IMG_6614
舞浜が舞台となっているゼーガペインが千葉テレビで8月から放送されます!
それを記念して「スマイルfestivalちば2017」内にて『ゼーガペイン』スペシャルステージが開催されました!

スポンサードリンク



『ゼーガペイン』スペシャルステージ
日時:7月22日(土)13:00~14:00
場所:海浜幕張駅 プレナ幕張2F イベントスペース
ゲスト:下田正美監督
司会:廣岡祐次さん(バンダイビジュアル宣伝担当)

会場にいる9割の方がゼーガペインを知っているという、同窓会みたいなアットホームな雰囲気でした。
写真撮影OKなタイミングもあって写真撮りました♪
IMG_6612

短い時間ではありましたが、新情報もちらほら。

◆ゼーガペインの舞台をなぜ舞浜にしたのか
下田監督が北海道から上京して最初に住んだのが千葉県市川市。
下総中山にある専門学校の寮でゼーガペイン原作者である伊東岳彦さんが居て、いつか千葉を舞台にした作品を作りたいねと言ったとか言わなかったとか(嘘かもしれません)
舞浜を舞台にした理由は、舞浜が遠浅の土地を埋め立てた「架空の土地」で、そこに"夢の国"を作ったというのが幻の街に住む少年たちの舞台にピッタリだと思ったからとのこと。
ちなみにこの寮には『遊☆戯☆王』高橋和希さん、『機動戦士ガンダムZZ』キャラデザ北爪宏幸さん、『魔法少女まどか☆マギカ』新房昭之さんなど、すごい方がたくさんいたのです!

◆ゼーガペインDVDが当時売れませんでしたが7、8年後に制作費がペイできた!
1ゼーガ(約1900枚)とう単語が当時生まれるほどネタにされていたゼーガペインですが、投票によるBD化プロジェクトにて1位を獲得! BD版発売などを経て、ついに制作費をペイ!!
7、8年後ということは、「サンライズフェスティバル2013星彩」ゼーガペインTVスペシャルセレクションにて『2013夏エンディング8.3.1』を上映された辺りですね!
あの頃色々動いた裏にはちゃんとした理由があったというわけですね♪

◆アルティールのニューモデルの存在を発表!
会場で画像を見せてくれるのか!!と期待したのですが、ブラッシュアップしたものを見せたいということでまだ見れませんでした。
早く見てええええ!!!!

◆南舞浜のゆるキャラ「まいはにゃ」Ver.2の設定画を公開!
『ADP』にて登場した南舞浜のゆるキャラ「まいはにゃ」は下田監督がデザインしています。
Ver.2をきぐるみ化した場合、尻尾が重すぎて大変(ハチの尾みたいな感じ)ということでVer.3で改良するかもとのこと。
ゼーガ10周年イベントで下田監督が原画担当した場所があるとおっしゃっていましたが、ずっとその答えがわからないままでした。
zega_maihama
でも「まいはにゃ」設定画を見てこのシーンが答えだったんだと把握しました!

◆『ADP』は当初は総集編だった
『ADP』は総集編として制作予定でしたが、下田監督がそれでは面白くないということで、ループ設定を利用した「総集編のフリをして実は新作」が作れないかと企画したとのこと。


◆下田監督は毎週サンライズに行っている。つまり……!?
「クラシカ」とおっしゃっていたのであちらの作品(クラシカロイド2期)のことだとは思います。
でもネクストエンタングルに向けて水面下で何かが行われているのかも!!と勘ぐってしまう♪
いや~楽しみで仕方ないですよ♪
今後もゼーガを応援していきたいと思います!!

まずは千葉テレビでゼーガが放送されますので(8月4日24時から)、新たなセレブラント(ゼーガファン)が生まれることを願いたいです!


消されるな、この想い
 忘れるな、我が痛み


【関連商品】
ゼーガペイン 10th ANNIVERSARY BOX [Blu-ray]
浅沼晋太郎
バンダイビジュアル
2016-08-31

ゼーガペインADP [Blu-ray]
浅沼晋太郎
バンダイビジュアル
2016-11-25
プレバンで限定版が購入可能ですので、買うなら限定版が超おススメ!!!


【関連サイト】