2015年04月11日

ブラタモリ〜長崎 

bdd0749b.jpgブラタモリの新シリーズが始まるとのことで、とても楽しみにしていました。
旅のパートナーが久保田アナから桑子アナに、ナレーションが戸田恵子さんから草なぎ剛さんに、テーマソングも同じ井上陽水さんではあるものの、長年聞き慣れた「MAP」から新曲に。

従来からのファンにはちょっと寂しいですね。

井上陽水さんはタモリさんのお友達だそうですし、草なぎさんもタモリさんと親しいようですし、その流れでの採用でしょうか。

ネットの評判を見ていると、草なぎさんがジャニーズだというだけで批判されておられる方がいらっしゃいましたが、ジャニーズがお嫌いな方なのでしょうか。
好き嫌いは人それぞれいろいろありますよね。
淡々としたナレーションが良いと思う方もいらっしゃるでしょうし、棒読み批判もありましたがそれはそれで頷けますし(笑)

でも、草なぎさんは、NHKでは以前の「地球!ふしぎ大自然」などでもナレーションを担当しておられましたし、ピタゴラスイッチのアニメのナレーションも担当しておられましたから、もともとNHKとの繋がりはある訳ですね。
草なぎさんの声質は穏やかで好きですが、今のところまだ、戸田さんのイメージが強すぎて違和感が……まあ、新テーマソングなども含め、いずれ慣れるでしょう(^^;)


それよりも今回、案内人の一人の女性の学芸員の方がブラタモのファンということで、かなりテンションが高くて、いつものブラタモのテンションで無く違和感を感じました。
まあ、お気持ちはよくわかりますが(^^;)

長崎でグラバー園の入り口まで行っても入らずにそのまま坂道を降りてしまうのがブラタモリ。
石を掘った側溝の形の解説や、出島での発掘、暗渠の下(中)の石橋……

橋の上をそのままコンクリで固めてしまって道路にしてしまうって、かなり乱暴な気がしますが、「石橋」という停車場の名前に、そこに石橋があることが示されている、というのが興味深く。

昔からある地名って、その土地の謂れを残していることが多いですよね。

かなり昔、長崎を訪れた時、すっかり埋め立てられて島の形を失った出島にがっかりしたものですが、今回こうして改めて見ると、出島の扇形の形がそのまま残っていることがよくわかりました。

過去のその土地を見せるCGは従来どおりでしたが、「ブラタモ写真館」が無くなって、過去のニュース映像の解説みたいなコーナーが出来ていました。

う〜ん、この番組はタモリさんの感性に拠って立つところが大きいので、NHKサイドが用意した映像より、タモリさんが選んだ映像(写真)を写す方が私は好きです。
しかし、過去のお祭りが海ではもう出来ないので(埋め立てられてしまったため)市民プールで続けられているという案内は、継承しておられる方々も大変だなぁ、と拝見しました。

月曜日の「家族に乾杯」、金曜日の「キッチンが走る!」、そしちぇ土曜日の「ブラタモリ」など、外に出る番組が多いですが、「ブラタモリ」は、あまりバラエティ化して欲しくないですね。
出島の発掘現場で「掘ってみますか」と言われて目をキラキラさせるタモリさん。石橋の下の暗渠にもぐるのに「えっ、ここからですか」と言いながら目をキラキラさせるタモリさん。
従来どおり、タモリさんのキャラクターと薀蓄を生かした番組として続けていただきたいものです。

来週の海からの長崎編も楽しみにしております。

トラックバックURL

トラックバック一覧

 NHKのブラタモリの番宣(番組宣伝)を拝見していて気づいたのですが、次回、20

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ごあいさつ
このような辺境のブログにおこしいただき本当にありがとうございます。
自分の覚書き・日記程度のものから、多少は人に読んでいただく事を意識したものまで、その日の気分で気ままに記しております。
コメントありがとうございます
Archives
  • ライブドアブログ