2006年07月

2006年07月29日

3対5

高校の時、美術部の先輩が、「3対5位の比率が一番綺麗に見えるんだよ
と言って、さっと構図を決めてみせたのを覚えている。
それから、美しい写真や絵を見ると、この比率のことが気になっていた。
今考えると、たぶんこれは黄金分割というものだったんではないかと思うのです。


黄金分割というのは、古代エジプトやギリシャ文化の研究から、
考古学者達が発見した比率で、1:1.618の比率のことである。

ピラミッド今から4500年前に造られたエジプトのピラミッド。
最も大きく美しいクフ王の第一ピラミッドは
高さ146m、底辺が230m
平均2,5トンの切石が230万個積み上げられて出来ている。
広大な砂漠に立つ単純ではあるが美しい三角形は、
144m×1.618=233mという黄金分割に近い比率によるものだ。
ピラミッドの設計者は、当時どんな計算をしたかは定かではないが、
古代エジプトの幾何学は高度に発達していたということが判ります。

ギリシャのパルテノン神殿、ミロのヴィーナス、ローマ時代の建築物などにも
黄金分割は使われている。

「モナリザの微笑」で有名なダ.ヴィンチも数学的手法を美術作品に使い、幾何学的作風のモンドリアン、超現実派のダリ、建築家のガウディも数値的比率を取り入れてる。

オウム貝の黄金比自然界の美しい姿を支配している比率と考えられ、宇宙の渦巻き星雲の形から、アゲハチョウの形、巻貝の形など、ありとあらゆる自然界に存在するものに黄金分割は見られる。

さて、身近なもので黄金分割はというと
名刺の縦横
がそうなのです。

初対面の人に差し出す名刺は
美しいプロポーションを持つものでありたい。

 

この度15周年を記念して、私共の白色粘土洗顔のデザインが新しくなっている。
そのロゴをみて、やはり3対5にちかい比率になってるなと思った。
う〜んなるほどね。

明日、大阪のブログ仲間のかりんとうさんとへのへのさんにお逢いする。

かりんとうさんは私に名刺小冊子という
10ページの綺麗な名刺を作ってくれました。

へのへのさんはグラフィックデザイナーだから、
黄金分割について、くわしく聞いてみよう。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 04:12|PermalinkComments(21) 絵画 スケッチ 

2006年07月22日

望遠鏡と顕微鏡

子供の頃、虫メガネで昆虫や花を観察したり、日光を集めて、黒い紙を燃やしたりしたことあるでしょう。
私は、「少年倶楽部」という雑誌の付録で、紙箱の写真機や紙筒の望遠鏡を作ってすっかりレンズの不思議さに魅せられてしまった思い出があります。

1600年頃、顕微鏡と望遠鏡がオランダの眼鏡職人達により発明されて以来、人間の探究心はレンズを通して拡張し、未知の世界への探検が始まったように思います。

10万キロメートルの世界 地球「それでも地球は動いている」と言って地動説を唱えた
ガリレオは、凸レンズと凹レンズを組み合わせ、
ガリレオ式望遠鏡を作り、
天文学の基礎を築いたのです。
月のクレーター、土星の輪、木星の衛星を発見したのですから、当時としてはかなり精巧なものを作ったと思います。



1000メートルの世界 福岡市

一方、顕微鏡はロバート フック
光学顕微鏡を改良し、
昆虫、カビ、鉱物や氷の結晶を観察し、
植物細胞を発見しています。

フックはバネに関する「フックの法則」で有名ですが、ミクロの世界探求の道案内人でもあったのです。

1メートルの世界彼らは、レンズという道具を使って、
未知の世界を観察することにより、
そこに自然の営みを感じ取り、
論理的な考察により科学法則を発見したのでしょう。

私達の感覚の中で、最も情報を提供するのは視覚のようです。


ミリメートルの世界 皮膚のキメ今や人工衛星や電波望遠鏡によって、
宇宙の果て(10の25乗。10億光年)の世界から・・・

電子顕微鏡(最高倍率200万倍)によって、
10の−8乗の遺伝子DNAや
原子レベルの世界まで見えるようになり、
遺伝子の仕組みが解かってきたのです。


マイクロ(ミクロン)の世界 皮膚の角質片この度、ネットで見つけた、
パワーズ オブ テン(POWERS OF TEN
という写真集は公園で寝転んでる
主人公の青年の写真を真ん中に、
10の25乗から10の−8乗まで、一桁ごとに写真を掲げて解説するという壮大な宇宙のドラマを
見せてくれる本でした。


ナノメートルの世界 DNAの二重らせん望遠鏡の世界の単位は
Kキロ(3乗) Mメガ(6乗) Gギガ(9乗) 
Tテラ(12乗) Pペタ(15乗) Eエクサ(18乗)・・

顕微鏡の世界の単位は
mミリ(−3乗) μマイクロ(−6乗) nナノ(−9乗) 
p ピコ(−12乗)・・
「私達の体の中も小宇宙です」ということを聞いたことがありますが、さもありなんと納得。

ひるがえって、人間の皮膚を拡大してみると、
100倍で肌のキメや指紋が分かり、1万倍で角質片がみえてくる。

皮膚の表面は400分の1ミリ(2,5μm)位の薄い角質片が
毎日はがれ落ちて、新陳代謝してるのです。
洗顔は、汚れと一緒にこの古い角質片を
やさしく洗い落とすことなのだと思います。
カサカサした古い角質片が無くなると、
肌表面は平らでなめらかになり、
光の反射によって、白く綺麗に見えるのです。

最後に、私の奨める白色粘土洗顔の粒子の大きさは、
2μm(マイクロ)(500分の1ミリ)という
小さな世界だということを書き添えます。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら

 



syobu828 at 23:59|PermalinkComments(20) エコロジー生物学 

2006年07月16日

海と空のブルー

博多祇園山笠は十五日早朝の「追い山」でフィナーレ。
山笠が終わると、博多に夏が来る。
蒸し暑い梅雨が明けて、青い空に入道雲、今日は暑くなりそうだ。


夏の青空空の色が青いのは何故だろう」というのは子供の頃から素朴な疑問だった。
空に青い色が付いてる訳ではないし、海の色が映ってるわけでもない。

調べてみると、元々、太陽光は白色で、波長によって赤から青紫の7色に分けられる。

昼間は波長の短い青色が反射拡散して空に広がり、波長の短い光は強いので、空は青く見えるのだそうです。
ところが、夕方は太陽光が空気中を透過する距離が長くなるので、青色はほこりや水蒸気などに吸収され、赤い光しか届かず、夕焼けは赤いというわけ。

それじゃあ、ほんとの空の色は何色と言えば、ブラックなんでしょうね。
暗黒の宇宙に浮かぶ孤独な地球。光輝く太陽は有難いものですね。


海の青いのは、水が赤い光を吸収し、青い光を反射しやすいからです。

私達が普通見ている色というのは、動植物や鉱物の色素や合成染料による色なんですが、
自然界にはもともと色を持ってないが、空や海のように光の反射作用によって、色をみせてくれるものがある。
クジャク、玉虫、真珠、雲母なども、その表面構造によって引き起こされる光の反射や屈折作用による色なのです。

モルフォ蝶中南米の熱帯雨林には、モルフォ蝶という美しいブルーの蝶がいる。
このモルフォ蝶の羽の表面には鱗粉がびっしり付いてるんですが、その鱗粉には細い筋が入っている。
この筋が青色を強く反射してきれいなブルーにみえるのです。
ブルーの光で捕食者を幻惑させ、彼らは生き延びてきたのでしょう。
帝人ファイバー社のモルフォブルーはこの蝶を模倣した繊維で、車のシートに使われ、染料を使わないので、色あせもしない。

化粧品の世界でも、パウダー(粉化粧)はタルクやチタンなどの微粒子を扁平に加工して、紫外線を乱反射し肌を守るように工夫されてるのです。
これには、モンシロチョウの雄は、鱗粉で紫外線を反射する雌の羽めがけて、求愛するという動物行動学の有名な話がある。

さらに、最近開発されたNSCパウダーという素材は、肌のキメと同じ粒径(6〜13μm)に調整したパウダーで、
特定の波長に対するフィルター効果を有していることからシミ、ソバカス、黄ばみ、クスミ等の色むらをカバーし、肌に透明感がでるように工夫されてます。

クジャクやタマムシ、蝶などがいかにして微細な表面構造をつくりあげたかという不思議さから、学ぶべきことはたくさんあるように思うんですが。

工夫することが、生き残ることであり、進化なんでしょうね。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 10:10|PermalinkComments(30) エコロジー生物学 

2006年07月09日

ニキビは敏感肌

毎日の肌の手入れ(スキンケア)、誰でもしてること、その基本は洗顔です。
洗顔の目的は汚れを落とすことですから、
ほとんどの方は泡の立つ洗顔料をつかいます。

そこで、洗顔料は石鹸が良いのか?
合成洗浄料(クレンジングフォーム)が良いのか?
という石鹸vs洗剤論争が雑誌などで取り上げられてる。

石鹸派の言い分は・・・・
洗顔には天然油脂原料の石鹸が長い間使われてきた。
合成洗剤は魚毒性など生物にとっての安全性に問題がある。
環境を汚染する心配がある。etc

洗剤派の言い分は・・・・
石鹸はph10以上のアルカリ性で肌荒れを起こしやすい。
すすぎが悪いと油脂分が残りやすい。(石鹸で衣類を洗うと黄ばみやすい)
肌にやさしいアミノ酸系の合成洗剤が開発されている。

なまずー2この件について・・
「石鹸安全信仰の幻」の著者大矢 勝氏は、
「アルカリの作用で皮膚への刺激性が大きくなる石鹸の欠点と、
各種の添加剤の配合によってアレルゲンとなる確率が高くなる合成系の洗浄料の欠点を比較して、個人レベルで適切に対処すべきだということです」と結論しています。
この論争どちらも痛み分けということのようです。

そもそも、石鹸も合成洗浄料も、植物性油脂の脂肪酸を、苛性ソーダや硫酸ソーダなどの強アルカリで中和して作られた、界面活性剤なのです。
油を分解する洗浄力があるばかりでなく、
油脂分が皮膚に残るという欠点があるのです。
これが、合成剤では油の膜が、魚のエラを窒息させるので魚毒性となり、
石鹸は石鹸カスという粘着性の油が肌荒れや髪のパサツキ、風呂アカになるのです。

ここで、人間以外の生き物をみてみると、
泡の立つ石鹸で体を洗う動物はいないのです。
カバやゾウが河原の土を使ってるように、人間も昔から粘土の吸着力を応用したパックのような洗顔をしていたようです。(クレオパトラはナイルの土を使った)

ミニコミ誌先日、全国のニキビで悩む方々の相談をインターネットで受けているhttp://www.e-sengan.com/の越澤美記代さんにお会いして、お話を伺いました。
ニキビの原因は体内的、体質的なものも考えられるでしょうが、


 

なんといっても、洗顔料の使いすぎが最大の原因。

こまめな洗顔ということで、一日に数回も石鹸で洗ってる人もいるのです。

これでは、刺激が強すぎてニキビはさらに悪化してしまいます。

ニキビで悩む方々は敏感肌で、子供の頃アトピーだったという例が多いそうです。

アトピーとニキビ。どちらも石鹸が原因のようです。

石鹸や洗浄料など、泡の立つ洗顔をやめて、

粘土の洗顔に変えるだけで、

肌への刺激は少なくなりますから、

自然治癒力によって、正常な肌に戻れるのです

越沢さんは10年以上に渡って毎月、
粘土洗顔の体験談をミニコミ誌に載せてきました。
延べ135人の体験者達の言葉は
なによりもこの事実を証明するものだと思います。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
続きを読む

syobu828 at 09:45|PermalinkComments(19) クレイセラピー粘土洗顔 

2006年07月02日

ビスク・ドール

前回、「生命は粘土から生まれた」という最新科学にちょっと触れてみたわけですが、
45億年前という生命誕生からの時間を尺度にすれば、
ああっ〜私達はほんの一瞬のきらめきでしかないんだ。

>私たちが生きてる今は人類のながい歴史からみると、ほんの少しですね
>今の時間を大切にしたいです

>水を含んだ土のほうが生物が育つための栄養も吸収しやすいでしょうしね。
>命が誕生するためのベットとしても、いごこちがよさそうですよね 

えもっちさん 笑顔整体の副院長さん、他皆さん。
コメントありがとう・・・・・私達は宇宙の☆の子 輝いて・・

「神は土で人を造り、命の息を吹きいれられた」というアダム誕生の神話と科学の主張が偶然にも一致するなんて不思議です。
自由に形を変えられ、熱を加えると固くひきしまる粘土に、きっと昔の人は神秘を感じたのでしょうね。

ビスクドール19世紀、フランスで作られたビスクドールという人形を手にとって見たことありますか?
ビスクドールとは、ビス(二度)キュ(焼く)という意味で、粘土を1400度で素焼きし、釉薬をかけて700度でもういちど焼いてつくる艶消しの磁器人形です。

その肌は人間の肌にとても近い温かみがあり、
そのまなざしは生きてるようにリアルです。
(サスペンス映画にでてくると、ギョッとすることがある)
粘土粒子の細かさと肌触りなのでしょうか?生命誕生の神秘さを感じさせます。

今生さんの友人で、ビスクドール愛好家の美安土美さんを紹介され、一昨年、骨董市を見せていただいた時の感激を思い出しました。
たしか、本物は何百万という希少価値が付いていたようでしたが。

粘土を焼いたもの、やきものは食器や花器などとして使われ、金属やプラスティツクに押されて、時代の表舞台から長い間姿を消していました。
が最近、ファインセラミックスといわれる、原料鉱物の粉を微粒子に精製し高温で焼き固める技術が発達し、
ビスクドールの神秘は形を変えて復活してるようです。

ファインセラミックスは、
錆びない、燃えない、硬い、軽い、そして土に戻る
という夢の素材なのです。
コンピューターのIC基板、人口ルビー、人口骨、人口歯、
スペースシャトルのタイル、などなど粘土の活躍はめざましいものがあります。

粘土は生体になじみやすいことから、他にもいろいろと使われてるのです。
湿布剤、胃腸薬、軟膏など医薬品の原料、
パウダーなど化粧品の原料として、
さらに西洋紙や紙おむつ、生理用品など
便利な私達の生活を裏方で地味に支えているのですね。

粘土をつかった洗顔料の効用については次回に書く予定です。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 02:02|PermalinkComments(29) エコロジー生物学