昨日は横浜BLITZで開催された「おとめ妖怪 ざくろ」のイベントに参加してきました!!
IMGP0328
「おとめ妖怪 ざくろ」 宴 ~春、爛漫と~
【日時】2011年1月16日(日)
第1部 開演14:00~ / 開場13:00~
第2部 開演18:00~ / 開場17:00~
【会場】横浜BLITZ
【チケット代】全席指定 ¥6,825
【出演者】
第1部:中原麻衣さん、花澤香菜さん、豊崎愛生さん、堀江由衣さん、スフィア ほか
第2部:櫻井孝宏さん、日野聡さん、梶裕貴さん、岡本信彦さん、スフィア ほか

自分は第1部のチケットがゲットできたので第1部に参加してきました!!

スポンサードリンク


会場には13時前に到着
IMGP0285

【物販時間】

10:00~12:30 場外物販
13:00~14:00 会場内物販 (入場に第1部のチケットが必要です)
14:30~16:30 場外物販
17:00~18:00 会場内物販 (入場に第2部のチケットが必要です)
18:30~21:30 場外物販
物販で欲しいものがあったので会場に入ってから購入しました。
公式サイト物販情報

ゲットしたものはこちら
・パンフレット
IMGP0329IMGP0337
中身は表紙、女性出演者の紹介メイン、男性出演者メインの3つに分かれています。

IMGP0339IMGP0338
中身を取り出すとイベントのロゴが!!

IMGP0343
表紙の裏面には出演者全員の写真が!!

IMGP0344
3つに分かれているので会場内で読みづらかったです(汗

パンフレットには出演者一人一人のインタビューが写真つきで紹介されています。
IMGP0345
西王母桃(ざくろ)…中原 麻衣さん

IMGP0347
総角 景(あげまき けい)…櫻井 孝宏さん

IMGP0348
薄蛍(すすきほたる)…花澤 香菜さん

IMGP0349
雪洞(ぼんぼり)…豊崎 愛生さん

IMGP0350
鬼灯(ほおずき)…堀江 由衣さん

IMGP0352
芳野葛 利劔(よしのかずら りけん)…日野 聡さん

IMGP0353
花桐 丸竜(はなきり がんりゅう)…梶 裕貴さん

IMGP0354
豆蔵(まめぞう)…岡本 信彦さん

IMGP0351
出演者紹介以外にも作品も紹介部分もちゃんとあります。

・サインライト(サイリウム) 2種(半妖仕様:レッド、少尉仕様:ホワイト)
IMGP0311IMGP0322
IMGP0321
IMGP0317
IMGP0286
サインライトの説明書き裏面には裏面には豆蔵が!!
サインライトはスフィアが歌うオープニング主題歌 「MOON SIGNAL」で大活躍でした♪

IMGP0323
今回は横浜BLITZで初の二階席での参加!!
今までのイベント参加経験では、一階席でしか参加したことがなかったのですごく新鮮♪
二回席には関係者席もあるのですごくドキドキでした!!(目の前でしたから)
実際に確認したのは
桐…田村 睦心さん
他にも
櫛松(くしまつ)…小宮 和枝さん
雨竜寿(あまりょうじゅ)…石住 昭彦さん
お二人も来ていたのかもしれませんが確認できず。

一階席はオールスタンドではなく、椅子が設置されており完全指定席。
以前この場所で後藤邑子さんのライブイベントが開催されたときは
自由席でしたのでちょっとビックリ。
まあ、今回はライブがメインではありませんからね。
席はB~Sまであり一列大体37~33人くらい座れるので
ざっと600人くらい座れます。

男女比率は事前告知で男性声優陣が名前がなかったことから
男性しか来ないかなと思っていましたが、意外と女性の方も来ていて
大体7:3くらいの割合でした。

イベント開始の14時2分前くらいになるといきなり照明が落ちてスクリーンには
櫛松と雨竜寿様の姿が!!
ニコニコ動画で見ていたせいか頭の中では「!?」の文字が浮かんでしまったよ(汗
これがニコ厨ってやつか・・・

櫛松と雨竜寿様はこれから始まるイベントについての注意事項が告げられました。
櫛松「最新の機械類の電源は切るように」
注意事項が終わると雨竜寿様が何を思ったか色々語り始めましたw
雨竜寿様「私も櫛松と一緒に、『二人静』を歌いたいんだが…」
ってホントに二人で歌ってるしw
雨竜寿様「最近両手が上手に扱えるようになった」
と、爪楊枝をつかもうと何やら挑戦しだしたり・・・
雨竜寿様、一体どうしたんですかw

そんなやり取りが終わるとOPムービーが流れる!!
この流れはいきなりライブ!?
と思いましたけど、ただの演出でした(汗
スモークが炊かれていない時点で、歌うのはまだ先だろうと予想していましたので
サイリウムを先走って折らずにすんだぜ。

OPが終わるとキャラ紹介のムービーが流れ
キャラの紹介と同時に担当するキャストの方が登場!!
西王母桃(ざくろ)…中原 麻衣さん
薄蛍(すすきほたる)…花澤 香菜さん
雪洞(ぼんぼり)…豊崎 愛生さん
鬼灯(ほおずき)…堀江 由衣さん
の順番に登場。
花澤さんが登場しようと壇上を上がったときに躓きそうになり一瞬ヒヤッとしましたが
その後とった行動に更にヒヤッとしたぜ・・・
まさかの綺羅星★

©BONES/STAR DRIVER製作委員会・MBS
ア、アニプレ作品繋がりだからありなのか・・・

豊崎さんが登場したときはやっぱり会場の何人かが緑色のサイリウムを降っていたのが
二階席からよく見えたよw
スフィアファンが結構いたのがよく分かったぜ←自分も人のこと言えないけどね(汗

出演者が全員登場すると司会者の南かおりさんが登場!!
「!?」
この方以前に見たことがある!!
『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』のイベント
「もうすぐ春ですね!『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』まつり♪ 砦の乙女 全員しゅつげき~!」
このイベントで司会を担当していたのを思い出しました。

ここではやっぱり男性声優陣が登場しませんでしたが、なぜか期待感がどこかにあった。
それはたぶんチケットに書かれていた「ほか」という二文字の可能性を信じていたからだと思う。

ここからは出演者を交えてコーナーへ
【妖人調査録】
あらかじめ出演者や関係者にとったアンケートの結果を紹介し、その結果についてトークしていくコーナー
アンケートの内容は以下の3つ
・ざくろの世界の中で恋人にしたい異性は誰?
・出演者・関係者の中でざくろの世界にいそうな人は?
・ざくろの中で一番キュンキュンした台詞は?

まずは「ざくろの世界の中で恋人にしたい異性は誰?
アンケートの結果一番人気だったのは「ざくろ」
プロデューサーさんだか監督さんだか忘れてしまいましたが、その方からも一票あり、
「やっぱり主役ですからヨイショしとかないとね!」とのこと。
その話を聞いて中原さんは
「あの方すごく偉いんですけど、適当なんですよ!」と愚痴っていましたw
そのあとにそのほかの結果を紹介。
櫻井さんが選んだのは桜。理由が
「櫻井ですから、櫻井桜になってほしい」
とのことw
その回答に出演者方は結婚を前提に考えているなんてすごいですね!と盛り上がっていました。

続いて「出演者・関係者の中でざくろの世界にいそうな人は?
一番投票が多かったのは・・・なんと日野さん!!
ですが、芳野葛 利劔で票を集めたわけではなくWEBラジオ「少尉茶寮ざくろ」から生まれたキャラクター
日野葛 日劔(ひのかずら ひけん)が原因でしたw
ちなみに日劔は利劔が絶対に言わないような台詞(主に下ネタ)ばかり言うキャラですw
しゃべり方も微妙に利劔と違っていて面白いですw(微妙に軽いしゃべり方ですw)
この結果に中原さん
「最低ですよホント、出会ってすぐにメアドと電話番号聞く様なヤツですから!!
あ、日野さんのことじゃないですよ。日劔のことです」
と日劔のキャラがかなり嫌いみたいw
花澤さんも
「私、日劔じゃ嫌・・・」
とすごく嫌っていましたw
二位以下の発表では音響監督の名前が!!
投票したのはほっちゃん(堀江さん)
理由は桜と桐の収録テストのときに、もう1キャラ(名前は忘れました)参加していたそうなのですが
それが音響監督だったのです。本編に登場して欲しかったですね。
そのほかに石住昭彦さんの名前が挙がっていて、豊崎さんが投票したので説明を。
石住さんは雨竜寿様そのまんまの方だと出演者全員から伝えられました。
1度収録に白のワンピースを着てきたら石住さんに
「エリザベスみたいだ」と言われそれ以後のニックネームがエリーだったそうです。
アンケート結果には石住さん以外にも井口さんも名前も挙がっていました。確かになんとなく分かる気がしますw

ラスト「ざくろの中で一番キュンキュンした台詞は?
一位は第一話「いざ、妖々と」より
薄蛍が背が高い利劔を恐がってるときに、身を屈めて言った利劔の台詞
「これなら、恐くないか?」
女性出演者全員納得でしたね。自分もまた見たくなって見直してしまいましたよ。
そのほかの回答に「するか?」という文字があり、それを選んだ花澤さんから解説が。
この文字は台本の台詞部分の上に書かれているト書きの台詞だそうで、
この言葉が出てくる場面は最終回である第十三話「おわり、燦々と」より
ざくろと総角がキスをしたと盛り上がる中、利劔が薄蛍を見つめる部分で
台本にはト書きで「するか?」と利劔の心の声が書かれていたそうです。
これをテスト収録のときに日野さんが読まなくていいのに読んだそうで
日野さん「するか?」
この台詞に被さるくらい早い反応で
花澤さん「嫌っ!」
と答えたそうですw
これはまさしく利劔ではなく日劔ですねw
ト書きに関しては他にもいろいろとあるそうです。
そういう細かい設定があるからこそ素晴らしい作品が生まれたんだと思いますね。

続いてのコーナーは出演者の4人が好きなシーンを紹介
このコーナーでは実際にそのシーンの映像が流れて紹介されました。

まずは、雪洞(ぼんぼり)役の豊崎さんが選んだシーンから
第十三話「おわり、燦々と」より
雪洞と鬼灯(ほおずき)を迎えに来ますと約束した丸竜が、3人で指切りをするシーン
今までどっちが雪洞でどっちが鬼灯なのかハッキリわからないまま演じていたそうですが、
このシーンで雪洞が「私が右」、鬼灯が「私が左」という台詞があり、やっぱり雪洞が右側で正しかったということが
分かったというのが選んだ理由だそうです。
南さんに「二人が息を合わせて話す部分は事前にタイミングを確認しているの?」という質問がありましたが、
特にタイミングを合わせる確認とかはしていないそうで、初めて息が合ったときはすごく感動したそうです。

とてもいい雰囲気のまま話がまとまり、続いて花澤さんが選んだシーンへ
第一話「いざ、妖々と」より
桜と桐が花見を楽しんでいるシーンのみが流れ出す。
花澤さんが説明を始めるといきなり
「薄々選択を間違ったと気付いてました。すいません」と誤りだしました。
さっきのシーンがあまりにも感動的なシーンだったのに今回選んだシーンは
雷獣の口の中で桜が楽しんでいるところと、あまりにもマニアックな部分だったためw

会場の空気が和んだところで続いて流れたシーンは
スタッフ(確か監督)が選んだシーンでした。
第八話「あめ、徒々と」より
総角がざくろを後ろから抱きしめるシーン
もうこのシーンが流れている最中、豊崎さんの様子がおかしかった。
顔面を覆って完全に乙女モードでしたね。

ラストは中原さんとほっちゃんが選んだシーン
第十話「かげ、追々と」より
迷路の中で、ざくろが一度振りほどいた手を総角が握り返すシーン
「総角の手の筋がたまらない!」とほっちゃんが熱く語っていました。
中原さんも「演じてる最中恥かしくて、ずっと櫻井さんを見れなかったです」と、
アフレコ時の状況を恥ずかしがりながら説明していました。
このシーンが流れているときも豊崎さんの様子がおかしかったw

ここでコーナーが終了し、いったん全員退場。
舞台セットの準備の合間スクリーンには桜と桐が登場し、何かをこねている。
どうやら紅白饅頭見たいなのですが、明らかに食べれる雰囲気ではないw
最後に会場で販売されているので買ってね♪と宣伝していましたが、その饅頭は業者の方が
作っていますと話していましたw

ステージには前に4つ、後ろに4つ。合計8つのスタンドマイクが……8つ!?
これは何かあるなと思いつつもあえて深読みせずに楽しむことに。

出演者4人が再登場しここから生アフレココーナー
内容はアニメ本編後にみんなで花見に行くための準備をしているという内容。
薄蛍の作った筑前煮を利劔なら何て言ってくれるだろうという話題になり、
豊崎さん、ほっちゃん、花澤さんが利劔のモノマネをw
花澤さんの利劔のモノマネが利劔じゃなくてただの怪しい人だったのが面白かったw
そんなモノマネの後に中原さんの「もう、男たちはどこに行ったのかしら!」と台詞が……
すると!!豆蔵の声が!!
ステージ中央から岡本が登場!!!!
更に、桜井さん、日野さん、梶さんも
登場するじゃないですか!!!!!!!!


まさかのサプライズに会場大盛り上がり!!
いつものざくろメンバーが揃い、生アフレコを続けるのですが、
日野さんが演じているキャラが明らかに違うw
利劔を演じているのになぜか笑いがw
その違和感は次の台詞で確信へと!!
日劔「今日はめでたい日ではないか……薄蛍、お前と組んで……そしてお前しか見えなくなって1年……」
花澤さん「だ、台本と……違う」
日野さんが演じているキャラ、利劔じゃない!日劔だw
この急なアドリブに回りも困惑w
一番困っていたのはこの後台詞を言う梶さんw
「この後すごくやりづらいじゃないですか!」と言った後に元通りに話が進み無事終了。

改めて男性声優陣の紹介があり、
櫻井さん「男性が多くていいねー!」
梶さん「男性が多いイベントは久しぶりです」
と、新鮮そうに語っていましたよ。確かに女性参加が多いイベントが多そうだもんな~

ここからは男性声優陣も一緒にコーナーへ
【対決コーナー】
司会の南さんから「女性陣と男性陣に分かれてチーム戦をします。半妖チームと少尉チームですね」
と説明があると約1名ショックを受けている方がw
そう、豆蔵役の岡本さん!!
男性陣ということで少尉チームに加わることにw

ルールは代表者1名が出題された問に連想される単語を答え、その代表者が答えた単語を他の方々が当てるという内容。
櫻井さん「日野君とは付き合い長いけど、未だに全くわからないからなぁ」
と、早くも負けモードw
ちなみ負けたチームには罰ゲームがあることを知り、櫻井さんから質問が。
「勝利したらご褒美はあるんですか?」
この問に南さん「会場から拍手でお祝いしてくれます」
一人一人に意気込みを聞いていくのですが、ご褒美がないことを知り、みんなのやる気がやや半減気味w
ここで豊崎さんがまさかの綺羅星★(ゆったりめに)ビックリしたぜw

○一問目
「青春といえば?」
回答者は中原さんと日野さん。
櫻井さんはてっきり自分が回答者だと思っていたので不意打ちを食らって驚いていましたw
ここで中原さんから「ざくろを最後まで見ていたら分かるはず」と仲間にヒントを!!
それを聞いて日野さんも「素直に答えるよ」と真面目モードにw
梶さん「マジックが水性で文字がにじみます」と困惑しながら記入w

「回答あわせ」
まずは半妖チームから。
中原さんの回答は「ざくろ色」
そう!ED曲である「初戀は柘榴色」からの回答ですね。
この答えに約一名様子がおかしい方がw(花澤さん)
さて、残りの方々はなんと書いたのか?
花澤さん「実るといいね」
豊崎さん「ざくろ色」
ほっちゃん「牛乳」(本編でのやり取りから)
豊崎さんが見事正解!!2ポイントゲット。

少尉チーム
日野さんの回答は「ざくろ色」と中原さんと同じ回答!!
その結果に男性陣みんなビックリw
日野さん「素直にいくといっただろ」と反論w
残りの方々の回答は
櫻井さん「甘ずっぱい」
梶さん「どどめ色」
岡本さん「ハラハラするのをたのしむもの」
ちなみに梶さんがなぜ「どどめ色」と回答したかというと、前回のイベントのときにも
同じ質問があり、そのときに「どどめ色」と回答したからだそうです。
詳しくはこちらを!(公式サイトイベントレポ)
本来は0ポイントのはずなのですが、南さんが「答えと近いので1ポイント差し上げます」
とまさかのポイントゲットに、櫻井さん「もっとヨイショしておいたほうがいいぞ!!」と梶さんに要求。
梶さん「とてもお綺麗ですよ」とヨイショするアドリブ披露と面白かったですw

○二問目
「宴といえば?」
回答者はほっちゃんと櫻井さん。
櫻井さん「真面目に答えるよ」とガチモード!!
豊崎さんはあっという間に書き上げている中、花澤さんがなかなか書きあがらない。
なにか描いているようにも見えました。

「回答あわせ」
まずは半妖チームから。
ほっちゃんの回答は「お酒」
残りの方の回答は
中原さん「レモンスカッシュ」
ほっちゃんはお酒が飲めないのでいつも打ち上げのときは
レモンスカッシュを頼むそうです。
花澤さんの回答はなぜか絵でしたw
確かこんな感じ
haragei
答えは「腹芸」だそうです。
豊崎さん「お酒」
またしても正解!!しかも櫛松の似顔絵付き!!
2ポイントゲット! 合計4ポイント。

少尉チーム
櫻井さんが回答を見せる前に
「宴といえばこれをしないと飲めないだろう?まあ、中にはする前に飲むやつもいるけどさ」と軽くプレッシャーを与えるw
出した回答は「乾杯」
果たして残りのメンバーの答えは……
全員が回答を見せるとやっぱりバラバラw
日野さん「春、爛漫と」(このイベントにちなんで)
梶さんは「酒池肉林」
岡本さん「飲み会」
結局0ポイント。
ここで出題は終了! 
スクリーンには4-3の文字が!?
3点!?
この結果に
櫻井さん「俺達接線だったよな!」
男性陣「メチャクチャいい勝負だったよ」とフォローw

ということで、半妖チームの勝利。
罰ゲームは少佐チームがやることに。
何をするのかは3枚のカードから選ぶことになり、代表者の櫻井さんが引くことに。
引いたカードは「ラブ注入」!!
芸人「楽しんご」さんの持ちネタで今大人気ですね!!

このイベント前日に生放送された「こむちゃっとカウントダウン」で櫻井さんが楽しんごさんのことを
語っていたのでビックリしましたよw(楽しんごさんが言う「お兄ちゃん」がすごい好きらしい)

南さんから「全員でやるのが嫌なら代表者一人でもいいですよ」と言った瞬間に
会場から「全員で!!」と声がw
結局、男性陣全員で披露することに♪
楽しんごさんを知らない方もいるためにここで映像が流れたのですが、
TV放送で流れた映像をそのまま使用していて吹いたw

櫻井さんがみんなに振り付け指導をするのですが、その時点で会場から笑い声がw
そして本番! みんな恥ずかしさを忘れてドドスコスコスコ ドドスコスコスコ ドドスコスコスコ
ラブ注入
会場大爆笑でしたw
梶さんは一回転するところまでちゃんと演じていて完璧でしたw
あれは一生忘れられない光景でしたねw
見事やりきった4人はハイタッチしたりと今頃になって意気投合w
そのチームワークをもっと早く出せてたらきっと罰ゲームしなくてすんだのにw

罰ゲームコーナーも終わり出演者がいったん退場
ここでスクリーンにはED曲が流れる。しかもスモークが炊かれだした!!
この流れはライブパートか!? と期待しているとあの4人組がキターーーーーーー!!!!

【ライブパート】
スフィアが登場しOP「MOON SIGNAL」を披露!!
会場が赤のサイリウムに染まっていました。
あやひー見れて最高だったよ!!
4人とも衣装をそろえていて、豊崎さんもさっきの衣装とは違っていました。
ライブパートはこれで終了。あまりにも早すぎる……
結局ED曲の披露はなかったです。残念。
退場前にスフィアのメンバー一人ずつメッセージ。
とまっちゃんと寿さんは敵キャラとして登場していましたが、
あやひーだけざくろには参加していませんでした。
ですが、この作品がすごく好きだそうで今回のイベントもステージ裏から楽しんで拝見してたそうです。
最初にとまっちゃんからだったのですが、いきなり締めっぽい内容で
「あ、これでイベント終了じゃないですから」と焦りながら語っていました。
会話している最中にもステージでは椅子の準備が行われていました。

【シャッフルアフレコ】
豊崎さんが着替えでステージから退場している中
ステージではシャッフルアフレコについての説明や
どのシーンを演じてもらうのかの紹介をしていました。
まず最初に演じたシーンと配役は以下の通り。
第三話「かこ、哀々と」より
神隠しをする妖怪を退治するシーン
ざくろ:花澤さん
総角:梶さん
豆蔵:日野さん
本来は豆蔵のみを演じていればOKな日野さんなのですが、
妖怪の台詞まで吹き替えしてる。
しかも段々悪ノリしだいしてき、役名ではなく役者名で話し出すw
梶さんもそれにノっかって「日野さん」と完全に妖怪ではなく「日野さん」扱いw
花澤さんも最終的に悪ノリに参加して
ざくろ「花澤香菜も美味しいこと、忘れないでよね」
妖怪にざくろがグサッ!!
妖怪「気持ちいいーーー!!」
ってなんだそりゃw後半メチャクチャでしたよw

第六話「ゆきて、事々と」よる
ビスケットを食べる妖人省メンバーの会話シーン
ざくろ:ほっちゃん
薄蛍:中原さん
総角:日野さん
利劔:岡本さん
豆蔵:豊崎さん
桐:花澤さん
桜:櫻井さん
梶さんだけ仲間はずれで待機w
とにかく花澤さんと櫻井さんの会話がうるさいw
桜「超うめぇー」とか絶対言わないからw
隣にいた豊崎さんの演技が完全にかき消されていましたw
演技が終わると梶さんが
「先生!櫻井くんがふざけてます」と注意したりと面白かったw

第六話「ゆきて、事々と」より
双子と丸竜の会話シーン
雪洞:堀江さん
鬼灯:豊崎さん
丸竜:櫻井さん
桐:中原さん
桜:花澤さん
一瞬あれ?双子の配役同じではと勘違いするくらいややこしいw
いつも演じているキャラの逆を演じるというのは結構難しいみたいで
豊崎さんが間違えて、ほっちゃんと台詞が被ってしまうこともありました。
今回は櫻井さん「真面目にやる」と事前に宣言していたので全く問題なかったのです。
が!
最後の最後でト書きにひつ粒の涙を流すと書かれていたはずなのに
ワザと大号泣w
せっかくの名シーンが台無しでしたw

第十三話「おわり、燦々と」より
妖人省の別れのシーン
ここは完全オリジナルキャストで再現ということでシャッフルなし
ですが、このシーンには豆蔵が登場しないw
ってことで岡本さんだけハブられ、急遽司会者になることにw
南さんから色々と同意を求められたのですが、
全部「そうですね!」と答えるだけw
一応会話成立してたけど会場からは笑い声がw
みなさんの演技がホントすごかった。
一度演じているとは言え、声を出すタイミングが完璧すぎる!!
さすがプロだと感じさせられました。

シャッフルアフレココーナーが終わり、イベントもいよいよ終わりに……
出演者の皆様から一言メッセージが語られました。
やはり、二期を望む方が多いことや原作をこれからも応援してくださいと
この作品が愛されていることがすごく伝わってきましたよ。

最後の締めとしていつもの決め台詞を会場みんなでやることに。
「いざ、妖々と参ります」
この決め台詞を
中原さん「いざ」
出演者全員「妖々と」
客席「参ります」
の順に拾うし最後に銀テープ発射! 
で終了しました!!

銀テープには決め台詞である
「いざ、妖々と参ります」が書かれていました。
IMGP0309
IMGP0305

イベントが終了した時間が16時くらいということで、約2時間の内容でしたが
笑いあり、感動ありとかなりボリュームがあったイベントでしたよ!!

個人的に第二部の内容がすごく気になりました。
が、チケットないですから結局謎のまま……
花澤さん情報として
『ラストの生アフレコで失敗して、超特急で舞台袖に駆け逃げてった』
との報告があるのですが、もっと詳しく知りたいです!!

追記:


二部のレポを書かれていた方を発見!!しかも両方参加されたみたいで違いも書かれていました。
「おとめ妖怪 ざくろ」 宴 ~春、爛漫と~ 第2部【もう、そうするしかないさん】

 
ニコニコチャンネル内の『おとめ妖怪ざくろチャンネル』 では
第一話「いざ、妖々と」が無料で見れますのでこの記事でざくろが気になった方は是非見てみるといいです!(原作も)
いつか二期が放送されることを願います。その前にBD出して欲しいな。

梶裕貴さんツイッター

楽屋なう。豆蔵と中の人。
ほんとお疲れ様でした!!

【関連記事】
「おとめ妖怪ざくろ」宴~春、爛漫と~(第1部)【なないろの旋律さん】
とても詳細なレポが書かれています!!

【関連商品】
おとめ妖怪ざくろ 1 【完全生産限定版】(原作者:星野リリィ書き下ろしコミック付) [DVD]
おとめ妖怪ざくろ 1 【完全生産限定版】(原作者:星野リリィ書き下ろしコミック付) [DVD]

初戀幻灯機
初戀幻灯機

MOON SIGNAL(初回限定盤)(DVD付)
MOON SIGNAL(初回限定盤)(DVD付)

おとめ妖怪ざくろ―真赭の章 (バーズノベルス)
おとめ妖怪ざくろ―真赭の章 (バーズノベルス)

【関連サイト】
おとめ妖怪ざくろ公式サイト
星野日記(原作者:星野リリィさんサイト)
豊崎愛生さんブログ
堀江由衣さんブログ
田村睦心さんブログ
南かおるさんブログ

©星野リリィ/幻冬舎コミックス・ざくろ製作委員会