特殊分野に特化する。アルマ・デ・コンサート

2010年05月25日

自然の野菜は腐らない。

昨年2月の出版だから、もう既に読まれた方もあると思いますが、
河名秀郎著「自然の野菜は腐らない」は農業、畜産、医療、健康、環境など
現代文明社会の抱える難問を解決する衝撃的な書です。

10 5 25 自然の野菜は腐らないまさに「目からウロコ」とはこのことではないか。
知ってしまえばなるほどと思うが、コペルニクス的な驚きで一気に読みきってしまった。

著者の河名氏は自然栽培野菜販売のかたわら、
「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則氏と一緒に自然栽培の普及に全国を飛び回り
10数年かけて80組もの自然栽培農家を誕生させている。

 

自然栽培とは一切の肥料と農薬を使わない農法です。

無肥料で無農薬ですから、堆肥などを使う有機栽培とは違います。


肥料というものを使えば使うほど、

野菜や果物は虫が付きやすく病気になりやすいということなのです。

肥料と農薬はセットになってるわけですね。

有機栽培農家は農薬が使えないからものすごく苦労する。

むしろ、無肥料のほうが自然なのである。

農業の歴史をみれば、単位当たりの収穫を上げるために、
肥料を大量に使うということが常識になっていました。

しかし、山に自生する野生の植物は肥料がなくても毎年花を咲かせ実をつけます。
虫も付かず、病気にもならず農薬など全く不要です。
庭の柿の木は無肥料、無農薬で毎年見事に実を付けるではありませんか。

09 12  28  蕪と玉葱収穫量を上げるために肥料を施せば、
植物は過栄養状態になり病気になってしまうんですね。
その証拠に、近年の野菜は自然野菜に比べビタミンやミネラルなどの栄養素は10分の1以下に低下してるんです。
これではスカスカの野菜を食べてるわけで、
収穫量が増えても内容は昔に比べてひどく貧しいわけだ。


さらに驚くことには・・・・・・
自然栽培と普通の大根をビンにいれておくと、
普通の野菜と有機肥料の野菜は2,3日で悪臭を放って腐ってしまいますが、
自然栽培の野菜は腐らず漬物のように醗酵して食べられるのだ。

自然に育った野菜は醗酵菌に好かれるが、
肥料と農薬を使った野菜は腐敗菌に取り付かれるというわけだ。
有機野菜でも植物性より動物性堆肥を使ったもののほうが腐敗しやすい。
醗酵菌は人間より賢く、その野菜の良し悪しをしっかり見抜いてる。

木村さんの作った自然栽培のリンゴは切り口が酸化して色が変わるなんてことも無い。
腐らないから一年置いてもアップルパイのような味になって食べられる。
2年目にはドライフラワーのように枯れてしまうのだ。

現代の野菜や果物は農薬が無ければ生きられない半健康状態。
つまり私達は薬が必要な病気の作物を食べてることになる。
しかもそれらは腸内で腐敗しやすいというから驚きだ。

今まで散々肥料を撒き、農薬を入れてきた田畑を元に戻すには、
大豆や小麦を植え続け、肥料と農薬を田畑から抜き去るのに5年から10年を要するという。
土地を自然に戻すには長期の辛抱と大変な労力が必要。

 

09 8 20  ワインとカボチャここまで読むと・・・・
これは農業だけの問題ではないということに気が付く。

ガンやアトピー、糖尿病をはじめとする現代病は肉食、乳製品、加工食品、精製食品の過食という生活習慣に原因があることが解ってきたのに、病院では相変わらず薬品による一時的な対症療法を続けてる。

医学、栄養学は根本から考え直さなければダメなんだ。

過剰な肥料と農薬による反自然な作物が自然治癒力を弱体化している。

農産物、畜産物はその内安心して食べられるものがなくなってしまうだろう。

生産される膨大な量の抗生物質は4分の1を医療機関が使い。

4分の3はなんと家畜や養殖に使われてるという。

家畜も魚も半健康、口蹄疫が流行ってるのも家畜の免疫力の弱体化だと思う。

農業、医療、畜産業、水産業、あらゆる産業が経済的な収益至上主義のために

科学で自然を支配し、自然の調和を無視してきたからだ。


美肌法について、

「肌は排泄器官であり、肌から栄養物を吸収させるのは不自然」

という信念でやってきたことは間違いではなかったと自負している。

乳液やクリーム、ファンデーションという油性化粧品を毎日塗ることは

肌本来の防衛力を弱らせて老化を早めてしまうのだ。

肥料を与えない自然農法では、

野菜は自ら栄養を求めて根を深く張り、

細胞密度の濃い健康な野菜に育つという。

過保護ってのは何事においても弱体化してダメにしてしまうんですね。

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします   

 



syobu828 at 07:31│Comments(13) エコロジー生物学 

この記事へのコメント

13. Posted by カオリンおじさん   2010年05月31日 10:51
今生 さん

河名秀郎氏、木村秋則氏の本は明確ですね。
まさに自然の真理だよね。

7月に磯辺先生にお会いしたらこのことも話したいと思ってます。

僕らがやってきたことに、これでますます自信がつきますね。

洗剤や石鹸は農薬みたいなもんだし、
油性化粧品は肥料と読み替えれば
そべて話は一致します。


12. Posted by カオリンおじさん   2010年05月31日 10:43
ミセスケイト かさっち さん

河名さんの本を読んで、健康と肌のことがはっきりとわかりましたね。

>お肌も野菜も自然のままが一番ということ。
>何時の日か、それが世の中の常識になる日が
>くるといいな・・・

かさっちさんの願いがかないますように頑張ってくださいね。

11. Posted by カオリンおじさん   2010年05月31日 10:39
カトー さん

野菜を分けてもらえる実家があるなんて素晴らしい。
ネズミも本能で本物を識別できるんですね。
僕らにはもうそんな能力がマヒしてるんだね。
自分の中の野生を取り戻さねばなりません。
10. Posted by カオリンおじさん   2010年05月31日 10:36
ゆっきー さん

私もなるべく有機栽培の野菜を捜して食べてましたが
この本を読んで考え方を変えましたね。
9. Posted by カオリンおじさん   2010年05月31日 10:21
福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長さま

大野城の自然栽培野菜を食べてみたいです。
今度お会いした時、無人販売所の場所を教えてくださいな。

>そこの野菜は本当に生きています。
>味はもちろん形もイキイキして芸術品みたいです。
>サトイモなんか放っておいても
>腐るどころか芽を出してくるくらいです。

という説明は河名秀郎氏の本の解説と一致します。
8. Posted by カオリンおじさん   2010年05月31日 10:16
福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長 殿

貴君から無肥料、無農薬栽培の話を聴いていたけど、
これほど完璧なものとは驚きましたね。

自然のままということが完璧なんですね。

人間は欲をだして余分な肥料なんてものを与えすぎ、
かえって不自然な農作物を作り、不健康になってる。

自然の声を聴きなさいってことなんだ。
こんな基本的なことが解からなかったなんて
眼からウロコってこのことだよね。脱帽だ。
7. Posted by 今生   2010年05月28日 16:06
いよいよ本物で本当の時代が近づいてきましたね
本物だけど本当のことを 言わない、やらない 

何が本当であるかを明確にしていく人が増えていけば
世の中よくなっていきますよね

磯邊先生も論文を書きあげネーチャー医学誌に投稿する事が
決まり、受理されたら、およそ70年間にも及ぶ
現在のアトピーに関する概念とその治療法は完全に塗り
替えれるとのことですので、おじさんの石けん不要の
美肌法をお伝えすることも益々大事な仕事になりましたね
福岡でまた野菜の話、聞かせて下さい
6. Posted by ミセスケイト かさっち   2010年05月27日 15:17
りんごの色が変わらないなんて、
ビックリです!!
腐敗菌にすかれるお野ばかりを食べているかと思うと
怖くなりますね。

人間は、自分の利益を中心に考えすぎですよね。
口蹄疫は、畜産業の方々もお気の毒ですが
人間の都合で殺されちゃう牛たちが可愛そうです!!

お肌の野菜も自然のままが一番ということ。
何時の日か、それが世の中の常識になる日が
くるといいな・・・
5. Posted by カトー   2010年05月27日 06:19
おはようございます!
目が覚めたので他の記事も読みにまた足を運びました(*'-')
4. Posted by カトー   2010年05月27日 02:03
確かに・・・
言われてみればスーパーから買ってきた野菜は日持ちしないのに、実家から貰ってる野菜は同じ日数を同じ環境で置いても持ちがいいかも!
ジャガイモがいい例で、スーパー→腐る、実家→芽が出る、となります。

そのかわりと言っては何ですが・・・たまにネズミにやられているヤツがある・・・
3. Posted by ゆっきー   2010年05月26日 10:07
有機野菜には菌類がたくさん付いている
欠点はあるものの、それでも今までは有機野菜が
ベストと思っていました。
考えを変えないといけません。
参考になりました。
2. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^   2010年05月25日 20:30
奇跡のりんごを読んで我が家も
昨年ごろからできるだけ自然農法の野菜を
買って食べるようにしています。
大野城にご夫婦二人で小さな無人販売所を
している方がいるのです。
そこの野菜は本当に生きています。
味はもちろん形もイキイキして芸術品みたいです。
サトイモなんか放っておいても
腐るどころか芽を出してくるくらいです。
自然のありのままとは何かを考えさせれらる野菜たちです。
ぽち
1. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長   2010年05月25日 17:05
木村さんのりんごの話は、
だいぶ前のランチ会のときにも話させてもらいましたね^^

今の日本の野菜にしてもなんにしても、
口にするものすべてが、安心とうたっているものでも、
安心なのか?と疑問が残るものが多いです。

有機栽培なんかがその典型なのかもしれません。
有機肥料は家畜の糞などですから、
家畜が食べた抗生剤入りの餌や
遺伝子組み換えされた餌を食べて、
その糞の栄養を作物が得て成長したものを、
人間が食べているのが現状です。

有機栽培ではなく、自然栽培の和も徐々にですが、
広がってはきています。
もっとその栽培の差異を個人が理解していく必要がありますね。

応援くりっく!ぽちっ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
特殊分野に特化する。アルマ・デ・コンサート