花粉症の症状

花粉症と頭痛

花粉症の症状というと、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、ゴロゴロ感、身体のかゆみ等が一般的ですが、花粉症によって頭痛に悩んでいる人が増えるということをご存知でしょうか。現段階では花粉症と頭痛の関連性が明確に分かっているわけではありませんが、広く知られているようです。

ちょっと意外な感じがしませんか?花粉症のトラブルは鼻に起きるものという認識が強いでしょう。ところが花粉症の時期に頭痛を訴えて病院へ言ってみてください。高い確率で花粉症の検査を求められます。それほど花粉症と頭痛の関係に注目が集まっているということなのでしょう。

頭痛の程度は、花粉症の症状によります。鼻の粘膜に炎症を起こしているぐらいであれば軽い頭痛ですむことが多いのですが、鼻の深い部分で蓄膿を起こしている場合は頭痛のバリエーションも様々になってきます。頭痛の症状が深刻な場合は、手術が必要になることもあります。花粉症の時期にひどい頭痛でお困りの人は、甘く見ていないで、一度病院で診察を受けることをおススメします。

ひとつだけ注意して頂きたいのですが、自分の判断で花粉症と頭痛薬の薬を一緒に飲まないようにしてください。かかりつけの医師や薬剤師の方に、一緒に飲んでも大丈夫か確認するようにしてください。素人判断をして副作用が起きても、誰も責任をとってくれません。薬は正しい使い方をしてこそ、効果が期待できるというものですから。


花粉症の症状

早ければ1月頃から、春先にかけて花粉症の症状が出てきますよね。花粉症の症状と言うものは本当に辛い症状です。

花粉症の主な症状には以下のようなものがあります。

【鼻】
急に鼻がむずむずして、くしゃみをしたくなったり、くしゃみをしても立て続けに出て止まらなかったりします。また鼻水(特に水のような水っぱな)が出て常に鼻が詰まっているような状況で、夜も眠れなくなるような感じになってイライラしたりします。

【目】
目の主な症状は、目がどうしようもないくらいかゆくなったり、ゴミがいつでも入っているようにゴロゴロしたり、花粉で涙が出てしまって止まらなくなるとかと言うような症状が出ます。
鼻と目の症状は、だいたい同時に起こる場合が多い症状ですので辛さは倍になりますよね。

【その他】
花粉症の症状と言うのは個人差がありますが、身体にかゆみが出てくる人もいたり、顔や身体がピリピリしたりする場合もあります。また、頭痛がおきたりする人もいます。


このように、花粉症の症状が常時出ている場合は、集中力が低下してしまって仕事などがろくに出来なくなったりしますよね。
また、花粉症の症状は風邪によく似ているために、放っておけば治ると思い込んでいる人もいます。

花粉症はアレルギーの一種です。花粉にはスギ・ヒノキ・ブタクサ・ヨモギなどが主に知られています。花粉症の対策にはきちんとした処置や対応をするようにした方がいいと思います。




目のかゆみ・充血

花粉症の目の不快な症状は季節性のアレルギー性結膜炎ともいわれ、スギやヒノキなど季節限定のものが抗原となっておこるアレルギー症状です。

花粉症の目の症状はかゆみとともに目やにや涙が出て、ひどくなると痛みをともなうこともあります。

目の花粉症を防ぐ対策は花粉が目に入らないよう、また入っても貯蓄しないように気をつけることが重要です。
そのためには外出時にサングラスや花粉対策眼鏡などを着用することが効果的です。

人工涙液を点眼し、目に入り込んだ花粉を洗い流すことも一つの方法です。

そして花粉が多く飛ぶ日には窓を閉め、外出は控えるようにします。

室内に入ってしまった花粉はこまめに掃除をすることで貯めないようにします。

また花粉の飛散時期の前から予防的に抗アレルギー剤を点眼する予防点眼も症状を軽減する効果があります。

コンタクトレンズ使用者やドライアイ、アトピー性皮膚炎を持つ人は、特に症状が重くなる可能性が高いので十分な注意が必要です。

花粉症を根本的に治すには、今のところ原因物質をなくすか、本人の体質を変えるしかありません。
しかし原因物質である花粉を発生する木をすべて伐採することも、急激に体質を変えることも現実には不可能です。
したがって、花粉症と上手くつきあっていくこと得策といえます。

目の花粉症は失明に至るような重大な疾患ではありませんが、その症状は日常生活に支障をきたすほど不快になることもあります。
症状についてよく理解し、日常注意することを守りながら上手く付き合っていきたいものです。




鼻水・鼻づまり

花粉症はアレルギー性鼻炎のひとつで、主な症状にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)があります。
この症状は、くしゃみで鼻に入ってきた花粉を外に追い出し、鼻水で花粉を鼻の外へ流し、鼻がつまることでこれ以上の花粉が入らないよう防御するという人体に備わった防御反応です。
この防御反応には個人差があり、反応が全く出ない人もいれば、過敏に反応が出るという人もいます。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりという症状があっても、実は花粉症ではないということもあります。
鼻炎や副鼻腔炎、風邪などは症状が似ていて紛らわしく自分では判断が困難です。
こういった症状が出たときには、医師の診断を受けて適切な処置を受けることが大切です。
特に鼻づまりは対策をとらないでいると、集中力が低下する「鼻性注意不能症」になることがあるので注意が必要です。

花粉症による鼻の不快な症状は、抗原となる花粉を吸い込まないことが重要な対策です。

テレビやインターネットの花粉情報を活用し、生活の中でいろいろな工夫をすることで症状を緩和することができます。

鼻うがいも花粉症対策で用いられる手段の一つです。
鼻うがいは鼻をかむだけでは出てこない鼻汁を洗い流すことができ、花粉症や慢性鼻炎、風邪などの対策として効果があると言われ、以前は耳鼻科で頻繁に行われていました。
最近では安易に行うと鼻の粘膜の剥離や損傷を招く恐れがあるということで鼻うがいを推奨しない医師も増えています。