今回はベビーメタルとはあまり関係ないお話です。

 某巨大匿名掲示板で美空ひばりと同じくSU-METALの声は1/fゆらぎを持っているという書き込みがありました。

 「1/fゆらぎを持つほにゃららなのでこの作品はリラックス出来ます」的なことが
ヒーリングミュージックなんかのCDの帯によく書かれてますね。 

 1/fゆらぎってなにかというと
規則性のなかに程よい不規則性をもった値ってことです。
自然現象や生体反応なんかにこの1/fゆらぎの値がよく見つかるそうで、
人間が心地よく感じる値なんだそうです。

 ではでは、「1/f」(ゆらぎではなく1/fという数式)という値は何かというと
「f=frequency=周波数」で、「1/周波数」で、周波数の逆数ってことです。
簡単に言うと「振幅の速度(周波数)」が速くなればなるほど
「振幅の幅(量)」が小さくなる値ってことです。 
 これを音に当てはめて、全ての周波数を満遍なくランダムに出すと、
ピンクノイズという音響測定なんかに使う
「ゴーーーーー!」というひどく耳障りなノイズになります。
PAスピーカーのチェックでもよく使うのでPAミキサーにこのノイズが出るボタンがついてたりします。
音そのものを「1/f」かどうかを分析したところで無意味なことはこのピンク「ノイズ」という言葉だけでわかりますね?

 そんな分析は無意味なので音楽における「1/fゆらぎ」 では少し違う分析をするそうです。
ある一定期間(大体25ms=0.025秒)の平均周波数(ゼロクロスの回数)と音量(RMS=実効値)で表すそうです。
 この値は当然ばらつきますがグラフで表したときに平均値が斜め45°になれば「1/fゆらぎ」であると定義されるそうです。

 さて、以前に当ブログ内で「SU-METALについて」で
SU-METALの声は独特のフォルマント(人が人の声を聞き分ける倍音の周波数分布)を持ってると書きました。
これは音程の変化に伴って倍音もそのまま推移するのではなく、
あくまで、倍音の周波数「分布」が大事なわけです。

なので、ボイスチェンジャーなどの音声全体のピッチを上げる場合は、
少し音程を変えただけで別人の声に聴こえたりするわけです。
逆に、このフォルマントを利用してサンプリングした声に統一感を持たせて
合成音を出すのが初音ミクなどのボーカロイドという技術です。 

 さぁ、ここからが本題Death!!!
上記の通り人間の声は音程に合わせて倍音の周波数分布が正比例しないということですから
SU-METALが高めの音程で歌いっぱなしの曲と低めの音程で歌いっぱなしの曲では
周波数「分布」が大きく変わってしまうわけです。
つまり、音そのものが「1/fゆらぎ」であろうとも、音楽分析用に用意した計算方法の「1/fゆらぎ」であろうとも
個人特有の声は曲のキー次第でデータが大きく変わるということなんです。
逆に言えばあなたの声も音程によっては「1/fゆらぎ」になるでしょうし
SU-METALの声も「1/fゆらぎ」にならなかったりするわけです。

 他に値が変わってしまう要因は
1.楽器編成
2.録音状況やミキシングやマスタリング
3.再生環境(スピーカーや反響)
4.「赤い夜(CD)KOBAMETALの本気度について」の中で出した
等ラウドネス曲線により再生音量や聞き手のスピーカーとの距離
などなど

 これはコンサートなどにおいては会場内の位置により「1/fゆらぎ」になったりならなかったりするということです。

 しかも、この分析はあくまで、CDなどの音源のみを対象としています。
これではレコーディングした音が同じでもミキシングのバランスが変われば「1/fゆらぎ」になったりならなかったりしてしまうということです。

 そして、音楽を細かく区切って解析するわけですから
楽器の上手いも下手もないのです。 
音楽の3大要素はリズム、メロディ、ハーモニーで
音の3大要素は高さ(周波数)、音量、音色(倍音)です。
この6つの要素のうちの
「高さと音色を足した値の平均値」と「音量」 の変化のみで
評価するというのはかなり乱暴な理論といえます。
「1/fゆらぎ」 そのものは有用な値なのかもしれませんが
こと音楽に関してはかなり絞った限定的条件でしか意味の無い値と言えます。 

 「1/fゆらぎ」とは「録音された音源」の指標の一つでしかなく
「1/fゆらぎ」だから良いとか「1/fゆらぎ」じゃないから良くないということではないのです。
音楽はリズム、メロディ、ハーモニー、音量、音色の変化を楽しむものですから
音楽そのものが「ゆらぎ」であり、「ゆらぎ」を楽しむものです。
イージーリスニングやヒーリング系の自然音やシンセ以外では「1/fゆらぎ」 という指標は
まったく必要ないものだと思います。

 音は目に見えないものなのでオーディオ系にはかなりオカルトな
科学っぽく見せたお話がたくさんあるのでお気をつけください。

 そもそも、そんな指標がなくたってSU-METALの声に惚れたならそれでいいんDeath!!!
自分自身が楽しいと思えれば、それでいいんDeath!!!
We are BABYMETALなんDeath!!!

SEE YOU!!! 

追記12/30
こちらのブログ(BABYMETAL,Suki,Zettai様)の記事などは非常に参考になると思いました。 

すぅちゃんの歌が心に響くのは音響的にどうとかよりも
↓こういう姿勢だったり!
http://wanko-metal.seesaa.net/article/412689742.html
↓こういう性格だからこういう声になったり
http://wanko-metal.seesaa.net/article/412219345.html 

ということだと思うんですよ。

元PAマンの説明なんかより
よっぽど価値のある内容が書いてあります。
是非一読してみてください!