2008年05月

2008年05月20日

クレイセラピー

本屋さんをぶらりと回ると、意外な本を見つけることがある。
天神へ出ると、よく紀伊国屋さんへ寄ったものだけど、
この頃は、アマゾンで探すことが多い。
商売熱心というか、親切というか、その人の興味ありそうな本まで紹介してくれるのは有難い。
ネット情報時代ですね。

アロマandクレイセラピー先週、「アロマ&クレイセラピー」というイギリス人の書いた本を見つけた。
アロマセラピーは植物精油の香りによる自然治療法として、
20年位前から日本に紹介され、既にかなり有名になってきているが、
クレイセラピーというのは私も初めて聞いた言葉だ。

この本によると、アロマとクレイセラピーは紀元前の昔から、
自然治療法として伝承され、フランス、イギリス、ドイツでは今に至るまで受け継がれ、人々に愛されてるということなのです。

私は18年前、クレイ(粘土)の吸着作用に魅力を感じ、
石鹸や洗剤などの界面活性剤に代わる洗顔料として白色粘土洗顔を作りました。
大勢の方々が使って試してくださり、ニキビが良くなった、敏感肌、アレルギー
アトピーに良かった、シミが解消、肌が白くなった、などなどの体験談をお寄せ頂いた。

その体験談から、「粘土には有害物質を吸着して、
体を浄化する働きがある」と考えるようになっていました。

そこで、粘土の洗顔だけでなく、ボディにも使うようにお勧めしたり、
粘土をお風呂に溶かして「白色粘土風呂」や、
歯磨きに使うと歯槽膿漏を予防するなどと言ってきたわけです。

今回、ロゼマリヤ・イプマさんの本には、
クレイ洗顔、クレイパック、クレイ入浴、クレイ歯磨き。
さらに、患部の痛みを取るクレイ湿布、さらにクレイの内服まで書いてある。


3年前に紹介した「動物達の健康法」(シンディ・エンジェル)にも、
動物達が土や粘土を食べる話がたくさん出てきて、粘土の薬効が評価されていた。

粘土には独特の構造があるのです。
二層以上のミネラル酸化物の層が重なって、
この構造が粘土の吸着性という
粘土と他の分子を結びつける働きをするのです。

粘土は体内微生物の毒素や化学物質、
バクテリヤを包み込み、腸の内側を保護し、
制酸剤として胃酸を抑え、
余分な水分を吸収して下痢を防ぐのです。


白いカラーの花身体の内部に蓄積された有害物質を吸着するクレイの力に私はもっとも注目する。

まさしく、汚染されていく環境の中で、クレイセラピーは必要とされる自然療法ではあるまいか。
今後はクレイ洗顔からクレイセラピーという方向に広げて行こうと思う。


粘土を使ったシェービングエステのサロンで始めている
ガーゼの上に粘土を塗るパックも湿布法として評価されるものだと思う。


今やっている、
レッドクレイの洗顔料とアロマウオーターの開発を手がけながら、
アロマとクレイセラピーという世界がはっきりと見えてきたように思う。
 
 
人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 00:25|PermalinkComments(14) クレイセラピー粘土洗顔 

2008年05月09日

クレオパトラの夢

今年のGWはお天気に恵まれた。
行楽地はどこも人出が多かったようですね。
混雑を考えると出かけるのもなんとなく億劫になり、
結局、家でゴロゴロしたり、近間で過ごしてしまった。

友人のK子さんに、「カオリンさん、どうして粘土洗顔にこだわるの?」と聞かれたんで、
洗剤が入ってないから・・・と成分や効力について説明しようと思ったけど、
彼女は論理より直感を重んじる人だから・・・・そこで。

映画クレオパトラ エリザベス・テイラー「クレオパトラはナイルの土と植物の種子で洗顔した」って言いつたえられてる。 
「粘土洗顔の起源は2000年前にあるのです」と言ったら・・・

K子さん、「それいけるわ。粘土洗顔でクレオパトラの夢かなえるわ
とあっさり認めてもらえた。


そこで、東区奈多の「デコラリゾート」さんのクレイのボディエステへ案内することになった。
彼女はあちこちのエステに行ってるから詳しい、
こだわり屋だから、果たして気に入るか心配したけど・・・・・
「粘土のボディマッサージなんて珍しい、バラの花のお風呂に入れるなんて、肌がスベスベして最高」とすごく喜んでくれた。
帰りに、海の中道で夕暮れの海を見ながら、イタリアンで乾杯。


クレオパトラ、楊貴妃、小野の小町が三大美女と言われる。
「もしクレオパトラの鼻がもう少し低かったら歴史が変わっていた」はパスカルの言葉。
果たして、クレオパトラは絶世の美人だったのかしら?

クレオパトラの像 大英博物館エジプト学者の吉村作治氏によれば・・・・
クレオパトラは美しさより賢さの方が勝っていたといわれています。

クレオパトラは地中海中の国の言葉がしゃべれました。
そうでないとラテン語がしゃべれないわけですから、シーザーやアントニウスをたぶらかすことができませんからね。
この二人をうまくたらしこんで、ローマの力で、"ローマとエジプトの共同統治による世界帝国"がクレオパトラの望みで、シーザーを納得させたのですが、
これを察知したローマ人がシーザーを売国奴だとして殺してしまうのです。

クレオパトラ自身が持っていた夢はエジプトの再興だったのです。
エジプトをもう一度強くする、偉大な国にするということです。
アントニウスとの愛も破れ、クレオパトラの夢ははかなくも砕け散ったという、非常に悲しい物語です。



バド・パウエルモダンジャズピアノの元祖といわれる、バド・パウエルの曲に
「クレオパトラの夢」というのがある。
クリックして聴いてみてください。
すごい、テクニシャンで彼のような名手は不出世だろうといわれてる。

この曲、なんとなくエキゾチックで地中海を連想させる。


『何て曲?』
『クレオパトラの夢』
『…君にぴったりサ』
 というセリフが聴こえてきそうな曲ですよ。



静物画 貝絵画教室の奥秋先生が、
沖縄の南、宮古島の沖にある伊良部島へ一週間行っていた。
先生は昨年結婚して、新婚旅行も兼ねてということらしい。
奥さんはピアノの先生で素敵な人、お似合いのご夫婦だ。




先週は、先生が伊良部島から持ち帰った大きな貝を写生した。

南の島のきれいな海を想い・・・・

カオリンおじさんの夢は・・・・いろいろありますがね

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 02:45|PermalinkComments(9) クレイセラピー粘土洗顔 

2008年05月01日

GW始まる。

5月1日、今日は暑いくらいだ。いよいよGWが始まった。
この季節、暖房も冷房も要らない。
一番気持ちの良い季節。
風はさわやか、若葉の緑があざやか。

夫婦米先週、百姓倶楽部の大ちゃんがお米と野菜を持ってきてくれた。
昨秋、脱穀の体験をさせてもらった田主丸の有機農業のお米だ。
田主丸から福岡へは、高速で1時間。
農業体験などで、彼の作る米のファンが福岡市内に増えている。
生産と消費をダイレクトに結ぶ、元気な農業を実践してる彼は元気で笑顔。

米は日本人の食の基本、米と野菜、少々の魚でほとんど栄養はまかなえる。
彼らのような革命によって、補助金政策や農協を脱皮して、
日本の農業も自給に向かっていくといいですがね。
先日コメントいただいた「ガンちゃんのお米・漢方米」も評判のようです。


結婚の挨拶小生のブログの師匠であり先達、
福岡のブログ界で達人といわれてる笑顔整体の院長、副院長が結婚した。
「おめでとうございます」とお祝いの手紙を差し上げた。
お互いの才能を発揮して、協力し、幸せな夫婦になってくださいね。
とてもかわいい、洒落たお茶を送ってきた。
机の上に飾って、眺めてると、彼らの姿が目にみえる。


20日にタイへ帰って行った姪から、メールが入った。
大学には、日本語のワードソフトが無いらしい。
小生に読めるように易しい文章で書いてきた。

Dear Ojisan,

Thank you very much for your kind take care us
during in Fukuoka.
This mail is sent for testing this e-mail address.
It can not be written in Japanese. However, you
can sent mail to my mother.

I searched the ingredients of rose oil from journal..

I will test the rose water next weeks. I told my student
to change her project topics and she will do the research
about rose water and rose oil products. It's a good new
for me.

I will call to you to talk in details again.

Sincerely Yours,
Gatai

ROSE WATER の分析は来週。
結果は後日詳しく送るということらしいね。




TINA AUDIO今朝、沖縄のTさんから、「TINA AUDIO」のスピーカーが送られてきた。
TINAは別格だから、毎年沖縄へ音を聴きに行くのを楽しみにしてた。
夕方、小生の真空管アンプと繋いでみた。

たった16cmのスピーカー1個なのに、高音から低音まで滑らかに連なる。
部屋全体に音が広がるのは・・・・いったいどんな構造になってるんだろうか?
とにかく、この連休はじっくりいろんな曲を聴き直してみよう。

スピーカーが違うと、「こんな曲があったんだろうか」という
新しい発見があるもんです。
演奏者のボソボソ言う「ひとり言」や息づかい、足音なんてのが聴こえると、
CDやLPにはいろんな音が入ってるもんだと驚く。


では・・・皆様楽しいGWを・・・・・・

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 02:17|PermalinkComments(12) 友人達