2006年06月03日

共感覚  メタファー

この頃は携帯電話もデジカメが付いて、メモ代わりに使ったり、旅の写真をとっても良く写るし、もうフィルムカメラを持ち歩く人は珍しい。
写真の世界はあっという間にデジタルに変わってしまった。

CCDフィルムに代わって光を感知しデジタル信号に変えるのは、CCDという半導体を使った光電素子。
このCCDというのは、1970年代ベトナム戦争でアメリカ軍が開発した。
ジャングルの中を夜中に行動する開放軍を、人工衛星から監視するために、赤外線に反応するCCDが生まれたのだ。
ところが、これは軍事技術なためマル秘となり、民間に公開されなかった。
そこで、軍事という縛りの無い日本のベンチャー企業が、可視光用のCCDを開発して世界のトップになってしまったわけ。
今では、画素数も500万画素を超え、月面上のローソクの光でさえキャッチできるそうですよ。(CCDで写した天文写真)
平和な国、日本にアドバンテージありというものです。

CCDの信号をケーブルでプリンターにつなげば、鮮明なカラー写真が家でつくれる。
このインクジェットのプリンターがまた良くできてる。
インクを高熱で泡にして、3000個もの微小なノズルから、:1pl(1ピコリットル:兆分の1リットル)のインク滴として吐出し、極小ドット(点)をプリントするわけだ。
技術の進歩ってスゴイ。使い方はなんとか分かっても、仕組みはサッパリ理解できない。

人間の眼も水晶体というレンズがあって、網膜に映った逆さまの立像が、CCDのような働きで電気信号に変えられ、神経というケーブルを通って脳に伝えられると考えられてる。
脳からの指令によって、手を動かして、絵を描くわけだけど。
私のような下手な絵もあるが、セザンヌやピカソのような芸術家の手は、人間にしかできない素晴らしい作品を創りだすわけだ。
小説家は物語を創り、詩人は美しい言葉で飾り、音楽家はメロディを生み出す。
とまでいかなくても、我々凡人でも、美しい光景を恋人や家族に言葉巧みに説明するだろう。

CCDやPC、プリンターよりもはるかに複雑で情緒的な仕事をこなす人間の脳の働き、言語の起源について、神経学者達の探索が始まってる。

共感覚1ここに面白い実験があります。
この図の中に隠された図形を一瞬の内に見抜くことができるだろうか?
私には、数字の5が並んでいるばかりのようにしか見えないのですが、約200人に1人位の割合で、たとえば、数字の5は緑色、数字の2は赤色というように、数字に色が付いて見える人がいるそうです。

貴方はどうですか?

これは専門用語で「共感覚」と言って、脳の中で数字を認識する領野と色の領野が隣合ってるために、配線が混線してクロスしてるということが解かったのです。
人によっては数字と音階が共感覚し、はCの音、はGの音などとクロス配線されてる人(音楽家に多いそうです)もいるそうです。

芸術家、詩人、小説家など変わったタイプの人達は、脳の中で無関係に思えるものどうしを結びつける技能、つまりメタファーをつくる技能が秀でてるようです。
だから、小説家は「人生の荒波を越えて」なんていう喩え話をするんだ〜。

人間が言語を喋り、複雑な情緒を表現できるということは、脳の中に詰め込まれた1000億の神経細胞がなんらかのクロス配線を起こし、メタファーを作り出してるからだと思います。

脳や神経について興味をお持ちでしたら、「脳のなかの幽霊」V.S.ラマチャンドラン著はメチャ面白い本です。
この一週間、夢中になりましたね。頭は正常だと思いますが・・・


デジカメやプリンターではまだまだ真似の出来ない、不思議で深遠な脳と神経の世界があるのですね。
21世紀はいよいよこの分野への探検が始まるのでしょうかねぇ〜
心が映る鏡(デスプレイ)の発明など困るよねぇ。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


 

数字と色の共感覚

こんなふうに見えれば、隠れた図形を一瞬のうちに見つけることが出来る。

共感覚2

 

 

 



syobu828 at 15:10│Comments(26)

この記事へのコメント

26. Posted by キリン茜   2010年01月11日 01:07
この感覚面白いです♪
私は、5が緑で2が青にみえました!!
凄いびっくりしました。


ちなみに、
今、美大生で毎日のように絵について学んでいます。
やはり絵に触れていると見えないようなものが見えてくるのかもしれません。不思議な体験をさせてもらいましたっ
ありがとうごさいます★^^
カオリンさん、こんばんは♪
>文章の達人
イエイエとんでもないです!!(お恥ずかしい限りですっっ
でも・・ありがとうございます♪そうなれるようにがんばります。
今のところは「無精の達人」です(笑)
24. Posted by カオリン   2006年06月08日 02:15
イケメン社長さんのカンリニンさん

>私も何かひとつくらいキラリと光るものを遺伝していないかしら、、(^^;;

なんやら文章の達人じゃありませんか。
これもDNAなんじゃないかな


23. Posted by カオリン   2006年06月08日 02:11
マカ屋あまちゃん

あまちゃんの脳の引き出しは何段ぐらいあるんだろうね?
なにやら、いっぱい心象が詰め込んであるんでしょ!

小生の脳は雑然として、あ〜え〜と、ウ〜ン思い出せない・・
老化現象かぁ・・・
カオリンさん、こんばんは♪カンリニンです。遺伝って不思議ですね、私も何かひとつくらいキラリと光るものを遺伝していないかしら、、(^^;;

「人生運の半分は見た目が良いこと」
このお言葉をウチの社長に聞かせて営業に活かすように伝えておきます(笑)

応援ポチポチ♪
21. Posted by マカ屋あまちゃん   2006年06月07日 20:11
僕も数字の5が並んでいるばかりにしか
見えませんでした(笑)

芸術家や音楽家などが持つセンスや能力は
じつは我々も持っているんでしょうね。
ただ、脳の引き出し方が違うというか・・・

技術はどんどん革新しますが、
それでも人間の脳は解明できてない。
だからおもしろいところですね!
20. Posted by カオリン   2006年06月07日 19:33
水戸の納豆さん

残念なんて、そんなにがっかりしないでくださいね。
常識ある大人ということなんですから・・

でも、照山さん、
あだ名のとおり、かなり粘り気ありそうですね。
19. Posted by 水戸の納豆   2006年06月07日 13:59
こんにちわ ご無沙汰しております。わたしも、目を皿のようにしてみましたが5と2にしか見えなかった。残念!!自分に何かほかの人にはないものがあったらいいなと、思いましたが....やっぱり普通の人でした。
18. Posted by カオリン   2006年06月06日 01:40
かりんとうさん

そうでしたね。明石でおいしいタコを食べながら、
前の日に新幹線で読んだ「ラマチャンドラン」を
貴女や葉っぱさん、今生さんにお見せしたんでしたね。

何かが何かに結びついて、
新たに展開していくんでしょうか?
人、時、場所が繋がってストーリーになる。


17. Posted by かりんとう   2006年06月05日 22:46
カオリンおじさん

幽霊の話をしている時に、
カオリンおじさんが
「脳のなかの幽霊」
を鞄から取り出したときは、大いに盛り上がりましたね。
「ラマチャンドラン」
のお話を楽しく伺ったときのことを思い出します。

・・・それにしても、
「へのへのさんはきっと200人のうちの一人かもしれないよ」
って、カオリンおじさん大正解でしたね。


16. Posted by カオリン   2006年06月05日 01:17
へのへのさん

うわっ〜
ラマチャンドランの言うとおりですね。

>白黒のものを見て、色彩を感じなければ
>その原稿にはイメージ付けで来ません。

これはスゴーイことなんです・・・

へのへのさんは200人のうち1人という
特別な共感覚者の1人なんでしょうね。
だから、デザイナーという道を選ばれたのは大正解なんだ。

私もおぼろげながら、小学校2年生まで、
ちょっとそんな感じがあつたように想い出してます。
その後、いろんなことを論理的に感じはじめて
もうそんなことは全く無くなりましたが・・
今は感覚からイメージするのがにぶいですね。

色彩感覚に優れてると言われるイタリア人なんかは、
メタファーをつくる技能がすぐれてる国民性が
あるんじゃあないでしょうか?

脳の中でいかに無関係なものを結びつけ、創造するかに
懸かってますから・・・・



15. Posted by カオリン   2006年06月05日 00:49
ポパイさん

幻肢の話はTVでもやったんですね。
知らなかった。さすがTV関係のポパイです。
右の肩こりも、痛くない左の肩を鏡に写して治療すると、
治ったりするそうですよ。
神経回路のクロス配線ってあるんですね。
この本は面白いというか、脳を探検する幕開けでしょうね・・
14. Posted by へのへの   2006年06月05日 00:08
ご無沙汰しています。
5は薄みどりにみえますが、2は赤には
見えなかったですね。
でも、確かに情報をもらうと2も赤く見えました。
情報が無く見えるのは不思議ですね?

仕事でいつも色彩を気にしているのが、脳裏に
焼き付いているのでしょうね。

自分でも、面白いなと感じるのは、いつもカラーで
考えて、一旦、白黒で表現して、またコンピューターで
カラーにします。白黒のものを見て、色彩を感じなければ
その原稿にはイメージ付けで来ません。
人間って面白いですね。

13. Posted by ポパイです   2006年06月04日 23:08
2と5は黒色にしかみえませんね。。。
クロス配線はないようです。
そういえば、テレビで、
切断された手足がまだあると感じる人の
切断された方の痛みをカガミで治していました。
実は、脳に記録された痛みに悩んでいるそうです。
脳の不思議ですね。
「脳のなかの幽霊」本も面白そうですね。
12. Posted by カオリン   2006年06月04日 09:57
sachikoさん

抽象的な数字から、ゆらゆら踊ってる壷を
イメージするなんて、やはり役者かダンスの才能ありかも。

身体言語には興味ありますね。
言葉以外の、表現をもっと使うべきですね。
眠らしておくのはもったいないですもの・・・

誰でも共感覚や身体言語を何気なく使ってる。
特に、恋人に伝えるときには・・・
sachikoさんは勘がいいなぁ〜

共感いただきまして、ありがとう。
11. Posted by sachiko   2006年06月04日 08:52
おはようございます
図形...色のはなしなんですね(汗)
壺がゆぅらゆら、踊ってるようにみえましたが(笑)

ブログで整体師の方のおはなしを聞く?ことが多いので
身体言語について、とても興味をもっています。
>きれいな風景を恋人に説明する
共感...これが基本ですね
言語をもつ人間がいちばん忘れてはならない事だと思います。

自分のからだで感じたことを
自分の言葉で伝える

これをしない人はその人の《顔》がみえてきません。

カオリンさん
お会いしたばかりですが、お顔よーくみえてますよぉ^^
10. Posted by カオリン   2006年06月04日 00:49
笑顔整体の院長さま

院長と話してると、冷静で言葉数は少なく、
物事を簡潔に表現する一言で言い切ってるといつも感じてます。
論理よりも直感のような、
その言葉はあるイメージを持っている。
つまり、メタファーなのかなぁ〜

世の中複雑になれば、よりシンプルな方向にいく。
深い洞察力だと思います・・・・・ありがとう。
9. Posted by カオリン   2006年06月04日 00:18
イケメン社長さま

共感覚は遺伝するらしいですね。
芸術家、役者の家系ってありますよね。

顔立ちが良いというのもDNAでしょうから、
よろしいじゃないですか。
人生運の半分は見た目が良いことって言われてますからねぇ〜
8. Posted by カオリン   2006年06月04日 00:12
今生さん

そういえば、この間大坂で会ったとき、
切り落とした手が時々痛むという人の幻肢について
話しましたね。
あれ以来、ラマチャンドランの虜になってました。
今日、投稿して開放された気持ちです。

「心の鏡は周りの人」なるほど今生さんらしい
ありがとう。よい事を教えていただき・・ほんとだ。
7. Posted by カオリン   2006年06月04日 00:04
えもっちさん

科学は戦争とともに進歩した。
そうそう、ノーベル賞もダイナマイトを発明した人が作ったんだから。

えもっちさんも人や物を結びつけるの得意みたいですね、
頭の中はかなりクロス配線状態なんじゃないの・・・
6. Posted by カオリン   2006年06月03日 23:58
やまちかさん

不思議ですね。こんな感覚。
でも、やまちかさんはなにか第6感というか
脳の中の幽霊みたいなものに突き動かされる
なんて体験をお持ちなんじゃありません?
良い意味の変人だもの・・・
5. Posted by 笑顔整体の院長   2006年06月03日 21:35
メタファー送り返していくことで、
新たなものがどんどんこの世に生まれてきますね^^

どんどんものが氾濫する時代ですが、
そのうちしっかり淘汰されていく
感じは見て取れますね。

ネットがひろまり、
世の中の流れのスピードも高速かしてますから、
よりいろんな結びつきの中から、
形作られいくものもシンプルなものが
増えそうなかんじがしますね^^
カオリンさん、こんばんは♪
不思議、不思議〜〜〜!
同じく数字の5と2にしか見えませんでした。
身長や体重、顔かたちが誰でも少しずつ違うように、シナプスにも違いがあるんでしょうか。
少しでいいから芸術肌と言われる神経を持ちたかったです〜
3. Posted by konjyou   2006年06月03日 19:03
カオリンさんから
事故などで切り落としてしまい実際にはない手足が痛む,という話を
聞いたときは驚きました。

このよな本を書く人は自分が何が面白くて科学をやっているか
どのようにして発見にいたったかを分かる言葉で語ってくれますから
本を読むと、著者と一緒に知的探検の旅をしている気持ちになって
ワクワクさせられるものでしょね。こんなブログを書きたいです。
それから
心が映る鏡って自分の周りの人こそその鏡なのでは・・・・
人を見て 喜べないときは自分の心の掃除に努めてみます
きっと 何かが 変わってくると思っています。それではまた
2. Posted by えもっち   2006年06月03日 17:54
こんにちは!この感覚はすごいですね!
私は5と2があるくらいにしかみえません

最新技術は必ずといっていおいほど 軍事利用がからんできますね!

いつもありがとうございます
カオリンおじさん
こんにちは

そんな感覚があるなんてはじめて知りました!!
いや〜人体の神秘です

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔