2005年07月

2005年07月23日

「皮膚は心の砦」を読む。

先週の土曜日は、磯辺先生からお誘いを頂きまして、京都大学で開かれた NPO法人京都エネルギー環境研究会(エネカン)に行ってきました。
磯辺先生が講演した「皮膚は心の砦」という論文がエネカンの会報に掲載されていましたので、私の理解した範囲で要約してみます。
 
一番表面にあって私達を護っている最大の臓器である皮膚と、心はどんな関係にあるのでしょうか?
 
その前に、そもそも心は何処にあるのでしょう?
昔は心は心臓にあると思われていました。だから心は昔からハートマークなのですね。
今では心は脳にあると考えられていて、心の科学的研究も盛んに行われています。
脳の正体は脂肪のさやに包まれた神経線維の集まりなのです。
ちょっと前、不良少年達がシンナーやトルエンを吸って、死んだり廃人になったのは、これらの溶剤が神経線維を包んでいる脂肪を溶かしてしまったからなんですね。知らないと言う悲劇。
のっけから怖い話になってしまいましたが、これは動物行動学者の日高敏隆先生と作家の篠田節子氏の対談「人間について」の一節です。
 
それでは、磯辺先生のお話に入ります。
磯辺先生さて、神経線維の塊、脳が脊髄に連なり、各臓器に連なり、体の隅々にまで伸びているのです。皮膚の細胞と脳細胞は、神経線維という目に見えない細い電線で直接結ばれているのです。心配事があると顔色が青くなったり、嬉しいと明るくなるのも皮膚と心が繋がっているからです。
熱いものを食べると汗がでたり、冷たいものを食べると鳥肌が立つのは、脳からの指令で皮膚が反応するからです。
 
もうひとつ大切なのは、局所免疫という免疫機構が皮膚にも備わっていることが明らかにされて来たことです。
汗腺や毛穴から分泌される、免疫グロブリン IgAという抗体が、細菌やウィルス、カビ、花粉などの有害な物質の皮膚への侵入を阻止するのです。毛穴から分泌される皮脂とこの分泌型IgAは皮膚の表面の皮膜を形成し、私達の体を、日々刻々、護ってくれているのです。
皮膚は心(脳)と連なり、心を護っている砦なのです。
 
さて、この大切な皮膜を洗剤や石鹸で日々洗い流すとなにが起こるのでしょう。皮膚表面の角質層は脂質から構成されていますから、皮膚はカサカサしてきます。そうなって来ますと、カユミがでてきます。何故なら、神経線維の皮膜が除去され、末端神経が露出してくるからです。細い電線の被膜が溶けてくる訳です。
 
皮脂膜と一緒に大切な分泌型IgAも洗い流されてしまいます
 
臨床家としての磯辺先生は、洗剤や石鹸の洗いすぎこそアトピー性皮膚炎の原因と考え、洗剤や石鹸で洗うのを中止し、本当の意味での皮膚を保護し、皮膚本来の機能の回復を目的にした治療を行うことによって、実に80%強の人達が治ってきたと報告しています。
 
約30年前、1975年頃より、シャンプーを朝晩やりましょうと宣伝されるようになった。アトピー性皮膚炎の誘因は、洗剤や石鹸を使って頭から足先まで洗うという間違った清潔概念にあると考えられます。
 
アトピー性皮膚炎これで治る!―目からウロコのノンステロイド療法以上は私の理解した要約です。
詳しく知りたい方は是非原文をお読みください。磯辺先生の著作「アトピー性皮膚炎これで治る」も必見です。
 
磯部先生は8月4日から17日まで、ヨーロッパへお出かけになり、ドイツのドレスデン大学で、講演をなさいます。世界中の特に文明国の人々に、他の動物と比べて、人間だけが異常な洗い方をしていると言うことを知ってほしいですね。
 

 人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら ここをクリックお願いします
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


syobu828 at 17:20|PermalinkComments(6)TrackBack(0) クレイセラピー粘土洗顔 

2005年07月18日

カオリンおじさん旅に出る。 vol 2

この3月の末から各地を旅して、このブログに書いた粘土洗顔等の話をして、
お集まりいただいた皆様にきれいになることの楽しさをお伝えして参りたいと思いまして、
お肌のミニ相談会を続けています。

 しかし実状は、元気で明るい皆様のお顔を拝見し、粘土洗顔の体験等をお伺いし、私の方が勇気付けられているのですが。旅をすると、新たな発見や思うことって沢山ありますね。
それから、相談会を主催し、お世話くださいます方々のご苦労には心より感謝申し上げます。 


2005年7月5日(火)新潟市 三日月化粧品店様にて tel 025-222-6622
三日月化粧品店ホームページ

三日月化粧品店信濃川の河口に広がる越後の中心都市、新潟市古町にある三日月化粧品店様は、昨年暮れの火事で類焼され、半年間仮店舗で営業し、この度立派な新店舗が完成、新装開店したのです。
新店舗を目指しての、三日月社長はじめ社員さんたちの連帯は見事に花を開き、お客様とともに完成を喜ぶという繁盛店の姿を見せていただきました。

三日月社長これは、「納得のいくものしかお勧めしない」という社長さんの毅然たる理念とそれを支持するお客様の絆があるからでしょう。
三日月さん社員全員

新潟の粘土洗顔ファンの皆様ありがとうございます。
三浦さん、五十嵐さんはじめ明るく元気なスタッフの皆さんのご活躍に感謝です。 

 

2005年7月6日(水)新潟県三条市 株式会社みずの様にて tel 0256-35-5101

熱烈な粘土洗顔支持者、水野社長さんご夫妻にやっとお会いすることができました。今年の春から始めていただいて、メールや電話だけでまだ面識が無くはやくお会いしたかったのです。
水野さんスキー場で有名な燕に近い、三条市のジャスコにある化粧品店さんです。

粘土洗顔について、ご愛用者の皆さんからご使用後のアンケートをくわしく書いていただいて、しっかりデータ分析しているという水野社長さんの手法に感心しました。粘土洗顔のとてもGoodなデータが出ていましたよ。

 

2005年7月7日(木)群馬県館林市 有限会社 エスポアール草刈様tel 0276-75-5357
草刈 向山社長館林つつじの里ショッピングセンターアゼリアの中にある草刈さんは、今年の春、50坪に増床し新装開店した群馬県では有名な化粧品店です。
エステティックの個室を3室併設して、、お客様を大切に、物より事をという理念を実践する若き向山社長夫妻のしゃれたセンスが光っているお店です。

 

2005年7月7日(木)横浜市中区伊勢佐木町 白牡丹

横浜 白牡丹さん横浜といえば、山下公園、中華街、港横浜は外国文化の入り口。
私の子供の頃は珍しいものはなんでも横浜からでした。
そんな横浜の中心、伊勢佐木町の老舗、白牡丹化粧品店さんへお寄りしました。初代の洋館建てのセピアな写真は正に文明開化の先端。
広井社長さんご夫妻は横浜の自由人。奥様の描いた絵をみせていただきました。どちらも本業のようです。

今回の旅は、トレノスの小泉社長にお世話いただきました。
新潟から横浜まで長時間お付き合いくださいましてお疲れになった(耳疲れ)ことと思います。ありがとうございます。

 

2005年7月16日(土) 京都エネルギー環境研究協会総会(於て、京都大学時計台ホール)に出席しました。いそべクリニックの磯辺先生にお誘いいただき、初めて京都大学へ行きました。
京都大学正門磯辺先生とは一月前インターネットで知り合い、早くも本日この会場でお会いすることができました。ネットの世界ってすごーいですね。
この日の京都は祇園祭の真っ最中、熱い人込みの中、四条河原町まで出かけ、二次会までやって盛り上がりましたよ。
磯辺先生の「皮膚は心の砦」というお話については次回のブログでくわしく書きます。


 

2005年7月17日(日)午前11時〜午後5時大分県日田市 ベラ桜木様にて tel 097-322-2282

桜木さん相談会日田市は日田杉で知られている静かで美しい林業の街です。
日田は徳川家の天領で歴史の街でもあり、昔の町並みが保存され、そのうえ温泉もあるというわけで落ち着いた保養地として人気があります。


その一角にある桜木さんのサロンはおしゃれな可愛いお店です。ご主人はピアノの調律師さんです。優しい方で、いつも一緒という仲の良いご夫婦です。

堤さんメイクアップ熊本の大石社長、スタッフの堤さんも加わって、賑やかな相談会になりました。


桜木さんお客様スタッフの宮路と堤さんが、お客様に粘土洗顔からパウダーメイクまでひとりづつしてさしあげました。

 

鏡の中の笑顔。日田女性の美しい肌と心。肌は心の砦ですね。 

 

今後の日程をお知らせします  
興味のある方はぜひお出かけください。会費は無料です。ご都合の良いお時間を連絡してください。連絡先はTel 092−821−4521  カオリンおじさん相談会係までメールは ここからおねがいします。 

2005年7月 29日(金)午後1時〜午後5時
                   30日(土)午前11時〜午後4時
高知市はりまや町 ミチコベラ様にて tel 088-884-1006 土佐のはちきんらくがき帳

それから、同行するスタッフのメンバーを紹介します。皆様にスキンケアのアドバイスやお気に入りのメイクアップをしてさしあげますよ。

石田博子石田博子 いろいろな方にお逢いできるのが楽しみです。きれいになるコツをお伝えできたら、と思っています。

宮路理沙宮路理沙 美しいものに大変惹かれます。きれいにして差し上げるのが大好きです。


西原由紀西原由紀 お客様の立場に立って考える心配りを大切にしていきたいです。
 

 

 人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら ここをクリックお願いします

 

 



syobu828 at 15:52|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 旅行 

2005年07月10日

粘土を食べる動物

昔から、動物は病気になったら自分で治すという話は知られていて、人間は野生動物を観察して、薬になる植物を学んできました。

中国では漢の時代、戦場でオオバコを食べてる馬が元気なのに気づき、弱った兵士達にその青汁を飲ませると彼らも回復したという言い伝えがあります。
その時、オオバコが荷車の前にあったので「車前草」と呼ばれ、以来、漢方薬では抗炎症、利尿、殺菌作用があるとして使われているのです。
 
動物たちの健康法」(シンディ・エンジェル著)を読みました。
動物が自然の恵みを実にうまく使いながら健康管理する方法を描き、文明生活にどっぷりつかってる現代の私達に、しっかりした基盤と知恵をもたらしてくれる一冊だと思います。
 
さて、この本の中には、動物達が植物以外に土や粘土を食べる話がたくさんでていて、薬学界でもその驚くべき薬効が評価されはじめているのです。

インコアフリカでは、ゴリラ、チンパンジー、ゾウが粘土を食べて熱帯林の食物に含まれる毒を消しているようです。
南アメリカでは、オウムやインコ、サル、シカ等の果実食、種子食、葉食の動物が植物毒(アルカロイド)の作用を抑えるために粘土を食べるという観察と研究がされています。
 
 
 
粘土には独特の構造があるのです。
二層以上のミネラル酸化物の層が重なって、この構造が粘土の吸着性という粘土と他の分子を結びつける働きをするのです。
 
粘土は体内微生物の毒素や化学物質、バクテリヤ等を包みこみ、腸の内側を保護し、制酸剤として胃酸を押さえ、余分な水分を吸収して下痢を防ぐのです。
 
ガーナではエコと呼ばれる粘土が胃腸障害の特効薬として売られています。エコの主成分はカオリンです。
イギリスでは、下痢の治療用にカオリンが採掘されています。
 
つまり粘土は動物達が教えてくれた自然の恵みであり、素晴らしい自然薬なのです。
 
野生のゾウが傷口に粘土を塗ることは確かだし、多くのハンターが観察しています。ほかの動物もそうしているかもしれないし、それはたぶん粘土の鎮静効果や冷却効果のためなのでしょう。
打ち身、捻挫の湿布薬にも粘土が使われているのです。
 
粘土洗顔lしながら、象さんありがとうって言いたいですね。
 
 人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら ここをクリックお願いします
 
 
 


syobu828 at 01:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0) クレイセラピー粘土洗顔 

2005年07月03日

運命的な出会いに感動。

小生インターネット歴まだ3ヶ月ですが、こんなにネットワークが素晴らしいものだとは今回驚いてます。

先週、福岡市のKOSSYさんから、「アトピーには石鹸を使わないこと。というお医者さんがいますよ。ぜひHPをご覧ください。」と教えていただき、
さっそくhttp://www.isobe-clinic.net/gr1/gr1008.htmにアクセスしました。
 
HPを見て、すごーいと感動。すぐに、いそべクリニックの磯辺善成先生にメールしました。


>磯辺善成様

>私は、ニキビを解消するためには石鹸や界面活性剤の入った洗顔を使わないほうが良いということを自らの体験で知りました。
 
そして、15年前、石鹸分を含まない白色粘土洗顔剤をつくりました。
以来、泡で洗うという生活習慣を変えていただくことは難しいことですが、実行していただいた方々は見事にニキビを克服してきれいになっています。

>今までに先生のようにはっきりと「石鹸を使わないことが第一条件です」という医師の方は居ないと思います。

>大変感激しました。著作「アトピー性皮膚炎これで治る」も読ませていただきます。

>私のブログのお役立ちリンクに入れさせていただき、ご紹介したいのですが、ご了解いただけますでしょうか。
                        カオリンおじさん




翌朝、磯辺先生からのメールです。

>メール有難うございました。
>人夫々に、運命的な出会いがありますが、この度それを感じました。

>私は、現在セッケンも含めて、洗剤(界面活性剤)の恐ろしさを追求しています。
>合成洗剤は体に浸透して、我々の健康を損ないます。

アトピー簡単治療法>ニキビの治療は、洗剤で洗えば洗うほど悪化いたします。また、どのような皮膚病でも洗えば必ず悪化いたしますが、多くに医師はよく洗いなさいと指導されます。しかし、洗剤と皮脂のみならず細胞膜との反応を考えれば、決して薦められることではありません。

>HPも読みました。とてもユニークで的を得たことばかりで驚いています。 
>どうぞ貴方のHPで私のことを紹介していただきますように私の方からお願いします。
 

 
磯辺先生 メールありがとうございます。
先生からのメールは、一瞬、目を疑いました。でも本物です。 
 
私は石鹸や界面活性剤の 成分がヒフに残るという点を危惧していましたが、大切な防御機構(分泌型IgA)を洗い流してしまうこと、知覚神経を露出させカユミを起こさせてしまうことを新たに知りました。
 
先生の長年にわたる多くの臨床例と局所免疫(IgA)理論を知ることは、セッケンや界面活性剤の使いすぎをアピールし、ノンバブルの運動を進めていこうという私達仲間にとって 強い味方を得た思いです。この考えに共感している仲間達をお役立ちリンクで紹介します。

そもそも石鹸などで身体を洗うのは人間だけです。動物たちに学ぼうという先生のお考えに賛成。
 
 
人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら ここをクリックお願いします


syobu828 at 13:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 友人達