアカウントで再取得することが(一定期間)出来ないことによります。
ユーザーが規約違反の内容を理解され、反省された上でやり直したい場合も
少なくありませんので
、やり直しが出来るように、前述と同様で、
それ以外のサービスは利用していない場合でも、できる限り、
対象サービスのアカウントのみを抹消するようにしております。


「アカウント抹消に関する説明は問い合わせを頂きましても行っておりません。」と問答無用で強制排除しておいて一体何を反省しろと仰せられるのでしょうか?

私も本日付け(2007/08/22)で以下のメールを送信しました。

> 2.アカウントを抹消したと偽り〜
こちらの理由につきましては、承服しがたい部分がございます。
というのも、貴社は以下のように主張されております。
> ユーザーが規約違反の内容を理解され、反省された上でやり直したい場合も
> 少なくありませんので、やり直しが出来るように、前述と同様で、
> それ以外のサービスは利用していない場合でも、できる限り、
> 対象サービスのアカウントのみを抹消するようにしております。

しかし、私のアカウント抹消を通告したメールにおいては以下の記載があります。
(2004/07/16 3:10:29付けで貴社BUTTOBI.NET事業部殿から送付されたメールです)
> アカウント抹消に関する説明は問い合わせを頂きましても行っておりません。

所謂「確信犯」として違反行為を行っているユーザはともかくとして、
私はこの時点の「利用規約のどの点に違反」したのかが理解できません。

・アカウントの登録内容に「誠意が感じられないから」でしょうか?
 「誠意」の定義が規約にないのにどう判断されるのですか?

・猥褻図画の頒布行為にあたるのでしょうか?
 当サイトは「ファンアートの一環としての」コスプレ写真の掲載を行って
 いましたが、それが性行為を描写する「猥褻図画」に該当するとは
 到底思えませんが?

・サーバに高負荷を掛ける行為をおこなってたのでしょうか?
 確かに使用するディスク領域が多かったとは思います。
 しかし、当該サービスの謳い文句が「なんと容量無制限!」である以上、
 使用容量が多いからと、サーバからつまみ出す理由にならないと思います。
 これが理由であれば宣伝文句どおりにサービスを提供していない「詐欺」と
 批判されてもおかしくないと思われます。

・他者の財産、プライバシー、又は肖像権を侵害する行為にあたるのでしょうか?
 私自身が所謂コスプレイベントにて「被写体と合意の上で」撮影・掲載を
 行っているサイトであり、所謂「盗撮」サイトの類ではありません。
 サイト上ではその「合意」の確認手段が無いから無条件に肖像権侵害と
 みなして何の反論の機会も与えずにアカウント削除とされるのでしょうか?

いずれにしても何に抵触したのかが全く理解できません。

それでも貴社は
> アカウント抹消に関する説明は問い合わせを頂きましても行っておりません。
という「一方的」な態度で処理しており、とても私が反省する余地があるように
考えられないのですが如何でしょうか?

今更御社のサービスを再開して頂きたい、などと申し出るつもりはありませんが、
【納得のいく回答を2007年8月末まで】に頂きたく存じます。
当方、ただいま健康上の問題で、いつまでサイト上での活動が出来るのかも
不明な状態にあります。

> (ただし、ご解約されましてもログ的な情報は一定期間保持しており、
>  捜査機関や関係弁護士からの要請により提出する場合があります点は
>  ご理解ください)
御社と理解の出来ぬまま、「クラッカー」や「ブラックリスト掲載者」として
死すような恥を晒したくありません。


早急に回答をお願いいたします。


sygill at 21:03コメント(0)トラックバック(0)ネット関連組織について |  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ