北ホテルユトリロのVとは

2008年07月12日

ル・パスタン

「鬼平犯科帳」 「剣客商売」 「仕掛人梅安」は
TVや映画にもなってるから、
小説を読まない人でも、池波正太郎の名は知っている。

「大衆文学の新しいヒーローを創りだし、時代小説の中に男の生き方を活写、
読者の圧倒的支持を得た。」として第36回菊池寛賞を受けた。

かくなる私も何年か前まで、
池波正太郎の時代小説は読んだことがなかったのである。
しかし梅安のTVは観ていた。

ル・パスタン 池波正太郎あるときこの作家のエッセーを何冊か読んで、
小説家としての生き方以上に、
自然で粋な日常の暮らし方に興味を持った。

そのエッセーの代表作というか私のお気に入りが、
「ル・パスタン」である。

「ル・パスタン Le passe-temps」とは、
直訳すれば「過ぎ去ってしまった時」という意味であるが、
「楽しかった時」というふうにとったほうが良いと思う。

ポール・ニューマン池波氏にとって楽しい時というのは・・・・
旨い物を食べて、旨い酒を飲むこと。
東京の下町に生まれ、芝居見物に連れてってもらった子供の頃、
証券会社時代の旨いもの。フランスの旨い物。
この頃行き着けの旨い店・・・食通の人には興味ある内容だ。

それから、映画、芝居、フランス旅行の話。

池波正太郎が読者を楽しい旅に連れてってくれる。

私がこの本を大切にしてるのは、
池波正太郎の水彩、パステル画が挿絵として
一話一話に描かれてるからなのです。

「ル・パスタン」はエッセーというよりも、
「画文集」と言った方が適切であろう。大人の紙芝居である。
作者直筆の絵があると、読者の想像力はさらに広がる。


ポートレイト イン ジャズ 1画文集(エッセーと絵)として、私の気に入りのものがもうひとつある。

それは、「ポートレイト イン ジャズ」という2冊である。、
和田 誠が50人のジャズマンの肖像画を描き、
村上春樹がその絵を見て、エッセーを書いている。

 

 

ポートレイト イン ジャズ 2Jazzが好きな人はもう夢中になって読んでしまうと思うが、
誰が読んでも絵とエッセーの組み合わせを楽しむことができる。
たぶん、Jazzをこんなに美しく書いた文章は今までにないと思いますよ。

私は、「ル・パスタン」と「ポートレイト・・・」を
初めは文庫本で手に入れたんですが、
すぐに、絵が大きくてきれいな単行本で買いなおし、
身近に置いては、時々眺めて楽しんでる。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 06:30│Comments(12) 絵画 スケッチ 

この記事へのコメント

12. Posted by カオリン   2008年07月18日 06:23
ミセスケイト かさっち さん

かさっちさんの食べ物辞典ブログを楽しく拝見してますよ。仙台の牛タンなどよだれものだね。

画文集ってのは、夏休みの絵日記の成長したものかもしれないね。
ちょいと絵の入った日記が書けるといいよね。

キャンペーンがんばってください。
11. Posted by ミセスケイト かさっち   2008年07月17日 12:19
こんにちは☆
「鬼平犯科帳」よく祖父と一緒に見てました(~o~)

私のように想像力が乏しいと
イラストがあるとよりその物語の中に
入っていける気がします。

15日より、フレッシュアップキャンペーンが始まりミセスケイトはにぎやかな毎日です♪
10. Posted by カオリン   2008年07月14日 18:00
藤吉さま

ご夫婦で同友会活動にご活躍ですね。
仲良い若いメンバーの方々がお揃いなんですね。
先日頂いた、「天地人」という火坂雅志氏の小説は面白かったです。
一気に読んでしまいましたよ。
藤沢周平の「密謀」と比べて、作者の観点の違いも興味あるところでした。
あまり面白いので、丸友の安部氏に只今お貸ししております。

事業もやはり「謙信の義」が尊ばれる時代かもしれませんね。
9. Posted by 藤吉です!   2008年07月14日 15:38
暑いですね^^

同友会の全国総会へ行ってきました。

たくさんの他県のメンバーさんにも会えて有意義でした。

お土産話しをしにいきますね!

おもしろそうな本も探してみます!

 ^-^☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆
8. Posted by カオリン   2008年07月14日 11:09
今生 さん

「ル・パスタン」時の流れは速いものですね。
齢をとるとより速くなるような気がします。

一日一日を大事に暮らしたいと思う。
そして、まだいろいろとやりたいことがあります。
秋の京都、高瀬川が楽しみでありまする。
7. Posted by カオリン   2008年07月14日 11:04
福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長さま

いつも素敵な絵手紙をありがとうございます。
副院長の腕前なら、面白い画文集が書けますよ。
「ル・パスタン」はきっと参考になると思います。


6. Posted by カオリン   2008年07月14日 11:01
元消費者金融さま

コメントありがとうございます。
どうぞ宜しくお願いいたします。
老化防止の一環として、ブログ続けてます。
なかなかネタ切れで苦労してますが・・・
5. Posted by カオリン   2008年07月14日 10:58
福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長 さま

文章を挿絵でさらに読者の想像力を広げるという感じですね。
やはり池波正太郎の画文集で、
「東京の情景」も傑作ですね。
4. Posted by 今生   2008年07月13日 11:21
「過ぎ去ってしまった時」という意味より「楽しかった時」
このほうがいいですよね。この歳になるとあまりにも
「過ぎ去ってしまった時」の方が多いですもんね
今は「楽しかった時」と言える時間をたくさん作って
エネルギーを蓄え涼しい秋を向かえたら爆発させましょう
3. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^   2008年07月12日 23:35
「鬼平犯科帳」好きなドラマです^^
有名な作家さんの人生や生活。
作品に対する思い入れなどを
みることができるエッセーは好きです。
ご紹介されているJAZZの本、気になりますね。
絵から、人物から、どんなエッセーが生まれるのでしょう。
ぽち
2. Posted by 元消費者金融   2008年07月12日 16:43
どうも♪突然すいません(ノ◇≦。)
元消費者金融で働いてた経歴を活かしてブログを書いてます(^-^)パソコンに関しては全然初心者ですけど(汗)
いい文章を少しでも作るために…参考にと思って遊びに来ましたヾ(*´∀`*)ノ
またお邪魔しちゃいますね♪
1. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長   2008年07月12日 12:51
作者が書いた挿絵がはいってるんですね。
確かに文章だけよりもさらに想像力も膨らみますし、
話もより面白く感じますよね。

絵がまたシンプルな感じみたいですし、
文章と結びつけやすいんでしょうね。

文章だけではなく、
そこに絵があることでより印象も増しますしね。

応援くりっく!ぽちっ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
北ホテルユトリロのVとは