2011年02月16日

お金をかけずに美容と健康を満たす究極法

1200万部という世界的なベストセラー「FIT FOR LIFE」の日本語版翻訳者

松田麻美子さんの提唱する果食健康法をわかりやすく書いたダイジェスト版「フルモニ」を読んでみた。

フルモニとはFURUITS MORNINGのことである。

これは読むというより、マンガやイラストの多い見て楽しく理解できる1冊である。

11 2  15  サラダとフルーツの朝食ちなみに写真はこの3ヶ月続けてきてもうすっかり習慣になってしまった私宅の朝食である。

フルーツと葉っぱ類、大根、ニンジン、キャベツなどフルーツサラダの大盛りとオーガニックコーヒーだけの朝食。

牛乳やヨーグルト、卵、ベーコン、さらに玄米ご飯や黒パンも無い。

まさに生の野菜と生の果物だけ。それもお腹一杯の大盛りである。

もちろん、ドレッシングは不要。フルーツの自然な甘味と酸味が美味しい。

森下敬一先生のご指導でガンの食事療法を始めて2年が経つ。

先生のお考えも午前中は排泄と解毒の時間帯ということで、2年間は朝食は抜きだった。

昨年秋、福岡で松田由美子さんの講演会があり、FIT FOR LIFE に興味を持った。

人間の何万年にも及ぶ長い長い歴史を考えれば、チンパンジーやゴリラのような樹上生活の期間が長かった。

つまり人間は元来 果食動物だったのだ。

草原に下りて二足歩行を始め、後に耕作した作物を食べるようになったのはごく最近のこと。

だから、人間のDNAはチンパンジーと98%一致する。胃腸の構造も同じように出来てる。

というわけで松田さんの「フルモニ」を要約してみた。

…食はフルーツだけ。好きなだけ食べてよい。

これなら空腹感を我慢しなくて良い。ストレスも無い。ミカンなら2〜6個、リンゴなら1〜2個。

果物は酵素たっぷりの生きた食べ物だから太らない。糖尿病にならない。

果物にレタス、セロリ、キュウリ、ニンジン、大根などの野菜を加えてフルーツサラダにしても良い。

木の実や種子類を加えるのも良い。果物は排泄を活性化する。

朝の4時から正午までは老廃物の排泄、解毒の時間。

昼の正午から午後8時までは消化と補給。食べる時間。

夜の8時から午前4時までは吸収と同化の時間 休息の時間。

昼食・夕食にもまず野菜サラダを最初に食べること。

果物は消化するのにニエネルギーを使わないから、余ったエネルギーは解毒、排泄 減量に使える。

牛乳は飲まない。(牛乳は子牛を育てるもので人間には適さない) 

米は玄米。パンは全粒粉。肉、魚より野菜を多めに食べる。

肉魚を食べる時は必ず野菜と一緒に、また穀物を食べる時も必ず野菜と一緒に。

肉魚とご飯やパンを一緒に食べないこと。

カツ丼、うな丼、寿司は最悪の組み合わせである。

 

,世韻亮孫圓任癸灰月で3キロ以上は痩せられます。

リバウンド無しで健康に痩せる。また痩せすぎは徐々に理想体重に近くなる。

菜食で血液がきれいになり体は軽く、疲れしらず、確実に若返ります。

果物の正しい食べ方・・・

果物は胃が空っぽの時食べること。サラダフルーツを最初に食べること。食後のフルーツは最悪。

食後にフルーツを食べると前のものが消化されてないからフルーツは醗酵してしまう。

果物には酵素がたっぷり。加熱すると酵素は死んでしまう。

地球上の生き物で調理し加熱して食べるのは人間だけ。

他の生き物は皆、生のまま自然の食べ物を食べてる。

加熱、加工して食べる人間だけが、なぜかガンやアレルギーなんていう病気になるんだね。

たぶん酵素やビタミンやファイトケミカルなどという自然の微量栄養素が熱で破壊されるんだろう。

また、加熱、加工すれば、野菜や果物の中に蓄えられた生命水を生のまま取り入れることができなくなる。

松田さんのフルモニ体験によれば、一切の痛みから解放されたという。

肩こり、貧血、冷え性、消化不良、臭いオナラと排便、

膝の関節の痛み、慢性疲労など長年の悩みが消えてしまったという。

 

1週間だけこの方法で食べ、調子をみてください。

次の1週間は従来どおりの食べ方をします。

自分自身の体に大きな変化を発見するはずです。

 

11 2  15 新築の福大病院昨日は福岡大学病院へ9月以来5ヶ月ぶりのCT検査と診療に出かけた。

ガンが再発、転移してる兆候は認められません。ということだった。

これで3ヶ月はガンを忘れることができる。

福大病院は新館が増築されさらに大きく広くなってる。

駐車場はいつも満員だ。患者が多いということなんだ。

むずかしい病気にかからないよう、自然な生活習慣を取り入れる必要がありますね。


 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 21:11|PermalinkComments(12) ガン闘病記 | エコロジー生物学

2011年02月01日

1日だけの喫茶店マスター

11 2 1 和光音楽アカデミー早良区室見の和光音楽アカデミーの柴田眞知先生

には、大きな楽器ウッドベースをお借りしたり、

さらに昨年はアルマ・デ・コンサートに2回も出演させて

頂いたりとお世話になりっぱなしである。

お陰さまで、好奇心で始めた小生の音楽趣味は充分

満喫されてるのです。

和光音楽アカデミーhttp://www.wako-music.info/の1階にあるイベントカフェ・アルマで

「歌の翼」という歌声喫茶が毎月開催されている。

小生が学生時代、半世紀前だけど、新宿や渋谷で歌声喫茶が流行った。

歌詞を書いた本を渡され、コーヒー飲みながら、ロシヤ民謡や叙情歌を歌った。

盛り上がれば皆で肩を組んで歌い、他大学の女学生と知り合ったりもした。

11 2 1 アルマ・デ・コンサートそんな時代を懐かしむように、50代~70代のオジ

サン、オバサンが集まって歌声喫茶「歌の翼」は

盛況である。(なぜか女性が8割以上である

先日も、この寒い1月の土曜日の午後、37人も集

まり会場は満員だった。

柴田眞知先生の独唱とお嬢さんの奥秋三和さんのピアノ伴奏に続いて、

参加者全員が歌う2時間である。

もちろん歌詞を書いた本が全員に配られる。

カフェだから、始まる前に飲み物、休憩時間にはケーキと飲み物が出される。

この喫茶部の担当は元々柴田先生のご主人か

三和さんのご主人である画家の奥秋先生だったのですが、

3階の絵画教室も生徒さんが増え盛況、

ご両名とも忙しく誰か手伝い人を捜していた。

カフェのカウンターの向こう側、

つまりコーヒーをいれる側を経験するまたとないチャンス。

そこで「1日だけの喫茶店マスター」を志願して、

昨年秋よりカウンターの向こうに立ってる訳である。

11 2 1 歌声喫茶「歌の翼」2台のコーヒーメーカーを使って30杯のコーヒーを

用意する。

ヤカンで沸かした熱湯で紅茶を入れる。

ケーキは業務用のケーキを切り分け小皿に載せる。

休憩時間にお客さんのテーブルを回って、ケーキを

出し飲み物を注ぐ。

30人以上というとこれがかなり忙しくバタバタしてしまう。

「コーヒーお願いしま~す」と呼ばれることもある。

毎日これを本業にしてる喫茶店のマスターってのは大変な仕事だね。

メニューもいろいろあるだろうし、軽食も作らねばならないんだから。

何の仕事もプロの技ってもんがあるんだね。

しかし小生も美味しいコーヒーを飲んでいただきたいと一生懸命だ。

一仕事終わった時の気持ちはとても爽快、気分良いね。

興奮、緊張する楽しい時間なんです。

 

コーヒー入れてるドアの向こうから

澄み切ったコーラスの歌が聴こえてくる。

彼女達の青春時代とすこしも違わない、

澄み切った清らかな歌声だ。

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



 

 



syobu828 at 18:42|PermalinkComments(12) JAZZ オーディオ | 友人達

2011年01月21日

ゴッホ展

1月21日(金)午後。大宰府の九州国立博物館へゴッホ展を観に行った。
ゴッホ展は新聞などで宣伝してたから観に来る人は多い。
評判の絵は人の肩越しにやっとで見るくらい混雑していた。
来月は大宰府の梅の花が咲くから、その頃はもう満員になるだろうね。11 1 21 ゴッホ 自画像

ゴッホは1853年オランダに生まれ、27歳で画家になった。

まだカメラが無い時代、肖像画を描くのが画家の仕事だった。

ゴッホの若き頃の肖描家としての習作も展示されている。

彼はこの頃、人物の表情をリアルに描くデッサンの技を磨いたのだろう。

30歳でパリへ出て、点描派のモネ、シスラー、

印象派のロートレック、ゴーギャン達と知り合い影響を受けた。

35歳で南仏アルルへ移住。南仏の明るい光の下で、

黄色、ブルー、緑など明るい色彩を使い、

絵の具を盛り上げるような力強いタッチで名作を仕上げた。


11 1 21 ゴッホ  アイリスの花日本の浮世絵の影響も受け、日本にあこがれていたらしい。

1890年、精神を病み療養生活を送ったが、37歳でピストル自殺する。

最後は70日間に70枚の絵を描くというほど集中していた。

しかしゴッホが生存中に売れた作品は僅か1品だけ。

没後、真価が認められたというまさに異端の画家。

天才の夭折。 異端もいつか正統になる。

ゴッホといえば、ゴーギャンとの確執から

自分の耳を切り取る「耳切り事件」を起こし、そのことで死ぬまで悩まされ続け

度々精神の発作が起きたという。

Ear Therapyについて興味を持って研究していると、耳を切り落としたことと

精神を病んで自殺したことには因果関係ありと推測してしまう。

それほど耳には神経系統の大切なツボが集中しているのだ。 

11 1 12  耳ポアン作成図 1 001フランス耳介療法を完成させたポール・ノジェ博士の

「耳は胎児を逆さまにした形をし、

全身のツボが集中してる」

という研究発表は誰も気が付かなかった大発見ではないかと思う。




耳ツボ図 逆さまにしてる。たしかに逆さまにして耳の図をみると、なるほどと理解しやすい。

生命の不思議さを思わずにいられない。

 




 


 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 22:18|PermalinkComments(8) 絵画 スケッチ 

2011年01月14日

FIT FOR LIFE 2ヶ月の結果は

ガンの代替療法の一環として玄米菜食のベジタリアン生活を始めてこの春で2年になる。

2年間、肉類、魚類、牛乳、卵などの動物性食品と砂糖、白米など精製食品を全く食べてない。

これじゃ食事の楽しみが無いだろうと思われるが、

植物性食品つまり野菜の美味しさが分かると、充分これで満足できるのである。

森下敬一医博喉のリンパ節ガン手術後、御茶ノ水の森下敬一先生の指導で

玄米菜食に切り替えた。

初めの2ヶ月は朝食抜きの1日2食だった。

昼も夜も玄米のご飯1杯と味噌汁と沢庵だけ。

排泄分解作用を重視した軽い断食療法だったと思う。

血液はサラサラになって、体重は10キロ減って50キロになった。

9ヶ月経って、肺ガンは2cmから大きくならなかったから効果ははっきりしてる。

昨年の正月に思い切ってガンの左肺半分を切除した。

あれから1年経った。空洞だった左肺は肉が盛り上がってしっかり埋まってる。

つまり野菜から立派に肉ができるということ。草食動物の牛と一緒だね。

 

野菜料理を美味しく頂くためには調理の工夫がいる。

そこで福岡市内のマクロビ料理店をあちこち巡り野菜料理を楽しんだ

大名の「しお菜」が正統派マクロビオテックである。

 

10 10 25 FIT FOR LIFE昨年の秋、「FIT FOR LIFE」の訳者 

松田さんの講演を聴いた。

生野菜と果物の効用についてこの本には詳しく書かれている。

全世界で1000万部以上も売れた超ベストセラーである。

 

マクロビオティツクでは・・・・

生野菜や果物は、カリウムが多く体を冷やすから体質が陰性になるといって薦めていない。

マクロビは熱を加えた根菜類を食べるように薦めている。

ところが「FIT FOR LIFE」を読んでみると・・・・・・

人間に一番近い動物、ゴリラやチンパンジーは果物を主食にしてる。

彼らと人間のDNAは98%同じ、つまり先祖は同じということなのだ。

それなのに、人間だけは火を使って温かいものを食べている。

他の生き物は生のままなんでも食べてるのに。

生だから熱で酵素は壊されない。ビタミンも壊されない。

正に生きてる自然の生命力を取り込むということだ。

果物は特に消化が良く、消化にエネルギーを使わない。

エネルギーは他の食物の分解や排泄に向けられ、

臓器も血管、血液も綺麗になって全身の細胞が若返るという。

森下先生も人間は採食生活を長い間やってたから雑食動物だよと言ってる。



そこで実践開始。

10 8 13 山梨の葡萄 01朝食に季節の果物のリンゴ、イチゴ、柿、オレンジ、アボガド、バナナなどを細かく切って、

キャベツや玉葱、トマト、キュウリなどの野菜サラダに混ぜてフルーツサラダを食べることにした。
フルーツの甘味や酸味があるから、ドレッシングは要らない。

さて2ヶ月の効用は・・・・この本のレビューに絶賛されてるように素晴らしい結果だ。

胃腸の具合がとても軽い。快食快便である。

元の体重に戻したかった私は53キロから55キロになって目標の60キロを目指してる。

家人はなにをやっても痩せなかったが・・・なんと3キロ程痩せたという。

もちろん昼食と夕食はマクロビオテックを続けてる。

マクロビもFIT FOR LIFE もどちらも菜食なんだから・・・

お互いの良い点を上手に取り入れたら良いと思う。

こちこちの教条主義に縛られると続かない。

ゆるやかな多様性って楽しく続けるためには必要だね。

面倒なカロリー計算もいらず、空腹感を我慢せず、

お腹一杯フルーツサラダを食べられるんだから精神的にも良い。

健康的に痩せたいという人がいたらお勧めしたい食事法だ。

興味のある方はぜひ「FIT  FOR  LIFE 」をお読みください。

従来の栄養学ってなんだったのかと思いますね。

私達の体は自動車や機械じゃないんだから

食物をガソリンや石炭みたいに体で燃やすと考えてきたのは

つまりカロリー計算は大間違いじゃないかしらね。

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします

 



syobu828 at 23:22|PermalinkComments(8) ガン闘病記 | エコロジー生物学

2011年01月01日

2011年の年頭に

暮れの30日から大晦日は時雨れて、
福岡でも雪が舞い冷たい季節風が吹き荒れた。
2011年の幕開けは寒波襲来の元旦である。


10 12 23  コンサート絵 Asami Imamura最近、水彩画を描いてないので今年の年賀状はどうしようかと迷ってた。

そんな時、笑顔整体の今村さんから11月のアロマ・コンサートの絵が送ってきた。
奥さんの亜沙美さんが描いたものだ。

あの日の皆さんの楽しい表情が描かれ見事な出来栄えです。

参加くださったメンバーの特徴を良くつかみ、誰れそれと名前を当てる楽しみもある。

今村さんに年賀状に使わせて欲しい旨頼んだところ、心地良くOKを頂いた。

新年おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

28日(火)はフローラルプリメールの忘年会。
フラワーアレンジメンント教室今年最後の授業の後。
鶴川さんの美味しい料理とワインを味わいながら
年の暮れの残された時間がゆっくり過ぎてゆく。
カフェ・プリメールにはベースの練習後に寄って
コーヒー飲んでホット一息つくのが習慣になっていた。
情報交換などいろいろ話を聞いてもらい大変お世話になりました。

31日大晦日。大名のマクロビ料理店「しお菜」へおせち料理を取りに行く。
野菜だけのおせちではあるが上手に作ってある。

午後は今年弾いた曲を思い出しながら、ざっと練習してみた。
もっと落ち着いて冷静に気を配って弾けばよかったと反省する。
来年もベースは続けるだろう・・・・・少し解かってくるとだんだん難しくなるね。

今年もまずは健康第一。

好きなことを楽しんで続けようと思います。

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします


 



syobu828 at 01:11|PermalinkComments(9) 絵画 スケッチ 

2010年12月26日

クリスマス会

12月25日(土)

昨夜から急に冷え込み、朝は雪が舞う。
朝食は簡単に済ませ、ベースをワゴン車に乗せ出発。
今日は和光音楽アカデミーのクリスマス会で3曲ほど演奏することになってる。

11時の開演。コーラス教室と歌声教室の生徒達50数名ほどで会場は満員。
年齢層は熟年。50〜70代の歌うのが好きという女性達である。

和光音楽アカデミーを主宰する柴田眞知先生のボーカルに先立ってゲストの方々の演奏があった。
日頃からアカデミーの音楽活動を応援してるアマチュア音楽家達である。

10 12 25 チェロ演奏 酒井さんチェロの酒井さんは、80歳に近いお歳であるが、10歳以上若くみえる。
17歳でチェロを始め、定年になって50年ぶりに再挑戦。
音楽教室で練習し、ますます腕を上げている・・・
愛用のチェロはドイツ製でウン百万円という名器だという。
「カッチーニのアヴェマリア」と「星に願いを」の2曲を弾いた。
チェロの音域は人のテノールにあたるくらいだから馴染みが良い。



マンドリンとギターの二重奏は江口夫妻。
あちこちで演奏しているとみえてお二人の舞台衣装は決まってる。
なんでもご主人はマンンドリンクラブのバンドマスターだったという。
10 12 25_アルマ・・クリスマスコンサート 江口夫妻学生時代からの長年のコンビで息はピッタリ。
この日のためにクリスマスソングをメドレーで演奏してくれた。

柴田先生はクラシック、シャンソン、黒人霊歌、ブルースと幅広くクリスマスにちなんだ曲を歌った。
相変わらず本番のノリは良い。
歌ってる時が一番幸せとご本人は言う。
ピアノ伴奏は即興に強い奥秋三和さん。親子で長年息の合ったコンビである。

ランチタイムのお弁当はシャンパンとワインも出て皆さん賑わう。
ちょいとほろ酔い気分でいると、「そろそろ出番ですよ」と知らされる。

ミュージカルの名曲「いつか王子様が・・」、シャンソンの「ろくでなし」と
11月にやった「枯葉」はジャズ風に3曲を弾かせていただいた。


12月26日(日)

昨日、楽器を積んだままアカデミーの駐車場に車を置いて帰った。
朝起きて散歩を兼ね西新町まで歩き、地下鉄で室見まで行き車をとってきた。

全国高校駅伝大会をNHKテレビで観ていた。
男子はトラック勝負になり、ラスト150mでスパートした鹿児島実業が劇的な優勝を飾った。
その後の有馬記念競馬レースでは鼻先の勝負になったが、残念ながら駿馬ブエノビスタの足は届かなかった。
この後はボクシングの世界戦があるらしい。
今日は1日テレビ観戦である。年末年始はビックな好試合が盛り沢山あるから楽しみ。

10 12 26 アルマ・コンサート写真集午後、宅急便が素晴らしいプレゼントを届けてくれた。
11月7日のアロマ・デ・コンサートに東京から聴きに来てくれた服部千恵子さんからコンサートと長崎旅行の写真集が送られてきた。

デジカメで撮ったものをパソコンで編集して作られたと思うけど綺麗にシャレた作りになってる。




10 12 26 スワロスキーボールペンなんとスワロスキーのキラキラ輝くボールペンが同封されてるではありませんか。
ありがとう。大事に使わせていただきま〜す・・・・・・・

今年もいよいよ押し迫ってきた。
ガン闘病も2年半になる。先日の検査では全て異常なしだった。

 

何かに夢中になってれば病を忘れると

未熟な私にコンサートの伴奏をさせてくださった柴田先生。

2回のコンサートに参加してくださった友人の皆さん。

皆さんの励ましと応援のお陰で年越しが出来ます。

ありがとうございます。来年もどうぞ宜しくお願いします。

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 18:16|PermalinkComments(4) JAZZ オーディオ 

2010年12月20日

師走の日々

ああもう12月も半ばを過ぎ、街へ出ると師走の気ぜわしさを感じる。
小生もこの1週間はなんだかんだと忙しかったね〜。

12月12日(日)
中央区春吉のニューコンボへライブを聴きに行った。
この夜はピアノの野本秀一とヴォーカルの井上 有のデュオ。
10 12 12 野本秀一 ニューアルバム野本秀一さんは50年代ジャズ黄金時代のビーバップ調を継承し、誰でも解かり易く、手拍子がでるくらいノリの良いご機嫌な演奏で人気だ。
井上ユウさんはプロシンガーだけど、私の習ってるVisions Studioでピアノも習ってる。元々はヴァイオリン奏者という多才な経歴。

野本さんのニューアルバム、「Now we are FunkIn」は朝から聴いてご機嫌だ。

50年代はFUNKY(ファンキー)って言葉が流行った。震え上がるくらいカッコいいプレイだったって意味かな・・・・

 

12月14日(火)
福大胸部外科の診察日。先週の検査の結果は全部異常無しだった。
MRI 骨シンチ 胸部レントゲン 血液検査の腫瘍マーカーも正常。
大丈夫と言い聞かせていてもドクターからOKと言われるまで安心できないものだ。
肺ガンのため1年前切除した左肺半分は空洞で水が溜まってたが、
今では肉が盛り上がって空洞はしっかり埋まっている。
野菜食だけで肉が出来るってのは牛と一緒だねと笑う・・・・・


12月16日(木)
広島の薬品商社のKさんが忘年会をしましょうと誘ってくれた。
Kさんの奥様に初めてお会いした。
私共の粘土洗顔をとても気に入ってお使いいただいてる。

TAOという若者の太鼓打ちの音楽グループの公演に誘っていただいた。
太鼓という日本伝統の打楽器だけで大迫力ある演奏だ。
彼らの若さと力強さによって聴衆もすごく元気になる。

廿日市のタルタニ薬店の西本さんもご一緒して
広島名物の牡蠣とフグ料理で美味しいお酒を飲む。
この暮れに幸せ、幸せ・・・・・・。新幹線最終で一眠り熟睡する。

10 12 16 樽谷薬店 西本さんタルタニさんのブログ、「お肌の相談室」はグーグルで検索すると1番に出てくる。

今月の「信じて続ける」は出色です。

この記事はこの道一筋20年続けた人でなくては書けない内容。

>物事の本質を良く理解しその正しさを知りながらずっと想い続けることは大変です。

>ましてやそのことを毎日実践するとなると強い意志とこだわりが必要です。

>日頃トラブル肌のケアでお客様に接しているとよく実感することです。

という出だしで始まる文面は、

自力で治るために古いものを破壊し排泄するという

乗り越えなければならない障壁を励ましあいながら共に越えた

お客様と助力者の生の声を書いたものです。



人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします
 



syobu828 at 23:25|PermalinkComments(6) クレイセラピー粘土洗顔 

2010年12月10日

若人からの手紙

メールという電子郵便が簡単で早くて便利だけれど、

なにか思いが通じないような物足りない気持ちがした時、

葉書や封書の手紙をいただくと、温かなぬくもりを感じ、

ゆっくり文章を読みながら相手を想像できる幸せがある。

10 12 10 手紙ある時、喫茶店で封筒から

何枚もの便箋に書かれた手紙を取り出し

頷きながら微笑み、読み返してる女性がいた。

その横顔は幸せに満ち、聡明で美しかった。

愛する人から良報を伝える手紙だったのだろう。

生来不器用で悪筆な私は、自作の絵葉書の表に

短い文面をワードで打って、近況やお礼の葉書にしてるのですが。

先日、若い人達から自筆の丁寧な手紙をいただいた。

どちらも11月7日のアルマ・デ・コンサートの感想を書いてきてくれたものだった。

1通は、口腔外科の歯科衛生士として10年以上も勤めているNさん から

「一人で来ていた私でしたが、ゆなさ塾の濱田先生和田社長さん

望月さんの妹さんに声を掛けていただき楽しい時間を過ごせました」と書いてあった。

親切な熟年組と若い人達の温かい交流が音楽を通じてあったのだ。


Nさんはとても熱心な方で、忙しいお仕事の傍ら、心理学の勉強にも通っている。

患者さんの気持ちを和らげ、安心して治療を続けるために

心理学はきっと役立ってるのだろう。

10 12 10 江藤信之著Nさんが通う心理学の先生の本だと言って、

「今日は心をみつめる日」江藤信之著も手

紙に同封されていた。

私は旅行にこの本を持って行き、新幹線の中で読んで

とても心が安らかになった。


国のためや会社のため、世のためと自己を犠牲にしてまで働く旧来の道徳感より、

家族、友人、身の回りの人たちの幸せを願い

背伸びせず生きるほうが幸せではないだろうかと、

平凡に生きるという本当の幸せを見つける方法が書いてある。

「過去も未来も現時点で考えてる過去と未来。

だから今現在、瞬間を全力で生きるということが大切だ」 

とここも感動的だった。

 

もう1通は笑顔整体の今村さん夫妻からの手紙でした。

「ジャズって同じ曲でも奏でる人のセンスで違うアレンジになり、

雰囲気やその場のノリもいいスパイスになる素敵な音楽ですね」

とジャズの醍醐味を一言で捉えている。

「とっても楽しかった会を思い出しながら絵を描いてみました」と言って

それは綺麗な色鉛筆によるイラスト画が同封されてきた。

あの日の会場の雰囲気を伝える各人の仕草が微妙に表現され、

これが誰それと当てっこしながら楽しめる絵なんです。

本ブログに載せようと思いましたが、あまりに見事で上手な絵なんで、

来年のカオリン年賀状に使えないか今村さんに聞いたらOKということでした。

年頭に公開します。お楽しみに・・・・

もう来年のことなんて書いてしまったが、

今月もまだ何回か出かける用事が残ってる。

柴田先生のところのクリスマスパーティで3曲ほど弾かせていただくことになってる。

この年末を元気で行こう。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします
 



syobu828 at 15:28|PermalinkComments(4) 友人達 

2010年12月01日

忘年会と旅行

11月27日(土)
大阪のKフリーさんの忘年会に呼んでいただいた。
吉武京子さんは大阪の中心、梅田の阪急3番街の横で
シェービング・エステサロン「Kフリー」を始めて7年になる。
私共の粘土洗顔料フレッシュアップを使った「お顔そり」のパイオニア。
女性理容師さん3人体制で土日は予約満杯というほどの繁盛店である。

10 11 27 大阪忘年会この日はKフリーの社員さん達と、肌科ドクター今生さん夫妻、
明石の葉っぱさん、指占いの石川さんが参加。

忘年会場は阪急ビル内の自然食レストラン。
大阪の夜景を見ながら、新鮮な野菜料理をバイキングで選べる。
菜食レストランは福岡でも繁盛してるし都会の女性達にとても人気のようだ。


11月28日(日)
午前7時に梅田の東横インを出て、8時の新幹線で博多へ戻る。
午後1時に空港で沖縄の玉那覇さんを迎え、一緒に車で熊本へ向う。
熊本空港近くの駐車場に車を預け、迎えに来てくれた大石さんの車に乗り換える。

大石さんは熊本上通りでシェービングサロン「ベラ熊本」を2軒経営する。
熊本の中心街で唯一のお顔そり専門店としてたいへん繁盛。

午後5時から「発生学からみた皮膚の役割」について玉那覇さんの講義が始まった。
東洋医学を究めてる玉那覇さんの講義内容は専門的でかなり難しいが、
大石さんの解説を交えて社員の皆さん達は興味を持って聴いていた。

生物の発生という原点から身体の仕組みを考えてみると、

神経細胞と起源を同じくする皮膚細胞の役割が理解できる。

この夜は熊本城前のクラシックな「ホテル・キャッスル」に泊まる。

11月29日(月)
10 11 29 球泉洞大石さんの運転で人吉温泉へ向う。
高速を八代で降りて、球磨川沿いを進み、鍾乳洞「球泉洞」を見学する。
山口県の秋芳洞より規模は小さいが、地底深く出現した暗黒の洞窟は不気味な感じである。
溶け出した炭酸カルシウムがつずらになって堆積している。

人吉は球磨川の上流の盆地に位置した歴史ある古都。
長い間九州山地の中心地として静かに歴史を刻んできた。
九州高速道ができて便利になり、静かで俗化されない温泉地として人気がある。
大石さんにとって、10数年前に支店を出していた町として懐かしい所だ。

10 11 29 人吉旅行 旅館たから湯この日の宿は、「旅館たから湯」という球磨川沿いの隠れ家へ。
広く手入れされた庭に建つ日本家屋はある富豪の別荘だったという。

1日5組限定というゆったりしたもてなし。
風呂。部屋。家具。そして料理。すべて最高と言ってよいだろう。
部屋に続く内風呂も明るく気持ちよい。
たまにはこんな贅沢も良いもんだね。ワインも上等。良く飲んで熟睡。



10 11 29 人吉旅行 球磨川それでも夜遅くまで3人で健康、美容について今後の展開を熱く話し合った。

来年は新たな出帆・・・果たして行く先は・・・

ボンボヤージ。



11月30日(火)
ゆったり朝風呂など入り・・霧の人吉を10時過ぎに出発。

山を越えて、五木の子守唄で有名な五木村を目指す。
ところが今はもうあの悲しい子守唄の面影は全く影も形も無い。

この村はダム建設で消える運命になっていた。
わらぶきの農家は立派に造成された団地に立つモダンな住宅に様変わり。
道路はコンクリートで整備され、川には大きな橋が何本も架けられてる。

10 11 30 人吉旅行 五木村まさに公共事業で作られた観光地開発という最悪なる代物だ。
もっと五木村らしさを生かした自然な開発ってあったはずだろうに。

挙句の果てにダム建設はここまできて中止だという。

高台の団地から昔の村跡は鍋底を見るように下のほうに臨めるだけ。


変わらないのは紅葉した周囲の山々だ。

人間の愚行を戒めるように高々と聳え立ってるではないか。
 
もう五木の子守唄を訪ねることはないだろう・・・・・・・


人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします
  




syobu828 at 16:08|PermalinkComments(9) 旅行 | 友人達

2010年11月19日

素粒子 (クオーク)

今評判になってる村山 斉さんの著書「宇宙は何でできてるか」を読んでみた。
10万キロメートルの世界 地球物質を作る最小単位の粒子である素粒子に働く力の法則が解かれば「宇宙はどう始まったか?」
そして「私達はなぜ存在するのか?」という人類永遠の疑問が解き明かされると書いてある。

宇宙は10の27乗というとてつもなく大きな空間。
素粒子(クオーク)は原子を構成する10のマイナス35乗という超微小なサイズ。

銀河や星の天文学。地球の地質学。人間や動植物の生物学。
DNAや原子の化学。そして原子核、素粒子物理学。
私達が存在する自然界は途方もないスケールの幅なのである。

2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴さんが発見したニュートリノという粒子は日本の「カミオカンデ」という観測装置で発見された。

私達の体をニュートリノ粒子は毎秒何十兆個も通り抜けている。

10 11 19 横浜本牧のハーバー画・広井教子さんアインシュタインの有名な方程式 

E=mc2 (エネルギー=質量×光速の2乗)

素粒子(クオーク)の質量が発見されたら、

光速の2乗を掛ければ宇宙から届く

目に見えないエネルギーが計算できるわけである。

光速は時速に換算すれば、時速10億キロくらいになる。
地球から月までは38万キロだから1・3秒の距離。
太陽までは1・5億キロだから太陽光は8・3分で地球に届く。
ということは私達が見る太陽は8・3分前の姿なのだ。

 

11月16日(火)
午後便で東京へ。大門のメルパルクに投宿。

11月17日(水)
御茶ノ水クリニックの森下先生の診察を5ヶ月振りで受ける。

血液の写真には肺から出た老廃物や壊れた細胞や血管が写っていた。
白血球数は3600で正常域だから免疫力はかなり回復している。
良導絡による体の機能検査では胃と腸に負担がかかってると出た。
玄米をもっと良く噛んで食べるように指導された。
全体では予定通り順調に進行してるのでこのまま続けるように言われた。

元気や病気の気とは何者でしょうか。

生命体にスイッチを入れる命って何なのでしょうか。

と森下先生に質問した。

先生は即座に一言。

気とは宇宙エネルギーです。



17日の午後は小学校以来の友人である新宿の岡田秀太郎君を訪ねる。
夕方、小雨の中、浅草へJAZZを聴きに行く。
高校の友人
、S君、O君も加わりオジイサン4人組だ。

先般、西中洲のCANDYでライブをした後藤ふく恵さんの店を訪ねる。
この夜はセッションで歌、ピアノ、ベース、ドラムなどで賑わう。
後藤さんんはさすが貫禄、ニューヨーク仕込。乗りが良い。

Jazz歌手として自分の店を持ってるってのは
毎晩ステージがあるんだから最高だね。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします
  



syobu828 at 14:29|PermalinkComments(3) エコロジー生物学 

2010年11月09日

第2回 アルマ・デ・コンサート

10 11 7 アルマデコンサート案内状11月7日()午後2時から早良区室見のイベントホール「アルマ」で第2回アルマ・デ・コンサートを開催した。
5月30日の第1回に続いて、今回も柴田眞知先生のボーカルと奥秋三和先生のピアノそして小生のベースというユニットでジャズからシャンソン、クラシックと幅広く演奏した。

このレパートリーの広さと感情移入の豊かさというのが柴田眞知の魅力であり人気の源。

音楽の素晴らしさ楽しさを伝えようと20年来、和光音楽アカデミーを主宰して活動を続けている。

 


10 11 7 アルマデコンサート柴田=奥秋はもう何年も息の合ったコンビだから即興で演奏できるわけだけど、問題なのは二人についていく小生の力量である。
音源のCDと譜面を頂いて、ベースの譜面を書き、この4ヶ月間ほとんど毎日練習してきた。

毎回弾き方が異なるという点に戸惑うが、音楽は瞬間芸だから、このスリルが刺激になる。

 

10 11 8 柴田先生と2回目という慣れと度胸ができたのか、どちらかといえば本番に弱い小生にして今回は練習の80%以上出来たと自己採点。
「枯葉」のハイポジションもなんとか調子よく弾けた。

さらに盛り上がったのは、午後4時半からの懇親会。

オーガニックワイン、ビールとアルコールも入り、友人の久保さんの美しいケータリング料理。
個性豊かな各人の自己紹介。クラシック、ポップス、ジャズボーカル、楽器演奏など盛り沢山。

10 11 7 広井教子さんのスケッチ横浜から来ていただいた広井さん夫妻。横浜作家協会会員である奥様のスケッチも音楽のように瞬間芸だ。

埼玉県春日部から来てくれた大学時代の友人、音楽コレクターの佐藤夫妻。

元ジャズトランペッター、ボストンナインの川本社長夫妻。

60年代のポップス「砂に書いたラブレター」を歌ってくれたイアラの和田社長夫妻。

クラシック声楽を美しい声で唄ってくれた南里さん。

チエロ奏者にしてユーモアあふれる酒井さんのトーク。

インプラント歯科衛生士の野崎さんと笑顔整体の今村院長と副院長は20代の若者達。

テニスコーチの魚住さんは髭をたくわえた自由人。

10 11 7 塩田さん垂井さんそして、山口県厚狭市からかけつけていただいた、ジャズボーカルの塩田さんとピアニストの垂井さん
FAXで譜面を送っていただき、この日はじめて一緒に演奏した。
塩田さんの歌は音程が正確だと音には一言ある酒井さんが絶賛していた。
垂井さんのピアノも力強くリズミックで心地良い。JAZZってスイングだね〜


最後はマンドリンとギターの二重奏、学生時代からのコンビという仲良い江口夫妻の演奏

音楽好き仲間の集まり。歌う人。、喋る人。弾く人。詩の朗読に涙する人あり。

柴田先生のトーンも上昇・・・・・・感激と涙のアルマ・デ・コンサートだった。

司会進行は家人がやってくれたし、
タイから帰ってきた妹が手伝ってくれたから、
小生は弾くこと・飲むことに専心。

とにかく楽しい1日だった。

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします
 



syobu828 at 23:08|PermalinkComments(12) JAZZ オーディオ 

2010年10月26日

FIT FOR LIFE

全世界で1200万部突破という驚異的なベストセラー
FIT FOR LIFE(フィット フォー ライフ)という健康栄養学の本がある。
従来のカロリーやバランス栄養学をひっくりかえす革新的な食事法であり健康法だ。
ガン、心臓病、糖尿病など生活習慣病が蔓延してるアメリカ、ヨーロッパなどの文明国の専門医達がこれを臨床してその顕著な効果を報告している。

10 10 25 FIT FOR LIFE先週の土曜日(10月23日)福ビルで、
日本語版の翻訳者である松田麻美子さんの講演会があった。
松田麻美子さんはヒューストンに在住、日米間を往復し、
この健康法を広めるために講演活動をし、「女性のためのナチュラルハイジーン」他著作も多い。

登場した松田麻美子さんは60代とは信じられない、
美人でスリム。均整のとれたボディ。自らが実践する健康法のモデルである。

「FIT FOR LIFE」は540ページの分厚い本だけど、
その内容を要約すれば、論理は明確で実にシンプル。
松田さんの1時間半の講演で理解できるほど解かりやすい。

 PLANT BASE (植物性食品を中心に食べること)
  朝食は・・・フルーツと野菜だけをお腹一杯食べて他のものは食べない。
  昼食は・・・野菜とフルーツを主に菜食料理とパンまたは米。
  夕食は・・・肉または魚を少々食べても良いが必ず野菜と一緒に食べる。
        肉魚とご飯という組み合わせをしないこと。
        肉魚と野菜、ご飯と野菜という組み合わせで食べること。

フルーツ、野菜は酵素が豊富でエネルギーを使わなくても
短時間で消化できるから余ったエネルギーは分解作用や浄化作用に使える。
午前中というのは体内の掃除時間。だからフルーツ、野菜以外のものは食べない。
これをフルモニ(FRUITS MORNING)という。


 WHOLE FOOD(生き物全部を食べる)
   果物や野菜は丸ごと生で食べること。
   酵素、ビタミン、ミネラルなどそれぞれの生き物に備わった全栄養分を摂取できる。
   パンや米は精製しないもの、全粒粉、玄米食にする。
   魚は小魚 エビ、貝 など全部食べられるものが理想。


何故、果物なのか・・・・・・

10 10 23 松田麻美子さん人間に一番近い動物はチンパンジー、ゴリラ、オランウータンなどの霊長類。
彼らは果食類、果物や木の実を主食にしてる。人間の祖先も採集民族だった。
その後、作物の耕作や料理に火を使うこと、動物の家畜化などを習得し、アフリカを起源として地球上広く分布するようになったけど、人間のDNAはチンパンジーと97%同じというほど似てる。



フルーツは始めに食べること。

決して食後に食べてはいけない。

朝、フルーツと野菜サラダだけにするとお腹が張らない。
野菜を先に食べると昼食後に眠くならない。

肥り気味な家人は、フルーツと野菜を最初に食べると
最後のご飯がお腹に入らなくなると言って素直に実践し始めた。
これまでは、バランス食などと学校で言われてきたから、
おかずを一口食べるとご飯を一口というふうに食べてきた。
あれは正しかったんだろうかと疑問だね〜


アメリカ人はものすごく肥満が多い。
日本人の肥ってるなんてのは問題じゃない。
100キロ以上なんて人がごろごろしてるわけだから・・・

アメリカの空港や駅のトイレに入ると・・・トイレのドアは上も下も空いてる。
だから隣の音は良く聴こえる。(安全上のことなんだろうと思う)

トイレはブオ〜ンというデカイ「オナラの協奏曲」になるらしい。

日本人のように音を消す装置なんてデリケートな設備は無い。
他人の目なんてあまり気にしない個人主義の国だから平気なんだろうね。

つまり・・・・肉食、加工食品は腸内で腐敗、醗酵しやすいということ。

FIT FOR LIFE は
絶食とか、カロリー計算なんて面倒でつらい思いをしなくても
痩せられるし、病気の予防になるし、
なんといっても体が軽くなり、頭もすっきり。
これは試してみる価値ありじゃないかな。

この講演会に誘ってくれた歯科衛生士のNさんと、
我々は玄米菜食のマクロビやってるんだから、
まず試しにフルモニだけを取り入れてみようかと話した。

湯布院旅行

10 10 24 霧の 由布岳先週末は日曜、月曜と雨に降られたけど、
楽しみにしてた湯布院温泉へ出かけた。
メンバーはタウン誌編集長と化粧品代理店社長と私の3人。
昨年も同じ頃、山口の萩温泉へ行った仲間である。

レトロなバス(町営)で湯布院の名所を案内するツアーが面白かった。
フラワーガーデンのハーブティや
寺の茶店で出してくれる漬物とカボス茶などサービス満点。
一人1200円のツアー代は安い。
この町の人気は町役場と観光協会の努力あってこそだ。

10 10 24 由布院シャガール美術館と金鱗湖温泉に3回も入ってクレイセラピー満喫。 

名物の手打ち蕎麦食べて・・・・・・

シャガール美術館、金鱗湖 雨と霧の湯布院を楽しんだ。

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 15:14|PermalinkComments(10) エコロジー生物学 

2010年10月18日

クレイセラピー

粘土を使う自然療法、クレイセラピーは薬草や精油を使うハーブ・アロマセラピーとともに
ホメオパシー(自然療法)の一環としてヨーロッッパの伝統的治療体系に影響を与え続け、
今日もやさしく心身のバランスを整える治療法として支持され続けてる。

中南米、エジプト、中国で、太古の人々は奇跡の力を持つクレイ(粘土)を活用し、
傷ついた体を癒す栄養源として心身に与えていたのだ。

クレオパトラはナイルの土と植物の種子で
洗い清めたというのは伝説になっている。

10 4 8  湯船に浸かるフレッシュアップ 2前回、石鹸や洗剤という泡の立つ界面活性剤に代わる
もっと優しい洗顔剤として白色粘土洗顔を開発した顛末を書いた。
開発のヒントになったのはある陶芸家から聞いた粘土の吸着力なんですが、
フランスのエステティツクでクレイパックが繁用されてることを知り、粘土の美肌法と癒しの力に興味を持ったわけです。

クレイの主要成分は、シリカ(珪素)、鉄、カルシウム、
マグネシウム、アルミニウム、亜鉛などのミネラルです。
これらの成分が体の新陳代謝に働きかけて体内で不必要なものの排泄を促す。

動物生態学の本によれば、体毛の少ないゾウやカバなどは
河原の土を体に擦り付けて川へ入り体を清潔にしてるという。
粘土洗顔を開発した20年前、サイ・カバ・ゾウの美容法などと説明したのだが、
どうも彼女達の体型を想像すると美容法のイメージとして受けなかったようだ。

さらに食中毒の治療に粘土を食べる鳥などがいると書かれている。
古代人達はこれを見て、傷の外用薬や内服薬として粘土を使い始めたと思う。

現代でも、痛みを取る湿布薬や粘膜を保護する胃腸薬
メタ珪酸アルミナ・マグネシウムのような粘土が使われている。

10 10 18 フレッシュアップ 1、5キロ粘土の広範な癒しの力を応用すれば、
肌にやさしい洗顔料として使うだけではもったいないわけで、
全身のクレイセラピーとして使っていただきたいと願いまして
3年前に1,5キログラムという大容量の白色粘土洗顔を発売した。
家族皆で使える徳用サイズということで好評なようです。

入浴時、顔から体まで粘土を塗り、軽くマッサージし、
そのままバスタブに入っていただくようにお願いしている。
お風呂が白濁し、いわゆる美肌温泉になるわけである。


九州でいえば、由布院温泉、嬉野温泉、唐津の七山温泉では
温泉の白色浮遊物はメタ珪酸塩(クレイ)というもので
肌に有効な成分ですと銘記してる。

毎日温泉に入れればそれに越したことないけど、
自宅でお風呂に入ったとき白色粘土で洗顔し、
湯船の中で洗い落とし、白くなったお風呂にゆったり浸かれば、
ご家庭でクレイセラピーを楽しむことができるわけだ。
是非、毎朝のクレイセラピーをお楽しみください。気持ちよいです。

クレイには体内の老廃物や炎症を取り去る働きがあります。

皮膚の再生治癒力と皮脂腺の分泌過剰を正常にします。

毛穴の汚れも取り除きます。

とイギリスの自然療法家ロゼマリエ・イプマ女史はその著書

「Aroma and Clay therapy」で絶賛しています。

そろそろ朝晩ちょっと冷え込む季節になってきました。

シャワーよりバスタブが恋しくなるこの頃
 
美肌風呂に浸かりながら好みの飲み物と心地よい音楽のひと時はどうですか。

来週は友人達と由布院温泉へ行くことになってる。

私は運転手として呼ばれてるんですがね・・・・・・楽しみです。

 

P・S

昨日は春吉のコットンクラブというライブハウスで
JAZZベースを習ってるSTUDIO・VISIONSの発表会があった。
私はまだ10ヶ月の駆け出し者で、しんがりであるが出させていただいた。
女性ボーカル、ピアノ、ベースの生徒達11人の参加だった。

10 10 17 コットンクラブ 2もう5年以上の先輩やプロとして活躍してるレベルの高い人もいる。
私は緊張して練習の50%も発揮できない演奏になってしまい、相方に迷惑かけたんではと反省するが、とにかく興奮と感動の楽しい1日だった。
個人教授だから、こんなセッションがあると生徒達は顔合わせができる。
打ち上げ会は盛り上がり、皆すっかり仲良くなった。
この道は奥深く遠い道だけど来年をめざして頑張ろうと誓う。


人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 18:45|PermalinkComments(10) クレイセラピー粘土洗顔 

2010年10月10日

美肌の法則

ルナレーナという化粧品を開発してから、早いものでもう20年が経つ。

使っていただいた方々やお勧めいただいた代理店の方々のお話を伺うと

肌が蘇るための法則は案外シンプルなんだと実感する。

宣伝もしないマイナーな化粧品を広めていただいた多くの人達に感謝し、

皆さんから届いたデータが自信になって、「美肌の法則」をあちこちで話してます。

10 10 10 白色粘土洗顔料20年前、私がまず最初に注目したことは・・・・

誰でも顔の肌と胸の肌を比べると、胸の肌が綺麗だということ。

子供の頃は顔も体も同じように綺麗だけど、

歳を重ねると、顔の肌は厚く硬くなってシワが増え、

色素沈着のシミも目立ってくる。

これをただ老化現象だと言ってしまえばそれまでなんですが、

顔も体もつながった一枚皮なんだから、顔だけ老化するなんてのはおかしい

そこで洋服を着てない顔は、日光や寒暖、乾燥、化粧、洗顔などの刺激を受け

肌を厚く硬くし、色をつけて守ってると考えれば納得がいく。

ニキビは皮膚表面が厚くなった角質肥厚が原因だし、

シミはメラニンという色素が沈着して起こる。

肌のトラブルは刺激から肌を守ろうとしてる懸命な生命力の証

衣服で守られてる胸の肌のように

顔も刺激から守ってやればいいんじゃないかというのが

美肌の法則の大前提になるのです。

次に、どうしたら厚く硬く黒くなった肌を元の薄く柔らかな白い肌に戻すかというと・・・・・

生きてる肌は日々再生し、表面はアカになって剥がれ落ちてるという新陳代謝の法則がある。

表面の古い肌が取れると基底細胞が分裂し新しい肌が生まれるということになってるから、

肌になにか補うということより、古い肌を捨てたほうが良いということになる。

しかしこの際、無理に強くはがすということをやると、

かえって肌は守ろうとして厚く硬くなってしまうからここんとこが難しい。

厚くなったカカトを軽石でこすってもすぐ厚くなるということでお分かりの様に、

生きてる肌は机やお皿のように強くこすれば綺麗になるというわけにはいかない。

石鹸や洗剤のような油を溶かす強力な洗顔料では強すぎるのだ。

ピーリングや酵素で分解なんてのも瞬間的で決して薄く柔らかな肌にはならない。

もっとやさしい洗顔料が必要なんだ。刺激が無ければ皮膚は厚くならないからね。

洗顔の後にクリームや乳液という油で古い皮膚を糊付けするのも

シワの肌をただ温存するだけのその場しのぎの方法になる。

古い皮膚を糊付けすれば、シワもシミも大切に貯金されるわけだから。

10 10 10 絹の美容液そこで、白色粘土の吸着力を利用したやさしい洗顔料と

絹と木綿の薄い透明な膜で肌を守る美容液を考えついた。

この20年間、もっとやさしい物はないかと考えてきたがこれ以上のものを考えつかない。

動物達が粘土で体を洗ったりするというのを生物学の本で知ったり、

またヨーロッパのクレイセラピーという伝統的美容法のことを考えると、

白色粘土は肌にやさしいものなんだと決めてる。

そして、肌着には絹が一番ということも納得だ。

さて、秋もたけなわ、朝晩は涼しく、空気も澄み渡り気持ちが良い。

この季節、古い肌は乾燥してカサカサし、

夏の紫外線から守ってた肌は生まれ変わろうとする。

つまりカサカサ肌を捨てて、綺麗になるチャンスなのだ。

喫茶店 VELOCE僕は毎朝散歩の帰りは赤坂ケヤキ通りでバスに乗る。

となりに座ってる筑紫学園の女学生の肌を見ると

カサカサして、ケヤキの落ち葉を連想してしまう。

彼女達の小麦色に焼けた肌は今剥がれ落ちて、

クリスマスの頃には新しい白い肌に戻ってしまうわけだから。

植物も人間も生き物としての新陳代謝の法則は同じだね。

ああ〜それなのにどうして大人は

古い皮膚をクリームなんてもので大事に糊付けしてきたんだろうか。

ケヤキ通りを歩きながらこんなことを考えずにはいられない。


 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします

 



syobu828 at 01:09|PermalinkComments(14) クレイセラピー粘土洗顔 

2010年09月24日

後藤ふく恵 ライブ

やっと涼しくなってきた9月20日(祝)の夕暮れ

Jazz Singer 「後藤ふく恵さん」 のライブが西中洲の「CANDY」であった。

西中洲 キャンディCANDYは昨年、友人に連れてってもらって以来、

渋い歌い手であり店の経営者でもある

堺 博正さんのファンになった。

堺さんは以前ニューヨークにもライブハウスを開いてた。

本場で勝負してやるという博多ミュージシャンの心意気。

彼の静かな語り口のなかに熱い音楽への情熱が燃えてる。

後藤ふく恵さんはそのニューヨークのCANDYでバーの仕事をしながら

Jazzを歌い本場での修行のスタートを開始した。

後藤さんも今は、東京浅草で『Dining & JAZZ Bar SHIZUKA供という

お店を開き、下町のJazz Spotとして多くのファンを楽しませている。

この日は浅草の店を閉めて、博多CANDYへ出演というわけである。

ミュージシャンが経済的にやっていくのはなかなか大変なことだと思うが、

堺さんや後藤さんのように自分の店というステージがあると

毎晩演奏できるわけだし、ファンも集まりやすく経営も成功するのだろう。

 

10 9 20 後藤ふく恵 ライブさて、この夜の演奏であるが、

さすが毎日歌いこんでる得意なレパートリーばかり。

A列車で行こう。Day by day  You be so nice to come to home 

What a Wonderful world  Over the Rainbow  etc.

Jazzのスタンダード曲を完全に自分のものにして、

コード(和音進行)と歌詞は原曲と同じだが

メロディとテンポは自由にフェイク(アレンジ)してる。

飛び抜けた奇想天外なフェイクではなく、メロディラインのきれいな心地よいアレンジである。

さすが長年本場ニューヨークで鍛えてきた実力と余裕だ。

そして英語の発音が流暢で綺麗だ。

11月に東京のクリニックへ診察に行ったときには必ず寄ろうと楽しみにしてる。

 

10 9 17 大濠公園 0019月23日(木)高宮のアミカス音楽室でVisionsのワーク・セッション(合同練習)があった。

10月17日(日)の発表会に向けて、出演するピアノ、ボーカル、ベースの生徒達が一同に集まって練習した。

初めての顔合わせなので、新参者の私としてはどんなことになるのか緊張してた。

間村先生も心配して見守ってる・・・・・・

先輩達はもう何年もやってるから、かなり上手だ。

中にはプロとして活躍してる人もいる。

歌手がテンポを出せば、初顔合わせでもその場で演奏できるというのは

音楽にはルールがあって譜面というものがあるお陰だろう。

一緒に演奏するボーカルとピアノの先輩達に迷惑かけないように

本番までにしっかり練習しなければいけないと思い帰宅した。

果たしてどうなることやら・・・・・・・

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 12:40|PermalinkComments(4) JAZZ オーディオ 

2010年09月17日

ヒヨドリの雛

ヒヨドリはどこにでもいる鳥、色は黒く、雀よりずっと大きい。ぴーぴーいう鳴き声が特徴。
このところ台所で朝食を食べながら、雛に餌を運び忙しく飛び回る親鳥を見ていた。

そろそろ巣立ちの頃じゃないかと気にしてたら、庭のアボガドの鉢に可愛い子が震えて留まってる。
昼頃には二階の屋根まで飛べるようになり、親と一緒にどこかへ飛んでった。
高校2年になる孫の のぞみが楽しみにしてたから早速メールした。

のぞみちゃんへ

10 9 10 ヒヨドリの雛昨日、9月10日、ヒヨドリの雛が2羽とも元気に巣立ちしました。
午前中は庭の植え込みの中にうずくまってたが、
午後には立派に飛べるようになってどこかへ飛んでいってしまったよ。

のぞみの部屋から見えるモミジの木に巣づくりし、雛が生まれるのを楽しみにしてたのに、
金曜日で学校へ行ってたから、あの可愛い姿を見れなくて残念。
写真を撮っといたから見てください。

医学や栄養学や空調など科学テクノロジーの恩恵なんてもんは
なにも受けなくても彼らは子供を産んで子孫を残していくんだから逞しい。

今頃、どこをどう飛び回ってるんだろうか。
もう台所からあのピーピーいう声は聴こえない。



9月も半ばになって、やっと朝晩は涼しくなり
夜半にはコオロギや鈴虫など秋の虫達の声が聴こえる。

10 9 2 001大濠公園涼しい風を頬に感じながら朝の散歩が気持ち良い季節になった。
そのうちに大濠公園に北国から水鳥たちが戻ってくるだろう。

毎日、パソコンやTV、オーディオ、空調、車、など現代科学テクノロジーの恩恵で便利な生活を送ってるが、
たまに自然の営みを見たり聴いたりすると、果たして僕らは進歩してるんだろうかと疑問に思うことがある。

つまり便利になるということは体のどこかを動かさなくなることだから、
必ず人としての能力の喪失につながるわけだ。
たとえば、車ばかり使うと足が弱ったり、
さらにカーナビ頼りだと地図が読めなくなり土地勘が失われる。
ワープロに頼ってると漢字が書けなくなる。
空調で体温調節の能力が衰えるなどなど・・・・・・
私の専門分野スキンケアでも、クリームなど油性化粧品を与えすぎると
自らの皮脂分泌は衰え、かえって肌は老化しやすいと考えられる。

テクノロジーの進歩に同調して、人間の能力や知力も進化してきただろうか。
私達の体の機能は昔と変わらないし、むしろ衰えてきてることもあるように思う。

今後、科学技術が進むほど、人間は本来の野生の回復を求めて自然を志向する欲求が高まるだろう。
現に自然食品や鍼灸、漢方、アロマ、クレイなど自然療法への関心は強い。

テクノロジーとの上手な付き合い方は、便利だからと鵜呑みにしないで、
果たして体にとって本当に良いものなのかとまず疑ってみることだと思う。

どんなに科学が発達しても人間は動物として自然の恵みによって食料を得て、
廃棄物は自然による分解作用に委ねるという地球の自然条件から逃れられないわけだから。


昨日、11月のコンサートへ向けて1回目の音合わせをした。
ボーカルと楽器の生の音(アコースティツクなアンサンブル)の中に
昔から人と人が音を介して結び合ってきた絆(きずな)を感じる。
予定してる8曲を通して弾いてみたが、
今回は音源のCDをもらってたから手ごたえある練習ができた。

CD録音装置は便利。昔の人は全部覚えてやってたんだからね。


人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします

 



syobu828 at 01:26|PermalinkComments(8) エコロジー生物学 

2010年09月09日

手術後のCT検査

9月3日(金) 今年の正月に左肺下葉摘出の手術を受けてから、8ヶ月が経過したので、
新たにガンが再発していないか調べるために喉から大腸までCTカメラで検査を受けた。
10 8 13 山梨の葡萄 01CT検査というのはレントゲンの大きな装置のようなもので、寝ているベッドごと大きな装置の中へ入っていく。
「息を止めて・・・はい楽にしてください」というのは普通の胸部レントゲンと同じだから、
10分くらいの間に高速連写で何枚ものX線写真を撮るのだろうと思う。

この8ヶ月、体調が良く時々ガンを忘れるほど暢気に暮らしてきたのだが、
検査を前にして、もしかしたらどこかに芽が出てるかもしれないと思うと、
さすが楽天的な小生も一抹の不安を感じていた。

大げさに言うなら、独房に繋がれてた囚人が呼び出されるような心境である。
もし、新たに出てきても手術はしないと決めて病院へ出かけて行った。
9月なのにまだ猛暑のさなか、少々夏バテ気味で足取りは重い。

肺ガンというのは自覚症状が無いし
ガンの原因自体はっきり確立されてないわけだから、
患者というのは自分を信じて勇気づけ強がってはいるが、
心の片隅では再発の不安におびえてるものなのだ。
特に私のように3回も入院手術を経験したものは・・再発を覚悟してる。

検査結果は4日後、9月7日の外来診療で説明されることになってる。


9月5日(日)
山口県宇部市の薬品問屋さんでルナレーナ化粧品の説明会を開催。
5月から始まった企画もやっと販売店さんへ説明する段階へ到達した。
この日は山口県の薬局の奥さん達が6名と会社の営業の方が6名お集まりいただき、
ルナレーナの商品説明と使い方を体験していただいた。

タルタニ薬品の西本さんが広島から応援に来てくださいまして、
お店の主力商品として育て上げるまでの経緯を熱く語っていただいた。
同業者としての体験談は解かりやすく自信に満ちていた。
ご主人と協力して集めた治験例の迫力ある多数の写真は説得力充分である。

北九州の長尾さんも勉強になるからと手伝いに来てくれた。
さすがに明るく身のこなしの良い方で実技の洗顔やメイクで活躍していただいた。
女性同志で洗面所は賑やか、いろいろ質問など話が弾んだようだ。

10 9 2 002 大濠公園化学の進歩にともない界面活性剤など化学合成品の開発によって
化粧品の分野でも滑らかで粒子の細かい肌触りの良い製品が出回ってるのですが、
人間の体は昔と変わらないわけだから、果たして便利といわれる化学品が肌を美しくするとは言えないわけです。
むしろ、石鹸や洗剤のような界面活性剤による洗顔は肌本来の防御作用を弱めて敏感肌やアトピーの原因にもなってる。
クリームや乳液など油性化粧品に頼りすぎれば、自らの保湿作用は衰える。

現代のテクノロジーに頼らない肌本来の自然治癒力を回復しましょうということを話したのです。
従来の与える美容法に慣れている薬局さん達が方向転換して
独自の道を開拓し、0nly oneという世界を作り上げるのは勇気のいること。
まずは論より証拠。手にとって使ってみることが一番です。

苦労も工夫すれば楽しみ、小生の定年後の仕事として種まきはこれからも続けていきたいです。


9月7日(火)
胸部外科の外来へ出かけた。
10 8 13 枝豆でビール検査の結果は「喉から肺そして胃腸までガンと思われる兆候はありません」だった。
良かった。ほっと安心する。まだ運は残ってるな。
次回は12月中旬にMRIの検査を予約する。
これで少なくとも今年一杯の命は保証されたわけだ。

そして玄米菜食、早朝散歩、好きなことやる という
2年半続けてきたことは正解だという自信がふつふつと沸きあがり大股で帰路についた。
OKを伝えたい友人や家族の顔が目の前に映し出される。

 


人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 23:17|PermalinkComments(12) ガン闘病記 

2010年09月01日

Only One

今日は9月1日、連日の熱帯夜は依然として続いてるが暦ではもう秋の始まり。。
今年の夏の暑さは尋常じゃなかった。
眠れない夜は書棚の本を手にとってパラパラめくってるうちにいつの間にか眠りについてる。

その内の1冊。

10 9 1 池内 了国際的な天文学者であり、科学評論家として活躍する池内 了(さとし)氏の
「科学は今どうなってるの」という評論集を再読した。

20世紀の科学技術と経済成長によって快適な文明生活を送ることが出来るようになったわけだから科学の功績は認めるけど。
これは無限の資源と無限の環境容量を仮定した大量生産、大量消費、大量廃棄という社会システムだった。

池内氏は、エネルギーと環境問題を解決するために、21世紀の科学はもっと等身大な方向へシフトするべきで、小型化、分散型、多様化という従来とは対極的な技術開発だと主張してる。

経済成長率が上らないといって、赤字国債を連発し借金を重ねる政治の混迷。
技術力で世界一、貯蓄も1300兆円もあるんだから慌てず将来を構想すればよいのに。

もういいかげんで規模の競争を止めて、NO1から「Only one」への発想転換をはかること。
「Only one」とは他にはどこにもないきらっと光るもの、従来とは違った尺度で高く評価されるものだ。
国土が狭く資源が乏しい国でも、他国に無い特殊な技術や文化によって多様で人間的に豊かな社会が作れるはずだと池内氏は説いてる。

 

10 8 15 梨とアンティークスタンド日曜日の夜、山口県厚狭駅前の喫茶店「やよい」の塩田さんから電話があった。
「明晩、お店でライブやりますから来ませんか」というお誘いだった。
博多駅から厚狭まで新幹線で40分。「喜んで行きますよ」と返事した。

7月の集中豪雨で厚狭川が氾濫。街中が床下浸水し商店や住宅、田畑に被害が出た。
復旧作業も一段落したところで、街の人達に元気になってもらおうとチャリティのジャズライブを計画したというわけ。

この夜の出演はジャズピアニストの野本秀一さん、ドラムの亀田俊児さん、ベースのデデ鷹村さん。

10 9 1 野本秀一野本秀一さんはテレビ局に勤務した後、好きなピアニストの道を目指してニューヨークへ修行。
既にCDアルバムを何枚も出して、現在は北九州、熊本を中心に活躍している。
私の好きな60年代のハードバップなジャズの流れを汲んだリズミカルで熱い演奏。
聴いてる人達の手拍子を誘うほど乗りが良い。スイング感満載の演奏だ。

塩田さんがセンチメンタルジャーニーとララバイ オブ バードランドを歌った。
だいぶ歌いこんでる得意な曲だけあって充分な手ごたえだった。
この日はちょうど塩田さんの誕生日、花束で感激のステージ。

二部の懇親会は3人のプレイヤーを囲んで飲み放題、歌い放題のパーティ。
野本さんは月に1回、隣の宇部市でジャズ教室を開いてる。
喫茶店「やよい」の店主である塩田さん、ピアノの樽井さんは野本さんのお弟子。

年代は40〜50代が多いように思ったが、
この小さな地方の街でJAZZがしっかり根付いてるのにはスゴイこと。
塩田さんはじめ友人達のカルチャーへの情熱なんだろうけど、
この地方でここだけという「Only one」の心意気を感じる。

お弟子さん達の演奏を目を細めて温かく見守る野本さんの顔には優しさがあふれてる

大企業を辞めて、「Only one」の道を歩む人の幸せな姿を垣間見た。



人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 16:37|PermalinkComments(3) クレイセラピー粘土洗顔 

2010年08月25日

オープンキャンパス

8月20日(金)〜21日(土)

高校2年になる孫の元(はじめ)が
東海大学農学部への進学を考えてるから
オープンキャンパスに参加してみたいという。
そこで夏休み最後の小旅行ということで阿蘇へ一泊で出かけた。

10 8 21 阿蘇山冬の雪景色、春の若葉、夏の鮮やかな緑、そして秋の紅葉。
阿蘇はいつ来てもその 雄大 な姿に自然の偉大さを教えてくれる。
放牧された草原地帯を通って、草千里からカルデラを望む。
この日はあいにく噴火口は有毒ガス警報が発令して近づけない。
まえもって阿蘇の外輪山の大きさを孫に話してたが、
この景色を目の当たりにして彼も驚いたようだ。百聞は一見にしかずだ。



 

南阿蘇のコースをとって、白川水源へ寄る。冷たく澄んだ湧水が気持ちよい。
高森湧水トンネル公園のトンネルの中を歩く。
10 8 21高森湧水トンネル地元の学校や企業の作った七夕飾りが暗いトンネルの中に明かりを灯す。
鉄道のトンネルだったものが廃線となった今、公園として利用され楽しまれてる。

高森の阿蘇休暇村に泊まることにした。
公共の宿泊ホテルであるが阿蘇の山を目の前に望む露天風呂がある。
地元の野菜を豊富に使ったバイキング料理はメニュー豊富で美味しい。
夏休みで子供連れのファミリーが多く、賑やか。
評判の宿だから週末は繁盛だ。
なにしろ、クラー無しでぐっすり寝られるというのは別天地。
熊本市内とは常に4〜5度気温が低いという。
冬は雪が積もり、かなり冷え込み寒いということだけどね。


10 8 21 阿蘇草千里の乗馬体験。翌朝は早起きし、山の空気を深呼吸、ホテルの周りを散策する。
午前9時半、東海大学阿蘇校のオープンキャンパスに参加する。
阿蘇の入り口、阿蘇大橋を渡るとすぐに校門がある。
門から校舎まではスクールバスがあるくらい長い坂道が続く。
東京ドーム19個分の敷地というから一山全部が大学というくらい広大である。
農学部は校舎、バイオ研究棟に加えて、畑、田んぼ、畜舎、牧場、農畜産物加工場などが要るから広い敷地が必要なんだ。

オープンキャンパスには遠くは北海道や関東地方と全国から父兄と高校生が200人ほど集まった。
10 8 21 東海大学阿蘇キャンパス学部長の歓迎挨拶に続いて、各研究室を見学。
担当の教授が最新分析機械(1台数千万もするバイオ機器)の説明や生物学の教授が植物と昆虫のパートナーシップについて熱く語る。
壁には珍しい蝶や虫の展翅標本が美しく展示されてる。
若い学生達に自然の素晴らしい仕組みを教えようと一生懸命な気持ちが伝わる。
この日、手伝いに奉仕してる学部の学生達も明るく親切に対応して気持ちが良い。
自然や生物を相手にしてると柔らかな人間性がはぐくまれるのだろうね。

休憩時間に学部長と話す機会があった。
農作物のオーガニックや自然栽培についてお伺いした。
これからの農業の方向ということで研究していますよということでした。

「50年前を思い出して、なんだか私まで入学したいような気がしますよ」と言うと、
「高齢で農業に興味ある方々向けのシニアスクールなんてものを開講しようと考えてます」とおっしゃってた。

学部長はじめ教授、学校関係者がこの自然に恵まれた大学を誇りに思い、

熱くアピールしてる姿は、学問への清廉な情熱を感じずにいられなかった。

この環境で4年間を過ごす学生さん達は幸せ。

将来に向けて得ることは沢山あると思う。

日本の農業、畜産業が自立し発展していくために

農学部の活躍を期待します。


人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 07:31|PermalinkComments(8) エコロジー生物学 | 旅行

2010年08月19日

未来の食卓

8月18日(水)夕食後にテレビをつけると、WOW0Wで「未来の食卓」という
フランスのドキュメンタリー映画をやっていた。

10 8 18 未来の食卓南フランスの小さな村の村長が音頭をとって、子供たちの未来を守るため“学校給食と高齢者の宅配給食無農薬のオーガニックにする”という試みに挑戦するストーリーです。
学校の畑で子供達が無農薬野菜を栽培し、野菜の本当の美味しさを体験し、食べ物が健康な心身をつくるという授業までします。

初めは疑問視していた村の大人達の考えもしだいに変わっていきます。
子供達が自然の恵みを発見していく南フランスの田園風景の映像も美しかった。
フィナーレは他の村からも視察が来るというほどのセンセイションを起こす。


ヨーロッパでも日本でも、癌や糖尿病など生活習慣病の70%は食習慣を含む、環境に原因があると言われている。
その事実を警告する多くの出版物が出回ってるにもかかわらず、
農薬や化学肥料から自然農法へ転換を進める政治的な動きは全く無い。
健康に関心のある限られた人達が生産者から直接買ったり、
自然食品店などで無農薬野菜を手に入れるというのが現状だ。

10 8 18 未来の食卓 2無農薬野菜は値段が高いというが、フランスでも普通の農家には国の補助金がでている。
だから、オーガニックより安い値段でスーパーで売られてるけど、
もし補助金がなければ同じ値段になる。

しかも、農家は自分達は農薬使った野菜を食べない。
自家消費用は別に無農薬で作ってる。

防毒マスクつけて毒を撒いた野菜は食べられないってのは彼らが一番知ってる。
農薬と肥料のケミカル資本が儲かるばかりで農業者はほんとは被害者なんだ。
それになにも出来ないでいる政治家は子供達の未来を考えてない。
このフランスの村長さんはほんとに勇気ある人だと思う。

日本でもそのうちこんな地方自治体の村長さんが出てくると思うけど。
減反とか補助金とか・・・今の農業政策は全く意味ないもの。

子供手当てに税金バラ撒くより、無農薬の給食、レトルト食品の廃止、校内の菜園作りにお金を使えば、母親達の意識も変わるし町中が健全になると思うけどね。
子供達の心身を健康にするのは安全な食事と母親の愛情こもった料理だから。

化学肥料や農薬を使い出したのはまだたった50年だ。
それなのにもう土壌は破壊され、微生物は死滅してる。
私の子供の頃の野菜は虫食いがあったり、キャベツには青虫がついていたけどね。
野菜中心の食事だったから、肉なんてのはめったに食べることなかった。
山芋や豆腐、アジの干物やコロッケがご馳走だったから。

化学会社は無農薬にしたら食料生産が落ち込むなんてこと言ってるが、
世界中の植物性タンパク質の70%は家畜が食べてるんだから、
家畜に食べさせるよりも、肉食を今の半分にすれば食料は余ってしまうという計算になる。

老人ばかりでなく、子供のガンが増えてるというのも現代の子供達の免疫力が低下してる証拠じゃないだろうか。

健康と食事、農業、環境に不安をいだいてる皆さん、是非「未来の食卓」のHPを見て考えてください。



10 8 12 赤いマンゴー今日の午後、福岡大学経済学部の女学生さん達と
天神のマクロビレストランで昼食を食べながら美と健康問題について話した。
ブログ仲間で食事療法にくわしい「笑顔整体」の今村さんご夫婦も一緒だった。

彼女らは美容と整体の関連性について聴きたかったのですが、
話は食事のことに重点がいってしまい、というのも初めてのマクロビを美味しいといって食べてたし・・・・若い子は食べること大好きだ。


「女子大生10人が選んだ美と健康のスポット」
というような題で

ビジネスプランを立ち上げたいという構想。

推薦企業を選別する方法と基準はどうすれば良いでしょうか?と聞かれたんで・・・

人間に関わることだから・・生物学(Biology)を基礎に考えてみると良いんじゃない。

世の中、なんでも採算がとれるとか、儲かるなんていう経済が優先するようだけど、

これからは、量より質。クオリティの時代。

人間を幸福にするかどうかは、経済学の前に生物学ありき

と答えておいたけど。


人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします 



syobu828 at 00:11|PermalinkComments(9) ガン闘病記