IMG_0612
2015年11月21日より劇場上映されている
デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」を観てきましたよー♪
上映箇所が全国10館と少ないためBDが発売されたらそれでいいかな~
とも思ったのですが、観て来た友人からの絶対観るべき!!!
と熱いメールが着て、これは行かねば!と心動かされたので
渋谷TOEIで観てきました!

スポンサードリンク


本日から公開3週目の入場者特典の配布があったのですが、
渋谷TOEIでは3回目の上映で全て配布終了……
自分は4回目の上映で観てきたのでもらえませんでした。
 
ってか、全ての回がsold out!!

一体どうなっているの??
思っていた以上に当時デジモンを見ていた方々が
観にきていてすごくびっくりしました。
当時少年、少女だった子供達が今では大人になってしまいましたよ。
ええ、ほんと16年の月日の経過はあまりにも大きいね。

グッズもパンフレットとピンバッチ?が少量しかなくて
パンフレットを売り切れる前に購入しました♪

いや~観てきましたけど、懐かしい気持ちと同時に
太一は大人になろうとしているんだね~という保護者的視点で
観ている自分がw

ここからネタバレがあるので注意です。















舞台は2005年の梅雨明け前ということで6月くらいかな。
高校生2年の太一が目覚めるところからスタートするのですが、
デジヴァイスが机に置かれている描写があり、アグモンたちと別れたあとも
アグモンのことを思っているんだなという気持ちがわかります。
IMG_0623
2005年ということでスマホではなく、ガラケーが登場します。

アグモンのことを思っているシーンは他でも描かれており、太一はデジヴァイスを
常に身に着けていました。部活のサッカーをするときもポケットの中に
しまっていて、ほんとに太一とアグモンは最高のパートナーだったんだなと
うるっとしてしまいましたよ。
空は携帯の待ち受け画面がピヨモンでした。

クワガーモンがお台場に現れ再び選ばれし子供達と
パートナーデジモン達が再会します。
ちょっとお台場へ聖地巡礼したくなってきますね。
 
感動的だった太一とアグモンの再会シーン。
IMG_0622
 「ちっちゃくなったなぁ」「でっかくなったなぁ」
この会話でもう歓喜ですわ!!

高校生になった太一は大きくなったことで
今まで見えなかったことが見えるようになります。
それがきっかけで悩むことになるわけですが、
大人になるというのはそういうことなんですよね。
悩んで悩んで人は成長していく。
第一章を観て感じたことは太一の成長物語なんだなということ。
そして第二章の副題が「決意」
悩んだ末に太一は決意することになるのかな?
と予想しています。

ただ、メインイラストが上映ラストに公開されたのですが
描かれていたデジモンがヴァイクモンとロゼモンだったので
丈とミミがメインの話なのかもしれないですね。
パンフレットの監督インタビューに書かれていたのですが、
今回のシリーズでパートナーデジモンの新たな進化が
観れるとのことなので、ゴマモンがヴァイクモンに、
パルモンがロゼモンになる可能性は十分ありますね!

今回から新たなメンバーとパートナーデジモンが登場します。
IMG_0616
メイクーモン
IMG_0617
監督が飼っているメインクーンがモデルとのこと。
ってかテイルモンがネコじゃなくてハツカネズミだったことを今知りましたw

冒頭シーンで02メンバーが倒れていく?描写が
あったりと今後の伏線と思われるシーンがあります。
デジモンアドベンチャー tri.は02最終話のラストシーンに繋がる話ということで
色々と伏線を読み取りながら観るとまた違った楽しみがありそうです♪
それはBDが出たら何度も観て考察するのもいいですね。
IMG_0614

ちなみに丈は今回も受験生でしたw(なお彼女がいる模様)
そして光子郎は相変わらず烏龍茶を大量に飲んでいましたw
今回は烏龍茶の茶葉について熱く語っているシーンがありますが
誰も聞いていませんwww(テントモンは聞いていたかもしれませんが)

IMG_0615
デジモンのイベントで号泣していた松澤千晶さんですから
これは嬉しいを通り越して最高のサプライズでしょ! 
 
第1章「再会」 劇場3週間限定上映 告知TV-CM(60sec.) デジモンアドベンチャー tri. デジモンアドベンチャー 15th Anniversary Project

なんと上映期間が延長され4週間になりました!
当時デジモンを観ていてまだ観ていない方に
是非観てもらいたいですね!

あと少しで発送されるのでめっちゃ楽しみですよ♪
IMG_0613
どうやらD-3も販売される模様!!

【関連サイト】

(C)本郷あきよし・東映アニメーション