未来の食卓Only One

2010年08月25日

オープンキャンパス

8月20日(金)〜21日(土)

高校2年になる孫の元(はじめ)が
東海大学農学部への進学を考えてるから
オープンキャンパスに参加してみたいという。
そこで夏休み最後の小旅行ということで阿蘇へ一泊で出かけた。

10 8 21 阿蘇山冬の雪景色、春の若葉、夏の鮮やかな緑、そして秋の紅葉。
阿蘇はいつ来てもその 雄大 な姿に自然の偉大さを教えてくれる。
放牧された草原地帯を通って、草千里からカルデラを望む。
この日はあいにく噴火口は有毒ガス警報が発令して近づけない。
まえもって阿蘇の外輪山の大きさを孫に話してたが、
この景色を目の当たりにして彼も驚いたようだ。百聞は一見にしかずだ。



 

南阿蘇のコースをとって、白川水源へ寄る。冷たく澄んだ湧水が気持ちよい。
高森湧水トンネル公園のトンネルの中を歩く。
10 8 21高森湧水トンネル地元の学校や企業の作った七夕飾りが暗いトンネルの中に明かりを灯す。
鉄道のトンネルだったものが廃線となった今、公園として利用され楽しまれてる。

高森の阿蘇休暇村に泊まることにした。
公共の宿泊ホテルであるが阿蘇の山を目の前に望む露天風呂がある。
地元の野菜を豊富に使ったバイキング料理はメニュー豊富で美味しい。
夏休みで子供連れのファミリーが多く、賑やか。
評判の宿だから週末は繁盛だ。
なにしろ、クラー無しでぐっすり寝られるというのは別天地。
熊本市内とは常に4〜5度気温が低いという。
冬は雪が積もり、かなり冷え込み寒いということだけどね。


10 8 21 阿蘇草千里の乗馬体験。翌朝は早起きし、山の空気を深呼吸、ホテルの周りを散策する。
午前9時半、東海大学阿蘇校のオープンキャンパスに参加する。
阿蘇の入り口、阿蘇大橋を渡るとすぐに校門がある。
門から校舎まではスクールバスがあるくらい長い坂道が続く。
東京ドーム19個分の敷地というから一山全部が大学というくらい広大である。
農学部は校舎、バイオ研究棟に加えて、畑、田んぼ、畜舎、牧場、農畜産物加工場などが要るから広い敷地が必要なんだ。

オープンキャンパスには遠くは北海道や関東地方と全国から父兄と高校生が200人ほど集まった。
10 8 21 東海大学阿蘇キャンパス学部長の歓迎挨拶に続いて、各研究室を見学。
担当の教授が最新分析機械(1台数千万もするバイオ機器)の説明や生物学の教授が植物と昆虫のパートナーシップについて熱く語る。
壁には珍しい蝶や虫の展翅標本が美しく展示されてる。
若い学生達に自然の素晴らしい仕組みを教えようと一生懸命な気持ちが伝わる。
この日、手伝いに奉仕してる学部の学生達も明るく親切に対応して気持ちが良い。
自然や生物を相手にしてると柔らかな人間性がはぐくまれるのだろうね。

休憩時間に学部長と話す機会があった。
農作物のオーガニックや自然栽培についてお伺いした。
これからの農業の方向ということで研究していますよということでした。

「50年前を思い出して、なんだか私まで入学したいような気がしますよ」と言うと、
「高齢で農業に興味ある方々向けのシニアスクールなんてものを開講しようと考えてます」とおっしゃってた。

学部長はじめ教授、学校関係者がこの自然に恵まれた大学を誇りに思い、

熱くアピールしてる姿は、学問への清廉な情熱を感じずにいられなかった。

この環境で4年間を過ごす学生さん達は幸せ。

将来に向けて得ることは沢山あると思う。

日本の農業、畜産業が自立し発展していくために

農学部の活躍を期待します。


人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 07:31│Comments(8) エコロジー生物学 | 旅行

この記事へのコメント

8. Posted by カオリン   2010年08月31日 09:43
カトーさん

コメントありがとうございます。
同感です。若い人達は柔らかく、他人に気を使い協調性のある人が多いですね。
個性的で多様性があり、ナチュラル志向だし。
大量生産、経済成長、大量消費、大量廃棄なんていう20世紀の幻影をまだ捨てきれないオジサン達が、
今時の若い者は・・・・などと言ってるだけさ。

そんな無理した「成せば成る」風なやる気みたいなものは、
経済成長を鼓舞するマス戦略じゃなかったかと思う。
オジサンの反省だけど・・・・・・。

国のため、会社のためはやめて、個人が幸せを追求すべきだね。
7. Posted by カオリン   2010年08月31日 09:30
福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長さま

すごい環境の良い大学だったね。
孫はまだ高校2年だから、いろいろ考えるだろうけど。
オジイサンとしては農学部を勧めてるんだ。
本人が決めることだけど・・・・・
6. Posted by カオリン   2010年08月31日 09:27
ミセスケイト かさっち さん

子供の頃は蚊帳をつって、窓開けて、うちわを扇いで
暑くて寝苦しかったけど・・あれはまさしく夏の夜だった。

ついついクーラーの誘惑に負けて、2時間ほどクーラーかけて寝てしまう。
避暑地の夏はぐっすり寝て、目覚めが良い、朝のコーヒーも美味い。
たまにだから感激するんだろうと思うけどね。
5. Posted by カオリン   2010年08月31日 09:22
福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長殿 
熊本市内からは57号線でずっと坂を上っていくから
標高はかなり高くなるんじゃないかな。
山あり、森や草原あり、温泉ありで避暑地には最高だね。
なんといっても広々した景色には、まだまだ日本には自然がいっぱいって感じだね。
九州には阿蘇、霧島、由布院と火山地帯の好い所があるね。

これからは農業だと、百姓倶楽部の大ちゃんとも話したんだ。

4. Posted by カトー   2010年08月29日 22:57
最近の子は・・・と悪い意味で言われることが多いけれど、そんなことはありませんね〜。
3. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^   2010年08月29日 15:59
阿蘇は素晴らしいところですよね。
空気も水も緑も本当に綺麗なところです。
人の手が入りすぎていないことろだからこそ
本当の自然が目の当たりにできるでしょうね。
こんなところで勉強できるなんて素敵です。
お孫さんも胸をときめかせて
勉強に励まれることでしょうね^^
2. Posted by ミセスケイト かさっち   2010年08月25日 16:26
クーラーなしでぐっすり眠れるなんて
素晴らしい〜!!
阿蘇は小学生の頃1度行ったいらいです。
すぐにでも行きたい気分です。

東京ドーム19個分の大学なんて、すごい環境ですね☆
そんな環境で勉強できるなんてうらやましいです!
1. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長   2010年08月25日 13:38
阿蘇はいいところですよね。
しかも市内と比べるとそんなにも
気温違うものなんですね。
かなり快適ですよね。

この夏の暑い時期は避暑地としても
人気高いでしょうからねぇ。

特にそういう学校があって、
これからを担う学生が自然を教材として
学ぶことが出来るのがいいですよね。

応援くりっく!ぽちっ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
未来の食卓Only One